【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

広島県【地方公共団体・地方自治体】

広島県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、広島県の紹介です。

広島県のホームページ

広島県 概要・地域の情報やトピック

広島県

広島県(ひろしまけん)は、日本の中国地方に位置する都道府県の一つ。瀬戸内海に面する。県庁所在地は広島市。 広島都市圏と備後都市圏を中心に工業(自動車産業)・商業が盛んである。県庁所在地の広島市は中国・四国地方最大の都市であり、政令指定都市に指定されている。一方で海・山の豊富な自然にも恵まれ、農業・漁業も盛んである。このため「日本国の縮図」とも呼ばれる。 旧国制に倣い、大まかに広島市を中心とする県西部を「安芸」、県東部で岡山県と隣接している福山市を中心とする県東部を「備後」と呼び、現在でも方言・文化の点で一部違いを見せる(方言については広島弁・備後弁を参照のこと)。ただし近年の広島県の施策では、有する都市機能と生活圏などから、広島圏域(県西部)、備後圏域(県東部)、備北圏域(県北東部)の3つに分ける場合も多い。 第二次世界大戦において世界で初めて核兵器による攻撃を受けた広島市を抱えることから、国際的に知名度が高い。また安芸の宮島と原爆ドームの2つのユネスコ世界遺産を有しており、日本国外からの観光客も多い。

creative commons(wikipedia:広島県

広島県出身の人物一覧

広島県出身の人物一覧(ひろしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、広島県出身の人物の一覧表である。
加藤友三郎(第21代内閣総理大臣、海軍大臣) : 広島市
池田勇人(第59〜60代内閣総理大臣) : 豊田郡吉名村(現竹原市)
宮澤喜一(第78代内閣総理大臣)(広島県名誉県民) : 福山市(出生地は東京都)
灘尾弘吉(第60・61代衆議院議長)(広島県名誉県民) : 江田島市(旧佐伯郡大柿町)
藤田正明(第16代参議院議長) : 広島市
亀井静香(国民新党代表、内閣府特命担当大臣(金融担当大臣 金融担当)、郵政改革担当国務大臣、元運輸大臣、建設大臣、政調会長) : 庄原市
中川秀直(自由民主党元幹事長、元政調会長、国会対策委員長、内閣官房長官、科学技術庁長官) : 東京新宿。選挙区が東広島市

creative commons(wikipedia:広島県出身の人物一覧

広島県出身の有名人一覧

広島県出身の人物一覧(ひろしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する広島県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 首相経験者 = 加藤友三郎(第21代内閣総理大臣、海軍大将) : 広島市 池田勇人(第59〜60代内閣総理大臣) : 豊田郡吉名村(現竹原市) 宮澤喜一(第78代内閣総理大臣)(広島県名誉県民) : 福山市(出生地は東京都) = 議長経験者 = 灘尾弘吉(第60・61代衆議院議長)(広島県名誉県民) : 江田島市(旧佐伯郡大柿町) 藤田正明(第16代参議院議長) : 広島市 = その他の政治家 = 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣(金融担当)、運輸大臣、建設大臣、元自由民主党政調会長、元国民新党代表) : 庄原市 溝手顕正(参議院議員、自由民主党参議院幹事長、元国家公安委員会委員長・内閣府特命担当大臣(防災担当)、三原市長) : 広島市 宮澤洋一(参議院議員、経済産業大臣、元内閣府副大臣、宮沢喜一の甥) : 福山市(出生地は東京都) 斉藤鉄夫(衆議院議員、公明党幹事長代行、元公明党政調会長、環境大臣) : 広島市 (出身は島根県、中学から広島市育ち) 柳田稔(参議院議員、元衆議院議員、元法務大臣・拉致問題担当大臣): 鹿児島県、選挙区が広島県選挙区 岸田文雄(衆議院議員、外務大臣、元内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)他、自民党国会対策委員長) : 広島市 井上哲士(参議院議員) : 広島市(出生地は山口県) 佐藤公治(参議院議員、元衆議院議員、民主党副幹事長) : 尾道市(旧・御調郡向島町) 城内実(衆議院議員):広島市(出生地は東京都) 中丸啓(元衆議院議員 日本のこころを大切にする党参議院広島県第一支部長):東広島市 松浦大悟(参議院議員、元秋田放送アナウンサー):広島市 はたともこ(参議院議員):福山市 小林史明(衆議院議員):福山市 松井一實(広島市長):広島市 清水聖士(鎌ケ谷市長):三原市 河野俊嗣(宮崎県知事): 呉市 湯崎英彦(広島県知事): 広島市 塩村文夏(東京都議会議員、元放送作家) : 福山市 佐々木梨絵(大阪市会議員、大阪維新の会) : 三次市 = 元政治家 = 内藤守三(国勢調査創設者) : 賀茂郡板城村 井上角五郎(元衆議院議員、近代ハングル創始者、日本製鋼所設立者) : 深津郡野上村 望月圭介(元逓信大臣、内務大臣、立憲政友会幹事長) : 豊田郡大崎上島町(旧・豊田郡東野村) 頼母木桂吉(毎日新聞社社長他、のち廣田内閣逓信相、電力国営化法案、第17代東京市長) : 芦名郡網引村(現福山市) 早速整爾(元海軍参政官、衆議院副議長、初代大蔵政務次官、農林大臣、大蔵大臣) : 広島市(旧沼田郡新庄村) 中村是公(元台湾総督府局長、満鉄総裁、鉄道院総裁、第8代東京市長) : 広島市(旧佐伯郡五日市村) 川崎卓吉(元立憲民政党幹事長、内閣法制局長官、内閣書記官長、文部大臣、商工大臣) : 呉市(旧賀茂郡広村) 小林躋造(元海軍大臣、連合艦隊司令長官、軍事参議官、翼賛政治会総裁、台湾総督、国務相) : 広島市 宮澤裕(元内閣調査局参与、鉄道政務次官、商工省参与、宮沢喜一の父) : 福山市(旧沼隈郡金江村) 永山忠則(元自治大臣、国家公安委員長、国民の祝日法案、国民健康保険中央会会長) : 庄原市(旧比婆郡敷信村) 小林英三(元厚生大臣) : 尾道市 粟屋仙吉(大阪府警時代ゴーストップ事件が起き軍と対立、のち広島市長、原爆で死亡)(出生地は宮城県) 永野護(元運輸大臣、帝人事件で起訴・無罪、永野一家の長男、日経連元会長・永野健の父) : 呉市(旧下蒲刈町) 賀屋興宣(右派の政治家、東条内閣蔵相、極東軍事裁判でA級戦犯、終身刑) : 広島市 森戸辰男(終戦後、片山哲らと日本社会党の結党に参加、元文部大臣、六三制教育の実施、新制広島大学初代学長) : 福山市 岩沢忠恭(元参議院議員、内務官僚、初代建設事務次官、日本大学教授、日本大学理工学部設立に参画) : 広島市 高津正道(元衆議院副議長) : 羽和泉村(現三原市・旧久井町) 重政庸徳(元参議院副議長): 福山市(旧深安郡神辺町) 谷川昇(広島カープ創設に尽力した政治家、谷川和穂の父) : 賀茂郡志和村 重政誠之(岸信介と新官僚の双璧と言われたが昭和電工事件で嫌疑がかけられ逮捕されるが無罪。

creative commons(wikipedia:広島県出身の有名人一覧

広島県の廃止市町村一覧

広島県の廃止市町村一覧(ひろしまけんのはいししちょうそんいちらん)は、広島県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:尾道町→尾道市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(下蒲刈島村→下蒲刈町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:広島県の廃止市町村一覧

