【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

広島県三原市【地方公共団体・地方自治体】

三原市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、広島県三原市の紹介です。

広島県三原市のホームページ

三原市 概要・地域の情報やトピック

三原市

三原市(みはらし)は、広島県の南部に位置し、「浮城」の異名を持つ三原城の城下町を起源とする市である。備後都市圏の中心都市のひとつとして一翼を担う。 三原の名の由来は、旧三原市街地の後背にそびえる桜山などの谷間に、湧原、駒ヶ原、小西原の3つの川の流れ出たところにできた平地である原があり、その3つの「ハラ」から「三原」と呼ばれるようになったとの説がある。 地理 市の中心を東広島市の賀茂台地を源とする二級河川沼田川が流れ、その河口に中心市街地が栄えている。現在の中心市街地の大半が埋立地で海岸線間近まで急峻な山が迫っている一方、北部は吉備高原南端の標高400メートル以上の高原地帯、西部は概ね丘陵地であり、市域の東半分が旧備後国、西半分が旧安芸国となっている。 隣接している自治体 広島県 尾道市 竹原市 東広島市 世羅郡:世羅町 愛媛県 今治市 人口 天正8年(1580年) - 10年、小早川隆景による修築で、三原の地の小島を繋ぐ近世海城である三原城の姿が完成。

creative commons(wikipedia:三原市

三原市交通局

三原市交通局(みはらしこうつうきょく)は、広島県三原市において路線バス事業を行っていた公営事業者である。民営他社(中国バス・鞆鉄道・芸陽バス)との共同運行路線が多かったことやマイカー、バイク、自転車等の普及で利用者が減少、2008年3月末でバス事業を廃止し、前記民間3社に路線移譲された。 交通局(車庫)の所在地 広島県三原市宮沖5丁目9番32号 福山ナンバー移譲後、三原市シルバー人材センターとなっている。また、敷地の一部が芸陽バス三原営業所宮沖車庫として使用されていたが、廃止となった。 1942年9月 運行開始。 2007年4月1日 深線を中国バス、鞆鉄道、芸陽バスの3社へ、八幡線を中国バスへ、福地線を鞆鉄道へ、幸崎線・田野浦線・小泉線を芸陽バスへそれぞれ移管。 2008年 3月31日 同日をもって事業廃止。 4月1日 頼兼線・本郷線・市バス車庫線を芸陽バスへ移管。 廃止直前の路線 2007年3月末までと2008年3月末まで運行されていた路線を掲載。

creative commons(wikipedia:三原市交通局

三原市営バス

『三原市交通局』より : 三原市交通局(みはらしこうつうきょく)は、広島県三原市において路線バス事業を行っていた公営事業者である。民営他社(中国バス・鞆鉄道・芸陽バス)との共同運行路線が多かったことやマイカー、バイク、自転車等の普及で利用者が減少、2008年3月末でバス事業を廃止し、前記民間3社に路線移譲された。 交通局(車庫)の所在地 広島県三原市宮沖5丁目9番32号 福山ナンバー移譲後、三原市シルバー人材センターとなっている。また、敷地の一部が芸陽バス三原営業所宮沖車庫として使用されていたが、廃止となった。 1942年9月 運行開始。 2007年4月1日 深線を中国バス、鞆鉄道、芸陽バスの3社へ、八幡線を中国バスへ、福地線を鞆鉄道へ、幸崎線・田野浦線・小泉線を芸陽バスへそれぞれ移管。 2008年 3月31日 同日をもって事業廃止。 4月1日 頼兼線・本郷線・市バス車庫線を芸陽バスへ移管。 廃止直前の路線 2007年3月末までと2008年3月末まで運行されていた路線を掲載。

creative commons(wikipedia:三原市営バス

三原市民球場

三原市民球場(みはらしみんきゅうじょう)は広島県三原市にある野球場である。 三原運動公園内に存在し、プロ野球・広島東洋カープのウエスタン・リーグ公式戦や高校野球の広島県予選、ソフトボールの試合が行われる。 2014年3月に施設改修工事が完了し、ラバーフェンスが21年ぶりに取り替えられ、スコアボードは磁気反転式からLED式電光掲示板にリニューアルされた 。それを記念して、2014年5月18日、三原市では初のプロ野球開催となるウエスタン・リーグ公式戦、「広島東洋カープ対中日ドラゴンズ」が行われた。2015年以降も毎年5月もしくは6月に広島主催試合が組まれているが、三原での年1回のプロ野球開催ということもあってチケットは争奪戦となり、2014年、2015年と2年連続で前売りの段階で完売した。 2015年4月1日より5年間の予定で命名権を食品メーカー「やまみ」が取得し、「やまみ三原市民球場」と呼称される。 施設概要 両翼93m、中堅120m 収容人数:5,890人(メインスタンド:1,980人 内野スタンド:1,350人 外野スタンド:2,560人) 照明設備:あり スコアボード:LED式電光掲示板(2014年3月~。

creative commons(wikipedia:三原市民球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引