【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

山口県【地方公共団体・地方自治体】

山口県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、山口県の紹介です。

山口県のホームページ

山口県 概要・地域の情報やトピック

山口県

山口県(やまぐちけん)は、日本の県の一つで、本州最西端に位置する。中国地方を構成する五県のうちの一つで、九州地方との連接点の地域である。 中国地方を構成する県(中国五県)の一つで、県土の大半は山陽地方に含まれ、北部の萩市・長門市が山陰地方の西端に当たるとされる。県庁所在地は県央部の山口市であるが、下関市・宇部市・周南市・岩国市など経済規模で山口市をしのぐ都市が点在しており、下関市など県西部を中心に経済面などで福岡県北九州地区との繋がりも深い(九州・山口地方)ほか、岩国市などの県東部は広島県地域との繋がりが密接である(詳細は後述)。 令制国の長門国と周防国に相当するので、防長(ぼうちょう)という別名を持つ。周防国と長門国は後に毛利氏によって統治され、江戸時代には併せて長州藩と称していたことから、長州(ちょうしゅう)と呼ばれることもある。また、「西の京都」と言う意味から山口市付近は西の京(にしのきょう)=西京(さいきょう)とも呼ばれる。 県魚に指定されている下関市のふぐは日本一の市場取扱量を占める。地元や周辺地域では、主に取扱業者やマスコミなどが縁起を担いでフグとは呼ばず「ふく」と呼ぶ(ふぐが「不遇」に繋がり、ふくが「福」に繋がるためとされている)呼び方を定着させようとしている(下関とふく参照)。

creative commons(wikipedia:山口県

山口県の県道一覧

山口県の県道一覧(やまぐちけんのけんどういちらん)は、山口県を通る県道の一覧である。 都道府県道標識導入前は主要地方道・一般県道とも1号から番号を振る固定番号制を採っていたが、1972年(昭和47年)頃主要地方道は1号 - 100号、一般県道は101号以降の路線番号を割り当てる方式に変更された(島根・広島両県での県道番号の変更時期が1972年(昭和47年)だったことから推定)。県道として整備した自転車道(1975年(昭和50年)以降整備)については501号以降を割り当てている。 番号の割り当てについては、主要地方道・一般県道ごとに県東部から時計回りに連番で番号を割り当てていたが、1976年(昭和51年)4月1日建設省(当時)告示第694号により島根県に跨る一般県道3路線が主要地方道に昇格したことに伴い1976年(昭和51年)頃主要地方道の第二次再編が実施され、番号の再割り当て(港湾・駅を結ぶ主要地方道は51号から番号を振り直し)が行われて現行の路線番号体系が成立した。

creative commons(wikipedia:山口県の県道一覧

山口県道

『山口県の県道一覧』より : 山口県の県道一覧(やまぐちけんのけんどういちらん)は、山口県を通る県道の一覧である。 都道府県道標識導入前は主要地方道・一般県道とも1号から番号を振る固定番号制を採っていたが、1972年(昭和47年)頃主要地方道は1号 - 100号、一般県道は101号以降の路線番号を割り当てる方式に変更された(島根・広島両県での県道番号の変更時期が1972年(昭和47年)だったことから推定)。県道として整備した自転車道(1975年(昭和50年)以降整備)については501号以降を割り当てている。 番号の割り当てについては、主要地方道・一般県道ごとに県東部から時計回りに連番で番号を割り当てていたが、1976年(昭和51年)4月1日建設省(当時)告示第694号により島根県に跨る一般県道3路線が主要地方道に昇格したことに伴い1976年(昭和51年)頃主要地方道の第二次再編が実施され、番号の再割り当て(港湾・駅を結ぶ主要地方道は51号から番号を振り直し)が行われて現行の路線番号体系が成立した。