広島県の県道一覧

広島県の県道一覧(ひろしまけんのけんどういちらん)は、広島県を通る県道の一覧である。 当初は主要地方道・一般県道とも1号から番号を振る固定番号制を採っていたが、県道標識導入に伴い1972年(昭和47年)11月1日に主要地方道は一桁または二桁(当時は1 - 45号)の番号、一般県道は三桁(当時は101 - 459号)の番号をそれぞれ割り当てる現行の番号体制に移行した(「国・県道路線一覧表」に掲載されている「H19.4.1現在の路線の履歴」による)。 主要地方道 001 – 086 1 山口県道・広島県道1号岩国大竹線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…山口県道・広島県道1号周東根笠本郷線(→山口県道5号周東美川線・国道187号・山口県道・広島県道2号岩国佐伯線) 2 山口県道・広島県道2号岩国佐伯線(1994年 - ) ※1972 - 1982年…山口県道・広島県道2号徳山廿日市線(→国道434号・国道186号・広島県道30号廿日市佐伯線) ※1982 - 1994年…欠番 3 岡山県道・広島県道3号井原福山港線 4 広島県道・島根県道4号甲田作木線(1994年 - ) ※1972 - 1993年…島根県道・広島県道4号益田廿日市線(→国道488号・広島県道42号大竹湯来線・広島県道30号廿日市佐伯線) ※1993 - 1994年…欠番 5 島根県道・広島県道5号浜田八重可部線 6 広島県道・島根県道6号吉田邑南線(2006年 - ) ※1972 - 2006年…広島県道・島根県道6号吉田瑞穂線(→現路線) 7 島根県道・広島県道7号浜田作木線 8 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…島根県道・広島県道8号大田三次線(→国道375号) 9 岡山県道・広島県道9号芳井油木線 10 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道・島根県道10号三次安来線(→広島県道39号三次高野線・国道432号・島根県道45号安来木次線) 11 島根県道・広島県道11号旭戸河内線(1994年 - ) ※1972 - 1993年…島根県道・広島県道11号出雲三次線(→国道184号・国道54号) ※1993 - 1994年…欠番 12 岡山県道・広島県道12号足立東城線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…欠番 13 - 20 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 21 広島県道21号加茂油木線 22 広島県道22号福山鞆線 23 広島県道23号庄原東城線 24 広島県道24号府中上下線(1996年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道24号福山庄原線(→国道432号・広島県道24号福山上下線) ※1982 - 1998年…広島県道24号福山上下線(→国道486号・広島県道395号川南近田線および現路線) 25 広島県道25号三原東城線 26 広島県道26号新市七曲西城線 27 広島県道27号吉舎油木線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道27号上下吉舎線(→現路線) 28 広島県道28号吉舎豊栄線 29 広島県道29号吉田豊栄線(1993年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道29号竹原吉田線(→国道432号・広島県道29号吉田大和線・広島県道37号広島三次線・広島県道212号吉田口停車場線) ※1982 - 1993年…広島県道29号吉田大和線(→国道486号および現路線) 30 広島県道30号廿日市佐伯線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道30号河内甲山線(→国道432号) 31 広島県道31号呉平谷線(1976年 - ) ※1972 - 1976年…広島県道31号呉西条線(→国道375号) 32 広島県道32号安芸津下三永線(1976年 - ) ※1972 - 1976年…広島県道32号西条豊栄線(→国道375号) 33 広島県道33号瀬野川福富本郷線 34 広島県道34号矢野安浦線 35 広島県道35号音戸倉橋線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…広島県道35号呉倉橋島線(→国道487号および現路線) 36 広島県道36号高田沖美江田島線(1994年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道36号江田島沖美線(→広島県道36号音戸沖美線・広島県道44号江田島倉橋線) ※1982 - 1994年…広島県道36号音戸沖美線(→国道487号・広島県道35号音戸倉橋線および現路線) 37 広島県道37号広島三次線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道37号広島向原線(→現路線) 38 広島県道38号広島豊平線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…広島県道38号安佐安古市線(→現路線) 39 広島県道39号三次高野線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道39号加計八重線(→国道261号・国道433号〔国道434号重用〕) 40 広島県道40号安佐豊平芸北線 41 広島県道41号五日市筒賀線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道41号加計廿日市線(→国道433号および現路線) 42 広島県道42号大竹湯来線 43 広島県道43号厳島公園線 44 広島県道44号江田島大柿線 ※1972 - 1982年…広島県道44号庄原新市線(→国道432号・広島県道467号庄原新市線) ※1982 - 1994年…広島県道44号江田島倉橋線(→国道487号・広島県道35号音戸倉橋線および現路線) 45 広島県道45号三次大和線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…広島県道45号甲田作木線(→国道433号・広島県道・島根県道4号甲田作木線) 46 広島県道46号東広島白木線 47 広島県道47号鞆松永線 48 広島県道48号府中松永線 49 広島県道49号本郷大和線(1994年 - ) ※1976 - 1993年…広島県道49号府中御調線(→国道486号) ※1993 - 1994年…欠番 50 広島県道50号本郷久井線(1993年 - ) ※1976 - 1993年…広島県道50号本郷御調線(→国道486号および現路線) 51 広島県道51号甲山甲奴上市線 52 広島県道52号世羅甲田線 53 広島県道53号沼隈横田港線 54 広島県道54号福山尾道線 55 広島県道55号尾道三原線 56 広島県道56号府中世羅三和線(1994年 - ) ※1982 - 1994年…広島県道56号府中世羅線(→現路線) 57 広島県道57号東城西城線 58 広島県道58号西城比和線 59 広島県道59号東広島本郷忠海線(1994年 - ) ※1982 - 1994年…広島県道59号東広島本郷線(→現路線) 60 広島県道60号大和福富線(1994年 - ) ※1982 - 1994年…広島県道60号久井福富線(→国道486号・広島県道345号上徳良久井線および現路線) 61 広島県道61号三次庄原線 62 広島県道62号庄原作木線 63 広島県道63号三次三和線 64 広島県道64号三次美土里線 65 広島県道65号大崎上島循環線 66 広島県道66号呉環状線 67 広島県道67号馬木八本松線 68 広島県道68号大林井原線 69 広島県道69号千代田八千代線 70 広島県道70号広島中島線 71 広島県道71号広島湯来線 72 広島県道72号福山沼隈線 73 広島県道73号広島空港線 74 広島県道74号下蒲刈川尻線 (安芸灘諸島連絡架橋) 75 広島県道75号三原竹原線 76 広島県道76号神辺大門線 77 広島県道77号久地伏谷線 78 広島県道78号三良坂総領線 79 広島県道79号芸北大朝線 80 広島県道80号東広島向原線 81 広島県道81号生口島循環線 82 広島県道82号広島空港本郷線 83 広島県道83号志和インター線 84 広島県道84号東海田広島線 85 広島県道85号下瀬野海田線 86 広島県道86号翠町仁保線 87 - 100 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 一般県道 101 – 200 101 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…広島県道・岡山県道101号平野笠岡線(→広島県道76号神辺大門線・広島県道379号坪生福山線および笠岡市道) 102 広島県道・岡山県道102号下御領井原線 103 広島県道・岡山県道103号七曲井原線 104 広島県道・岡山県道104号坂瀬川芳井線 105 広島県道・岡山県道105号前原谷仙養線 106 岡山県道・広島県道106号布賀油木線 107 広島県道・岡山県道107号奈良備中線 108 岡山県道・広島県道108号大野部東城線 109 島根県道・広島県道109号邑南高宮線(2006年 - ) ※1973 - 1994年…岡山県道・広島県道109号油野東城線(→岡山県道109号高瀬油野線・岡山県道・広島県道12号足立東城線) ※1994 - 1996年…欠番 ※1996 - 2006年…島根県道・広島県道109号瑞穂高宮線(→現路線) 110 島根県道・広島県道110号奥出雲高野線(2006年 - ) ※1972 - 1994年…広島県道・島根県道110号上湯川馬木仁多線(→島根県道25号玉湯吾妻山線および現路線) ※1994 - 2006年…島根県道・広島県道110号横田高野線(→現路線) 111 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…島根県道・広島県道111号都賀高宮線(→広島県道・島根県道4号甲田作木線・島根県道294号羽須美大和線〔2006年変更〕→広島県道・島根県道4号甲田作木線・島根県道294号邑南美郷線) 112 広島県道・島根県道112号三次江津線 113 島根県道・広島県道113号都川中野線 114 島根県道・広島県道114号今福芸北線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…島根県道・広島県道114号今福戸河内線(→島根県道・広島県道11号旭戸河内線および現路線) 115 島根県道・広島県道115号波佐芸北線 116 広島県道・山口県道116号大竹美和線 117 山口県道・広島県道117号乙瀬小方線 118 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…山口県道・広島県道118号柱野大竹線(→山口県道・広島県道1号岩国大竹線) 119 広島県道・山口県道119号佐伯錦線(1983年 - ) ※1972 - 1983年…広島県道・山口県道・島根県道119号佐伯六日市線(→現:島根県道・山口県道16号六日市錦線および現路線) 120 広島県道120号中庄土生線(1980年 - ) 1972 - 1980年…欠番 121 広島県道121号大君深江線(1980年 - ) ※1972 - 1980年…欠番 122 広島県道・山口県道122号大竹和木線(1990年 - ) ※1972 - 1990年…欠番 123 - 126 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 127 (欠番)※1994年以降不使用 ※1973 - 1994年…島根県道・広島県道127号市木芸北線(→島根県道・広島県道11号旭戸河内線) 128 - 150 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 151 広島県道151号府中海田線 152 広島県道152号府中祇園線 153 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道153号白木八本松線(→広島県道46号東広島白木線) 154 広島県道154号大和久井線 155 広島県道155号三原本郷線(1996年 - ) ※1972 - 1976年…広島県道155号本郷御調線(→広島県道50号本郷御調線〔1994年廃止〕→国道486号・広島県道50号本郷久井線) ※1976 - 1996年…欠番 156 広島県道156号御調久井線 157 広島県道157号松永新市線 158 広島県道158号尾道新市線(1996年 - ) ※1972 - 1976年…広島県道158号府中松永線(→広島県道48号府中松永線) ※1976 - 1996年…欠番 159 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道159号世羅甲田線(→広島県道52号世羅甲田線) 160 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…広島県道160号三次世羅西線(→国道375号・広島県道45号三次大和線・広島県道470号三次インター線・三次市道) 161 広島県道161号三和大和線 162 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道162号庄原三良坂線(→広島県道61号三次庄原線) 163 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道163号東城西城線(→広島県道57号東城西城線) 164 広島県道164号広島海田線 ※旧国道2号 165 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…広島県道165号本郷忠海線(→広島県道59号東広島本郷忠海線) 166 (欠番)※1994年以降不使用 ※1976 - 1994年…広島県道166号三原竹原線(→広島県道75号三原竹原線) 167 - 169 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 170 広島県道170号厳島港厳島神社線 171 - 172 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 173 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…広島県道173号久地廿日市線(→国道433号〔国道488号重用〕・広島県道77号久地伏谷線) 174 広島県道174号瀬野呉線 175 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道175号上深川広島線(→広島県道70号広島中島線) 176 広島県道176号小河原志和線 177 広島県道177号下佐東線 178 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道178号金屋三次線(→広島県道64号三次美土里線) 179 広島県道179号下北甲田線 180 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道180号鞆松永線(→広島県道47号鞆松永線) 181 広島県道181号下御領新市線 182 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道182号落合世羅線(→広島県道56号府中世羅線〔1994年廃止〕→広島県道56号府中世羅三和線) 183 (欠番)※1998年以降不使用 ※1972 - 1998年…広島県道183号小畠府中線(→広島県道388号木野山府中線・広島県道417号小畠荒谷線) 184 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道184号上市甲山線(→広島県道51号甲山甲奴上市線) 185 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道185号有原豊栄線(→国道375号) 186 広島県道186号新市三次線 187 広島県道187号浜田仁保線(1996年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道187号久芳大草久井線(→広島県道60号久井福富線〔1994年廃止〕→国道486号・広島県道60号大和福富線・広島県道345号上徳良久井線) ※1982 - 1996年…欠番 188 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 189 広島県道189号福山上御領線(1996年 - ) ※1972 - 1996年…欠番 190 (欠番)※1974年以降不使用 ※1972 - 1974年…広島県道190号福山停車場線(→福山市道) 191 (欠番)※2010年以降不使用 ※1972 - 2010年…広島県道191号備後赤坂停車場線(→福山市道) 192 (欠番)※2005年以降不使用 ※1972 - 2005年…広島県道192号松永停車場線(→福山市道) 193 広島県道193号本郷停車場線 194 広島県道194号西高屋停車場線 195 広島県道195号西条停車場線 196 広島県道196号安芸中野停車場線 197 広島県道197号海田市停車場線 198 広島県道198号向洋停車場線 199 広島県道199号五日市停車場線 200 広島県道200号廿日市停車場線 201 – 300 201 広島県道201号玖波停車場線 202 広島県道202号大竹停車場線 203 広島県道203号安芸阿賀停車場線 204 広島県道204号安登停車場線 205 広島県道205号安浦停車場線 206 広島県道206号風早停車場線 207 広島県道207号安芸津停車場線 208 広島県道208号吉名停車場線 209 広島県道209号大乗停車場線 210 広島県道210号安芸幸崎停車場線 211 広島県道211号須波停車場線 212 広島県道212号吉田口停車場線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…欠番 213 広島県道213号横尾停車場線 214 広島県道214号神辺停車場線 215 広島県道215号道上停車場中野線(1996年 - ) ※1972 - 1998年…広島県道215号道上停車場線(→神辺町道→福山市道) 216 広島県道216号戸手停車場線 217 広島県道217号新市停車場線 218 広島県道218号府中停車場線 219 (欠番)※1983年以降不使用 ※1972 - 1983年…広島県道219号河佐停車場線(→府中市道) 220 (欠番)※1999年以降不使用 ※1972 - 1999年…広島県道220号備後三川停車場線(→甲山町道→世羅町道) 221 広島県道221号上下停車場線 222 広島県道222号甲奴停車場線 223 広島県道223号吉舎停車場線 224 広島県道224号三良坂停車場線 225 広島県道225号塩町停車場線 226 広島県道226号井原市停車場線 227 広島県道227号志和地停車場線 228 広島県道228号三次停車場線 229 広島県道229号神杉停車場線 230 広島県道230号山内停車場線 231 広島県道231号庄原停車場線 232 広島県道232号高停車場線 233 広島県道233号備後西城停車場線 234 広島県道234号備後落合停車場線 235 広島県道235号道後山停車場線 236 広島県道236号小奴可停車場線 237 広島県道237号備後八幡停車場線 238 広島県道238号東城停車場線 239 (欠番)※2009年以降不使用。

