【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

愛媛県松山市【地方公共団体・地方自治体】

松山市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、愛媛県松山市の紹介です。

愛媛県松山市のホームページ

松山市 概要・地域の情報やトピック

松山市

松山市(まつやまし)は、愛媛県の中部に位置する中核市。同県の県庁所在地であり、四国地方で最大の人口を擁する。 約51万5千人の人口を有する四国最大の都市である。中四国においても、政令指定都市である広島・岡山両市に次いで第三の規模を誇る。国勢調査における都市圏としては四国で唯一の掲載となる松山都市圏の中心都市でもある。 松山城を中心に発展して来た旧城下町で、道後温泉で有名な古くからの温泉地であるとともに、俳人正岡子規や種田山頭火また文豪夏目漱石ゆかりの地で、俳句や小説『坊っちゃん』『坂の上の雲』などで知られる文学の街でもある。これら観光資源を背景として、「国際観光温泉文化都市」の指定を受けている。キャッチフレーズは「いで湯と城と文学のまち」。 コンパクトシティ構想により、様々な文化施設が集中して立地している。アーケード街の大街道や銀天街、四国唯一の地下街であるまつちかタウン、松山市駅ビルに併設された伊予鉄高島屋や東急ハンズなどの商業施設、道後温泉、松山城、松山総合公園、愛媛県美術館、坂の上の雲ミュージアム、子規記念博物館、伊予かすり会館、伊丹十三記念館など多様な文化的観光スポットがある。

creative commons(wikipedia:松山市

松山市立久米中学校

松山市立久米中学校(まつやましりつくめちゅうがっこう)は愛媛県松山市にある公立中学校。
久米中学校は松山市の東南部(久米地区)に位置する。
2学期制が導入されている。
かつては農村であったため、現在でもところどころに田園都市の風景が見られるが、昭和末に著しい発展と住宅の建設ラッシュを迎えた地域である。伊予鉄道横河原線が貫通しているため、交通の便はよい。
人口は増加の一途をたどっているが、少子高齢化の煽りも受けており、生徒数の増加は鈍くなり、今は減少傾向にある
松山市合併前に温泉郡久米村であった地域の多くを校区としてカバーする。校区が南北に縦長く伸びた形状のため、松山市内の中学校では珍しくヘルメット着用の上自転車通学が許可されている。(北久米・福音寺・鷹ノ子各地区の一部の生徒)

creative commons(wikipedia:松山市立久米中学校

松山市駅

松山市駅(まつやましえき)は、愛媛県松山市湊町5丁目にある伊予鉄道の駅。 なお、当項目では、隣接する伊予鉄道松山市内線の松山市駅前駅(まつやましえきまええき)についても述べる。 この駅と建物を共にするデパートについては伊予鉄高島屋の項目を参照のこと。 地元ではJR四国の松山駅と区別するため市駅(しえき)と略して呼ばれ、道路標識にもその表記がみられるなど、広く通用している。駅前広場には、道後温泉方面へ向かう同社の松山市内線(軌道)の松山市駅前電停、バスターミナル、タクシープールなどがある。 松山市の実質的な中心駅であり、当駅の駅ビルに入居している四国最大の百貨店であるいよてつ高島屋を始めとして、周辺には繁華街やオフィス街が広がる。 松山市駅前電停では、「坊っちゃん列車」を牽引する蒸気機関車を模したディーゼル機関車が渡り線上で方向転換する作業の様子が見られる。 駅前のバスターミナルは、東京・京阪神からの高速バスなども発着する(JR松山駅前にも立ち寄る便が多い)。 ダイヤ混乱時は、当駅と古町駅での抑止を基本とした運転整理が行われる。

creative commons(wikipedia:松山市駅

松山市駅前駅

『松山市駅』より : 松山市駅(まつやましえき)は、愛媛県松山市湊町5丁目にある伊予鉄道の駅。 なお、当項目では、隣接する伊予鉄道松山市内線の松山市駅前駅(まつやましえきまええき)についても述べる。 この駅と建物を共にするデパートについては伊予鉄高島屋の項目を参照のこと。 地元ではJR四国の松山駅と区別するため市駅(しえき)と略して呼ばれ、道路標識にもその表記がみられるなど、広く通用している。駅前広場には、道後温泉方面へ向かう同社の松山市内線(軌道)の松山市駅前電停、バスターミナル、タクシープールなどがある。 松山市の実質的な中心駅であり、当駅の駅ビルに入居している四国最大の百貨店であるいよてつ高島屋を始めとして、周辺には繁華街やオフィス街が広がる。 松山市駅前電停では、「坊っちゃん列車」を牽引する蒸気機関車を模したディーゼル機関車が渡り線上で方向転換する作業の様子が見られる。 駅前のバスターミナルは、東京・京阪神からの高速バスなども発着する(JR松山駅前にも立ち寄る便が多い)。 ダイヤ混乱時は、当駅と古町駅での抑止を基本とした運転整理が行われる。

