【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

兵庫県尼崎市【地方公共団体・地方自治体】

尼崎市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、兵庫県尼崎市の紹介です。

兵庫県尼崎市のホームページ

尼崎市 概要・地域の情報やトピック

尼崎市

尼崎市(あまがさきし)は、兵庫県南東部の県境に面する市。国から中核市に指定されている。 兵庫県の南東端に位置し、県内の市町の中で唯一大阪市と面している。兵庫県下第4位の規模の人口を有しており、中核市の指定を受けている他、公害問題を抱えていた歴史から保健所政令市にも指定されている。 現在、一部の市民によりヘリコプターや大阪国際空港から飛び立つ飛行機などの騒音が問題視されている。 主に市南部に工業地域、中南部には商業地域、そして市中部から北部にかけて住宅地が広がる形で発展している。鉄道を利用することにより、20分以内に大阪市や神戸市の都心へ到達することが出来るが、旧尼崎藩領や旧旗本領の元農村地域を中心に構成された工業都市であるため、拠点性があり、中部以南は大阪のベッドタウンとしての要素は薄い。なお、大阪市への通勤率は20.9%(平成22年国勢調査)である。また、南部の海岸部はかつて阪神工業地帯の中心部であったが、埋立地の部分が多く、海抜ゼロメートル以下の地域が少なくない。

creative commons(wikipedia:尼崎市

尼崎市交通局

尼崎市交通局(あまがさきしこうつうきょく)は、かつて兵庫県尼崎市に存在したバス部門である。 尼崎市営バス(以下、市バスと略す)として、尼崎市内で路線バスを運行していた。スルッとKANSAIに参加しており、全線でスルッとKANSAI対応カードが使用できた(但し、PiTaPaは使用できず、導入予定もなかった)。2009年3月には全国で初めて全車両のノンステップバス化を達成した。 一部の路線は、外郭団体の尼崎交通事業振興および民間事業者である阪神バスに管理委託していた。なお、2016年3月20日をもって全路線を阪神バスに移譲し、68年の歴史に幕を閉じた。 組織 総務課 経営企画課 運輸課 労務担当 営業所等 塚口営業所 場所 : 兵庫県尼崎市東塚口町2丁目4-37 武庫営業所(阪神バス運行受託 2009年12月1日より) 場所 : 兵庫県尼崎市武庫豊町3丁目11-1 市バスサービスセンター(阪神尼崎) 場所 : 兵庫県尼崎市神田中通1丁目1この他、東園田と出屋敷に休憩所が設けられている。

creative commons(wikipedia:尼崎市交通局

尼崎市営バス

『尼崎市交通局』より : 尼崎市交通局(あまがさきしこうつうきょく)は、かつて兵庫県尼崎市に存在したバス部門である。 尼崎市営バス(以下、市バスと略す)として、尼崎市内で路線バスを運行していた。スルッとKANSAIに参加しており、全線でスルッとKANSAI対応カードが使用できた(但し、PiTaPaは使用できず、導入予定もなかった)。2009年3月には全国で初めて全車両のノンステップバス化を達成した。 一部の路線は、外郭団体の尼崎交通事業振興および民間事業者である阪神バスに管理委託していた。なお、2016年3月20日をもって全路線を阪神バスに移譲し、68年の歴史に幕を閉じた。 組織 総務課 経営企画課 運輸課 労務担当 営業所等 塚口営業所 場所 : 兵庫県尼崎市東塚口町2丁目4-37 武庫営業所(阪神バス運行受託 2009年12月1日より) 場所 : 兵庫県尼崎市武庫豊町3丁目11-1 市バスサービスセンター(阪神尼崎) 場所 : 兵庫県尼崎市神田中通1丁目1この他、東園田と出屋敷に休憩所が設けられている。