creative commons(wikipedia:山口県道

山口県出身の人物一覧

山口県出身の人物一覧(やまぐちけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する山口県出身の人物の一覧表である。 政治家 首相経験者 伊藤博文(初代・第5代・第7代・第10代内閣総理大臣、初代貴族院議長) 山縣有朋(第3代・第9代内閣総理大臣) 桂太郎(第11代・第13代・第15代内閣総理大臣、拓殖大学創立者) 寺内正毅(第18代内閣総理大臣) 田中義一(第26代内閣総理大臣) 岸信介(第56代・第57代内閣総理大臣):熊毛郡田布施町(出生地は山口市) 佐藤榮作(第61代・第62代・第63代内閣総理大臣、ノーベル平和賞受賞):熊毛郡田布施町 安倍晋三:(第90代・第96代内閣総理大臣):長門市(出生は東京都) 菅直人(第94代内閣総理大臣、弁理士、元財務大臣、元厚生大臣):宇部市(本籍地は岡山県) 議長経験者 大岡育造(第15代、第16代、第20代衆議院議長) 重宗雄三(第8代 - 第10代参議院議長) 徳永正利(第14代参議院議長) その他の政治家 青木周蔵 (明治、大正 期の外交官、政治家) 安倍源基(元内務大臣):熊毛郡平生町 安倍寛:長門市(旧・大津郡日置村) 安倍晋太郎:長門市(旧・大津郡油谷町)出身(出生は東京都) 伊藤一長(前長崎市長):長門市 井上馨(初代外務大臣) 吉武恵市(萩市 元労働大臣・厚生大臣・自治大臣・富山県知事) 大泉博子 河村建夫(元文部科学大臣):萩市 岸信夫(安倍晋太郎の三男、岸信介の子の養子):熊毛郡田布施町(出生は東京都) 木戸孝允 高村正彦(元外務大臣):周南市 品川弥二郎(第3代内務大臣、産業組合の設立に貢献) 曾禰荒助 髙木義明(元文部科学大臣):下関市 田中和徳 中村勝人(元宇部市長):宇部市 西川貞一:美祢市 西村茂生(第2代岩国市長):岩国市 野坂参三:萩市 林芳正(元防衛大臣):下関市 林義郎(元大蔵大臣):下関市 林路一(元衆議院議員):玖阿郡賀見畑村 平岡秀夫(衆議院議員):岩国市 広沢真臣 吹田愰(元自治大臣):熊毛郡田布施町 福島啓史郎(前参議院議員):宇部市 福田良彦(岩国市長):岩国市 藤田忠夫(前宇部市長、元建設省道路局国道1課長) 福田正義(日本共産党(左派)初代議長):下関市 二木謙吾(元参議院議員、元山口県議会議長、元山口県議会議員) 二木秀夫(元参議院議員、元宇部市長) 桝屋敬悟:山口市 松岡満寿男:光市 松岡洋右(元外務大臣) 宮本顕治(元日本共産党書記長) 山下春江(衆議院議員、参議院議員、日本初の婦人議員の1人) 山田顕義(初代司法大臣、日本大学学祖) 佐々木信夫(政治活動家) 官僚 飯田俊徳(鉄道庁第一部部長、鉄道技術者) 井上勝(初代鉄道庁長官、小岩井農場創業者) 遠藤謹助(造幣局長) 玉乃世履(初代大審院長) 戸倉三郎(東京高等裁判所長官) 町田顕(第15代最高裁判所長官):下関市 山尾庸三(工部卿、法制局長官) 軍人・自衛官 有坂成章 井上光 宇佐川一正 大井成元 大島義昌(安倍晋太郎の母は大島の孫娘) 岡沢精 沖原光孚 児玉源太郎 佐々木直 佐久間左馬太 沢本頼雄 滋野清彦 勝田四方蔵 菅野尚一 坪井航三 鳥尾小弥太 梨羽時起 西島助義 西村精一 乃木希典(陸軍大将、出生地は江戸(東京)) 長谷川好道 平佐良蔵 真鍋斌 三浦梧楼 三好重臣 山口素臣 山中信儀 山根武亮 渡辺章 実業家 鮎川義介(日産コンツェルン創始者・日産自動車創業者初代社長) 阿川甲一(作家阿川弘之の父) 有田浩之(ブラックロック・ジャパン社長) 太田光凞(京阪電気鉄道創業者の1人、4代社長) 磯野小右衛門(堂島米会所初代会頭、大阪商工会議所第4代会頭) 鋳谷正輔(川崎重工業4代社長) 岡十郎(日本水産捕鯨部の前身の1つ日本遠洋漁業株式会社、のちの東洋捕鯨を創立者) 岡村勝正(毛髪クリニックリーブ21創業者) 笠井順八(小野田セメント製造(現・太平洋セメント)創業者) 賀田金三郎(台湾開拓者。

