【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

山口県宇部市【地方公共団体・地方自治体】

宇部市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、山口県宇部市の紹介です。

山口県宇部市のホームページ

宇部市 概要・地域の情報やトピック

宇部市

宇部市(うべし)は、山口県西部の周防灘(瀬戸内海)に面した市。 山口県西部の拠点都市の一つであり、県内では下関市、山口市に次ぎ3番目となる約17万人の人口を擁する(1km²当たりの人口密度は防府市、下松市に次ぐ県内第3位の604.0人)。本市を中心として人口約26万人の宇部都市圏が形成されているほか、福岡県北九州市などとの交流も深く、関門都市圏の一部でもある。 宇部市の前身である宇部村は、江戸時代まで厚狭郡南部の半島状地形の先端部にある一寒村であったが、明治以降に宇部炭鉱での採炭が本格化したことで炭鉱都市として急速に発展した。石炭産業は後に宇部興産の一部となり、現在でも同社は本社機能の一部および主力生産拠点を市内に置いている。市の沿岸部は同社を中心とした工業地帯が形成されており、宇部港が津久見港(大分県)、苅田港(福岡県)に次いで国内3位のセメント輸出量を誇るなど、北九州工業地帯・瀬戸内工業地域の一翼を担う。

creative commons(wikipedia:宇部市

宇部市営バス

『宇部市交通局』より : 宇部市交通局(うべしこうつうきょく)は、山口県宇部市を中心にバスを運行する地方公営企業。通称宇部市営バス。本局は宇部市大字善和字牛明203番地の90に位置する。 本稿では、宇部市総務課の運営する廃止代替バスについても記す。 1944年(昭和19年)12月 - 宇部市が宇部鉄道から路線バス事業を取得。 宇部鉄道の鉄道部門(現在のJR西日本宇部線・小野田線)は前年の1943年5月に国有化 1945年(昭和20年)1月 - 宇部市運輸事業部として運行開始。 1946年(昭和21年)10月 - 本局事務所を宇部市中央町に移転。 1952年(昭和27年)10月 - 地方公営企業法施行により地方公営企業組織に移行、宇部市運輸局に改称。 1954年(昭和29年)3月 - 本局事務所を宇部市常藤町に移転。 1963年(昭和38年)3月 - 宇部市交通局に改称。 1975年(昭和50年)3月 - 山陽新幹線開業に伴い、特急便の運行を開始。 1993年(平成5年)4月 - 本局事務所を宇部市善和に移転。

creative commons(wikipedia:宇部市営バス

宇部市交通局

宇部市交通局(うべしこうつうきょく)は、山口県宇部市を中心にバスを運行する地方公営企業。通称宇部市営バス。本局は宇部市大字善和字牛明203番地の90に位置する。 本稿では、宇部市総務課の運営する廃止代替バスについても記す。 1944年(昭和19年)12月 - 宇部市が宇部鉄道から路線バス事業を取得。 宇部鉄道の鉄道部門(現在のJR西日本宇部線・小野田線)は前年の1943年5月に国有化 1945年(昭和20年)1月 - 宇部市運輸事業部として運行開始。 1946年(昭和21年)10月 - 本局事務所を宇部市中央町に移転。 1952年(昭和27年)10月 - 地方公営企業法施行により地方公営企業組織に移行、宇部市運輸局に改称。 1954年(昭和29年)3月 - 本局事務所を宇部市常藤町に移転。 1963年(昭和38年)3月 - 宇部市交通局に改称。 1975年(昭和50年)3月 - 山陽新幹線開業に伴い、特急便の運行を開始。 1993年(平成5年)4月 - 本局事務所を宇部市善和に移転。

creative commons(wikipedia:宇部市交通局

宇部市野球場

スタジアム名称 宇部市野球場
愛称 Ube Municipal Baseball Stadium
所在地 山口県宇部市恩田町4-1-4(恩田運動公園内)
開場 1943年(1998年改築)
所有者 宇部市
管理・運用者 宇部市体育協会(指定管理者)
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 照明塔:6基(照度4段階可変)
設計者
使用チーム、大会
収容能力 20,000人
規模 グラウンド面積:13,430m²両翼:100 m中堅:122 m
フェンスの高さ m
宇部市野球場(うべし・やきゅうじょう)は、山口県宇部市の恩田運動公園内にある野球場。施設は宇部市が所有し、宇部市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。
戦前、宇部市中心部に近い恩田地区で整備が進められていた体育施設群のひとつとして、宇部市営恩田野球場(うべしえい・おんだやきゅうじょう)として1941年開場。以来、高校野球などアマチュア野球公式戦が行われた他、プロ野球公式戦・オープン戦などが開催された。

creative commons(wikipedia:宇部市野球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引