【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大阪府箕面市【地方公共団体・地方自治体】

箕面市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大阪府箕面市の紹介です。

大阪府箕面市のホームページ

箕面市 概要・地域の情報やトピック

箕面市

箕面市(みのおし)は、大阪府豊能地域に位置する市。本項では発足時の名称である箕面村(みのおむら)、市制前の名称である箕面町(みのおちょう)についても述べる。 ローマ字表記はMinoh city。 地理 南部には住宅地が広がっており、市の人口のほとんどはこの南部に集まっている。大阪都市圏のベッドタウンとして発展してきた。 西南部は旧来の市街地・住宅地が広がり、市の東南部は新興住宅地が広がる。現在、国際文化公園都市(彩都)の西部地区の開発が進められており、箕面市域側の開発は本格化している。なお、彩都粟生北および彩都粟生南4丁目~7丁目は、車両ではかならず茨木市域を通過する必要があり、徒歩でも2011年4月現在公式には部外者通行禁止となっている大阪大学箕面キャンパス内を通らない限り茨木市域を通過する必要がある事実上の飛び地となっている。

creative commons(wikipedia:箕面市

箕面市立止々呂美小学校・中学校

校名=箕面市立止々呂美小学校・中学校(とどろみの森学園)
過去校名=(小学校)第十大区第一小区第六番小学校豊能郡止々呂美尋常小学校豊能郡止々呂美尋常高等小学校豊能郡止々呂美国民学校止々呂美村立止々呂美小学校箕面町立止々呂美小学校(中学校)止々呂美村立止々呂美中学校箕面町立止々呂美中学校
国公私立=公立学校
設置者=箕面市
併合学校=
設立年月日=小学校:1875年中学校:1947年小中一貫校:2008年
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=
中学校コード=
郵便番号=563-0257
所在地=大阪府箕面市森町中1丁目23番14号
電話番号=072-739-0378
FAX番号=072-739-2560

creative commons(wikipedia:箕面市立止々呂美小学校・中学校

箕面市立第一中学校

箕面市立第一中学校(みのおしりつだいいちちゅうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立中学校。 1947年の学制改革と同時に設置された。現在の箕面市の市域では止々呂美中学校とともに一番歴史の長い中学校となっている。また2002年度から学力向上フロンティアスクールの指定を受け、学力向上の取り組みをすすめている。 沿革 学制改革に伴い、当時の豊能郡箕面村と萱野村が学校組合を設置し、学校組合立箕面中学校を設置したことに始まる。箕面村と萱野村は地理的にも隣接し、戦前にも旧制青年学校を共同で運営するなど関係が深かったことが、学校組合の背景となっている。萱野村が1948年8月に箕面町(1948年1月箕面村が町制施行)に編入合併したことに伴い、学校組合は解消されている。 設置された箕面中学校は、当初は箕面村立小学校(現在の箕面市立箕面小学校)に併設された。1948年には現在地に校舎が完成して移転している。 1956年には従来の校区の東部を分離して箕面町立箕面第二中学校(現在の箕面市立第二中学校)が開校したことに伴い、箕面町立箕面第一中学校と改称した。

creative commons(wikipedia:箕面市立第一中学校

箕面市立図書館

箕面市立図書館(みのおしりつとしょかん)は、箕面市が設置する公共図書館。
資料貸出に必要な「貸出券」は、箕面市内在住・在勤・在学の人に発行される。箕面市立図書館全館に加え、大阪大学附属図書館箕面分館(旧大阪外国語大学附属図書館)で利用可能である。箕面市と図書館広域利用制度を試行している豊中市立図書館(千里図書館と蛍池図書館)を利用する場合は、別途広域利用カードの発行が必要となる。
太字の図書館は豊中市民も利用可能。
郵便番号
休館日・開室日
開館時間
562-0001
箕面市箕面5丁目11番23号
072-722-4580
rowspan=6 月曜日・第1金曜日
10:00 - 19:00(水・金)10:00 - 17:00(火・木・土・日)
562-0023
箕面市粟生間谷西3丁目1番3号 
※東生涯学習センターとの複合施設

creative commons(wikipedia:箕面市立図書館

箕面市立萱野北小学校

校名=箕面市立萱野北小学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=箕面市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1983年4月1日
記念日名称=創立記念日
創立記念日=4月21日
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=3学期制
中学校コード=
郵便番号=562-0011
所在地=大阪府箕面市如意谷4丁目4番1号
電話番号=

