【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

兵庫県神戸市【地方公共団体・地方自治体】

神戸市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、兵庫県神戸市の紹介です。

兵庫県神戸市のホームページ

神戸市 概要・地域の情報やトピック

神戸市

神戸市(こうべし)は、兵庫県南部に位置する兵庫県の県庁所在地である。垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区から構成される政令指定都市である。日本の市で6番目の人口を有する。 海と山の迫る東西に細長い市街地を持ち、十分な水深の有る扇状の入り江部に発展した理想的な港湾・神戸港を有する日本を代表する港町である。 「神戸」という地名は、現在の三宮・元町周辺が古くから生田神社の神封戸の集落(神戸「かんべ」)であったことに由来する。西国街道の宿場町であり北前船の出発地の一つでもあった兵庫津(ひょうごのつ)に近く、廻船問屋が軒を並べていた神戸村を指していた。神戸三社(神戸三大神社)をはじめとする市内・国内にある神社の神事に使うお神酒の生産にも係わり、前述の有馬温泉や神封戸の形成も市名の由来に関係している。 海運においても古くから盛んで、近代には世界の市場にその名を知られるほどに隆盛していった。以降も貿易・鉄鋼・造船・機械・製造・ゴム・真珠加工・観光等の産業を中心に発展、ファッション・医療・食料品などの産業も近年は盛んである。

creative commons(wikipedia:神戸市

神戸市長田区

『神戸市』より : 自治体名=神戸市
地方=近畿地方
都道府県=兵庫県
支庁=
コード=28100-0
面積=552.72
境界未定=なし
人口=1,528,782
人口の時点=2006年8月1日
隣接自治体=淡路市、明石市、稲美町
三木市、三田市
宝塚市、西宮市、芦屋市
木=サザンカ さざんか
花=アジサイ あじさい
郵便番号=650-8570

creative commons(wikipedia:神戸市長田区

神戸市営バス

神戸市バス(こうべしバス)は、神戸市交通局が運営するバス(公営バス)路線である。 昭和50年代までは他都市にならって「神戸市営バス」と表現していたが、市民の間では(「営」を付けない)「神戸市バス」の名が定着し、現在では「神戸市バス」で統一されている。これは、市街地路線を中心に、「神戸市電」の廃止路線に代わって「神戸市バス」路線を開設してきたことによる。 なお、かつて神戸市交通局は観光バス事業も運営していたことがあり、これについては「神戸市営観光バス」と(すなわち、「営」を付けて)称していた。しかし、経営改善を理由に廃止された。現在、神姫バスが営業している神戸市内定期観光バスは、神戸市交通局の観光バス事業廃止と同時に運行を開始したものである。 神戸市バスにはオリジナルキャラクターが存在する。名前は「ばっしー君」。 神戸市の広域に路線を持ち、単独運行路線のほかに山陽バス・神姫バス・阪急バスと共同運行を行っている路線がある。なお、垂水区の大部分は山陽バスが、北区南部の大部分は阪急バスが、北区北部と西区の大部分は神姫バスがそれぞれ主として運行を行っている。

creative commons(wikipedia:神戸市営バス

神戸市交通局1000形電車 (鉄道)

神戸市交通局1000形電車(こうべしこうつうきょく1000がたでんしゃ)は、1977年(昭和52年)から営業運転を開始した神戸市交通局(神戸市営地下鉄)西神・山手線用の通勤形電車である。 車両概要 アルミ製全長19メートルの車両で、片側に3つの客用扉を持つ。窓配置は扉間に3枚、車端部に1枚(先頭車の最前部はなし)である。張上げ構造の屋根や銀色の窓枠と合わせ、デザイン面で周辺の私鉄車両(特に阪急電鉄)の影響を強く受けていると言える。内装も、よろい戸式日除けやカバー付照明など、関西色が強い。当初から冷房装置を搭載して落成されており、これは同年登場の名古屋市営地下鉄3000形と並んで、日本の地下鉄車両では初めての事例である。 現在は6両編成を組成し、編成中の電動車 (M) と付随車 (T) の構成は(MT比)4M2Tで、パンタグラフは下枠交差式を2、5両目に2基ずつ計4基搭載する。空気圧縮機は両先頭車に、制御装置は2、5両目に搭載する。落成当時は全編成が1C8M(1つの制御器で2両分8台のモーターを制御)自動可変界磁式電機子チョッパ制御(1,500V、1,400A、2100kW、合成周波数350Hz)であった。

