【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

鳥取県【地方公共団体・地方自治体】

鳥取県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、鳥取県の紹介です。

鳥取県のホームページ

鳥取県 概要・地域の情報やトピック

鳥取県

鳥取県(とっとりけん)は、日本の県の一つ。中国地方の日本海側、いわゆる山陰地方の東側を占め、東は兵庫県、西は島根県、南は中国山地を挟んで岡山県・広島県に隣接。西日本有数の豪雪地帯でもある。全国47都道府県中、面積は7番目に小さく、人口は最も少ない。また、市の数も最も少ない。県庁所在地は県東部の鳥取市。 地理・地域 広袤(こうぼう) 国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、鳥取県の面積は3507.05平方キロメートルである。 国土地理院地理情報によると鳥取県の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは125.41km、南北の長さは61.79kmである。 地形 平野・盆地・高原鳥取平野 倉吉平野 米子平野山地 中国山地:大山、那岐山、氷ノ山(兵庫県県境)河川千代川 天神川 日野川湖沼湖山池 東郷池 中海海日本海:美保湾 - 鳥取県の島の一覧半島・岬弓ヶ浜半島(夜見ヶ浜半島) 自然公園 国立公園 大山隠岐国立公園 山陰海岸国立公園 国定公園 氷ノ山後山那岐山国定公園 比婆道後帝釈国定公園 県立自然公園 三朝東郷湖県立自然公園 奥日野県立自然公園 西因幡県立自然公園 気候 県内全域が日本海側気候で、豪雪地帯となっている。

creative commons(wikipedia:鳥取県

鳥取県出身の人物一覧

鳥取県出身の人物一覧(とっとりけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する鳥取県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 国会議員 = 奥田義人(鳥取市):元文部大臣、元司法大臣、鳥取県出身で最初の大臣、第五代東京市長 徳安実蔵(鳥取市):元総理府総務長官、元郵政大臣 由谷義治(鳥取市):元衆議院議員 米原章三(鳥取市):元鳥取県会議長、元貴族院議員、孫・米原万里 平林鴻三(鳥取市):元鳥取県知事、元郵政大臣 田村耕太郎(鳥取市):元参議院議員 常田享詳(鳥取市):元郵政政務次官、元農林水産副大臣 松岡駒吉(岩美町):戦後初代衆議院議長 吉田達男(岩美町):元参議院議員、元岩美町長 古井喜実(八頭町):元厚生大臣、元法務大臣 石破二朗(八頭町):元鳥取県知事、元自治大臣兼国家公安委員長 石破茂(八頭町):元防衛大臣、元農水大臣、衆議院議員 石谷伝四郎(智頭町):元衆議院議員、元貴族院議員 石谷憲男(智頭町):元参議院議員、元林野庁長官 坂野重信(北栄町):元自治大臣兼国家公安委員長 豊田収(北栄町):元衆議院議員 川上義博(琴浦町):元参議院議員 手島栄(米子市):元郵政大臣 赤沢正道(米子市):元自治大臣、孫赤沢亮正 三好英之(米子市):元北海道開発庁長官 野坂茂三郎(米子市):元衆議院議員、野坂寛治の父 稲田藤治郎(米子市):元衆議院議員 湯原俊二(米子市):衆議院議員 浜田和幸(米子市):参議院議員、国際政治経済学・未来学者 門脇重雄(境港市):元衆議院議員 渡部芳造(境港市):元衆議院議員 渡辺朗(境港市):元衆議院議員 野坂浩賢(伯耆町):元建設大臣、元内閣官房長官 = 地方自治 = 竹内功(鳥取市):元鳥取市長 野坂康夫(米子市):米子市長 野坂康久(米子市):元米子市議会議員、野坂康夫の祖父 野坂寛治(米子市):元米子市長 中村勝治(境港市):境港市長 永井貞録(境港市):元鳥取県議会議員 安田貞栄(境港市):第三代境港市長、実父は永井貞録 岩田浩岳:島根県議会議員、元山陰中央テレビアナウンサー 官僚 松田道之(鳥取市):京都大学参事、初代滋賀県令、第七代東京府知事 村上恭一(鳥取市):枢密院書記官長、貴族院議員 西田誠哉(鳥取市):外交官、在イタリア特命全権大使、国連大使 山本義章(鳥取市) 沢田廉三(岩美町):外交官、国際連合の日本加盟前の初代日本大使 竹歳誠(北栄町):国土交通事務次官、とっとりふるさと大使 久埜茂(米子市):元逓信省郵務局長 足立盛二郎(境港市):郵政事業庁長官、NTTドコモ副社長、とっとりふるさと大使 門脇重綾(境港市):明治新政府高官、神官 沖守固 法曹 岸本辰雄(鳥取市):法律家、明治大学創立者 大坪弘道(智頭町) 石田哲一(米子市):三島由紀夫プライバシー裁判の裁判長 高林克巳(米子市) 雑賀愛造(米子市) 西村卯(米子市) 鳥越健治:広島高裁長官 軍人 西尾寿造(鳥取市):陸軍大将、第二代東京都長官、関東信越地方総監 猪口力平 (鳥取市):海軍大佐、「神風特別攻撃隊」の命名者 岡田資(鳥取市):陸軍中将(終戦時)、名古屋大空襲で撃墜・捕虜となった米兵の処刑によりB級戦犯に問われ、法廷闘争(法戦)を繰り広げる 吉岡忠一(鳥取市):海軍中佐、実業家 八原博通(米子市):陸軍大佐、沖縄戦における持久戦術を提案 西田税(米子市):二・二六事件の思想的指導者 鹿野澄(米子市):陸軍主計中将 杵村久蔵(米子市):陸軍少将 松本象二郎(米子市):海軍少将 山形政二(米子市):海軍少将 福留繁(大山町):海軍中将、軍令部作戦部長や連合艦隊参謀長等を歴任 坂西一良(日野町):陸軍中将 稲田正純(日野町):陸軍中将 実業家 鬼塚喜八郎(鳥取市):アシックス創業者 児嶋幸吉(鳥取市):鳥取ガス創業者 児嶋恒吉(鳥取市):鳥取ガス第3代社長 金子亮太郎(鳥取市):明治安田生命保険初代社長 吹野博志(米子市):デルコンピュータ株式会社代表取締役会長 樋口公啓(米子市):東京海上日動火災保険相談役、日本経済団体連合会副会長 磯野長蔵(倉吉市):キリンビール創始者 足立荘(境港市) 足立正(境港市):王子製紙社長、TBS初代社長、日本民間放送連盟初代会長、日本商工会議所第12代会頭 足立龍雄(境港市):中村屋会長 増谷麟(境港市):PCL創立社長、日本ポリドール社長。