creative commons(wikipedia:尼崎市営バス

尼崎市立下坂部小学校

校名=尼崎市立下坂部小学校
過去校名=小懇田小学校
小懇田簡易小学校
小田尋常小学校
小田第一尋常高等小学校
小田尋常高等小学校
小田第一尋常小学校
尼崎市立下坂部尋常小学校
下坂部国民学校
国公私立=公立学校
設置者=尼崎市
学区=
併合学校=
校訓=
設立年月日=1877年
記念日名称=
創立記念日=
創立者=

creative commons(wikipedia:尼崎市立下坂部小学校

尼崎市立立花中学校

尼崎市立立花中学校(あまがさきしりつたちばなちゅうがっこう)は、兵庫県尼崎市上ノ島町に所在する公立中学校である。
1947年4月22日開校式挙行
1961年9月26日弥生前期住居跡、土器多数発見(上ノ島遺跡)
1963年1月19日体育館竣工
1983年6月30日格技室竣工
1986年6月25日全館冷房開始
1990年6月30日文部省より課外クラブ活動研究指定校に指定される
1995年1月17日阪神・淡路大震災の被害を受け2号館の使用禁止。翌年度の教室はプレハブの使用を余儀なくされる
野球・サッカー・ソフトテニス・剣道・バスケットボール・バレーボール・水泳・硬式テニス・吹奏楽・美術・茶華道
合唱部は全日本合唱コンクール全国大会に過去3度出場(2003,05,06年)し、銀賞1回、銅賞2回を受賞している。

creative commons(wikipedia:尼崎市立立花中学校

尼崎市立尼崎高等学校

尼崎市立尼崎高等学校(あまがさきしりつ あまがさきこうとうがっこう)は、兵庫県尼崎市上ノ島町一丁目にある市立高等学校。市内で最も古い歴史と伝統を持つ。略称は「市尼」(いちあま、兵庫県立尼崎高等学校(けんあま)と区別するため)。 設置学科 普通科(1学年あたり約240名) 体育科(1学年あたり80名) 沿革 1913年4月1日 - 尼崎市南城内にて尼崎町立実科高等女学校創立。 1919年4月1日 - 尼崎市立高等女学校に校名変更。 1948年4月1日 - 尼崎市立尼崎高等学校に校名変更、男女共学化。 1966年4月1日 - 現在地へ移転。 1991年3月19日 - 入学を希望していた障害者の合格を取り消したことにより、訴訟となる。 1993年10月 - 創立80周年記念式典。 2000年4月1日 - 体育科開設。 2004年10月29日 - 韓国の南旨高等学校と姉妹校提携。 2013年11月16日 - 創立100周年記念式典。              - マスコットキャラクター「いっちー」の誕生。

creative commons(wikipedia:尼崎市立尼崎高等学校

尼崎市総合文化センター

尼崎市総合文化センター (あまがさきしそうごうぶんかせんたー)は、兵庫県尼崎市にある複合文化施設。 美術・音楽・演劇等芸術文化の拠点となる施設として、1982年にグランドオープンした。 建物は、美術館や文化教室の役割をもつ文化棟(1975年開館)と、音楽・演劇公演の会場となるホール棟(1982年開館)で構成される。声楽家集団関西二期会の活動拠点である。 大ホール メインホールのあましんアルカイックホール(旧称:尼崎市総合文化センター大ホール)は、2030名収容の音楽コンサートを主用途とする。音響家が選ぶ優良ホール100選に選ばれているほか、オーストラリアのシドニー・オペラハウスと友好ホール提携を結んでいる。1982年7月10日に朝比奈隆指揮の大阪フィルハーモニー交響楽団が「交響曲第5番 (チャイコフスキー)」でこけら落し公演を開催した。 施設 ホテル棟を除き、全て公益財団法人尼崎市総合文化センターの所有である。 文化棟美術ホール― 5階ホール、4階ホール ギャラリーアルカイック 尼崎市立地域研究史料館-7階 宴会場などホール棟あましんアルカイックホール(旧称:尼崎市総合文化センター大ホール) 2030名収容。