creative commons(wikipedia:松山市駅前駅

松山市駅前地下街

名称 松山市駅前地下街
旧名称
用途 地下街
旧用途
設計者
構造設計者
施工
建築主
事業主体
管理運営 松山市駅前地下街株式会社
構造形式
敷地面積
建築面積
延床面積
階数
高さ
着工
竣工 1971年

creative commons(wikipedia:松山市駅前地下街

松山市立番町小学校

松山市立番町小学校(まつやましりつばんちょうしょうがっこう)は、愛媛県松山市にある小学校。
市庁舎裏に立地し、松山銀天街 銀天街、大街道商店街 大街道を含む松山市の中心市域が学区内である。このため、高度経済成長期にはドーナツ化現象の影響を受け、児童数を減らした。
愛媛県松山市二番町4丁目6-1
1887年(明治20年)4月 - 巽学校・智環学校・勝山学校を併せて温泉郡外側尋常小学校として創立。
1890年(明治23年)4月 - 松山市外側尋常小学校に改称。
1894年(明治27年)12月 - 松山第一尋常小学校に改称。
1900年(明治33年)3月 - 榎町(現市庁舎敷地)に校舎移転。
1929年(昭和4年)4月 - 松山市番町尋常小学校に改称。
1929年(昭和4年)8月 - 現在地に校舎移転。

creative commons(wikipedia:松山市立番町小学校

松山市消防局

消防本部名 松山市消防局
設置日
管轄区域 松山市
管轄面積 429.03km²
職員定数 446人
消防署数 4
分署数 5(支署)
出張所数 1
分遣所数
所在地 松山市本町6丁目6-1
松山市消防局(まつやまししょうぼうきょく)は、愛媛県松山市の消防部局(消防本部)。
2005年1月1日 北条市及び温泉郡中島町 (愛媛県) 中島町の編入合併に伴い、北条市消防本部を松山市消防局に統合する。
本部-総務課、予防課、警防課、防災対策課、通信指令課
消防署
出張所
本町6-6-1
城北:馬木町408北条:北条辻1170-6
道後湯之町18-4