creative commons(wikipedia:鳥取県出身の人物一覧

鳥取県の廃止市町村一覧

鳥取県の廃止市町村一覧 (とっとりけんのはいししちょうそんいちらん) は、鳥取県における市制・町村制(1889年10月1日)以降に市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:境港町→境港市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:賀茂村→郡家町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:鳥取県の廃止市町村一覧

鳥取県知事

『鳥取県』より : 鳥取県知事一覧(とっとりけんちじいちらん)は、鳥取県の歴代知事(官選:36代36人/公選:17代7人)の一覧である。(県の首長であった県令や参事も記載) 官選知事 公選知事 選挙結果 第15回 1999年(平成11年)4月11日実施※当日有権者数:476,963人 最終投票率:76.26%(前回比:.ポイント) 第16回 2003年(平成15年)4月13日無投票当選※当日有権者数:491,879人 最終投票率:無投票%(前回比:.ポイント) 第17回 2007年(平成19年)4月8日実施※当日有権者数:485,443人 最終投票率:61.46%(前回比:.ポイント) 第18回 2011年(平成23年)4月8日実施※当日有権者数:485,667人 最終投票率:59.11%(前回比:.ポイント) 第19回 2015年(平成27年)4月12日実施※当日有権者数:469,739人 最終投票率:56.96%(前回比:.ポイント) 参考文献 『鳥取県大百科事典』(編集・新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会)1984年 573-583頁 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。

creative commons(wikipedia:鳥取県知事

鳥取県の県道一覧

鳥取県の県道一覧(とっとりけんのけんどういちらん)は、鳥取県を通る県道の一覧である。 当初は主要地方道・一般県道とも1号から番号を振る固定番号制を採っていたが、中国地方にしては他の4県より10年遅く1982年(昭和57年)9月10日に主要地方道は従来通り一桁または二桁の番号(1 - 48号)、一般県道はすべて三桁の番号(101 - 317号および500 - 501号)を割り当てる現行の番号体制に移行、その約2年後の1984年(昭和59年)8月31日鳥取県告示第645号により1982年(昭和57年)9月9日以前に認定された路線の番号変更が告示され、正式に新番号体制が発足している。

creative commons(wikipedia:鳥取県の県道一覧

鳥取県道

『鳥取県の県道一覧』より : 鳥取県の県道一覧(とっとりけんのけんどういちらん)は、鳥取県を通る県道の一覧である。 当初は主要地方道・一般県道とも1号から番号を振る固定番号制を採っていたが、中国地方にしては他の4県より10年遅く1982年(昭和57年)9月10日に主要地方道は従来通り一桁または二桁の番号(1 - 48号)、一般県道はすべて三桁の番号(101 - 317号および500 - 501号)を割り当てる現行の番号体制に移行、その約2年後の1984年(昭和59年)8月31日鳥取県告示第645号により1982年(昭和57年)9月9日以前に認定された路線の番号変更が告示され、正式に新番号体制が発足している。