creative commons(wikipedia:神戸市交通局1000形電車 (鉄道)

神戸市営地下鉄西神線

『神戸市営地下鉄西神・山手線』より : 西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、兵庫県神戸市の新神戸駅から西神中央駅までを結ぶ神戸市営地下鉄の地下鉄路線の総称。山手線(やまてせん)、西神線(せいしんせん)、西神延伸線(せいしんえんしんせん)の3路線で構成されている。愛称はみどりのUライン。ラインカラーも グリーン。 神戸の市街地と、当時開発中であった須磨ニュータウンを結ぶ大動脈として建設され、以後、西は西神ニュータウン、東は中心地三宮や山陽新幹線の新神戸駅へと順次延伸され、現在の路線の形となっている。正式には、途中の新長田駅、名谷駅を境に山手線、西神線、西神延伸線と3路線に分かれているが、運行上1路線としてほぼ全列車が全線直通運転を行っており、公称でまとめて西神・山手線と案内されている。 駅番号を構成する路線記号はSで、番号は直通運転している北神急行電鉄北神線と一体で振られている。西神・山手線の各駅は緑地に白抜きのS( S )、北神線の谷上駅は白地に縁と文字のみが緑色のS( S )で描かれている。

creative commons(wikipedia:神戸市営地下鉄西神線

神戸市営地下鉄西神延伸線

『神戸市営地下鉄西神・山手線』より : 西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、兵庫県神戸市の新神戸駅から西神中央駅までを結ぶ神戸市営地下鉄の地下鉄路線の総称。山手線(やまてせん)、西神線(せいしんせん)、西神延伸線(せいしんえんしんせん)の3路線で構成されている。愛称はみどりのUライン。ラインカラーも グリーン。 神戸の市街地と、当時開発中であった須磨ニュータウンを結ぶ大動脈として建設され、以後、西は西神ニュータウン、東は中心地三宮や山陽新幹線の新神戸駅へと順次延伸され、現在の路線の形となっている。正式には、途中の新長田駅、名谷駅を境に山手線、西神線、西神延伸線と3路線に分かれているが、運行上1路線としてほぼ全列車が全線直通運転を行っており、公称でまとめて西神・山手線と案内されている。 駅番号を構成する路線記号はSで、番号は直通運転している北神急行電鉄北神線と一体で振られている。西神・山手線の各駅は緑地に白抜きのS( S )、北神線の谷上駅は白地に縁と文字のみが緑色のS( S )で描かれている。

creative commons(wikipedia:神戸市営地下鉄西神延伸線

神戸市営地下鉄山手線

『神戸市営地下鉄西神・山手線』より : 西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、兵庫県神戸市の新神戸駅から西神中央駅までを結ぶ神戸市営地下鉄の地下鉄路線の総称。山手線(やまてせん)、西神線(せいしんせん)、西神延伸線(せいしんえんしんせん)の3路線で構成されている。愛称はみどりのUライン。ラインカラーも グリーン。 神戸の市街地と、当時開発中であった須磨ニュータウンを結ぶ大動脈として建設され、以後、西は西神ニュータウン、東は中心地三宮や山陽新幹線の新神戸駅へと順次延伸され、現在の路線の形となっている。正式には、途中の新長田駅、名谷駅を境に山手線、西神線、西神延伸線と3路線に分かれているが、運行上1路線としてほぼ全列車が全線直通運転を行っており、公称でまとめて西神・山手線と案内されている。 駅番号を構成する路線記号はSで、番号は直通運転している北神急行電鉄北神線と一体で振られている。西神・山手線の各駅は緑地に白抜きのS( S )、北神線の谷上駅は白地に縁と文字のみが緑色のS( S )で描かれている。

