【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

岡山県玉野市【地方公共団体・地方自治体】

玉野市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、岡山県玉野市の紹介です。

岡山県玉野市のホームページ

玉野市 概要・地域の情報やトピック

玉野市

玉野市(たまのし)は、岡山県の南端、瀬戸内海沿岸に位置している市。全国でもめずらしい、葬祭費無料の自治体。 港湾都市であり、宇野港より四国方面へのフェリーが出ている。また、宇高連絡船(日本国有鉄道→四国旅客鉄道)が高松市とを結び四国への玄関口として栄えた。 地理 山: 金甲山、貝殻山、十禅寺山、新割山(王子が岳) 河川: 鴨川、汐入川、白砂川 湖沼: 児島湖(そのほか玉野市のため池一覧を参照) 海: 瀬戸内海(備讃瀬戸) 島: 石島、大槌島(主要なもの) 1702年、漁場争いをきっかけとして備前国と讃岐国の境界線が井島の中央に引かれた。これがそのまま玉野市と直島町の境界線として引き継がれている。 1732年(享保17年)、漁場争いをきっかけとして備前国と讃岐国の境界線が大槌島の中央に引かれた。これがそのまま玉野市と高松市の境界線として引き継がれている。 1910年(明治43年)6月12日、宇野駅が開業。同時に宇高連絡船運航開始。 1917年(大正6年)、児島郡日比町の玉地区において三井物産造船部(三井造船の前身)が創業し、人口が急増する。

creative commons(wikipedia:玉野市

玉野市営電気鉄道

玉野市営電気鉄道(たまのしえいでんきてつどう)は、かつて岡山県玉野市の宇野駅から玉遊園地前駅を結んでいた玉野市運営の鉄道路線。 玉野市電とも称されていたが、「市電」といっても熊本県荒尾市の荒尾市営電気鉄道同様、軌道法による路面電車ではなく、地方鉄道法による鉄道路線であった。なお、正式名称は「玉野市電気鉄道」である。 元々、備南電気鉄道が国鉄宇野線から延びていた三井造船の工場への専用線を有効活用する形で、1953年(昭和28年)に開業させた。資金難から開業が遅れ、用意したモハ100形電車も山形県の蔵王高速電鉄(未成線)の注文流れであったという。長期的には玉から渋川を経由して児島まで達する計画であったが、前述の資金難から専用線を活用できた玉までの開業にとどまった。元々専用線であったため市街地を大きく迂回しており、乗客は少なく、赤字から脱却できず玉野市に譲渡された。 玉野市営となってからは乗客を増やすため玉遊園地前までの路線延長が行われたが、玉野市の中心が玉から宇野に移ったことや、両備バスが岡山への路線バスを増発したことなどの要因が重なり、通学利用を除けば乗客数は伸び悩んだ。

creative commons(wikipedia:玉野市営電気鉄道

玉野市電

『玉野市営電気鉄道』より : 玉野市営電気鉄道(たまのしえいでんきてつどう)は、かつて岡山県玉野市の宇野駅から玉遊園地前駅を結んでいた玉野市運営の鉄道路線。 玉野市電とも称されていたが、「市電」といっても熊本県荒尾市の荒尾市営電気鉄道同様、軌道法による路面電車ではなく、地方鉄道法による鉄道路線であった。なお、正式名称は「玉野市電気鉄道」である。 元々、備南電気鉄道が国鉄宇野線から延びていた三井造船の工場への専用線を有効活用する形で、1953年(昭和28年)に開業させた。資金難から開業が遅れ、用意したモハ100形電車も山形県の蔵王高速電鉄(未成線)の注文流れであったという。長期的には玉から渋川を経由して児島まで達する計画であったが、前述の資金難から専用線を活用できた玉までの開業にとどまった。元々専用線であったため市街地を大きく迂回しており、乗客は少なく、赤字から脱却できず玉野市に譲渡された。 玉野市営となってからは乗客を増やすため玉遊園地前までの路線延長が行われたが、玉野市の中心が玉から宇野に移ったことや、両備バスが岡山への路線バスを増発したことなどの要因が重なり、通学利用を除けば乗客数は伸び悩んだ。

creative commons(wikipedia:玉野市電

玉野市電保存会

玉野市電保存会(たまのしでんほぞんかい)は、岡山県玉野市で2005年7月6日に発足した、日本の鉄道保存団体。 玉野市営電気鉄道は、かつて玉野市の宇野駅から玉遊園地前駅を結んでいた玉野市運営の鉄道路線。1953年(昭和28年)の開業時の車両であるモハ100形3両は1965年(昭和40年)に瀬戸内海の対岸にある香川県の高松琴平電気鉄道(コトデン、ことでん)に売却され750形となり、そのうち760号が2006年夏まで1両現役で運行されていた。 760号は、ことでんの全車冷房化の流れから2006年7月に運用から撤退することが正式に決まったために、玉野市民の有志が中心となり玉野市電保存会を発足させて同車を玉野市に里帰りさせようと活動を進めた。その結果、760号は2006年夏にことでん長尾線で最後の営業運転を行った後、2006年9月23日深夜から24日にかけて、車体を大型トレーラーの荷台に積み仏生山から玉野へ輸送された。途中には瀬戸内海を渡るためにカーフェリー(四国フェリー)に乗るなどの行程を経て、40数年ぶりに玉野市へ無事に里帰りを果たし、玉野市営電鉄の終着駅であった「奥玉遊園地」駅からやや北西へ行った、玉野市奥玉1-18-5にある「玉野市総合保健福祉センター(通称・すこやかセンター)」(元奥玉小学校)の敷地内に搬入された。

creative commons(wikipedia:玉野市電保存会

玉野市立海洋博物館

転送 玉野市立玉野海洋博物館

creative commons(wikipedia:玉野市立海洋博物館

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引