creative commons(wikipedia:鳥取県道

鳥取県出身の有名人一覧

鳥取県出身の人物一覧(とっとりけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する鳥取県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 国会議員 = 奥田義人(鳥取市):元文部大臣、元司法大臣、鳥取県出身で最初の大臣、第五代東京市長 徳安実蔵(鳥取市):元総理府総務長官、元郵政大臣 由谷義治(鳥取市):元衆議院議員 米原章三(鳥取市):元鳥取県会議長、元貴族院議員、孫・米原万里 平林鴻三(鳥取市):元鳥取県知事、元郵政大臣 田村耕太郎(鳥取市):元参議院議員 常田享詳(鳥取市):元郵政政務次官、元農林水産副大臣 松岡駒吉(岩美町):戦後初代衆議院議長 吉田達男(岩美町):元参議院議員、元岩美町長 古井喜実(八頭町):元厚生大臣、元法務大臣 石破二朗(八頭町):元鳥取県知事、元自治大臣兼国家公安委員長 石破茂(八頭町):元防衛大臣、元農水大臣、衆議院議員 石谷伝四郎(智頭町):元衆議院議員、元貴族院議員 石谷憲男(智頭町):元参議院議員、元林野庁長官 坂野重信(北栄町):元自治大臣兼国家公安委員長 豊田収(北栄町):元衆議院議員 川上義博(琴浦町):元参議院議員 手島栄(米子市):元郵政大臣 赤沢正道(米子市):元自治大臣、孫赤沢亮正 三好英之(米子市):元北海道開発庁長官 野坂茂三郎(米子市):元衆議院議員、野坂寛治の父 稲田藤治郎(米子市):元衆議院議員 湯原俊二(米子市):衆議院議員 浜田和幸(米子市):参議院議員、国際政治経済学・未来学者 門脇重雄(境港市):元衆議院議員 渡部芳造(境港市):元衆議院議員 渡辺朗(境港市):元衆議院議員 野坂浩賢(伯耆町):元建設大臣、元内閣官房長官 = 地方自治 = 竹内功(鳥取市):元鳥取市長 野坂康夫(米子市):米子市長 野坂康久(米子市):元米子市議会議員、野坂康夫の祖父 野坂寛治(米子市):元米子市長 中村勝治(境港市):境港市長 永井貞録(境港市):元鳥取県議会議員 安田貞栄(境港市):第三代境港市長、実父は永井貞録 岩田浩岳:島根県議会議員、元山陰中央テレビアナウンサー 官僚 松田道之(鳥取市):京都大学参事、初代滋賀県令、第七代東京府知事 村上恭一(鳥取市):枢密院書記官長、貴族院議員 西田誠哉(鳥取市):外交官、在イタリア特命全権大使、国連大使 山本義章(鳥取市) 沢田廉三(岩美町):外交官、国際連合の日本加盟前の初代日本大使 竹歳誠(北栄町):国土交通事務次官、とっとりふるさと大使 久埜茂(米子市):元逓信省郵務局長 足立盛二郎(境港市):郵政事業庁長官、NTTドコモ副社長、とっとりふるさと大使 門脇重綾(境港市):明治新政府高官、神官 沖守固 法曹 岸本辰雄(鳥取市):法律家、明治大学創立者 大坪弘道(智頭町) 石田哲一(米子市):三島由紀夫プライバシー裁判の裁判長 高林克巳(米子市) 雑賀愛造(米子市) 西村卯(米子市) 鳥越健治:広島高裁長官 軍人 西尾寿造(鳥取市):陸軍大将、第二代東京都長官、関東信越地方総監 猪口力平 (鳥取市):海軍大佐、「神風特別攻撃隊」の命名者 岡田資(鳥取市):陸軍中将(終戦時)、名古屋大空襲で撃墜・捕虜となった米兵の処刑によりB級戦犯に問われ、法廷闘争(法戦)を繰り広げる 吉岡忠一(鳥取市):海軍中佐、実業家 八原博通(米子市):陸軍大佐、沖縄戦における持久戦術を提案 西田税(米子市):二・二六事件の思想的指導者 鹿野澄(米子市):陸軍主計中将 杵村久蔵(米子市):陸軍少将 松本象二郎(米子市):海軍少将 山形政二(米子市):海軍少将 福留繁(大山町):海軍中将、軍令部作戦部長や連合艦隊参謀長等を歴任 坂西一良(日野町):陸軍中将 稲田正純(日野町):陸軍中将 実業家 鬼塚喜八郎(鳥取市):アシックス創業者 児嶋幸吉(鳥取市):鳥取ガス創業者 児嶋恒吉(鳥取市):鳥取ガス第3代社長 金子亮太郎(鳥取市):明治安田生命保険初代社長 吹野博志(米子市):デルコンピュータ株式会社代表取締役会長 樋口公啓(米子市):東京海上日動火災保険相談役、日本経済団体連合会副会長 磯野長蔵(倉吉市):キリンビール創始者 足立荘(境港市) 足立正(境港市):王子製紙社長、TBS初代社長、日本民間放送連盟初代会長、日本商工会議所第12代会頭 足立龍雄(境港市):中村屋会長 増谷麟(境港市):PCL創立社長、日本ポリドール社長。