creative commons(wikipedia:神戸市営地下鉄山手線

神戸市営地下鉄西神再延伸線

『神戸市営地下鉄西神・山手線』より : 西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、兵庫県神戸市の新神戸駅から西神中央駅までを結ぶ神戸市営地下鉄の地下鉄路線の総称。山手線(やまてせん)、西神線(せいしんせん)、西神延伸線(せいしんえんしんせん)の3路線で構成されている。愛称はみどりのUライン。ラインカラーも グリーン。 神戸の市街地と、当時開発中であった須磨ニュータウンを結ぶ大動脈として建設され、以後、西は西神ニュータウン、東は中心地三宮や山陽新幹線の新神戸駅へと順次延伸され、現在の路線の形となっている。正式には、途中の新長田駅、名谷駅を境に山手線、西神線、西神延伸線と3路線に分かれているが、運行上1路線としてほぼ全列車が全線直通運転を行っており、公称でまとめて西神・山手線と案内されている。 駅番号を構成する路線記号はSで、番号は直通運転している北神急行電鉄北神線と一体で振られている。西神・山手線の各駅は緑地に白抜きのS( S )、北神線の谷上駅は白地に縁と文字のみが緑色のS( S )で描かれている。

creative commons(wikipedia:神戸市営地下鉄西神再延伸線

神戸市営地下鉄西神・山手線

西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、兵庫県神戸市の新神戸駅から西神中央駅までを結ぶ神戸市営地下鉄の地下鉄路線の総称。山手線(やまてせん)、西神線(せいしんせん)、西神延伸線(せいしんえんしんせん)の3路線で構成されている。愛称はみどりのUライン。ラインカラーも グリーン。 神戸の市街地と、当時開発中であった須磨ニュータウンを結ぶ大動脈として建設され、以後、西は西神ニュータウン、東は中心地三宮や山陽新幹線の新神戸駅へと順次延伸され、現在の路線の形となっている。正式には、途中の新長田駅、名谷駅を境に山手線、西神線、西神延伸線と3路線に分かれているが、運行上1路線としてほぼ全列車が全線直通運転を行っており、公称でまとめて西神・山手線と案内されている。 駅番号を構成する路線記号はSで、番号は直通運転している北神急行電鉄北神線と一体で振られている。西神・山手線の各駅は緑地に白抜きのS( S )、北神線の谷上駅は白地に縁と文字のみが緑色のS( S )で描かれている。

creative commons(wikipedia:神戸市営地下鉄西神・山手線

神戸市営地下鉄西神山手線

『神戸市営地下鉄西神・山手線』より : 西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、兵庫県神戸市の新神戸駅から西神中央駅までを結ぶ神戸市営地下鉄の地下鉄路線の総称。山手線(やまてせん)、西神線(せいしんせん)、西神延伸線(せいしんえんしんせん)の3路線で構成されている。愛称はみどりのUライン。ラインカラーも グリーン。 神戸の市街地と、当時開発中であった須磨ニュータウンを結ぶ大動脈として建設され、以後、西は西神ニュータウン、東は中心地三宮や山陽新幹線の新神戸駅へと順次延伸され、現在の路線の形となっている。正式には、途中の新長田駅、名谷駅を境に山手線、西神線、西神延伸線と3路線に分かれているが、運行上1路線としてほぼ全列車が全線直通運転を行っており、公称でまとめて西神・山手線と案内されている。 駅番号を構成する路線記号はSで、番号は直通運転している北神急行電鉄北神線と一体で振られている。西神・山手線の各駅は緑地に白抜きのS( S )、北神線の谷上駅は白地に縁と文字のみが緑色のS( S )で描かれている。