creative commons(wikipedia:箕面市立萱野北小学校

箕面市立第二中学校

箕面市立第二中学校(みのおしりつ だいにちゅうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立中学校。 沿革 1956年に当時の豊能郡箕面町(現在の箕面市)で2番目の中学校として、箕面町立第一中学校(現在の箕面市立第一中学校)からの校区の東部を分離する形で開校した。当初は箕面町立箕面小学校(現在の箕面市立箕面小学校)に仮校舎を設置していたが、1956年5月に現在地に校舎が完成して移転している。 1966年には旧三島郡豊川村(1956年茨木市と箕面市に分村合併)のうち箕面市の区域を、従来の茨木市箕面市学校組合立豊川中学校(現在の茨木市立豊川中学校)校区から第二中学校校区に編入している。 地域の宅地化に伴って生徒数が増加したため、箕面市立第四中学校・箕面市立第五中学校を相次いで分離している。 年表 1956年4月1日 - 箕面町立箕面第二中学校として創立。 1956年12月1日 - 箕面市の市制施行により、箕面市立箕面第二中学校に改称。 1957年5月13日 - 頌歌制定。 1958年12月1日 - 女子標準服制定。

creative commons(wikipedia:箕面市立第二中学校

箕面市立第三中学校

箕面市立第三中学校(みのおしりつ だいさんちゅうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立中学校。 英語科や数学で少人数指導を実施している。また情報機器を積極的に活用した授業や図書館教育にも力を入れている。 沿革 1973年4月1日 - 箕面市立第一中学校より分離開校。 1973年6月8日 - 開校記念式典を実施。この日を創立記念日とする。 1974年5月11日 - 大阪府教育委員会より、LL機器を活用した英語教育の研究校の指定を受ける。 1974年9月30日 - 校歌を制定。 1982年4月1日 - 大阪府教育委員会より、同和教育の研究校の指定を受ける。 1994年4月1日 - 大阪府教育委員会より、健康教育・体育の研究校の指定を受ける。 校区 箕面市立南小学校と箕面市立西南小学校の校区。 交通アクセス 阪急箕面線 桜井駅より南西へ徒歩10分、または阪急宝塚本線 石橋駅より北東へ徒歩10分。 著名な出身者 中澤周平(ドリフト選手) 吉崎彰悟(元プロ野球選手) 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 箕面市立第三中学校。

creative commons(wikipedia:箕面市立第三中学校

箕面市立第四中学校

箕面市立第四中学校(みのおしりつ だいよんちゅうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立中学校。近隣には箕面市立萱野東小学校がある。創立記念日は9月12日。 箕面 市の東部を校区としている。1974年に箕面市立第二中学校から分離開校した。小野原地区の生徒は自転車通学が認められている。 沿革 1974年4月1日 - 箕面市立第二中学校より分離創立。2年生を第二中学校から移籍。校舎工事中のため同年1学期のみ第二中学校内で授業をおこなう。 1974年8月 - 現在地に移転。 1974年9月12日 - 開校式。この日を創立記念日とする。 1975年 - 大阪府教育委員会から、技術家庭科の研究校の指定を受ける(1975-1976年度)。 1984年3月31日 - 箕面市立第六中学校を分離。 1989年 - 文部省と大阪府教育委員会から、道徳教育の研究校の指定を受ける(1989-1990年度)。 1997年 - 文部省の交流教室地域推進事業の指定を受ける(1997-1998年度)。 校区 箕面市立萱野東小学校と箕面市立豊川南小学校の校区。

creative commons(wikipedia:箕面市立第四中学校

箕面市立第六中学校

箕面市立第六中学校(みのおしりつ だいろくちゅうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立中学校。 箕面市東部のニュータウン地区、および国際文化公園都市(彩都)のうち箕面市域の一部を校区とする。 沿革 1984年4月1日 - 箕面市立箕面第六中学校として、1年生のみで新設開校(従来の箕面市立第四中学校の校区を分離)。 1984年4月27日 - 校舎竣工式。この日を創立記念日とする。 1984年5月4日 - 標準服制定 1984年6月30日 - 校章決定 1987年2月2日 - 校歌制定 1993年11月 - コンピュータ教室設置 1996年 - 大阪府教育委員会から同和教育研究校に指定(2年間)。また 福祉教育協力校にも指定される(3年間)。 1998年5月1日 - スクールカウンセラー配置 2000年4月1日 - 新標準服制定 通学区域 箕面市立豊川北小学校と箕面市立東小学校の通学区域。