creative commons(wikipedia:山口県出身の人物一覧

山口県の廃止市町村一覧

山口県の廃止市町村一覧(やまぐちけんのはいししちょうそんいちらん)は山口県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:徳山町→徳山市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:南陽町→新南陽市)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:山口県の廃止市町村一覧

山口県出身の有名人一覧

山口県出身の人物一覧(やまぐちけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する山口県出身の人物の一覧表である。 政治家 首相経験者 伊藤博文(初代・第5代・第7代・第10代内閣総理大臣、初代貴族院議長) 山縣有朋(第3代・第9代内閣総理大臣) 桂太郎(第11代・第13代・第15代内閣総理大臣、拓殖大学創立者) 寺内正毅(第18代内閣総理大臣) 田中義一(第26代内閣総理大臣) 岸信介(第56代・第57代内閣総理大臣):熊毛郡田布施町(出生地は山口市) 佐藤榮作(第61代・第62代・第63代内閣総理大臣、ノーベル平和賞受賞):熊毛郡田布施町 安倍晋三:(第90代・第96代内閣総理大臣):長門市(出生は東京都) 菅直人(第94代内閣総理大臣、弁理士、元財務大臣、元厚生大臣):宇部市(本籍地は岡山県) 議長経験者 大岡育造(第15代、第16代、第20代衆議院議長) 重宗雄三(第8代 - 第10代参議院議長) 徳永正利(第14代参議院議長) その他の政治家 青木周蔵 (明治、大正 期の外交官、政治家) 安倍源基(元内務大臣):熊毛郡平生町 安倍寛:長門市(旧・大津郡日置村) 安倍晋太郎:長門市(旧・大津郡油谷町)出身(出生は東京都) 伊藤一長(前長崎市長):長門市 井上馨(初代外務大臣) 吉武恵市(萩市 元労働大臣・厚生大臣・自治大臣・富山県知事) 大泉博子 河村建夫(元文部科学大臣):萩市 岸信夫(安倍晋太郎の三男、岸信介の子の養子):熊毛郡田布施町(出生は東京都) 木戸孝允 高村正彦(元外務大臣):周南市 品川弥二郎(第3代内務大臣、産業組合の設立に貢献) 曾禰荒助 髙木義明(元文部科学大臣):下関市 田中和徳 中村勝人(元宇部市長):宇部市 西川貞一:美祢市 西村茂生(第2代岩国市長):岩国市 野坂参三:萩市 林芳正(元防衛大臣):下関市 林義郎(元大蔵大臣):下関市 林路一(元衆議院議員):玖阿郡賀見畑村 平岡秀夫(衆議院議員):岩国市 広沢真臣 吹田愰(元自治大臣):熊毛郡田布施町 福島啓史郎(前参議院議員):宇部市 福田良彦(岩国市長):岩国市 藤田忠夫(前宇部市長、元建設省道路局国道1課長) 福田正義(日本共産党(左派)初代議長):下関市 二木謙吾(元参議院議員、元山口県議会議長、元山口県議会議員) 二木秀夫(元参議院議員、元宇部市長) 桝屋敬悟:山口市 松岡満寿男:光市 松岡洋右(元外務大臣) 宮本顕治(元日本共産党書記長) 山下春江(衆議院議員、参議院議員、日本初の婦人議員の1人) 山田顕義(初代司法大臣、日本大学学祖) 佐々木信夫(政治活動家) 官僚 飯田俊徳(鉄道庁第一部部長、鉄道技術者) 井上勝(初代鉄道庁長官、小岩井農場創業者) 遠藤謹助(造幣局長) 玉乃世履(初代大審院長) 戸倉三郎(東京高等裁判所長官) 町田顕(第15代最高裁判所長官):下関市 山尾庸三(工部卿、法制局長官) 軍人・自衛官 有坂成章 井上光 宇佐川一正 大井成元 大島義昌(安倍晋太郎の母は大島の孫娘) 岡沢精 沖原光孚 児玉源太郎 佐々木直 佐久間左馬太 沢本頼雄 滋野清彦 勝田四方蔵 菅野尚一 坪井航三 鳥尾小弥太 梨羽時起 西島助義 西村精一 乃木希典(陸軍大将、出生地は江戸(東京)) 長谷川好道 平佐良蔵 真鍋斌 三浦梧楼 三好重臣 山口素臣 山中信儀 山根武亮 渡辺章 実業家 鮎川義介(日産コンツェルン創始者・日産自動車創業者初代社長) 阿川甲一(作家阿川弘之の父) 有田浩之(ブラックロック・ジャパン社長) 太田光凞(京阪電気鉄道創業者の1人、4代社長) 磯野小右衛門(堂島米会所初代会頭、大阪商工会議所第4代会頭) 鋳谷正輔(川崎重工業4代社長) 岡十郎(日本水産捕鯨部の前身の1つ日本遠洋漁業株式会社、のちの東洋捕鯨を創立者) 岡村勝正(毛髪クリニックリーブ21創業者) 笠井順八(小野田セメント製造(現・太平洋セメント)創業者) 賀田金三郎(台湾開拓者。