creative commons(wikipedia:松山市消防局

松山市立生石小学校

松山市立生石小学校(まつやましりつしょうせきしょうがっこう)は、愛媛県松山市にある公立小学校。 当時の高岡村(現松山市高岡町)に開校し、村民の普通教育に貢献した。農村の小学校として村民と共に歩んだこの小学校では、現在でも農作業の一部を体験学習に取り入れていて、児童に農業の大切さを教えている。校内の資料館には、昔の農具や日用具、戦時中の防空頭巾やもんぺ等、貴重な資料が残されている。 青少年赤十字の一環でVYS(友愛、奉仕、理想)運動の下、健全児童育成を校訓としている。 沿革 1874年~1875年(明治7~8年) - 生石地域の旧吉田村に指桃(さしもも)学校、旧高岡村に垣山(はぶやま)学校、旧富久村に明鏡学校を設立 1876年(明治9年) - 富久、久保田、高岡三か村が連合して垣山小学校、南北吉田村は挿桃小学校を創設 1888年(明治21年)3月 - 富久、久保田、高岡、南吉田、北吉田が連合し、高岡尋常小学校を設立 1892年(明治25年)10月 - 生石村立生石尋常小学校と改称(本校創立年とする) 1914年(大正3年)4月 - 高等科を併設し、生石村立生石尋常高等小学校と改称 1941年(昭和16年)4月 - 国民学校令公布により、生石村立生石国民学校と改称 1944年(昭和19年)3月 - 温泉郡生石村が松山市に合併の為、松山市生石国民学校と改称 1947年(昭和22年)4月 - 松山市立生石小学校と改称 1949年(昭和24年)4月 - 青少年赤十字団に加盟、生石小学校校歌を設定 1967年(昭和42年)2月 - 新校舎(現北校舎)落成、優良子供協同組合の表彰受賞 1970年(昭和45年)3月 - 本館(現南校舎)落成 1970年(昭和45年)5月 - プール落成 1970年(昭和45年)10月 - 校訓碑「根」除幕 1971年(昭和46年)10月 - 松山市小学校陸上競技大会で女子総合優勝、花いっぱい運動最優良校 1972年(昭和47年)3月 - 新校舎(現東校舎)落成 1972年(昭和47年)5月 - 校訓「楽しく 考える やりぬく」制定 1973年(昭和48年)11月 - 第4回四国地区小学校家庭科教育研究大会開催 1974年(昭和49年)7月 - 松山市小学校総合体育大会水泳で男子総合優勝、女子総合優勝 1975年(昭和50年)2月 - 学校緑化特選校の表彰受賞、松山市小学校総合体育大会水泳男子総合優勝、女子総合優勝、ポートボール男子優勝、岩村博士講演会開催 1976年(昭和51年)11月 - 水泳で日本水泳連盟より学童水泳優秀校として、全国表彰受賞 1978年(昭和53年)10月 - 愛媛県統計コンクールで学校賞受賞 1979年(昭和54年)1月 - 新校舎(現中校舎)給食調理室落成 1979年(昭和54年)10月 - 青少年赤十字金色功賞受賞 1979年(昭和54年)11月 - 松山市総合体育大会で男子優勝 1981年(昭和56年)9月 - 生石小学校創立90周年記念行事を実施、九拾年のあゆみを発刊 1981年(昭和56年)11月 - 松山市総合体育大会で陸上競技優勝、ミニバスケットボール男子優勝 1982年(昭和57年)11月 - 第24回四国社会科教育研究大会(小学校部会)開催 1984年(昭和59年)3月 - 体育館落成、体育倉庫、バックネット、東門拡幅整備完了 1984年(昭和59年)3月 - 児童生徒ボランティア活動普及事業協力校指定(昭和61年まで) 1985年(昭和60年)10月 - 松山市学校給食研究校の指定校として研究紀要を発行 1987年(昭和62年)1月 - 木造校舎取り壊し、土俵完成 1987年(昭和62年)1月 - 第10回愛媛県ミニバスケットボール全国大会県予選優勝、全国大会に参加 1987年(昭和62年)8月 - 第1回四国ソフトボール大会優勝(香川県丸亀市) 1988年(昭和63年)1月 - 正門、外庭フェンス改修工事完成 1989年(平成元年)1月 - 北校舎改築完了 1991年(平成3年)3月 - 東運動場遊具改修工事完了 1991年(平成3年)10月 - 南校舎大改築工事完成 1991年(平成3年)11月 - 創立100周年(記念式典、タイムカプセル埋設)記念碑「希望の像」建立 1992年(平成4年)7月 - 中予ミニバスケットボール大会男子優勝 1993年(平成5年)7月 - ドッヂボール全国大会出場準優勝 1993年(平成5年)9月 - 東校舎改築工事完成 1994年(平成6年)3月 - 造形砂場設置 1994年(平成6年)8月 - 女子バレーボール部全国大会出場 1994年(平成6年)12月 - 正面玄関カラータイル工事完了 1995年(平成7年)3月 - 飼育小屋設置 1995年(平成7年)9月 - 中庭カラータイル工事完了 1995年(平成7年)10月 - パソコン室完成、コンピュータ10台設置 1996年(平成8年)10月 - スクールカウンセラー配属 1997年(平成9年)11月 - 松山市小学校研修日生活科会場校 1998年(平成10年)6月 - 愛媛県交通安全優秀校として表彰受賞 1998年(平成10年)11月 - 青少年赤十字県大会50周年表彰受賞 1999年(平成11年)11月 - 松山市教育研究大会(生活科)会場校 2000年(平成12年)10月 - 愛媛県保健優良学校として表彰受賞 2001年(平成13年)4月 - 特別支援学級設置 2001年(平成13年)8月 - 相撲場改修 2002年(平成14年)12月 - 中校舎大改修工事完成 2004年(平成16年)3月 - 東校舎壁面補修 2004年(平成16年)11月 - 学校安全優良校として表彰受賞 2004年(平成16年)12月 - 運動場排水工事完了 2006年(平成18年)11月 - 松山市教育委員会教科訪問、松山市小学校情報教育授業研究会会場校 2006年(平成18年)12月 - ドッヂボール全国大会出場準優勝 2007年(平成19年)4月 - 東校舎壁面及び体育館壁面改修工事 2007年(平成19年)11月 - 初任者研修会場 2008年(平成20年)8月 - 通用門新設 2009年(平成21年)11月 - 学校安全文部科学大臣表彰受賞 2010年(平成22年)4月 - 交通傷害保険贈呈式 2011年(平成23年)10月 - 松山市教育研究大会(音楽科)会場校 2011年(平成23年)11月 - 創立120周年記念式典を挙行 2012年(平成24年)8月 - 北校舎・東校舎耐震工事 2013年(平成25年)8月 - 南校舎耐震工事 通学区域 松山市 南吉田町、北吉田町、久保田町、高岡町 卒業生は基本的に松山市立西中学校へ進学する。