creative commons(wikipedia:箕面市立第六中学校

箕面市立萱野東小学校

箕面市立萱野東小学校(みのおしりつ かやのひがし しょうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立小学校。 1973年に箕面市立萱野小学校より分離し、箕面市で9番目の小学校として現在地に開校した。 沿革 1973年4月1日 - 箕面市立萱野東小学校として、箕面市石丸170番地(現在地)に開校。2-5年生を箕面市立萱野小学校より移籍。 1973年6月8日 - 校舎竣工記念式典および開校式を実施、校章を制定。この日を創立記念日と定める。 1976年11月17日 - 歯科保健教育優良校として表彰を受ける。 1981年8月31日 - 学童保育を校内に併設。 1983年1月22日 - 大阪府学校給食優良校の表彰を受ける。 1986年4月1日 - 大阪府教育委員会より、社会科の研究校に指定される(1987年度までの2年間)。 1993年 - 大阪府教育委員会より、養護教育・交流教育の研究校に指定される(1994年度までの2年間)。 1996年 - 箕面市口腔衛生推進校に指定される。 2000年1月 - 大阪府教育委員会から、体力づくり優良校として表彰を受ける。

creative commons(wikipedia:箕面市立萱野東小学校

箕面市立止々呂美小学校

箕面市立止々呂美小学校・中学校(みのおしりつ とどろみ しょうがっこう・ちゅうがっこう)は、大阪府箕面市の北部に位置する公立小中一貫校。愛称は「とどろみの森学園」(とどろみのもりがくえん)。 箕面市北部の山間部・およびニュータウン・箕面森町を校区とする学校である。箕面市立止々呂美小学校および箕面市立止々呂美中学校について、2008年に箕面森町に校舎を移転し、施設一体型の小中一貫校に改編した。同校は大阪府の公立学校で初めての施設一体型小中一貫校でもある。 9年間を前期(1学年-4学年=小学校1-4年)・中期(5学年-7学年=小学校5-6年・中学校1年)・後期(8学年-9学年=中学2-3年)の3期に分けた小中一貫教育を実施する。また特認校制度を導入し、箕面市内在住の児童・生徒のうち、一定の条件を満たす希望者は校区外から入学できる。 箕面市立止々呂美小学校・中学校は1974年から、箕面市下止々呂美962番地の同一敷地内で校舎を共有していた。同校は立地条件を生かして小中一貫教育の研究を進めていた。中学校教員が担当教科の専門性を生かして小学校で授業を実施することや、各教科での小中一貫の教材編成、学校行事など教科外活動の合同実施、学校事務の共通化などを試行していた。

creative commons(wikipedia:箕面市立止々呂美小学校

箕面市立西小学校

箕面市立西小学校(みのおしりつ にししょうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立小学校。 箕面市西部の住宅地から箕面山山麓の一帯を校区とし、校区には箕面国定公園・箕面温泉・箕面の滝なども含まれている。 1965年に箕面市立箕面小学校から分離開校した。学校敷地は、旧丸善石油高等工学院跡地に立地している。また大阪府では初めて学校協議会を設置した学校でもある。 沿革 1965年4月1日 - 箕面市立箕面西小学校として開校。 1965年11月1日 - 開校式を実施。校歌発表。 1968年4月1日 - 箕面市立西小学校と改称。 1972年3月21日 - 屋内運動場完成。 1972年6月30日 - プール完成。 2000年6月 - 学校協議会を設置。 通学区域 箕面市 箕面1丁目(一部)・6丁目(一部)、7丁目・8丁目。 箕面市 西小路1丁目(一部)。 箕面市 桜1丁目、2丁目、3丁目(一部) 箕面市 桜ヶ丘1丁目、新稲1丁目 - 7丁目、箕面公園、温泉町。