creative commons(wikipedia:山口県出身の有名人一覧

山口県立医科大学

『山口大学』より : 山口県立医科大学(やまぐちけんりついかだいがく、公用語表記: 山口県立医科大学)は、山口県宇部市小串通に本部を置いていた日本の公立大学である。1947年に設置された。 1964年に国に移管され、山口大学医学部となった。 本項では、前身の旧制山口県立医学専門学校 (略称: 山口医専) を含めて記述する。 第二次世界大戦中に設置された旧制山口県立医学専門学校が前身。 戦後、戦時期に設立された他の公立旧制医学専門学校 11校と同時期に旧制大学に昇格し、山口県立医科大学となった。 新制大学に移行した後、財政上の問題から国への移管運動が起こり、1964年4月に山口大学医学部となった。 同窓会は 「社団法人 霜仁会」 (しゃだんほうじん そうじんかい) と称し、旧制・新制合同の会である。 沿革 山口県立医学専門学校時代 1944年1月18日: 専門学校令により旧制山口県立医学専門学校設置認可。

creative commons(wikipedia:山口県立医科大学

山口県小学校一覧

山口県小学校一覧(やまぐちけんしょうがっこういちらん)は、山口県の小学校の一覧。 国立小学校 山口大学教育学部附属山口小学校 山口大学教育学部附属光小学校 公立小学校 下関市 ※「下関市立神田小学校」は2校存在しており、双方は別々の学校である。 宇部市 山口市 萩市 防府市 下松市 岩国市 光市 長門市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 大島郡 玖珂郡 和木町立和木小学校 熊毛郡 阿武郡 阿武町立阿武小学校 阿武町立福賀小学校 関連項目 学校記事一覧 山口県高等学校一覧 山口県中学校一覧 山口県幼稚園一覧 山口県小学校の廃校一覧 外部リンク 山口県教育委員会 公立小学校一覧。

creative commons(wikipedia:山口県小学校一覧

山口県立徳山高等学校

山口県立徳山高等学校(やまぐちけんりつとくやまこうとうがっこう:Yamaguchi Prefectural Tokuyama High School)は、山口県周南市鐘楼町にある県立高等学校。通称は「徳高」(とっこう)。 前身は、旧制徳山中学校ならびに旧制徳山高等女学校。山口県周南学区(周南市、下松市、光市)に属しており、県内有数の進学校である。 「文武両道」を校風としている。学校の伝統として、「オガタマの木」(かぐわしく世を支える人物たれ)、および「耿光(こうこう)の碑」(明らかな光 徳盛んなる様)がある。また、すべてのHR教室に冷房が完備され、学食・売店もある。 また、市街地に位置しているため少し離れた所に第2運動場(野球場)があったり、部活動によっては学校施設以外の場所を使用している部もある。 2010年、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定され(1期目:平成22〜26年度)、2015年現在も継続して指定されている(2期目:平成27〜31年度)。