creative commons(wikipedia:神戸市営地下鉄西神山手線

神戸市電

神戸市電(こうべしでん)は、かつて神戸市交通局が運営していた路面電車(市電)。 1910年に神戸電気鉄道によって、兵庫と神戸の両市街地を結ぶ路面電車として開業、1917年に神戸市に買収されて電気局(のちの交通局)が運営するようになった。その後神戸市の発展に伴って路線を拡大、全盛期には35.6kmの路線網を有したが、モータリゼーションの進展や神戸高速鉄道の開通によって乗客が減少、1971年に全線が廃止された。 神戸市電の開業は旧六大都市の中で一番遅かったが、他都市に先んじて低床車や鋼製車体を採用するなど、先進的な技術を積極的に導入したほか、1935年には座席に転換クロスシートを採用した、画期的な「ロマンスカー」700形を登場させ、神戸市民を瞠目させた。車体の塗色もぶどう色などの暗色系の単色が車体塗装の主流だった昭和戦前期において、いち早くグリーンとクリームのツートンカラーを採用して、市民から「みどりの市電」と親しまれた。

creative commons(wikipedia:神戸市電

神戸市須磨区連続児童殺傷事件

『神戸連続児童殺傷事件』より : 神戸連続児童殺傷事件(こうべれんぞくじどうさっしょうじけん)とは、1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生(以下、「少年」と表記)による連続殺傷事件。別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼ばれる。この事件で、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。 数か月にわたり、複数の小学生が殺傷された事件である。通り魔的犯行や遺体の損壊が伴った点、特に被害者の頭部が「声明文」とともに中学校の正門前に置かれた点、地元新聞社に「挑戦状」が郵送された点など、強い暴力性が伴なう特異な事件であった。また、犯人がいわゆる「普通の中学生」であった点も社会に衝撃を与えた。 兵庫県警察は聞き込み捜査の結果、少年が動物虐待行為をたびたびおこなっていたという情報や、被害者男児と顔見知りである点などから、比較的早期から彼に対する嫌疑を深めていたが、対象が中学生であるため、極めて慎重に捜査は進められた。

creative commons(wikipedia:神戸市須磨区連続児童殺傷事件

神戸市交通局200形電車

神戸市交通局200形電車(こうべしこうつうきょく200がたでんしゃ)は、かつて神戸市交通局(神戸市電)が保有していた路面電車車輌である。1964年に大阪市交通局(大阪市電)から余剰となった大阪市交通局901形電車 901形15輌を購入した。
200形も神戸市交通局100形電車 100形同様、老朽化した神戸市交通局300形電車 300形や神戸市交通局400形電車 400形単車の置き換え用として購入され、転入時に大阪車輌工業において神戸市電向きの改造を実施された。100形同様、この項では神戸市電向けの改造点を挙げる。
100形と同じく、正面窓配置を変則2枚窓から、前面左側大窓の左1/4の位置あたりで窓が分割された、変則配置の3枚窓に改造された。この部分は戦後のガラス不足期に縦桟を入れられて窓が分割されたように見えた車両が多かったが、神戸市電への転入に際しては換気、通風効果を上げるために本当に3枚窓に改造されてしまった。