creative commons(wikipedia:広島県の県道一覧

広島県道

『広島県の県道一覧』より : 広島県の県道一覧(ひろしまけんのけんどういちらん)は、広島県を通る県道の一覧である。 当初は主要地方道・一般県道とも1号から番号を振る固定番号制を採っていたが、県道標識導入に伴い1972年(昭和47年)11月1日に主要地方道は一桁または二桁(当時は1 - 45号)の番号、一般県道は三桁(当時は101 - 459号)の番号をそれぞれ割り当てる現行の番号体制に移行した(「国・県道路線一覧表」に掲載されている「H19.4.1現在の路線の履歴」による)。 主要地方道 001 – 086 1 山口県道・広島県道1号岩国大竹線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…山口県道・広島県道1号周東根笠本郷線(→山口県道5号周東美川線・国道187号・山口県道・広島県道2号岩国佐伯線) 2 山口県道・広島県道2号岩国佐伯線(1994年 - ) ※1972 - 1982年…山口県道・広島県道2号徳山廿日市線(→国道434号・国道186号・広島県道30号廿日市佐伯線) ※1982 - 1994年…欠番 3 岡山県道・広島県道3号井原福山港線 4 広島県道・島根県道4号甲田作木線(1994年 - ) ※1972 - 1993年…島根県道・広島県道4号益田廿日市線(→国道488号・広島県道42号大竹湯来線・広島県道30号廿日市佐伯線) ※1993 - 1994年…欠番 5 島根県道・広島県道5号浜田八重可部線 6 広島県道・島根県道6号吉田邑南線(2006年 - ) ※1972 - 2006年…広島県道・島根県道6号吉田瑞穂線(→現路線) 7 島根県道・広島県道7号浜田作木線 8 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…島根県道・広島県道8号大田三次線(→国道375号) 9 岡山県道・広島県道9号芳井油木線 10 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道・島根県道10号三次安来線(→広島県道39号三次高野線・国道432号・島根県道45号安来木次線) 11 島根県道・広島県道11号旭戸河内線(1994年 - ) ※1972 - 1993年…島根県道・広島県道11号出雲三次線(→国道184号・国道54号) ※1993 - 1994年…欠番 12 岡山県道・広島県道12号足立東城線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…欠番 13 - 20 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 21 広島県道21号加茂油木線 22 広島県道22号福山鞆線 23 広島県道23号庄原東城線 24 広島県道24号府中上下線(1996年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道24号福山庄原線(→国道432号・広島県道24号福山上下線) ※1982 - 1998年…広島県道24号福山上下線(→国道486号・広島県道395号川南近田線および現路線) 25 広島県道25号三原東城線 26 広島県道26号新市七曲西城線 27 広島県道27号吉舎油木線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道27号上下吉舎線(→現路線) 28 広島県道28号吉舎豊栄線 29 広島県道29号吉田豊栄線(1993年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道29号竹原吉田線(→国道432号・広島県道29号吉田大和線・広島県道37号広島三次線・広島県道212号吉田口停車場線) ※1982 - 1993年…広島県道29号吉田大和線(→国道486号および現路線) 30 広島県道30号廿日市佐伯線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道30号河内甲山線(→国道432号) 31 広島県道31号呉平谷線(1976年 - ) ※1972 - 1976年…広島県道31号呉西条線(→国道375号) 32 広島県道32号安芸津下三永線(1976年 - ) ※1972 - 1976年…広島県道32号西条豊栄線(→国道375号) 33 広島県道33号瀬野川福富本郷線 34 広島県道34号矢野安浦線 35 広島県道35号音戸倉橋線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…広島県道35号呉倉橋島線(→国道487号および現路線) 36 広島県道36号高田沖美江田島線(1994年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道36号江田島沖美線(→広島県道36号音戸沖美線・広島県道44号江田島倉橋線) ※1982 - 1994年…広島県道36号音戸沖美線(→国道487号・広島県道35号音戸倉橋線および現路線) 37 広島県道37号広島三次線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道37号広島向原線(→現路線) 38 広島県道38号広島豊平線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…広島県道38号安佐安古市線(→現路線) 39 広島県道39号三次高野線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道39号加計八重線(→国道261号・国道433号〔国道434号重用〕) 40 広島県道40号安佐豊平芸北線 41 広島県道41号五日市筒賀線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道41号加計廿日市線(→国道433号および現路線) 42 広島県道42号大竹湯来線 43 広島県道43号厳島公園線 44 広島県道44号江田島大柿線 ※1972 - 1982年…広島県道44号庄原新市線(→国道432号・広島県道467号庄原新市線) ※1982 - 1994年…広島県道44号江田島倉橋線(→国道487号・広島県道35号音戸倉橋線および現路線) 45 広島県道45号三次大和線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…広島県道45号甲田作木線(→国道433号・広島県道・島根県道4号甲田作木線) 46 広島県道46号東広島白木線 47 広島県道47号鞆松永線 48 広島県道48号府中松永線 49 広島県道49号本郷大和線(1994年 - ) ※1976 - 1993年…広島県道49号府中御調線(→国道486号) ※1993 - 1994年…欠番 50 広島県道50号本郷久井線(1993年 - ) ※1976 - 1993年…広島県道50号本郷御調線(→国道486号および現路線) 51 広島県道51号甲山甲奴上市線 52 広島県道52号世羅甲田線 53 広島県道53号沼隈横田港線 54 広島県道54号福山尾道線 55 広島県道55号尾道三原線 56 広島県道56号府中世羅三和線(1994年 - ) ※1982 - 1994年…広島県道56号府中世羅線(→現路線) 57 広島県道57号東城西城線 58 広島県道58号西城比和線 59 広島県道59号東広島本郷忠海線(1994年 - ) ※1982 - 1994年…広島県道59号東広島本郷線(→現路線) 60 広島県道60号大和福富線(1994年 - ) ※1982 - 1994年…広島県道60号久井福富線(→国道486号・広島県道345号上徳良久井線および現路線) 61 広島県道61号三次庄原線 62 広島県道62号庄原作木線 63 広島県道63号三次三和線 64 広島県道64号三次美土里線 65 広島県道65号大崎上島循環線 66 広島県道66号呉環状線 67 広島県道67号馬木八本松線 68 広島県道68号大林井原線 69 広島県道69号千代田八千代線 70 広島県道70号広島中島線 71 広島県道71号広島湯来線 72 広島県道72号福山沼隈線 73 広島県道73号広島空港線 74 広島県道74号下蒲刈川尻線 (安芸灘諸島連絡架橋) 75 広島県道75号三原竹原線 76 広島県道76号神辺大門線 77 広島県道77号久地伏谷線 78 広島県道78号三良坂総領線 79 広島県道79号芸北大朝線 80 広島県道80号東広島向原線 81 広島県道81号生口島循環線 82 広島県道82号広島空港本郷線 83 広島県道83号志和インター線 84 広島県道84号東海田広島線 85 広島県道85号下瀬野海田線 86 広島県道86号翠町仁保線 87 - 100 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 一般県道 101 – 200 101 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…広島県道・岡山県道101号平野笠岡線(→広島県道76号神辺大門線・広島県道379号坪生福山線および笠岡市道) 102 広島県道・岡山県道102号下御領井原線 103 広島県道・岡山県道103号七曲井原線 104 広島県道・岡山県道104号坂瀬川芳井線 105 広島県道・岡山県道105号前原谷仙養線 106 岡山県道・広島県道106号布賀油木線 107 広島県道・岡山県道107号奈良備中線 108 岡山県道・広島県道108号大野部東城線 109 島根県道・広島県道109号邑南高宮線(2006年 - ) ※1973 - 1994年…岡山県道・広島県道109号油野東城線(→岡山県道109号高瀬油野線・岡山県道・広島県道12号足立東城線) ※1994 - 1996年…欠番 ※1996 - 