creative commons(wikipedia:山口県立徳山高等学校

山口県高等学校一覧

山口県高等学校一覧(やまぐちけん こうとうがっこう いちらん)は、山口県の高等学校の一覧。なお、県内には国立の高等学校は存在しない。県内の中等教育学校、中高一貫教育校も含めて紹介する。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。 公立高等学校 2016年度(平成28年度)入学選抜から、山口県の県立高校はすべての課程・学科において県内1学区制となり、保護者の住所が県内であれば、自分の進路希望や能力・適性等に応じて県内すべての県立高校から選択することが可能となった。 2015年度(平成27年度)入学選抜までは、山口県の県立普通高校は岩国、柳井、周南、防府、厚狭、下関、萩の7学区に分かれており、離島や山間部を除き志願可能な学校が指定されている。全日制普通科の学区外からの入学者は入学定員の5%以内(コースクラスは30%以内、単位制高校は10%以内)と定められており、学区を越えた入学は例外的措置として扱われる。

creative commons(wikipedia:山口県高等学校一覧

山口県中学校一覧

山口県中学校一覧(やまぐちけんちゅうがっこういちらん)は、山口県の中学校及び中等教育学校(前期課程)の一覧。 国立中学校 山口大学教育学部附属山口中学校 山口大学教育学部附属光中学校 公立中学校・中等教育学校 下関市 = 県立 = 山口県立下関中等教育学校 = 市立 = 宇部市 山口市 萩市 防府市 下松市 下松市立下松中学校 下松市立末武中学校 下松市立久保中学校 岩国市 = 県立 = 山口県立高森みどり中学校(併設型中高一貫校) = 市立 = 光市 長門市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 大島郡 玖珂郡 和木町立和木中学校 熊毛郡 上関町立上関中学校 平生町立平生中学校 田布施町立田布施中学校 阿武郡 阿武町立阿武中学校 阿武町立福賀中学校 私立中学校 関連項目 学校記事一覧 山口県高等学校一覧 山口県小学校一覧 山口県幼稚園一覧 山口県中学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:山口県中学校一覧

山口県母子殺人事件

『光市母子殺害事件』より : 光市母子殺害事件(ひかりしぼしさつがいじけん)とは、1999年(平成11年)4月14日に山口県光市で発生した少年犯罪事件。当時18歳1か月の少年により主婦(当時23歳)が殺害後屍姦され、その娘の乳児(生後11カ月)も殺害された上財布が盗まれた。少年は強姦致死罪容疑・殺人罪容疑・窃盗罪容疑の罪状で裁判となり、死刑判決を言い渡されて、確定した。現在再審請求中である。 裁判中はその残虐な事件内容と、元少年を死刑にすべきでないと主張する弁護団の突飛とも言える弁護内容(後述)がマスコミで大きく取り上げられ、日本国内で論議を呼んだ。また被害者の夫が「犯罪被害者の権利確立」を訴えたことにより、この問題が大きく取りあげられるきっかけの一つとなった。 事件の概要 以下、検察側主張、及びこれまでの判決が認定してきた内容に基づく事件の概要である。 1999年(平成11年)4月14日午後2時半頃、少年(当時18歳。以下、加害者、または時期により被告人若しくは死刑囚とする)が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。

creative commons(wikipedia:山口県母子殺人事件

山口県母子殺害事件

『光市母子殺害事件』より : 光市母子殺害事件(ひかりしぼしさつがいじけん)とは、1999年(平成11年)4月14日に山口県光市で発生した少年犯罪事件。当時18歳1か月の少年により主婦(当時23歳)が殺害後屍姦され、その娘の乳児(生後11カ月)も殺害された上財布が盗まれた。少年は強姦致死罪容疑・殺人罪容疑・窃盗罪容疑の罪状で裁判となり、死刑判決を言い渡されて、確定した。現在再審請求中である。 裁判中はその残虐な事件内容と、元少年を死刑にすべきでないと主張する弁護団の突飛とも言える弁護内容(後述)がマスコミで大きく取り上げられ、日本国内で論議を呼んだ。また被害者の夫が「犯罪被害者の権利確立」を訴えたことにより、この問題が大きく取りあげられるきっかけの一つとなった。 事件の概要 以下、検察側主張、及びこれまでの判決が認定してきた内容に基づく事件の概要である。 1999年(平成11年)4月14日午後2時半頃、少年(当時18歳。以下、加害者、または時期により被告人若しくは死刑囚とする)が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。