creative commons(wikipedia:箕面市立西小学校

箕面市立第五中学校

箕面市立第五中学校(みのおしりつ だいごちゅうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立中学校。箕面市立病院に院内学級を設置し、長期入院中の生徒の教育にも取り組んでいる。 2000年度からは環境問題学習の中で、千里川の清掃活動に取り組んでいる。またボランティア活動にも積極的に取り組んでいる。 沿革 1983年4月1日 - 箕面市立第二中学校より分離開校。同年1学期のみ第二中学校内で授業をおこなう。 1983年5月4日 - 標準服制定 1983年6月3日 - 校章制定 1983年8月26日 - 現在地に校舎完成。 1983年9月1日 - 現在地での授業を開始。 1983年9月14日 - 開校式を実施。この日を創立記念日とする。 1985年4月1日 - 難聴学級を設置。 1985年12月14日 - 校歌制定。 1986年4月1日 - 情緒障害学級を設置。 1992年10月31日 - コンピュータ室完成 1995年4月1日 - ボランティア活動普及協力事業校の指定を受ける。

creative commons(wikipedia:箕面市立第五中学校

箕面市立豊川南小学校

箕面市立豊川南小学校(みのおしりつ とよかわみなみ しょうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立小学校。 箕面市東部の住宅地を校区とする。1979年に箕面市立東小学校より分離開校した。 沿革 1979年4月1日 - 箕面市立豊川南小学校として開校。 1979年6月6日 - 校舎竣工式典を実施。この日を創立記念日とする。 1979年10月25日 - 校旗・校歌披露。 1980年4月1日 - 養護学級設置。 1986年 - 文部省より勤労生涯学習研究推進校に指定される。 1992年 - 文部省より、外国人子女日本語指導研究校の指定を受ける。 1997年 - 小学生ボランティア体験推進事業協力校に指定される。 2000年 - 箕面市口腔衛生推進校に指定される。 通学区域 箕面市 粟生新家1丁目、小野原西、小野原東。 卒業生は基本的に箕面市立第四中学校に進学する。 交通 阪急バス 「小野原」より南へ徒歩8分、「小野原南」より北へ徒歩5分。

creative commons(wikipedia:箕面市立豊川南小学校

箕面市立南小学校

箕面市立南小学校(みのおしりつ みなみしょうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立小学校。 1952年に箕面町立箕面小学校(現在の箕面市立箕面小学校)の分校として現在地に開設され、その後1953年に独立校となった。 沿革 1952年9月1日 - 箕面町立箕面小学校分校として開設。低学年児童を収容。 1953年4月1日 - 箕面町立南小学校として独立開校。 1955年2月 - 校歌制定(小野十三郎作詞)。 1956年12月1日 - 箕面市の市制施行により、箕面市立南小学校と改称。 1959年 - 大阪府教育委員会から、テレビ教育(視聴覚教育)の実験校に指定される。 1968年 - 大阪府教育委員会から、同和教育の研究校に指定される。 1985年 - 大阪府教育委員会から、口腔衛生の研究校に指定される。 通学区域 箕面市 半町1丁目(一部)、半町2丁目(一部)、半町3丁目(一部)、桜3丁目(一部)、桜5丁目(一部)、桜6丁目、桜井、桜ヶ丘2丁目-4丁目。

creative commons(wikipedia:箕面市立南小学校

箕面市立豊川北小学校

箕面市立豊川北小学校(みのおしりつ とよかわきた しょうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立小学校。 箕面市北東部の新興住宅地・丘陵地を校区とする。彩都のうち箕面市域の一部も校区に含まれる。箕面市で10番目の公立小学校として、1975年に箕面市立東小学校より分離開校した。 沿革 1975年4月1日 - 箕面市立豊川北小学校として開校。 1975年5月20日 - 第二期工事が竣工。この日を創立記念日とする。 1975年5月21日 - 校章制定。 1976年2月23日 - 体育館竣工。 1977年3月11日 - 校歌制定。 1991年1月19日 - 大阪府学校体育・保健センターより、学校給食優秀校として表彰を受ける。 1992年3月31日 - エレベーター設置。 2001年4月1日 - 給食室完成。 2004年4月1日 - 文部科学省より、「児童生徒の心に響く道徳教育推進事業」実施校に指定される(箕面市立第六中学校校区として) 通学区域 箕面市 粟生間谷西3丁目(一部)・4丁目-7丁目、粟生間谷東1丁目(一部)・2丁目-8丁目、粟生外院6丁目3(一部)、彩都粟生南。