2006年…島根県道・広島県道109号瑞穂高宮線(→現路線) 110 島根県道・広島県道110号奥出雲高野線(2006年 - ) ※1972 - 1994年…広島県道・島根県道110号上湯川馬木仁多線(→島根県道25号玉湯吾妻山線および現路線) ※1994 - 2006年…島根県道・広島県道110号横田高野線(→現路線) 111 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…島根県道・広島県道111号都賀高宮線(→広島県道・島根県道4号甲田作木線・島根県道294号羽須美大和線〔2006年変更〕→広島県道・島根県道4号甲田作木線・島根県道294号邑南美郷線) 112 広島県道・島根県道112号三次江津線 113 島根県道・広島県道113号都川中野線 114 島根県道・広島県道114号今福芸北線(1994年 - ) ※1972 - 1994年…島根県道・広島県道114号今福戸河内線(→島根県道・広島県道11号旭戸河内線および現路線) 115 島根県道・広島県道115号波佐芸北線 116 広島県道・山口県道116号大竹美和線 117 山口県道・広島県道117号乙瀬小方線 118 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…山口県道・広島県道118号柱野大竹線(→山口県道・広島県道1号岩国大竹線) 119 広島県道・山口県道119号佐伯錦線(1983年 - ) ※1972 - 1983年…広島県道・山口県道・島根県道119号佐伯六日市線(→現:島根県道・山口県道16号六日市錦線および現路線) 120 広島県道120号中庄土生線(1980年 - ) 1972 - 1980年…欠番 121 広島県道121号大君深江線(1980年 - ) ※1972 - 1980年…欠番 122 広島県道・山口県道122号大竹和木線(1990年 - ) ※1972 - 1990年…欠番 123 - 126 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 127 (欠番)※1994年以降不使用 ※1973 - 1994年…島根県道・広島県道127号市木芸北線(→島根県道・広島県道11号旭戸河内線) 128 - 150 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 151 広島県道151号府中海田線 152 広島県道152号府中祇園線 153 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道153号白木八本松線(→広島県道46号東広島白木線) 154 広島県道154号大和久井線 155 広島県道155号三原本郷線(1996年 - ) ※1972 - 1976年…広島県道155号本郷御調線(→広島県道50号本郷御調線〔1994年廃止〕→国道486号・広島県道50号本郷久井線) ※1976 - 1996年…欠番 156 広島県道156号御調久井線 157 広島県道157号松永新市線 158 広島県道158号尾道新市線(1996年 - ) ※1972 - 1976年…広島県道158号府中松永線(→広島県道48号府中松永線) ※1976 - 1996年…欠番 159 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道159号世羅甲田線(→広島県道52号世羅甲田線) 160 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…広島県道160号三次世羅西線(→国道375号・広島県道45号三次大和線・広島県道470号三次インター線・三次市道) 161 広島県道161号三和大和線 162 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道162号庄原三良坂線(→広島県道61号三次庄原線) 163 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道163号東城西城線(→広島県道57号東城西城線) 164 広島県道164号広島海田線 ※旧国道2号 165 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…広島県道165号本郷忠海線(→広島県道59号東広島本郷忠海線) 166 (欠番)※1994年以降不使用 ※1976 - 1994年…広島県道166号三原竹原線(→広島県道75号三原竹原線) 167 - 169 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 170 広島県道170号厳島港厳島神社線 171 - 172 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 173 (欠番)※1994年以降不使用 ※1972 - 1994年…広島県道173号久地廿日市線(→国道433号〔国道488号重用〕・広島県道77号久地伏谷線) 174 広島県道174号瀬野呉線 175 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道175号上深川広島線(→広島県道70号広島中島線) 176 広島県道176号小河原志和線 177 広島県道177号下佐東線 178 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道178号金屋三次線(→広島県道64号三次美土里線) 179 広島県道179号下北甲田線 180 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道180号鞆松永線(→広島県道47号鞆松永線) 181 広島県道181号下御領新市線 182 (欠番)※1982年以降不使用 ※1972 - 1982年…広島県道182号落合世羅線(→広島県道56号府中世羅線〔1994年廃止〕→広島県道56号府中世羅三和線) 183 (欠番)※1998年以降不使用 ※1972 - 1998年…広島県道183号小畠府中線(→広島県道388号木野山府中線・広島県道417号小畠荒谷線) 184 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道184号上市甲山線(→広島県道51号甲山甲奴上市線) 185 (欠番)※1976年以降不使用 ※1972 - 1976年…広島県道185号有原豊栄線(→国道375号) 186 広島県道186号新市三次線 187 広島県道187号浜田仁保線(1996年 - ) ※1972 - 1982年…広島県道187号久芳大草久井線(→広島県道60号久井福富線〔1994年廃止〕→国道486号・広島県道60号大和福富線・広島県道345号上徳良久井線) ※1982 - 1996年…欠番 188 (欠番)※1972年以降一切使用歴なし 189 広島県道189号福山上御領線(1996年 - ) ※1972 - 1996年…欠番 190 (欠番)※1974年以降不使用 ※1972 - 1974年…広島県道190号福山停車場線(→福山市道) 191 (欠番)※2010年以降不使用 ※1972 - 2010年…広島県道191号備後赤坂停車場線(→福山市道) 192 (欠番)※2005年以降不使用 ※1972 - 2005年…広島県道192号松永停車場線(→福山市道) 193 広島県道193号本郷停車場線 194 広島県道194号西高屋停車場線 195 広島県道195号西条停車場線 196 広島県道196号安芸中野停車場線 197 広島県道197号海田市停車場線 198 広島県道198号向洋停車場線 199 広島県道199号五日市停車場線 200 広島県道200号廿日市停車場線 201 – 300 201 広島県道201号玖波停車場線 202 広島県道202号大竹停車場線 203 広島県道203号安芸阿賀停車場線 204 広島県道204号安登停車場線 205 広島県道205号安浦停車場線 206 広島県道206号風早停車場線 207 広島県道207号安芸津停車場線 208 広島県道208号吉名停車場線 209 広島県道209号大乗停車場線 210 広島県道210号安芸幸崎停車場線 211 広島県道211号須波停車場線 212 広島県道212号吉田口停車場線(1982年 - ) ※1972 - 1982年…欠番 213 広島県道213号横尾停車場線 214 広島県道214号神辺停車場線 215 広島県道215号道上停車場中野線(1996年 - ) ※1972 - 1998年…広島県道215号道上停車場線(→神辺町道→福山市道) 216 広島県道216号戸手停車場線 217 広島県道217号新市停車場線 218 広島県道218号府中停車場線 219 (欠番)※1983年以降不使用 ※1972 - 1983年…広島県道219号河佐停車場線(→府中市道) 220 (欠番)※1999年以降不使用 ※1972 - 1999年…広島県道220号備後三川停車場線(→甲山町道→世羅町道) 221 広島県道221号上下停車場線 222 広島県道222号甲奴停車場線 223 広島県道223号吉舎停車場線 224 広島県道224号三良坂停車場線 225 広島県道225号塩町停車場線 226 広島県道226号井原市停車場線 227 広島県道227号志和地停車場線 228 広島県道228号三次停車場線 229 広島県道229号神杉停車場線 230 広島県道230号山内停車場線 231 広島県道231号庄原停車場線 232 広島県道232号高停車場線 233 広島県道233号備後西城停車場線 234 広島県道234号備後落合停車場線 235 広島県道235号道後山停車場線 236 広島県道236号小奴可停車場線 237 広島県道237号備後八幡停車場線 238 広島県道238号東城停車場線 239 (欠番)※2009年以降不使用。