creative commons(wikipedia:鳥取県出身の有名人一覧

鳥取県立米子東高等学校

鳥取県立米子東高等学校(とっとりけんりつ よなごひがしこうとうがっこう)は、鳥取県米子市勝田町にある公立高等学校である。 起源は旧制鳥取県立米子中学校。県内では一般的に「米東」(べいとう)と呼ばれるが、「勝陵」(しょうりょう)という呼称もある。鳥取大学、島根大学などの地元国公立大学への進学が最も多い。選抜高校野球大会準優勝校、高校生クイズ優勝校。文武両道を校風とする一方で、近年は管理職主導の下、部活動・学校祭などより学業を重視する姿勢に転換し始めている。また、7ヘクタール以上の敷地を有し、勝田山、3つのグラウンドを持つ。 校訓 質実剛健 教育方針 日本海をのぞみ、大山を仰ぐこの美わしい学園は、つぎのごとき人間を育成する。 一.個性を生かして社会に生き、人類の幸福に貢献する。 一.自由を尊び、責任と自主性を重んずる。 一.英知に輝き、真理に徹する。 一.豊かでかおり高く、真実の人生を愛する。 一.明朗で健康で、信念を貫徹する強い意志と実行力を持つ。 沿革 年表 1899年(明治32年)4月1日 - 鳥取県第二中学校として創立 1900年(明治33年)5月29日 - 開校式挙行(のち開校記念日となる) 1901年(明治34年)6月12日 - 鳥取県立第二中学校に改称 1909年(明治42年)4月1日 - 鳥取県立米子中学校に改称 1917年(大正6年) 8月4日 - 凱歌 松の緑、初めて歌われる 1936年(昭和11年)4月29日 - 旧校歌制定(作詞・土井晩翠 作曲・東京音楽学校) 1948年(昭和23年)4月1日 - 鳥取県立米子第一高等学校に改称。

creative commons(wikipedia:鳥取県立米子東高等学校

鳥取県立鳥取東高等学校

鳥取県立鳥取東高等学校(とっとりけんりつ とっとりひがしこうとうがっこう)は、鳥取県鳥取市立川町五丁目にある県立高等学校。 前身は旧制鳥取第二中学校。県東部では、鳥取県立鳥取西高等学校(旧制鳥取第一中学校)とともに有力校として知られる県内有数の進学校である。また、鳥取東高等学校は、理数科を有し、県内唯一の文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校である。1922年に創立功労者の徳田平市が、4,843坪もの校地を寄付し、翌年の4月5日に開校した。林重浩初代校長により「生徒信条」(一、日々自らを鍛え、進取の気をもって、事に当たろう。二、互いに親和し、切磋琢磨を続けよう。三、自らの責任を果たし、社会に尽くす心を持とう。)が定められ、「頌徳碑」とともに「生徒訓条」(質実剛健ニシテ正義を履践スベシ、己ヲ克治シ他ヲ寛容シテ親和スベシ、勤勉日ニ新ニシテ奉公ノ誠ヲ諭スベシ)の銘文が、校内の「憩いの森」に石碑が建てられている。

creative commons(wikipedia:鳥取県立鳥取東高等学校

鳥取県小学校一覧

鳥取県小学校一覧(とっとりけんしょうがっこういちらん)は、鳥取県の小学校の一覧。廃止された小学校については、鳥取県小学校の廃校一覧を参照。 国立小学校 鳥取大学附属小学校 公立小学校 鳥取市 米子市 倉吉市 境港市 岩美郡 岩美町立岩美北小学校 岩美町立岩美西小学校 岩美町立岩美南小学校 八頭郡 東伯郡 西伯郡 日野郡 関連項目 学校記事一覧 鳥取県高等学校一覧 鳥取県中学校一覧 鳥取県幼稚園一覧 鳥取県特別支援学校一覧。

