【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

兵庫県芦屋市【地方公共団体・地方自治体】

芦屋市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、兵庫県芦屋市の紹介です。

兵庫県芦屋市のホームページ

芦屋市 概要・地域の情報やトピック

芦屋市

芦屋市(あしやし)は、兵庫県南東部にある市。芦屋の「芦」は、正確には「戸」の部分が旧字(「戶」)。本項では市制前の名称である精道村(せいどうむら)についても述べる。 国際観光文化都市に指定されている。兵庫県内において、摂津国であった阪神間の神戸市寄りに位置し、固有の阪神間モダニズム文化に育まれた瀟洒な街並を擁する。市内北部は高級住宅地として名高く、市内南部は谷崎潤一郎の小説『細雪』の舞台になったことでも知られる。北に六甲山地、南に大阪湾を臨んだ豊かな自然と、南に緩やかに傾斜する地形は、美しい景観と温暖な気候を形成する。 地理 兵庫県で二番目に面積が小さな自治体である。 山: 六甲山、ゴロゴロ岳 河川: 芦屋川 湖沼: 奥池、仲ノ池緑地 滝: 高座の滝 1769年(明和6年) - 菟原郡芦屋村・打出村が天領となる。 1871年(明治4年) - 廃藩置県の布告により、後の本市域が兵庫県の管轄下に置かれる。 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、打出村・芦屋村・三条村・津知村(飛地を除く)および深江村の飛地の区域をもって精道村が発足。

creative commons(wikipedia:芦屋市

芦屋市立芦屋高等学校

芦屋市立芦屋高等学校(あしや-)は、兵庫県芦屋市に存在した公立の高等学校である。2007年3月をもって廃校となった。
1962年 開校
2005年 募集停止
2007年 廃校
普通科
本校は1960年代の高校進学希望者の急増に対応するため設立された高校であった。
当初は少数精鋭主義による進学校を目指した教育を実施していたが、1974(昭和49)年には普通科高校として全国で初めて知的障害者を受け入れるなど「高校全入」を目指した先進的な取り組みを行う学校に路線変更する。その結果、当時の芦屋市の高校進学率は約98~99%と近隣市町村と比べ非常に高かった。当然のこととして、低学力の生徒も受け入れることとなったので、授業研究や授業の成立のために多大な努力と困難を伴った。しかし、生徒を見捨てない努力により多くの生徒が救われ、社会へ巣立っていった。

creative commons(wikipedia:芦屋市立芦屋高等学校

芦屋市立美術博物館

芦屋市立美術博物館(あしやしりつびじゅつはくぶつかん)は、兵庫県芦屋市にある美術館と歴史博物館の設備を併せ持つ複合施設で、1991年(平成3年)に開館した。 芦屋市南部の伊勢町に位置し、隣接して芦屋市立図書館と芦屋市立谷崎潤一郎記念館が立地する。館内は小出楢重や菅井汲、吉原治良と具体美術協会、中山岩太ら芦屋カメラクラブの写真家など、芦屋ゆかりの芸術家たちの作品を多く展示、収蔵している。 館外の前庭には巨石のオブジェが飾られており、一隅に小出楢重のアトリエが復元され常設公開されている。 ミュージアムカフェは小出楢重アトリエに直結しており、美術館入館者以外でも利用できる。 主な施設 本館:延床面積 3,402m² 講義室 体験学習室 ミュージアムショップ 小出楢重アトリエ(1927年(昭和2年)築、1991年(平成3年)復元) ミュージアムカフェ 所在地 〒659-0052 兵庫県芦屋市伊勢町12-25 交通アクセス 阪神電鉄 芦屋駅から 徒歩15分 JR神戸線 芦屋駅から阪急バスで5分、徒歩すぐ 周辺情報 芦屋市谷崎潤一郎記念館(隣接) 芦屋市立図書館(隣接) 富田砕花旧居 虚子記念文学館 滴翠美術館 俵美術館 ヨドコウ迎賓館 エンバ中国近代美術館 美術博物館の存続 芦屋市立美術博物館をめぐっては、東京都現代美術館問題とならぶ「公立美術館の冬の時代」を象徴する事件がおこっている。

