【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

福岡県【地方公共団体・地方自治体】

福岡県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、福岡県の紹介です。

福岡県のホームページ

福岡県 概要・地域の情報やトピック

福岡県

福岡県(ふくおかけん)は、日本の九州地方北部にある県。県庁所在地は福岡市。 地理・地域 九州本島の北部に位置し、九州地方の県では最も人口が多く、県庁所在地の福岡市は九州地方で最大の人口を擁する都市である。福岡市と北九州市の2つの政令指定都市を抱え、所謂三大都市圏以外では人口密度が1,000人/km²を超える唯一の県である。 北部は日本海(響灘・玄界灘)、東部は瀬戸内海(周防灘)、筑後地方は有明海に面している。県の中心部を筑紫山地が連なっており、筑後川・矢部川・遠賀川流域、宗像地域、京築地域では平野が広がっており水田地帯が多い。 玄界灘の壱岐や対馬をはさんで大韓民国があり、同国南部の主要都市である釜山までは福岡市から直線距離で200km程度 である。また、中国の上海市までは同様に850km程度といずれも東京より近い。これらの事例のように、近隣諸国の主要都市がおおむね1,000km圏内に存在するため、博多港、福岡空港、北九州港、北九州空港などから韓国や中国、台湾などのほか東南アジアの主要都市への航路が多く設定され、これらの地域からの観光客が増加傾向にある。

creative commons(wikipedia:福岡県

福岡県立筑紫丘高等学校

福岡県立筑紫丘高等学校(ふくおかけんりつ ちくしがおかこうとうがっこう)は、福岡県福岡市南区野間二丁目にある県立高等学校。福岡県第五学区に属する(以下、「筑紫丘高校」と記す)。ふくおかスーパーハイスクール(FSH)指定校。 全日制課程に普通科、及び理数科を設置している。 「筑紫ヶ丘」と間違えられることがしばしばあるが、正式な校名には「ヶ」の字は入らない。漢字での正式表記は「筑紫丘」だが、以前の周辺地域の正式地名が「筑紫ヶ丘」であるため、食堂の食券や同窓会寄贈の黒板の一部などに「筑紫ヶ丘」と表記されていることがあり、表記のぶれが見られる。略称は「がおか」(が丘・ガオカ)もしくは「筑高」(ちっこう)。 なお、昭和47年に発刊された、筑紫中学・筑紫丘高校史「筑紫丘陵」には、同校の校名について以下のようなくだりがある。 『新校歌作詞の為来校された高木市之助先生が校名は「ちくしがおか」か「つくしがおか」と質問され、それに対して同校関係者は、「つくしがおか」であると答え、現在のような格調高い校歌ができた。

creative commons(wikipedia:福岡県立筑紫丘高等学校

福岡県の廃止市町村一覧

福岡県の廃止市町村一覧(ふくおかけんのはいししちょうそんいちらん)は福岡県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:古賀町→古賀市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:大野町→大野城市)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:福岡県の廃止市町村一覧

福岡県西方沖地震

福岡県西方沖地震(ふくおかけんせいほうおきじしん)は、2005年(平成17年)3月20日午前10時53分に福岡県北西沖の玄界灘で発生したマグニチュード7.0(Mw 6.7)、最大震度6弱の地震である。震源に近い福岡市西区の玄界島で住宅の半数が全壊する被害となったのをはじめ、同区能古島、西浦、宮浦、東区志賀島などの沿岸地区で大きな被害となった。福岡市および志摩町・前原市(現・糸島市)と周辺市町村を中心に被害が発生したが、震源が福岡市街から離れた沖合であったことなどから市街部で建物の全壊被害はほとんど出なかった。死者1名、負傷者約1,200名、住家全壊約140棟。福岡市付近では有史以来最も大きな地震となった。 気象庁はこの地震の命名を行っておらず、報道発表では「福岡県西方沖の地震」と呼称した。福岡県及び福岡市のほか、主要マスメディアでは朝日新聞、NHKが「福岡県西方沖地震」を使用している一方、西日本新聞と読売新聞は「福岡沖地震」、毎日新聞は「福岡沖玄界地震」をそれぞれ使用している。

creative commons(wikipedia:福岡県西方沖地震

福岡県小学校一覧

福岡県小学校一覧(ふくおかけんしょうがっこういちらん)は、福岡県の小学校の一覧。 国立小学校 福岡教育大学附属福岡小学校(福岡市) 福岡教育大学附属小倉小学校(北九州市) 福岡教育大学附属久留米小学校(久留米市) 公立小学校 北九州市 = 門司区 = = 若松区 = = 戸畑区 = = 小倉北区 = = 小倉南区 = = 八幡東区 = = 八幡西区 = 福岡市 = 東区 = = 西区 = = 南区 = = 中央区 = = 博多区 = = 城南区 = = 早良区 = 大牟田市 久留米市 直方市 飯塚市 田川市 柳川市 八女市 筑後市 大川市 行橋市 豊前市 中間市 小郡市 筑紫野市 春日市 大野城市 宗像市 太宰府市 糸島市 古賀市 福津市 うきは市 宮若市 嘉麻市 朝倉市 みやま市 筑紫郡 糟屋郡 遠賀郡 鞍手郡 嘉穂郡 桂川町立桂川小学校 桂川町立桂川東小学校 朝倉郡 三井郡 三潴郡 大木町立木佐木小学校 大木町立大溝小学校 大木町立大莞小学校 八女郡 広川町立上広川小学校 広川町立中広川小学校 広川町立下広川小学校 田川郡 京都郡 築上郡 私立小学校 関連項目 学校記事一覧 福岡県高等学校一覧 福岡県中学校一覧 福岡県幼稚園一覧 福岡県小学校の廃校一覧 外部リンク 福岡県 教育統計・学校一覧。