creative commons(wikipedia:鳥取県小学校一覧

鳥取県立倉吉東高等学校

鳥取県立倉吉東高等学校(とっとりけんりつ くらよしひがしこうとうがっこう)は、鳥取県倉吉市にある高等学校。略称は「倉東」(そうとう)。 歴史 1909年(明治42年)に設置された「鳥取県立倉吉中学校」(旧制中学校、男子校)を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により、新制の「鳥取県立倉吉第一高等学校」(男子校)となった。その翌年公立高校の統合・再編により総合制の「鳥取県立倉吉高等学校」(男女共学)となった後、1953年(昭和28年)に倉吉高等学校が東西の2校に分離され、現校名の「鳥取県立倉吉東高等学校」が発足した。2009年(平成21年)で創立100周年を迎えた。設置課程・学科 全日制課程 普通科 定時制課程 普通科(夜間部) ※通信制課程と併せて学ぶこと(定通併修制度)により、3年での卒業が可能。校訓 「自主・自律」教育方針 われわれは、豊かな文化の創造、民主的な社会及び国家の発展、平和的な国際社会の形成に進んで貢献し得る、知・情・意とも兼ね備えた、自主的・自律的で、生きる力に満ちた生徒を育むために、本校におけるあらゆる教育活動の充実と向上をはからなければならない。

creative commons(wikipedia:鳥取県立倉吉東高等学校

鳥取県道503号赤碕東郷自転車道線

鳥取県道503号赤碕東郷自転車道線(とっとりけんどう503ごう あかさきとうごうじてんしゃどうせん)は鳥取県東伯郡琴浦町から鳥取県東伯郡湯梨浜町を結ぶ自転車・歩行者専用の一般県道である。通称鳥取県中部海岸自転車道。 起点:鳥取県東伯郡琴浦町別所(国道9号交点) 終点:鳥取県東伯郡湯梨浜町長和田(鳥取県道22号倉吉青谷線(鳥取県道51号倉吉川上青谷線重複)・鳥取県道501号倉吉東郷自転車道線交点) 総延長:33.3km(未開通区間を含む。未開通区間を除く総延長は8.9km。) 未開通区間: 起点 - 鳥取県東伯郡琴浦町八橋 鳥取県東伯郡琴浦町八橋 鳥取県東伯郡琴浦町丸尾 - 鳥取県東伯郡琴浦町逢束 鳥取県東伯郡琴浦町中尾 - 鳥取県東伯郡湯梨浜町長瀬 鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内 - 鳥取県東伯郡湯梨浜町旭 通過市町村 鳥取県東伯郡琴浦町 鳥取県東伯郡北栄町 鳥取県東伯郡湯梨浜町 見どころ 天神川 日本海 東郷温泉 東郷湖 重複区間 鳥取県道267号大栄赤碕線(琴浦町別所 - 琴浦町八橋) 鳥取県道267号大栄赤碕線(琴浦町八橋 - 琴浦町丸尾) 鳥取県道267号大栄赤碕線(琴浦町中尾 - 北栄町大谷) 国道9号(北栄町大谷 - 湯梨浜町長瀬) 鳥取県道501号倉吉東郷自転車道線(湯梨浜町長瀬 - 湯梨浜町光吉) 国道9号(湯梨浜町長瀬) 鳥取県道185号東郷湖線(湯梨浜町光吉) 鳥取県道234号東郷羽合線(湯梨浜町光吉 - 湯梨浜町藤津) 鳥取県道22号倉吉青谷線(湯梨浜町松崎 - 湯梨浜町旭) 鳥取県道29号三朝東郷線(湯梨浜町引地 - 湯梨浜町野花) 鳥取県道51号倉吉川上青谷線(湯梨浜町引地 - 湯梨浜町長和田) 鳥取県道22号倉吉青谷線(湯梨浜町野花 - 湯梨浜町長和田) 接続道路 国道9号(琴浦町別所) 鳥取県道267号大栄赤碕線(琴浦町別所) 鳥取県道267号大栄赤碕線(琴浦町八橋) 鳥取県道267号大栄赤碕線(琴浦町八橋) 鳥取県道267号大栄赤碕線(琴浦町丸尾) 鳥取県道267号大栄赤碕線(琴浦町中尾) 国道9号(北栄町大谷) 鳥取県道167号由良停車場線(北栄町由良宿) 鳥取県道23号倉吉由良線(北栄町西園) 国道313号(北栄町弓原) 鳥取県道161号倉吉江北線(北栄町江北) 国道9号・鳥取県道501号倉吉東郷自転車道線(湯梨浜町長瀬) 国道9号(湯梨浜町長瀬) 国道9号(湯梨浜町長瀬) 鳥取県道185号東郷湖線(鳥取県道234号東郷羽合線重複)(湯梨浜町光吉) 鳥取県道185号東郷湖線(鳥取県道501号倉吉東郷自転車道線重複)(湯梨浜町光吉) 鳥取県道234号東郷羽合線(湯梨浜町藤津) 鳥取県道22号倉吉青谷線(湯梨浜町松崎) 鳥取県道22号倉吉青谷線(湯梨浜町旭) 鳥取県道29号三朝東郷線(鳥取県道51号倉吉川上青谷線重複)(湯梨浜町引地) 鳥取県道22号倉吉青谷線(湯梨浜町野花) 鳥取県道22号倉吉青谷線(鳥取県道51号倉吉川上青谷線重複)・鳥取県道501号倉吉東郷自転車道線(湯梨浜町長和田) 関連項目 鳥取県の県道一覧 日本の自転車道一覧 外部リンク 国土交通省道路局 - 一般県道赤碕東郷自転車道線(鳥取県中部海岸自転車道)。