creative commons(wikipedia:芦屋市立美術博物館

芦屋市谷崎潤一郎記念館

芦屋市谷崎潤一郎記念館(あしやしたにざきじゅんいちろうきねんかん)は、兵庫県芦屋市にある文学館。小説家谷崎潤一郎に関する資料の保存と公開、およびその業績の顕彰を目的に1988年に開館した。 谷崎の好んだ数奇屋風の邸宅を模した記念館と庭園からなり、遺族から寄贈された谷崎愛用の机、硯、筆、美術品や、さまざまな資料を収蔵・展示している。 館内のホールでは、谷崎文学の朗読会や文学講座、講演会や演奏会など、谷崎に因むイベントが開催される。 玄関横に飾られている重さ15トンの巨石は神戸市東灘区岡本にあった旧谷崎邸の庭石である。阪神大水害のときに邸内に飛び込んできた石をそのまま庭石としていたものである。 施設概要 設計 - 富家建築事務所 構造 - RC造、2階建 敷地面積 - 1,698m² 延床面積 - 591m² 日本庭園面積 - 300m² 開館年月日 - 1988年10月8日 所在地 - 〒659-0052 兵庫県芦屋市伊勢町12-15 交通 阪神電鉄 芦屋駅から 徒歩15分 周辺情報 芦屋市立美術博物館(隣接) 芦屋市立図書館(隣接) 富田砕花旧居 俵美術館 虚子記念文学館 滴翠美術館 ヨドコウ迎賓館 エンバ中国近代美術館 関連項目 倚松庵(谷崎潤一郎旧居、ここで『細雪』を執筆) 佐藤春夫記念館(姉妹館提携) 阪神間モダニズム 外部リンク 芦屋市谷崎潤一郎記念館。

creative commons(wikipedia:芦屋市谷崎潤一郎記念館

芦屋市幼児誘拐事件

芦屋市幼児誘拐事件(あしやしようじゆうかいじけん)は、1985年3月8日に発生した身代金目的の誘拐事件である。犯人は身代金受け取りの途中で事故死した。 事件の概要 兵庫県芦屋市の高級住宅地にある繊維問屋の社長宅に同居していた社員の男児が母親と就寝中に連れ出された。4時25分(JST。以下同様)頃。 この間、犯人は盗難車を乗り換え、身代金受渡に関する指示書を配置していたと思われる。 その後、10時41分に犯人から最初の電話が入り、身代金5000万円が要求された。これ以降、犯人からの電話は29回に上った。 19時47分の電話で中国自動車道の西宮北インターチェンジに自家用車で向かうよう指示された。犯人は父親1人で来るよう指示したが、すでに極秘捜査を開始していた兵庫県警は捜査員1名を自家用車のトランクルームに潜ませた。 父親は20時33分頃に現地に到着したが、そこに犯人の姿はなかった。20時44分、自宅に犯人から「社パーキングエリアの電話ボックスを見ろ」と電話が入った。 その後の流れは以下の通り。 21時22分頃。社パーキングエリアの電話ボックスで「西宮北インターを出ろ、一般道の公衆電話を見ろ」と指示書。

creative commons(wikipedia:芦屋市幼児誘拐事件

芦屋市立山手中学校

芦屋市立山手中学校(あしやしりつやまてちゅうがっこう)は、兵庫県芦屋市三条町にある公立中学校。 芦屋市のうち、国道2号以北の地域を校区とする。 六甲山地の中腹、標高約100メートルに位置し、裏山には弥生時代の高地性集落跡、会下山遺跡がある。この遺跡は元々、山手中学校の植物実習園の造成中に発見されたもので、1956年から1961年にかけて発掘が行われ、高床式倉庫が復元されている。 運動部・文化部ともに盛んで毎年全国大会に出場している。大会出場時には同じ兵庫県内の加古川市立山手中学校と区別するために「芦屋山手」と呼ばれる。 沿革 1947年4月22日 - 芦屋市立山手小学校を仮校舎として開校。 1948年12月22日 - 川西町の新校舎に移転。 1952年9月1日 - 現在の校地に第1期校舎竣工。 1954年5月22日 - 第2期校舎(白い塔)竣工。 1957年3月15日 - 校歌制定。 1995年1月17日 - 阪神・淡路大震災が発生し、校内にある通称・白き塔が損壊する。

creative commons(wikipedia:芦屋市立山手中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引