creative commons(wikipedia:広島県道

広島県を舞台にした映画作品

『広島県』より : 広島県(ひろしまけん)は、日本の中国地方に位置する都道府県の一つ。瀬戸内海に面する。県庁所在地は広島市。 広島都市圏と備後都市圏を中心に工業(自動車産業)・商業が盛んである。県庁所在地の広島市は中国・四国地方最大の都市であり、政令指定都市に指定されている。一方で海・山の豊富な自然にも恵まれ、農業・漁業も盛んである。このため「日本国の縮図」とも呼ばれる。 旧国制に倣い、大まかに広島市を中心とする県西部を「安芸」、県東部で岡山県と隣接している福山市を中心とする県東部を「備後」と呼び、現在でも方言・文化の点で一部違いを見せる(方言については広島弁・備後弁を参照のこと)。ただし近年の広島県の施策では、有する都市機能と生活圏などから、広島圏域(県西部)、備後圏域(県東部)、備北圏域(県北東部)の3つに分ける場合も多い。 第二次世界大戦において世界で初めて核兵器による攻撃を受けた広島市を抱えることから、国際的に知名度が高い。また安芸の宮島と原爆ドームの2つのユネスコ世界遺産を有しており、日本国外からの観光客も多い。

creative commons(wikipedia:広島県を舞台にした映画作品

広島県立広島国泰寺高等学校

広島県立広島国泰寺高等学校(ひろしまけんりつ ひろしまこくたいじこうとうがっこう, Hiroshima Prefectural Hiroshima Kokutaiji High School)は、広島県広島市中区国泰寺町一丁目に所在する県立高等学校。 歴史 1897年(明治30年)創立の「広島県立第一中学校」(旧制中学校)を前身とする。2012年(平成24年)に創立135周年を迎えた。設置課程・学科 全日制課程 普通科(普通コース・理数コース)- 学年制 定時制課程 普通科 - 単位制校訓質実剛健 礼節気品 自治協同旧制中学時代に既に定められていた三訓をそのまま継承している。戦後永く「質実剛健」「礼節気品」のニ訓とされていたが、21世紀(2005年以降。2005年度学校経営計画には「質実剛健」および「礼節気品」の文字は見ることができるが「自治協同」の文字は見ることができない。)になって「自治協同」が明文復活された。(戦後は後述、校章の鷹羽の持つ「責任」の意味のひとつとして永く留められていた。

creative commons(wikipedia:広島県立広島国泰寺高等学校

広島県立国泰寺高等学校

『広島県立広島国泰寺高等学校』より : 広島県立広島国泰寺高等学校(ひろしまけんりつ ひろしまこくたいじこうとうがっこう, Hiroshima Prefectural Hiroshima Kokutaiji High School)は、広島県広島市中区国泰寺町一丁目に所在する県立高等学校。 歴史 1897年(明治30年)創立の「広島県立第一中学校」(旧制中学校)を前身とする。2012年(平成24年)に創立135周年を迎えた。設置課程・学科 全日制課程 普通科(普通コース・理数コース)- 学年制 定時制課程 普通科 - 単位制校訓質実剛健 礼節気品 自治協同旧制中学時代に既に定められていた三訓をそのまま継承している。戦後永く「質実剛健」「礼節気品」のニ訓とされていたが、21世紀(2005年以降。2005年度学校経営計画には「質実剛健」および「礼節気品」の文字は見ることができるが「自治協同」の文字は見ることができない。)になって「自治協同」が明文復活された。(戦後は後述、校章の鷹羽の持つ「責任」の意味のひとつとして永く留められていた。