creative commons(wikipedia:山口県母子殺害事件

山口県光市母子殺害事件

『光市母子殺害事件』より : 光市母子殺害事件(ひかりしぼしさつがいじけん)とは、1999年(平成11年)4月14日に山口県光市で発生した少年犯罪事件。当時18歳1か月の少年により主婦(当時23歳)が殺害後屍姦され、その娘の乳児(生後11カ月)も殺害された上財布が盗まれた。少年は強姦致死罪容疑・殺人罪容疑・窃盗罪容疑の罪状で裁判となり、死刑判決を言い渡されて、確定した。現在再審請求中である。 裁判中はその残虐な事件内容と、元少年を死刑にすべきでないと主張する弁護団の突飛とも言える弁護内容(後述)がマスコミで大きく取り上げられ、日本国内で論議を呼んだ。また被害者の夫が「犯罪被害者の権利確立」を訴えたことにより、この問題が大きく取りあげられるきっかけの一つとなった。 事件の概要 以下、検察側主張、及びこれまでの判決が認定してきた内容に基づく事件の概要である。 1999年(平成11年)4月14日午後2時半頃、少年(当時18歳。以下、加害者、または時期により被告人若しくは死刑囚とする)が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。

creative commons(wikipedia:山口県光市母子殺害事件

山口県光市母子殺人事件

『光市母子殺害事件』より : 光市母子殺害事件(ひかりしぼしさつがいじけん)とは、1999年(平成11年)4月14日に山口県光市で発生した少年犯罪事件。当時18歳1か月の少年により主婦(当時23歳)が殺害後屍姦され、その娘の乳児(生後11カ月)も殺害された上財布が盗まれた。少年は強姦致死罪容疑・殺人罪容疑・窃盗罪容疑の罪状で裁判となり、死刑判決を言い渡されて、確定した。現在再審請求中である。 裁判中はその残虐な事件内容と、元少年を死刑にすべきでないと主張する弁護団の突飛とも言える弁護内容(後述)がマスコミで大きく取り上げられ、日本国内で論議を呼んだ。また被害者の夫が「犯罪被害者の権利確立」を訴えたことにより、この問題が大きく取りあげられるきっかけの一つとなった。 事件の概要 以下、検察側主張、及びこれまでの判決が認定してきた内容に基づく事件の概要である。 1999年(平成11年)4月14日午後2時半頃、少年(当時18歳。以下、加害者、または時期により被告人若しくは死刑囚とする)が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。

creative commons(wikipedia:山口県光市母子殺人事件

山口県桜ケ丘中学校・高等学校

転送 山口県桜ケ丘高等学校・晃英館中学校

creative commons(wikipedia:山口県桜ケ丘中学校・高等学校

山口県立萩高等学校

山口県立萩高等学校(やまぐちけんりつ はぎこうとうがっこう)は、山口県萩市に所在する県立高等学校。 概略 歴史 1718年(享保3年)に創建された長州藩の藩校である明倫館の流れを汲んで、1870年(明治3年)に萩中学校として創立された。また、2002年(平成14年)度から全学一斉に単位制高校に改編し、2003年(平成15年)度から2学期制を導入した。山口高校と並んで県下で最も古い歴史を有する高校の一つである。なお、前身の藩校設立時点から数えれば、1816年(文化12年)設立の山口講堂の流れをくむ山口高校をしのいで、県下最古の学校である。設置課程・学科・学区 全日制課程 2学科 進学型単位制 普通科 - 萩学区 理数科 - 全県学区校訓 「至誠」- 1996年(平成8年)に制定。校章 校名にちなみハギの花を背景にして、中央に「高」の文字を置いている。校歌 作詞は安藤一郎、作曲は清瀬保二による。歌詞は3番まであり、各番に「萩高校」が登場する。1954年(昭和29年)に制定。略称 高校の略称は、萩高「はぎこう」(以前、市外では萩工業高校と区別するため「はぎたか」と呼ばれていたが、市内では萩工業を単に「工業」と呼んでいたこともあって「はぎこう」と呼んでいた)。