creative commons(wikipedia:箕面市立豊川北小学校

箕面市立止々呂美中学校

箕面市立止々呂美小学校・中学校(みのおしりつ とどろみ しょうがっこう・ちゅうがっこう)は、大阪府箕面市の北部に位置する公立小中一貫校。愛称は「とどろみの森学園」(とどろみのもりがくえん)。 箕面市北部の山間部・およびニュータウン・箕面森町を校区とする学校である。箕面市立止々呂美小学校および箕面市立止々呂美中学校について、2008年に箕面森町に校舎を移転し、施設一体型の小中一貫校に改編した。同校は大阪府の公立学校で初めての施設一体型小中一貫校でもある。 9年間を前期(1学年-4学年=小学校1-4年)・中期(5学年-7学年=小学校5-6年・中学校1年)・後期(8学年-9学年=中学2-3年)の3期に分けた小中一貫教育を実施する。また特認校制度を導入し、箕面市内在住の児童・生徒のうち、一定の条件を満たす希望者は校区外から入学できる。 箕面市立止々呂美小学校・中学校は1974年から、箕面市下止々呂美962番地の同一敷地内で校舎を共有していた。同校は立地条件を生かして小中一貫教育の研究を進めていた。中学校教員が担当教科の専門性を生かして小学校で授業を実施することや、各教科での小中一貫の教材編成、学校行事など教科外活動の合同実施、学校事務の共通化などを試行していた。

creative commons(wikipedia:箕面市立止々呂美中学校

箕面市立箕面小学校

箕面市立箕面小学校(みのおしりつ みのおしょうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立小学校。 明治時代初期に当時の豊島郡西小路村(町村制施行で豊能郡箕面村)に創立した学校を起源とし、箕面市では歴史の古い小学校のひとつとなっている。 沿革 1874年10月16日 - 第三大学区第四中学区第十六区第一小区第五番小学校として創立 1879年4月2日 - 西小路小学校に改称。 1893年5月 - 豊嶋郡箕面尋常小学校に改称。 1896年5月 - 郡の合併により、豊能郡箕面尋常小学校と称する。 1910年4月 - 高等科を併設。豊能郡箕面尋常高等小学校に改称。 1941年4月1日 - 豊能郡箕面国民学校に改称 1947年4月1日 - 学制改革により、箕面村立箕面小学校に改称。 1948年1月1日 - 箕面町の町制施行に伴い、箕面町立箕面小学校に改称。 1952年9月1日 - 分校を設置。低学年児童を収容する。 1953年4月1日 - 分校が箕面町立南小学校(現在の箕面市立南小学校)として独立開校。

creative commons(wikipedia:箕面市立箕面小学校

箕面市立西南小学校

箕面市立西南小学校(みのおしりつ せいなん しょうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立小学校。 沿革 1972年4月1日 設置 1972年4月20日 校章制定 1972年6月1日 養護学級設置 1972年6月30日 プール竣工 1973年3月3日 校歌制定 1973年9月10日 体育館竣工 1993年11月 コンピュータ室設置 通学区域 箕面市 半町(一部を除く)、瀬川。 卒業生は基本的に箕面市立第三中学校に進学する。 交通 阪急箕面線 桜井駅より南西へ10分または阪急宝塚本線 石橋駅より北東へ10分。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 箕面市立西南小学校。

creative commons(wikipedia:箕面市立西南小学校

箕面市立東小学校

箕面市立東小学校(みのおしりつ ひがししょうがっこう)は、大阪府箕面市にある公立小学校。 箕面市の東部、茨木市との境界付近の丘陵地・新興住宅地を校区としている。 沿革 現在の校区にあたる地域はかつて三島郡豊川村の一部であり、児童は豊川村立小学校(現在の茨木市立豊川小学校)へ通っていた。 豊川村は1956年12月1日付で箕面市に編入された。しかし地域住民の要望により、箕面市への編入直後の1956年12月25日付で旧豊川村東部が箕面市から茨木市に分離編入され、事実上の分村合併の形となった。 分離編入の際に従来の豊川小学校の校区変更などはおこなわれなかった。豊川村立小学校は「茨木市箕面市学校組合立豊川小学校」となり、旧豊川村(茨木市と箕面市の2市)を校区とする状況が約10年にわたって続いた。 しかし学校組合立という変則的な条件から、指導体制や施設面での不便が表面化するようになった。不便を解消するため、豊川小学校の学校組合を解散し、従来の豊川小学校区のうち箕面市の市域を分離して箕面市で独自の小学校を建てる計画が具体化した。

creative commons(wikipedia:箕面市立東小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引