creative commons(wikipedia:広島県立国泰寺高等学校

広島県立広島国泰寺高校

『広島県立広島国泰寺高等学校』より : 広島県立広島国泰寺高等学校(ひろしまけんりつ ひろしまこくたいじこうとうがっこう, Hiroshima Prefectural Hiroshima Kokutaiji High School)は、広島県広島市中区国泰寺町一丁目に所在する県立高等学校。 歴史 1897年(明治30年)創立の「広島県立第一中学校」(旧制中学校)を前身とする。2012年(平成24年)に創立135周年を迎えた。設置課程・学科 全日制課程 普通科(普通コース・理数コース)- 学年制 定時制課程 普通科 - 単位制校訓質実剛健 礼節気品 自治協同旧制中学時代に既に定められていた三訓をそのまま継承している。戦後永く「質実剛健」「礼節気品」のニ訓とされていたが、21世紀(2005年以降。2005年度学校経営計画には「質実剛健」および「礼節気品」の文字は見ることができるが「自治協同」の文字は見ることができない。)になって「自治協同」が明文復活された。(戦後は後述、校章の鷹羽の持つ「責任」の意味のひとつとして永く留められていた。

creative commons(wikipedia:広島県立広島国泰寺高校

広島県小学校一覧

広島県小学校一覧(ひろしまけんしょうがっこういちらん)は広島県の小学校の一覧。 国立小学校 広島大学附属小学校 広島大学附属東雲小学校 広島大学附属三原小学校 公立小学校 広島市 = 中区 = = 東区 = = 南区 = = 西区 = = 安佐南区 = = 安佐北区 = = 安芸区 = = 佐伯区 = 福山市 呉市 東広島市 尾道市 廿日市市 三原市 三次市 府中市 庄原市 安芸高田市 大竹市 竹原市 江田島市 安芸郡 山県郡 豊田郡 世羅郡 神石郡 私立小学校 関連項目 学校記事一覧 広島県高等学校一覧 広島県中学校一覧 広島県幼稚園一覧 広島県小学校の廃校一覧 外部リンク ホットライン教育ひろしま 学校一覧。

creative commons(wikipedia:広島県小学校一覧

広島県中学校一覧

広島県中学校・中等教育学校一覧(ひろしまけんちゅうがっこう・ちゅうとうきょういくがっこういちらん)は広島県の中学校の一覧。 国立中学校 公立中学校・中等教育学校 広島市 = 中等教育学校 = 広島市立広島中等教育学校 = 中区 = = 東区 = = 南区 = = 西区 = = 安佐南区 = = 安佐北区 = = 安芸区 = = 佐伯区 = 福山市 呉市 東広島市 = 県立 = 広島県立広島中学校 = 市立 = 尾道市 廿日市市 三原市 三次市 府中市 庄原市 安芸高田市 大竹市 竹原市 江田島市 安芸郡 山県郡 豊田郡 大崎上島町立大崎上島中学校 世羅郡 神石郡 私立中学校 広島市 = 中区 = = 東区 = 広島城北中学校 = 南区 = 比治山女子中学校 = 西区 = = 安佐南区 = AICJ中学校 = 佐伯区 = 広島なぎさ中学校 福山市 = 呉市 = 呉青山中学校 東広島市 尾道市 尾道中学校 廿日市市 山陽女学園中等部 三原市 山県郡 広島新庄中学校 関連項目 学校記事一覧 広島県高等学校一覧 広島県小学校一覧 広島県幼稚園一覧 広島県中学校の廃校一覧 外部リンク ホットライン教育ひろしま 学校一覧。

creative commons(wikipedia:広島県中学校一覧

広島県幼稚園一覧

広島県幼稚園一覧(ひろしまけんようちえんいちらん)は広島県の幼稚園の一覧。 国立幼稚園 広島大学附属幼稚園 広島大学附属三原幼稚園 公立幼稚園 広島市 = 安芸区 = = 安佐北区 = = 安佐南区 = = 中区 = 広島市立基町幼稚園 = 東区 = 広島市立上温品幼稚園 広島市立福木幼稚園 広島市立矢賀幼稚園 安芸高田市 安芸高田市立吉田幼稚園 江田島市 江田島市立江田島幼稚園 尾道市 呉市 呉市立豊島幼稚園 呉市立ゆたか幼稚園 竹原市 竹原市立大乗幼稚園 竹原市立竹原西幼稚園 廿日市市 廿日市市立宮島幼稚園 東広島市 東広島市立八本松中央幼稚園 東広島市立御薗宇幼稚園 福山市 三原市 豊田郡 大崎上島町立木江幼稚園 大崎上島町立大崎幼稚園 山県郡 私立幼稚園 広島市 = 中区 = = 東区 = = 南区 = = 西区 = = 安佐南区 = = 安佐北区 = = 安芸区 = 中野ルンビニ幼稚園 ひかり幼稚園 矢野みどり幼稚園 = 佐伯区 = 呉市 竹原市 聖愛幼稚園 中央幼稚園(竹原市) 三原市 尾道市 福山市 府中市 府中すばる幼稚園 三次市 十日市幼稚園 三次清心幼稚園 三次中央幼稚園 庄原市 庄原幼稚園 大竹市 大竹中央幼稚園 東広島市 廿日市市 安芸高田市 ひの川幼稚園 安芸郡 豊田郡 ルンビニ幼稚園 世羅郡 世羅幼稚園 世羅めぐみ幼稚園 神石郡 どんぐり幼稚園 関連項目 学校記事一覧 広島県高等学校一覧 広島県中学校一覧 広島県小学校一覧。

creative commons(wikipedia:広島県幼稚園一覧

広島県高等学校一覧

広島県高等学校一覧(ひろしまけんこうとうがっこういちらん)は、広島県の高等学校一覧。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。 国立高等学校 広島大学附属高等学校 広島大学附属福山高等学校 公立高等学校 広島県立高校、呉市立高校、市立高校の定時制は全県1区なので基本的には県内どの高等学校にも受験可能。 広島市立高校の全日制は広島市域が学区。(一部学校の学科内コースは県内全域。) 福山市立高校の学区は、福山市、尾道市、三原市、府中市、神石郡の4市1郡。 広島市 = 県立 = 広島県立安芸高等学校 広島県立安芸南高等学校 広島県立五日市高等学校 広島県立可部高等学校 広島県立祇園北高等学校 広島県立高陽高等学校 広島県立高陽東高等学校 広島県立西高等学校 広島県立広島井口高等学校 広島県立広島観音高等学校 広島県立広島国泰寺高等学校 広島県立広島皆実高等学校 広島県立安古市高等学校 広島県立安西高等学校 広島県立湯来南高等学校 広島県立広島工業高等学校 広島県立広島商業高等学校 = 市立 = 広島市立安佐北中学校・高等学校 - 安佐北区。