creative commons(wikipedia:山口県立萩高等学校

山口県立山口高等学校

山口県立山口高等学校(やまぐちけんりつ やまぐちこうとうがっこう, Yamaguchi Prefectural Yamaguchi High School)は、山口県山口市糸米一丁目に所在する県立高等学校。 歴史 1816年(文化13年)に上田鳳陽が興した「山口講堂」の流れをくむ「山口県立山口中学校」を前身とする。山口中学校が開校した1870年(明治3年)を創立年としており、2010年(平成22年)に創立140周年を迎えた。 校訓 「至誠剛健」 校章 校名の「山」と「高」の文字(縦書き)を組み合わせている。 校歌 1950年(昭和25年)に制定。作詞は清川妙、作曲は石井洋之助による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「山高」が登場する。また校歌とは別に「熱球」という応援歌がある。 旧校歌 山口県立山口中学校 - 作詞は河島雅弟、作曲は黒部峰蔵による。歌詞は3番まであり、校名は歌詞に登場しない。 設置課程・学科 全日制課程 2学科 普通科 理数科 定時制課程 1学科 普通科 通信制課程2学科 普通科 衛生看護科 カリキュラム 全日制課程は2000年度(平成12年度)より従来の3学期制に代わって前期(4 - 9月)と後期(10 - 3月)の2学期制を導入した。

creative commons(wikipedia:山口県立山口高等学校

山口県立宇部工業高等学校

山口県立宇部工業高等学校(やまぐちけんりつ うべこうぎょうこうとうがっこう, Yamaguchi Prefectural Ube Technical High School)は、山口県宇部市に所在する県立工業高等学校。 1903年(明治36年)に山口県で最初に設立された「山口県立工業学校」(略称:県工)が起源であり、これまでの卒業生は2万人を超えている。山口県立工業学校は大正初期に生徒の募集を停止したが、その数年後に山口県議会において「新たに県立工業学校を設立する」と議決された。この動きに合わせ、宇部興産の創業者である渡辺祐策を筆頭に宇部共同義会が有志に呼びかけ寄付金を募り、設立に必要な30万円を地元から寄付する条件で県立宇部工業学校を誘致した。この様な事情もあり、宇部工業学校は開校当初から入学には相当に難易度が高く、1930年代には「県下中等学校の入学最大難所、全国的にも稀にみる激戦校」と当時の新聞の見出しにもなるほどであった。

creative commons(wikipedia:山口県立宇部工業高等学校

山口県道・島根県道3号新南陽津和野線

山口県道・島根県道3号新南陽津和野線(やまぐちけんどう・しまねけんどう3ごう しんなんようつわのせん)は山口県周南市政所(まどころ)2丁目と島根県鹿足郡津和野町枕瀬を結ぶ主要地方道である。 起点 : 山口県周南市政所2丁目・政所交差点(山口県道178号新南陽停車場線・山口県道347号下松新南陽線交点) 終点 : 島根県鹿足郡津和野町枕瀬(国道9号交点) 沿革 1954年1月20日 建設省(当時)告示第16号により山口県道・島根県道徳山日原線が主要地方道に認定される。 1954年11月16日山口県告示第761号および1955年2月4日島根県告示第62号により山口県道・島根県道徳山日原線が認定される。 1966年1月1日 沿線に存在した都濃郡都濃町が徳山市(当時)に編入される。 1970年11月1日 都濃郡南陽町が市制施行して新南陽市に移行する。 1972年3月21日 山口県告示第212号及び島根県告示第210号により山口県道・島根県道新南陽日原線に改称される。

creative commons(wikipedia:山口県道・島根県道3号新南陽津和野線

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引