creative commons(wikipedia:神戸市交通局200形電車

神戸市交通局100形電車

神戸市交通局100形電車(こうべしこうつうきょく100がたでんしゃ)は、かつて神戸市交通局(神戸市電)が保有していた路面電車車輌である。1964年に大阪市交通局(大阪市電)から余剰となった大阪市交通局801形電車 801形20輌を購入した。
1960年代前半に入ると神戸市電も赤字経営に悩まされるようになった。しかし、まだこの時点では市電全廃といったことは考えておらず、むしろ「高架市電」構想を打ち上げるなど、路面電車事業のスクラップ&ビルドに活路を見出そうとしていた。
車両面では、東西に長く南北に狭い神戸市の旧市街地の特性上、他の鉄道路線との並走区間が多かったことから、神戸市交通局700形電車 700形をはじめとした大型ボギー車を走らせていた一方で、神戸市交通局300形電車 300形や神戸市交通局400形電車 400形などの単車を重用し、フリークエントサービスに努めていた。しかし、これらの単車は一車あたりの輸送力が小さくて乗務員一人当たりの生産性がボギー車に比べると低くて不経済なだけでなく、車両そのものも明治末の創業期から大正中期にかけて製造された木造単車を昭和初期に鋼体化改造を実施したもので、中でも300形は市電創業時に投入されたA,B車の足回りを低床化改造した台車を使用するなど、老朽化は深刻なものであった。また、1960年に広島電鉄1100形電車 1100形1104,1105の2両を増備したが、赤字経営下では新車の導入もままならず、苦肉の策として、1963年に大阪市営地下鉄四つ橋線 地下鉄3号線(後の四つ橋線)建設工事のために南北線を廃止して余剰車の発生していた大阪市電から801形と901形を購入することとなった。こうして、旧801形の100形と旧901形の神戸市交通局200形電車 200形が登場した。

creative commons(wikipedia:神戸市交通局100形電車

神戸市立博物館

神戸市立博物館(こうべしりつはくぶつかん、Kobe City Museum)は、神戸市中央区京町にある人文科学系博物館である。 神戸市立南蛮美術館と神戸市立考古館が統合し、1982年(昭和57年)に開館した。「国際文化交流-東西文化の接触と変容」を基本テーマとし、国宝を含む考古学資料や古地図、「聖フランシスコ・ザビエル像」や「織田信長像」、「豊臣秀吉像」といった著名な美術品、および金山平三や小磯良平ら神戸ゆかりの芸術家の作品等、約5万点を所蔵・展示している。 旧南蛮美術館 神戸市立博物館の前身の一つは神戸市立南蛮美術館である。この南蛮美術館のさらに前身は、神戸市出身の池長孟が自らの収集品を展示して1940年(昭和15年)に開館した私立池長美術館であった。池長美術館は、池長が昭和時代初期から収集を始めた南蛮紅毛美術(南蛮美術・紅毛美術)の収集品を展示する施設として、神戸市葺合区(現・中央区)熊内町に開館した。

creative commons(wikipedia:神戸市立博物館

神戸市営地下鉄

神戸市営地下鉄(こうべしえいちかてつ)は、神戸市交通局が運営する地下鉄。 4路線を所有しているが、西神延伸線・西神線・山手線は「西神・山手線」として一体的に運行されているため、実質的には海岸線と合わせ2路線である。神戸市の西区、須磨区、長田区、兵庫区、中央区の5区に路線を持ち、西神・山手線と相互直通運転する北神急行電鉄北神線を含めれば、北区も通っている。 路線 1:北神急行電鉄北神線と相互直通運転。 2:経由地などは具体化していない。実現しない可能性もある。かつては舞子 - 学園都市(神戸市西区)を人口約22万人の神戸市垂水区を縦断する形で結ぶ路線計画があった。正確には現在も検討中の路線になってはいるが、阪神・淡路大震災などによる神戸市の財政状況の悪化や沿線の人口減少、そして同区間の路線を運行している山陽バス(旧・山陽電鉄バス)の反対などにより、計画はほぼ白紙の状態である。

creative commons(wikipedia:神戸市営地下鉄

神戸市立星和台中学校

校名=神戸市立星和台中学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=神戸市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1976年
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=
中学校コード=
郵便番号=651-1121
所在地=神戸市北区星和台1丁目6番地
電話番号=078-593-8400
FAX番号=078-593-8302
神戸市立星和台中学校(こうべしりつせいわだいちゅうがっこう)は、神戸市北区 (神戸市) 北区星和台にある公立学校である。
1976年に生徒の増加に伴って神戸市立鈴蘭台中学校から分離された。