creative commons(wikipedia:尼崎市総合文化センター

尼崎市立城内高等学校

尼崎市立城内高等学校(あまがさきしりつ じょうないこうとうがっこう)は、兵庫県尼崎市北城内に所在した定時制市立の高等学校。 設置学科 定時制課程 普通科 商業科 商業科の沿革 1934年3月(昭和9年)商業学校規定により、実業学校を設置の件認可される。 1934年4月(昭和9年)尼崎市立商業学校(夜間課程)が創設され、公立青年学校、尼崎市実習学校内仮校舎で16日より授業を開始。 1936年7月(昭和11年)尼崎市南城内旧市庁舎に移転。 1941年3月(昭和16年)尼崎市立商業学校(全日制)創設を共に同校と合併し、同校の第二本科となる。 1944年3月(昭和19年)商業学生生徒募集停止される。 1945年10月(昭和20年)開明国民学校内仮校舎へ移転。 1946年3月(昭和21年)生徒募集の件認可される。 1946年4月(昭和21年)金楽寺小学校内仮校舎へ移転。 1948年7月(昭和23年)新学制に基づき尼崎市立琴城商業高等学校と校名変更。 普通科の沿革 1943年4月(昭和18年)尼崎市立高等女学校内に尼崎市立第二高等女学校(夜間課程)が創立される。

creative commons(wikipedia:尼崎市立城内高等学校

尼崎市立尼崎産業高等学校

尼崎市立尼崎産業高等学校(あまがさきしりつ あまがさきさんぎょうこうとうがっこう)は、かつて兵庫県尼崎市東難波町にあった市立産業高等学校。通称は「尼産(あまさん)」、「産高(さんこう)」。 設置学科 機械科 電気科 商業科 沿革 1916年(大正5年) - 大阪市港区にて住友私立職工養成所が開校。 1942年(昭和17年) - 住友工業学校に校名変更。 1946年(昭和21年) - 現在地に移転。 1948年(昭和23年) - 住友工業高等学校に校名変更。 1954年(昭和29年) - 尼崎市南城内にて尼崎市立尼崎商業高等学校が開校。 1956年(昭和31年) - 住友工業高等学校と尼崎市立商業高等学校が合併し、尼崎市立尼崎産業高等学校が発足。 1972年(昭和47年) - 定時制課程が尼崎市立尼崎工業高等学校として独立。 2004年(平成16年) - 校門近くに同校出身の村山実のピッチングフォームの銅像を卒業生らの寄付金により設置。 2011年(平成23年) - 尼崎市立尼崎東高等学校との統合校である尼崎市立尼崎双星高等学校が尼崎東高の校地に開校したのに伴い、同所に移転。

creative commons(wikipedia:尼崎市立尼崎産業高等学校

尼崎市警察

尼崎市警察(あまがさきしけいさつ)は、かつて存在した兵庫県尼崎市の自治体警察 (旧警察法) 自治体警察。
旧警察法の施行で、従来の兵庫県警察部が解体され、1948年(昭和23年)1月14日に尼崎市警察本部が設置された。1948年(昭和23年)12月に尼崎市警察局と改称した。翌1949年(昭和24年)頃に、警察局長と東署長との間で運営方針をめぐり対立が起き、市政を揺るがせた。市公安委員会は警察局長を罷免することで解決を図った。東署長も後日辞任した。
その後、1954年(昭和29年)に、旧警察法を全面改正する形で警察法 新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として兵庫県警察 兵庫県警察本部が発足。尼崎市警察も兵庫県警察に統合され、姿を消した。