creative commons(wikipedia:鳥取県道503号赤碕東郷自転車道線

鳥取県立鳥取西高等学校

鳥取県立鳥取西高等学校(とっとりけんりつ とっとりにしこうとうがっこう, Totori Prefectural Tottori Nishi High School)は、鳥取県鳥取市東町二丁目に所在する県立高等学校。 歴史 1873年(明治7年)鳥取藩校の「尚徳館」を受け継いで設立された「第四大学区十五番変則中学」(のち旧制鳥取中学)を前身とする。校舎は鳥取城があった久松山(きゅうしょうざん)を背景に堀の内側、鳥取城三の丸の跡地に建っており、石垣が点在する。山陰地方の公立高等学校では最古の歴史を有し、これまで各界に卒業生を送り出している。 設置課程・学科 全日制課程 普通科 校章 1949年の3校統合を象徴する3本の矢を組み合わせたものを背景にして、中央に「高」の文字(俗字体)を置いている。 校歌 作詞は国語科、作曲は服部正による二部合唱。歌詞は3番まであり、各番とも高音部は「久松山下に~あれ」、低音部は「西高 西高 鳥取西高」で終わる。 沿革 旧制中学校(男子校)1873年(明治7年)10月28日 - 鳥取藩校「尚徳館」を承継し、「第四大学区十五番変則中学校」として開校。

creative commons(wikipedia:鳥取県立鳥取西高等学校

鳥取県立鳥取西高校

『鳥取県立鳥取西高等学校』より : 鳥取県立鳥取西高等学校(とっとりけんりつ とっとりにしこうとうがっこう, Totori Prefectural Tottori Nishi High School)は、鳥取県鳥取市東町二丁目に所在する県立高等学校。 歴史 1873年(明治7年)鳥取藩校の「尚徳館」を受け継いで設立された「第四大学区十五番変則中学」(のち旧制鳥取中学)を前身とする。校舎は鳥取城があった久松山(きゅうしょうざん)を背景に堀の内側、鳥取城三の丸の跡地に建っており、石垣が点在する。山陰地方の公立高等学校では最古の歴史を有し、これまで各界に卒業生を送り出している。 設置課程・学科 全日制課程 普通科 校章 1949年の3校統合を象徴する3本の矢を組み合わせたものを背景にして、中央に「高」の文字(俗字体)を置いている。 校歌 作詞は国語科、作曲は服部正による二部合唱。歌詞は3番まであり、各番とも高音部は「久松山下に~あれ」、低音部は「西高 西高 鳥取西高」で終わる。 沿革 旧制中学校(男子校)1873年(明治7年)10月28日 - 鳥取藩校「尚徳館」を承継し、「第四大学区十五番変則中学校」として開校。

creative commons(wikipedia:鳥取県立鳥取西高校

鳥取県立鳥取湖陵高等学校

鳥取県立鳥取湖陵高等学校(とっとりけんりつ とっとりこりょうこうとうがっこう, Tottori Prefectural Tottori Koryo High School)は、鳥取県鳥取市湖山町北三丁目にある県立高等学校。 歴史 2001年(平成13年)に鳥取県立鳥取西工業高等学校・鳥取県立鳥取農業高等学校・鳥取県立鳥取西高等学校家庭学科が統合され開校した。農業・工業・家庭・情報に関する学科を有する総合選択制の高等学校で、所属学科の専門科目の学習を中心に、他学科の科目も進路希望等に応じて選択して学ぶことが可能。2011年(平成21年)に創立10周年を迎えた。設置課程・学科 全日制課程 計6学科 ( )は定員 農業に関する学科 3学科食品システム科(38名)2コース - 生産流通コース・食品科学コース 緑地デザイン科(38名)2コース - 環境緑化コース・装飾園芸コース工業に関する学科 1学科電子機械科(38名)2コース - 機械技術コース・電子技術コース家庭に関する学科 1学科人間環境科(76名)2コース - 福祉保育コース・総合生活コース情報に関する学科 1学科情報科学科(38名)2コース - 情報システムコース・コンピュータデザインコース教育方針 「ともに学び、ともに生きる」校章 羽ばたく鳥の絵を背景にして、中央に校名の「湖」と「高」を重ねて置いている。