creative commons(wikipedia:松山市立生石小学校

松山市立小野小学校

松山市立小野小学校(まつやましりつ おのしょうがっこう)は、愛媛県松山市平井町3673番地にある公立小学校。 校訓 よく考え かんばる子 りっぱな行い やさしい子 きまりを守る 元気な子 与力松 1947年(昭和22年)12月23日、文部省より天然記念物に指定された。樹高35m、目通り(目の高さ=地上1.3mでの幹周り)5.3mに達し、樹齢900年以上と言われたが、1980年(昭和55年)12月、松食虫による枯死のため、伐採された。 現在は、小野小学校のシンボルとして、与力松を型どった原型が「与力の丘」にあるほか、その2世にあたる樹も立っている。 服装 標準服の着用が義務付けられている。靴下の色は決まっていない。 沿革 1874年(明治7年)1月 - 汐見学校設立 1875年(明治8年)3月 - 千福寺学校設立 1881年(明治14年)4月 - 千福寺学校を平井小学校と改める。

creative commons(wikipedia:松山市立小野小学校

松山市立味生第二小学校

松山市立味生第二小学校(まつやましりつみぶだいにしょうがっこう)は、愛媛県松山市にある公立の小学校。
1983年(昭和58年)4月 - 開校
味生第二小学校では、1年生から6年生の子供たちが通っている。今年で、創立25周年を迎える。
私服登校は認められておらず、制服もしくは、標準服で通う規定がある。(毎週金曜日に限っては、私服登校も認められている。)この学校の生徒の殆どは、同じ別府町内の、味生小学校の生徒らと共に、市立津田中学校に通うことになる。周りを山で囲まれている為、アスレチックなどと呼ばれる遊具の集まった場所で、遊んでいる子供達も少なからずいる。2個ある校舎、体育館、飼育小屋などがある。毎年春には、「春だ!味生IIフェスティバル」、冬には、「6年生を送る会」などと呼ばれる、イベント等もある。

creative commons(wikipedia:松山市立味生第二小学校

松山市立湯築小学校

松山市立湯築小学校(まつやましりつゆづきしょうがっこう)は、愛媛県松山市にある小学校。 主に道後町と祝谷町の子供が通っている。校訓は、「あたたかく、あざやかに、たくましく」。昭和61年から平成4年在校当時あった5つの校内目標は「明るい挨拶、気持ちのよい返事、姿勢正しく、静かに歩く、進んで作業」。 芸予地震による被害 2001年(平成13年)3月24日に起きた芸予地震により、校舎の柱などにひびが入るなどの被害を受けた。翌2002年には校舎で子供たちが学習することが困難となったため、近隣の小学校である松山市立東雲小学校[1]に全校生徒が1年間通った(体育館使用時を除きプレハブの仮校舎で授業を行ったため、必ずしも東雲小学校児童と行動を共にしていた訳ではない)。2003年には校舎が建て直され、現在に至っている。 部活動 部活動は、バスケットボール部、サッカー部、ソフトボール部、新体操部など、公立学校にしては豊富であるが、全ての部活が学校体育ではなく社会体育である。

creative commons(wikipedia:松山市立湯築小学校

松山市警察

松山市警察(まつやましけいさつ)は、かつて存在した愛媛県松山市の自治体警察 (旧警察法) 自治体警察。
従来の愛媛県警察部が解体され、1948年(昭和23年)3月7日に松山市警察署が設置された。1950年(昭和25年)8月に「松山市警ら隊」が設置された。
1952年(昭和27年)3月に松山市警察本部と改称した。
1954年(昭和29年)に警察法 新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として愛媛県警察 愛媛県警察本部が発足。松山市警察も愛媛県警察に統合され、姿を消した。
1952年(昭和27年)時点
東警察署
西警察署
旧警察法
自治体警察 (旧警察法)
国家地方警察
愛媛県警察
松山市の歴史
旧警察法下の自治体警察

creative commons(wikipedia:松山市警察

松山市営球場

松山市営球場(まつやましえいきゅうじょう)は、かつて愛媛県松山市の城山公園内にあった野球場。松山市が運営管理を行っていたが、老朽化のため2003年5月を以って閉場した。 1948年7月開場。1953年に開催予定だった国民体育大会に合わせて整備された。建設にあたっては市民の勤労奉仕などで労力を賄った。開場当初は盛り土スタンドだったが、1967年に鉄筋コンクリート造のスタンドが完成した。この間高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が行われた他、プロ野球公式戦・オープン戦も開催された。 だが、1980年代以降は老朽化の著しさが問題となり、市は公園内にある競輪場など他施設と併せて改築・改修などを検討したものの、城山公園は松山城を控える国の史跡であるため容易に改修を行うことができず、結局現地での施設維持は極めて難しいと最終的に判断され、市は1993年3月、市街地西部で整備が進められていた松山中央公園内に新たな市営球場をはじめスポーツ施設を建設することを発表した。

creative commons(wikipedia:松山市営球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引