creative commons(wikipedia:尼崎市警察

尼崎市立杭瀬小学校

尼崎市立杭瀬小学校(あまがさきしりつくいせしょうがっこう)は、兵庫県尼崎市にある公立の小学校。
大正14年4月1日に創立。
昭和26年?月?日 戦後児童数増大に伴う教室不足による二部授業(午前の部・午後の部)を解消するために、常光寺地区に市立常光寺小学校を設置・分離した。
平成18年3月31日 児童数減少により常光寺小学校と合併のため旧校の廃止となる。
平成18年4月1日、旧杭瀬小学校と隣地区の旧尼崎市立常光寺小学校 常光寺小学校が合併統合し、新しく尼崎市立杭瀬小学校として開校。旧常光寺小学校を仮校舎として使用していたが、平成20年度より旧杭瀬小学校の跡地に完成した新校舎に移った。
構造改革特区として、尼崎市の尼崎計算教育特区が認定されたことを受けて、同市のモデル校として計算科というそろばんの授業が設けられている。

creative commons(wikipedia:尼崎市立杭瀬小学校

尼崎市立尼崎工業高等学校

尼崎市立尼崎工業高等学校(あまがさきしりつ あまがさきこうぎょうこうとうがっこう)は、兵庫県尼崎市東難波町二丁目に所在した定時制市立の工業高等学校。2011年3月まで尼崎市立尼崎産業高等学校と併設されていた。 設置学科 定時制課程 機械科(40名)×4学年 電気科(40名)×4学年 沿革 1951年4月1日 - 学校法人住友工業高等学校に定時制課程を開設。 1956年4月1日 - 尼崎市立尼崎商業高等学校と住友工業高等学校が合併し、尼崎市立尼崎産業高等学校発足。 1957年10月9日 - 開校。 1971年5月31日 - 定時制専用校舎竣工。 1972年4月1日 - 尼崎市立尼崎産業高等学校から定時制課程が独立し、尼崎市立尼崎工業高等学校に校名を変更。 2016年3月31日 - 閉校 特色 クラブ活動が盛んで、軟式野球部・バドミントン部・剣道部・ソフトテニス部は全国大会常連校。

creative commons(wikipedia:尼崎市立尼崎工業高等学校

尼崎市立小田北中学校

尼崎市立小田北中学校(あまがさきしりつ おだきたちゅうがっこう)は、兵庫県尼崎市神崎町にある公立中学校。2014年(平成26年)4月現在の生徒数は443名となっている。 沿革 1949年(昭和24年)6月5日 - 尼崎市立小田北中学校創立。 クラブ活動 運動部 卓球部 ソフトテニス部 野球部 バスケットボール部 陸上部 剣道部 日本拳法部 文化部 合唱部 吹奏楽部 ESS 校区 尼崎市立下坂部小学校区の一部 尼崎市立浜小学校区の一部 交通アクセス 阪急神戸本線 園田駅より1.4km。 関連項目 兵庫県中学校一覧 脚注 外部リンク 尼崎市立小田北中学校。

creative commons(wikipedia:尼崎市立小田北中学校

尼崎市立尼崎東高等学校

尼崎市立尼崎東高等学校(あまがさきしりつ あまがさきひがしこうとうがっこう)は、兵庫県尼崎市食満に所在した市立の高等学校。 設置学科 普通科 自然科学類型 人文社会類型 国際コミュニケーション類型 音楽類型 沿革 1963年(昭和38年)10月11日 - 開校。 2008年(平成20年) - この年の入試より、 特色選抜・複数志願選抜の新しい入試制度に変更。 2011年(平成23年)4月 - 尼崎市立尼崎東高等学校と尼崎市立尼崎産業高等学校を統合した尼崎市立尼崎双星高等学校の設置に伴い、生徒募集停止。 2013年(平成25年)3月31日 - 閉校。 特色 ラグビー部、男子バレー部は全国大会出場経験あり、水泳部や卓球部は近畿大会出場経験がある。生徒会による自主活動が活発である。 卒業生 曽我部慶太(サッカー選手(ヴィッセル神戸→ベガルタ仙台→ツエーゲン金沢→SC相模原)) 関連項目 兵庫県高等学校の廃校一覧 外部リンク 尼崎市立尼崎東高等学校。

creative commons(wikipedia:尼崎市立尼崎東高等学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引