creative commons(wikipedia:鳥取県立鳥取湖陵高等学校

鳥取県高等学校一覧

鳥取県高等学校一覧(とっとりけんこうとうがっこういちらん)は、鳥取県の高等学校一覧。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。 公立高等学校 鳥取県の県立高校は全県学区となっている。なお、鳥取県立鳥取工業高等学校建設工学科、鳥取県立鳥取湖陵高等学校工業学科・情報学科は鳥取県全域と兵庫県美方郡新温泉町を、鳥取県立智頭農林高等学校は鳥取県全域と岡山県津山市(阿波・加茂町)・美作市(旧大原町・旧東粟倉村)・英田郡西粟倉村を、鳥取県立境高等学校・鳥取県立境港総合技術高等学校は鳥取県全域と島根県松江市(美保関町・八束町)を、鳥取県立日野高等学校は鳥取県全域と岡山県新見市(千屋地区)・真庭郡新庄村を学区としている。

creative commons(wikipedia:鳥取県高等学校一覧

鳥取県道32号郡家鹿野気高線

鳥取県道32号郡家鹿野気高線(とっとりけんどう32ごう こおげしかのけたかせん)は鳥取県八頭郡八頭町と鳥取県鳥取市を結ぶ主要地方道である。 起点:鳥取県八頭郡八頭町郡家・八頭町役場入口交差点(国道29号交点) 終点:鳥取県鳥取市気高町北浜2丁目(国道9号交点) 総延長:40.6km 通行不能区間:鳥取県鳥取市槙原 - 鳥取県鳥取市矢矯(1.7km) 沿革 2012年(平成24年)3月30日 - 鳥取県告示第208・210・212号により、終点側の経路を変更。これに伴い、終点が鳥取市気高町浜村・浜村交差点から鳥取市気高町北浜2丁目(国道9号交点)に変更され、鳥取市気高町勝見・鹿野街道踏切北 - 同・浜村駅交差点間が鳥取県道275号八束水勝見線に移行した。 通過市町村 鳥取県八頭郡八頭町 鳥取県鳥取市 見どころ 八頭町役場 鳥取県立八頭高等学校 旧国道53号(国道373号重複)(鳥取県鳥取市河原町今在家(国道53号(国道373号重用)交点) - 鳥取県鳥取市河原町袋河原(鳥取県道298号袋河原八坂線(鳥取県道500号鳥取河原自転車道線重用)交点)) 鳥取市役所河原町総合支所 霊石山 毛無山 鳥取市役所鹿野町総合支所 鹿野温泉 浜村温泉 重用区間 国道482号(八頭郡八頭町船岡) 鳥取県道42号鳥取河原線(鳥取市河原町今在家・河原橋東交差点 - 鳥取市長谷) 鳥取県道500号鳥取河原自転車道線(鳥取市河原町長瀬・長瀬交差点 - 鳥取市河原町袋河原・袋河原交差点) 鳥取県道49号鳥取河原用瀬線(鳥取市岩坪 - 鳥取市槙原・小原交差点) 鳥取県道21号鳥取鹿野倉吉線(鳥取市鹿野町閉野 - 鳥取市鹿野町鹿野・新鹿野大橋東詰交差点) 接続道路 国道29号(八頭郡八頭町郡家・八頭町役場入口交差点(起点)) 鳥取県道287号河原郡家線旧道(八頭郡八頭町郡家) 鳥取県道293号鳥取郡家線(八頭郡八頭町久能寺) 鳥取県道324号河原インター線 船岡IC(八頭郡八頭町船岡) 国道482号(鳥取県道153号才代船岡線重用)(八頭郡八頭町船岡) 国道482号(八頭郡八頭町船岡) 鳥取県道229号米岡河原停車場線(八頭郡八頭町国中) 国道53号(国道373号重複)(鳥取市河原町今在家・河原橋東交差点) 鳥取県道195号鷹狩渡一木線(鳥取市河原町渡一木・河原橋西交差点) 鳥取県道287号河原郡家線(鳥取県道500号鳥取河原自転車道線重用)(鳥取市河原町長瀬・長瀬交差点) 鳥取県道298号袋河原八坂線(鳥取県道500号鳥取河原自転車道線重用)(鳥取市河原町袋河原・袋河原交差点) 鳥取県道42号鳥取河原線(鳥取市長谷) 鳥取県道49号鳥取河原用瀬線(鳥取市岩坪) 鳥取市道岩坪松上線(鳥取市岩坪) 鳥取県道49号鳥取河原用瀬線・鳥取県道281号河内槙原線(鳥取市槙原・小原交差点) 鳥取県道191号矢矯松原線(鳥取市矢矯) 鳥取県道304号妙徳寺鹿野線(鳥取市鹿野町末用) 鳥取県道21号鳥取鹿野倉吉線(鳥取市鹿野町閉野) 鳥取県道233号矢口鹿野線(鳥取市鹿野町鹿野) 鳥取県道21号鳥取鹿野倉吉線(鳥取市鹿野町鹿野・新鹿野大橋東詰交差点) 鳥取市道睦逢郡家勝見線(鳥取市気高町勝見) 国道9号(鳥取市気高町北浜2丁目(終点)) 脚注 関連項目 鳥取県の県道一覧。