creative commons(wikipedia:神戸市立星和台中学校

神戸市交通局3000形電車

神戸市交通局3000形電車(こうべしこうつうきょく3000がたでんしゃ)は、神戸市交通局(神戸市営地下鉄)西神・山手線用の通勤形電車。6両編成6本(36両)が在籍する。 最初の編成は1993年(平成5年)3月の西神南駅開業に合わせて増備された。車体は1000形、2000形と同様のアルミ合金製19m3扉構造である。従来の1000形、2000形とは外観や車内も大きく変化し、主回路制御には神戸市で初めてVVVFインバータ制御が採用された。西神・山手線に乗り入れる北神急行電鉄7000系の制御装置は三菱電機製だが、当形式は日立製作所製である。 前面は2000形や北神急行7000系に類似している。特に車体帯や前照灯の配列等は北神急行7000系に近い。車体塗装の緑色は従来の下部全体とは違い、前照灯周囲に留められている。前照灯・尾灯は丸型を横に配置し、従来の縦配置と異なる。前面形状も2000形よりも丸みを帯び、正面中央部が少し出っ張った形をしている。他は若干異なるものの基本は2000形を受け継ぐ形となっており、前面に大型曲面ガラスを使用し、正面非常用貫通扉は運転席から向かって右側に寄せて配置されている。

creative commons(wikipedia:神戸市交通局3000形電車

神戸市交通局3000系電車

『神戸市交通局3000形電車』より : 神戸市交通局3000形電車(こうべしこうつうきょく3000がたでんしゃ)は、神戸市交通局(神戸市営地下鉄)西神・山手線用の通勤形電車。6両編成6本(36両)が在籍する。 最初の編成は1993年(平成5年)3月の西神南駅開業に合わせて増備された。車体は1000形、2000形と同様のアルミ合金製19m3扉構造である。従来の1000形、2000形とは外観や車内も大きく変化し、主回路制御には神戸市で初めてVVVFインバータ制御が採用された。西神・山手線に乗り入れる北神急行電鉄7000系の制御装置は三菱電機製だが、当形式は日立製作所製である。 前面は2000形や北神急行7000系に類似している。特に車体帯や前照灯の配列等は北神急行7000系に近い。車体塗装の緑色は従来の下部全体とは違い、前照灯周囲に留められている。前照灯・尾灯は丸型を横に配置し、従来の縦配置と異なる。前面形状も2000形よりも丸みを帯び、正面中央部が少し出っ張った形をしている。他は若干異なるものの基本は2000形を受け継ぐ形となっており、前面に大型曲面ガラスを使用し、正面非常用貫通扉は運転席から向かって右側に寄せて配置されている。

creative commons(wikipedia:神戸市交通局3000系電車

神戸市王子スタジアム

神戸市立王子スポーツセンター王子陸上競技場(こうべしりつ おうじスポーツセンター おうじりくじょうきょうぎじょう)は、兵庫県神戸市灘区の神戸市立王子スポーツセンターにある陸上競技場。球技場としても使用される。 神戸市王子スタジアムや王子スタジアムなどの愛称が用いられている。施設は神戸市が所有し、公益財団法人神戸市スポーツ教育協会が指定管理者として運営管理を行っている。 1889年(明治22年)、関西学院がこの地で創立した。その後関西学院は1929年(昭和4年)に西宮市上ヶ原へ移転したが、戦後、1950年(昭和25年)3月15日から6月25日まで、この地が日本貿易産業博覧会(神戸博)の会場となり、その跡地が王子公園として整備された。 1949年(昭和24年)以降、この地には地名の由来ともなった 王子神社が現在の神戸市立王子動物園のある所から移り鎮座していたが、王子神社が1956年(昭和31年)の兵庫国体の開催に備えて原田通に遷座し、その跡地に8レーンの400mトラックを有する陸上競技場として建設された。

creative commons(wikipedia:神戸市王子スタジアム

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引