creative commons(wikipedia:広島県高等学校一覧

広島県立賀茂高等学校

広島県立賀茂高等学校(ひろしまけんりつかもこうとうがっこう)は広島県東広島市西条西本町にある公立高等学校。 全日制普通科・定時制普通科からなり、通常、賀茂・賀茂高・賀茂高校といわれることが多い。校歌の作詞は葛原しげる、作曲は下総皖一が担当した。 校章のデザインには、所在地(旧賀茂郡)が京都・賀茂神社の荘園であったことにちなみ、同神社の社紋である賀茂葵が用られている。校章制定時に京都の同社まで出向き、神社から社紋の使用許可と由来の葵の草を贈られたという。また、開校記念日は、公式には不明のため、賀茂神社のお墨付きのもと、社祭の葵祭に合わせ、5月15日となっている。 近年では、広島県教育委員会より進学指導重点校に、この制度が始まって以来一貫して指定されたが、2009年より指定校からはずされた。2010年度からは、広島県教育委員会よりチャレンジハイスクールに指定され、2014年度より4年間文部科学省より英語教育強化地域拠点事業の指定,2015年度より広島県教育委員会より高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクト指定校(活用コアスクール)の指定を受けている。

creative commons(wikipedia:広島県立賀茂高等学校

広島県立加茂高等学校

『広島県立賀茂高等学校』より : 広島県立賀茂高等学校(ひろしまけんりつかもこうとうがっこう)は広島県東広島市西条西本町にある公立高等学校。 全日制普通科・定時制普通科からなり、通常、賀茂・賀茂高・賀茂高校といわれることが多い。校歌の作詞は葛原しげる、作曲は下総皖一が担当した。 校章のデザインには、所在地(旧賀茂郡)が京都・賀茂神社の荘園であったことにちなみ、同神社の社紋である賀茂葵が用られている。校章制定時に京都の同社まで出向き、神社から社紋の使用許可と由来の葵の草を贈られたという。また、開校記念日は、公式には不明のため、賀茂神社のお墨付きのもと、社祭の葵祭に合わせ、5月15日となっている。 近年では、広島県教育委員会より進学指導重点校に、この制度が始まって以来一貫して指定されたが、2009年より指定校からはずされた。2010年度からは、広島県教育委員会よりチャレンジハイスクールに指定され、2014年度より4年間文部科学省より英語教育強化地域拠点事業の指定,2015年度より広島県教育委員会より高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクト指定校(活用コアスクール)の指定を受けている。

creative commons(wikipedia:広島県立加茂高等学校

広島県知事一覧

広島県知事一覧(ひろしまけんちじいちらん)は、広島県成立後の歴代知事の一覧表である。
河野敏鎌(1871年8月15日 - 1871年11月)
千本久信(1871年11月15日 - 1871年11月27日)
河野敏鎌(1871年11月27日 - 1871年12月26日)
伊達宗興 (紀州藩士) 伊達宗興(1871年12月26日 - 1872年8月27日)
::県内を17大区・158小区に区画(1872年4月4日)。
伊達宗興(1871年12月26日 - 1875年1月25日)
藤井勉三(1875年1月25日 - 1876年2月23日)
::地等条例公布(1876年10月25日)。県庁焼失(同年12月25日)。
藤井勉三(1876年2月23日 - 1880年4月6日)
::県庁舎が加古町・住吉町 (広島市中区) 水主町に落成し移転(1878年4月15日)。第1回通常県会開会(1879年5月1日)。
千田貞暁(1880年4月6日 - 1886年7月19日)
::宇品築港事業起工(1884年9月5日)。

creative commons(wikipedia:広島県知事一覧

広島県産業奨励館

『原爆ドーム』より : 座標: 北緯34度23分44秒 東経132度27分13秒 / 北緯34.39556度 東経132.45361度 / 34.39556; 132.45361 原爆ドーム(げんばくドーム、英: Atomic Bomb Dome)の名で知られる広島平和記念碑(ひろしまへいわきねんひ、英: Hiroshima Peace Memorial)は、日本の広島市に投下された原子爆弾の惨禍を今に伝える記念碑(被爆建造物)である。元は広島県物産陳列館として開館し、原爆投下当時は広島県産業奨励館と呼ばれていた。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、「二度と同じような悲劇が起こらないように」との戒めや願いをこめて、特に負の世界遺産と呼ばれている。 位置 所在地は広島県広島市中区大手町1丁目10。原子爆弾投下の目標となった相生橋の東詰にあたり、南には元安川を挟んで広島平和記念公園が広がっている。北は相生通りを挟んで広島商工会議所ビル、広島市民球場跡地と向き合う。東側約200メートルの位置に、爆心地に比定される島外科(島病院)がある。

creative commons(wikipedia:広島県産業奨励館

広島県物産陳列館

『原爆ドーム』より : 座標: 北緯34度23分44秒 東経132度27分13秒 / 北緯34.39556度 東経132.45361度 / 34.39556; 132.45361 原爆ドーム(げんばくドーム、英: Atomic Bomb Dome)の名で知られる広島平和記念碑(ひろしまへいわきねんひ、英: Hiroshima Peace Memorial)は、日本の広島市に投下された原子爆弾の惨禍を今に伝える記念碑(被爆建造物)である。元は広島県物産陳列館として開館し、原爆投下当時は広島県産業奨励館と呼ばれていた。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、「二度と同じような悲劇が起こらないように」との戒めや願いをこめて、特に負の世界遺産と呼ばれている。 位置 所在地は広島県広島市中区大手町1丁目10。原子爆弾投下の目標となった相生橋の東詰にあたり、南には元安川を挟んで広島平和記念公園が広がっている。北は相生通りを挟んで広島商工会議所ビル、広島市民球場跡地と向き合う。東側約200メートルの位置に、爆心地に比定される島外科(島病院)がある。

creative commons(wikipedia:広島県物産陳列館

広島県立海田高等学校

広島県立海田高等学校(ひろしまけんりつ かいたこうとうがっこう)は、広島県安芸郡海田町に所在する公立の高等学校。全日制課程の普通科と家政科、および定時制課程を設置している。クラブ活動が盛んで、特色のある部活も多い。広島県教育委員会により進学指導重点校に指定されており、大学進学にも力を注いでいる。 設置学科 全日制課程 普通科 家政科 定時制課程 普通科 (夜間) 沿革 1942年(昭和17年) - 広島県立海田高等女学校設立。 1948年(昭和23年) - 広島県立海田高等女学校を廃止。広島県海田高等学校を設置。 1949年(昭和24年) - 広島県海田市高等学校設置。 1957年(昭和32年) - 広島県海田高等学校に改称。 1968年(昭和43年) - 夜間定時制課程を併置。広島県立海田高等学校に改称。 校訓 学園の一木一草に愛情を寄せる 自己の天分を限りなく伸ばす 己を見つめ、他を敬い、共に歩む 全日制課程 50分授業で休憩が10分。

creative commons(wikipedia:広島県立海田高等学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引