creative commons(wikipedia:鳥取県道32号郡家鹿野気高線

鳥取県立青谷高等学校

鳥取県立青谷高等学校(とっとりけんりつ あおやこうとうがっこう、Tottori Prefectural Aoya High School)は、鳥取県鳥取市青谷町青谷にある県立高等学校。略称は「青高」。 歴史 1948年(昭和23年)に定時制高校として開校。数回の改称・改編を経て、1953年(昭和28年)に全日制高校となる。2013年(平成25年)に創立65周年を迎える。設置課程・学科 全日制課程 総合学科教育の特色 特色ある教育として、情報教育と国際理解教育が挙げられる。県内高校で最初に鳥取県情報ハイウェーに接続され、ブロードバンドを通して、アメリカ合衆国の旗アメリカ領サモアやホノルルの中高一貫校などと交流していた。また毎年、「青高祭」(学校祭のことである)では韓国の旗韓国・居昌中央高等学校と中華人民共和国の旗中国・大倉師範学校から生徒を招聘し、日中韓高校生国際シンポジウムを開催している。(2007年度は「青高祭」を「文化祭部分」と「シンポジウム、体育祭部分」に分割し実施し、2009年度は文化祭・体育祭の青高祭と分離して実施されている。

creative commons(wikipedia:鳥取県立青谷高等学校

鳥取県立米子南高等学校

鳥取県立米子南高等学校(とっとりけんりつ よなごみなみこうとうがっこう, Tottori Prefectural Yonago Minami High School)は、鳥取県米子市長砂町にある県立高等学校。 設置課程・学科 全日制課程 2学科 ビジネス情報科(商業)- 4分野(会計分野・情報ビジネス分野・情報システム分野・マーケティング分野) 生活文化科(家庭)- 2コース(環境文化コース・調理コース(卒業時に調理師免許受験資格取得)) 実業学校時代1927年(昭和2年)3月 - 「鳥取県立蚕業学校」が創立される。 1928年(昭和3年)4月1日 - 商業科を併設し、「鳥取県立米子商蚕学校」に改称。元・西伯郡役所跡に仮校舎を設置。 1929年(昭和4年)10月23日 - 校舎が完成し、移転を完了。開校式を挙行し、この日を開校記念日と制定。 1931年(昭和6年)3月31日 - 校歌を制定。 1941年(昭和16年)4月1日 - 蚕業科を「農蚕科」に改称。 1944年(昭和19年)3月12日 - 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、校名を「鳥取県立米子農工学校」に改称。

creative commons(wikipedia:鳥取県立米子南高等学校

鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例

鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例(とっとりけんじんけんしんがいきゅうさいすいしんおよびてつづきにかんするじょうれい、平成17年鳥取県条例第94号)は鳥取県の条例。 日本で初の人権救済を目的としていた。 2005年(平成17年)10月12日、鳥取県議会で可決・成立。2006年(平成18年)6月1日施行・2010年(平成22年)3月までの時限条例としていたが、施行前の2006年3月28日に公布施行された「鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例等の停止に関する条例」により、「別に条例で定める日」までの間その施行を凍結。2009年4月1日に施行された「鳥取県人権尊重の社会づくり条例の一部を改正等する条例」により、施行されないまま廃止された。 鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例は、「人権の侵害により発生し、又は発生するおそれのある被害の適正かつ迅速な救済又はその実効的な予防に関する措置を講ずることにより、人権が尊重される社会の実現に寄与することを目的」とする(条例1条)。

creative commons(wikipedia:鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引