creative commons(wikipedia:福岡県小学校一覧

福岡県立福岡中学校

『福岡県立福岡高等学校』より : 福岡県立福岡高等学校(ふくおかけんりつ ふくおかこうとうがっこう)は、福岡県福岡市博多区堅粕(かたかす)一丁目にある県立高等学校。略称は「福高」(ふっこう)。 在校生の多くは進学し、特に九州大学への進学者が多い。地元の進学塾などからは「御三家」(福岡県立修猷館高等学校、福岡県立筑紫丘高等学校 )と呼ばれることもある。特に同じく福岡県の福岡県立修猷館高等学校とは旧制福岡中学校開校以来、修猷館の寄宿舎での開校や火災時の復興支援などを背景に両校の関係は深く、ラグビー部やバスケ部は毎年定期戦を実施。。以前は3学期には朝課外(朝補習)がなかったが、2008年度(平成20年度)3学期は第2学年の理系クラスにおいて12日間朝課外を行なった。2009年度(平成21年度)からは全学年毎日行われる。 また、博多祇園山笠期間中博多部(はかたべ)の立地でもあり「千代流」校区に位置する為、舁き山が校内に入る唯一の高校である。更にヤマをかく男子生徒は公欠扱いとなる。 校訓 「至誠勵業、剛健成風、操守堅固」 教育方針 校訓「至誠勵業・剛健成風・操守堅固」を基軸とした、気高さのある生徒の育成 豊かな情操と広い視野をもち、未来の日本を展望する国際性豊かな生徒の育成 知性を磨き、真理を愛し、文武両道にわたって努力する生徒の育成校章 校名の「福」を表すために、カタカナの「フ」を9(ク)個合わせて図案化したもの。

creative commons(wikipedia:福岡県立福岡中学校

福岡県立福岡高等学校

福岡県立福岡高等学校(ふくおかけんりつ ふくおかこうとうがっこう)は、福岡県福岡市博多区堅粕(かたかす)一丁目にある県立高等学校。略称は「福高」(ふっこう)。 在校生の多くは進学し、特に九州大学への進学者が多い。地元の進学塾などからは「御三家」(福岡県立修猷館高等学校、福岡県立筑紫丘高等学校 )と呼ばれることもある。特に同じく福岡県の福岡県立修猷館高等学校とは旧制福岡中学校開校以来、修猷館の寄宿舎での開校や火災時の復興支援などを背景に両校の関係は深く、ラグビー部やバスケ部は毎年定期戦を実施。。以前は3学期には朝課外(朝補習)がなかったが、2008年度(平成20年度)3学期は第2学年の理系クラスにおいて12日間朝課外を行なった。2009年度(平成21年度)からは全学年毎日行われる。 また、博多祇園山笠期間中博多部(はかたべ)の立地でもあり「千代流」校区に位置する為、舁き山が校内に入る唯一の高校である。更にヤマをかく男子生徒は公欠扱いとなる。 校訓 「至誠勵業、剛健成風、操守堅固」 教育方針 校訓「至誠勵業・剛健成風・操守堅固」を基軸とした、気高さのある生徒の育成 豊かな情操と広い視野をもち、未来の日本を展望する国際性豊かな生徒の育成 知性を磨き、真理を愛し、文武両道にわたって努力する生徒の育成校章 校名の「福」を表すために、カタカナの「フ」を9(ク)個合わせて図案化したもの。

creative commons(wikipedia:福岡県立福岡高等学校

福岡県の県道一覧

福岡県の県道一覧(ふくおかけんのけんどういちらん)は、福岡県を通る県道の一覧である。主要地方道(政令指定都市)に指定された北九州市道ついても掲載する。 路線概要 福岡県の県道は、1973年(昭和48年)3月31日に現行体制へ県道番号改正が行われ、1番 - 20番(7 ・8・ 9・11番を除く)が隣県越境主要地方道(うち、12・14・15・17・18・19・20番が佐賀県、3・4・5・6・10・13番が熊本県、1・2・16番が大分県と越境している。)、21番 - 100番および151番が福岡県内完結の主要地方道、101番 - 150番が隣県越境一般県道、152番 - 200番は欠番、201番 - 806番が福岡県内完結の一般県道として扱われている。また、一般県道は200番台は北九州・京築地方(北九州市・行橋市・豊前市等)に、400番台は筑豊地方(直方市・飯塚市・田川市・嘉麻市等)に、500番台 - 600番台は福岡地方(福岡市・筑紫野市・太宰府市・古賀市・糸島市・宗像市・朝倉市等)に、700番台 - 800番台は筑後地方(久留米市・大牟田市・柳川市・八女市・うきは市等)に集中している傾向にある。

creative commons(wikipedia:福岡県の県道一覧

福岡県道

『福岡県の県道一覧』より : 福岡県の県道一覧(ふくおかけんのけんどういちらん)は、福岡県を通る県道の一覧である。主要地方道(政令指定都市)に指定された北九州市道ついても掲載する。 路線概要 福岡県の県道は、1973年(昭和48年)3月31日に現行体制へ県道番号改正が行われ、1番 - 20番(7 ・8・ 9・11番を除く)が隣県越境主要地方道(うち、12・14・15・17・18・19・20番が佐賀県、3・4・5・6・10・13番が熊本県、1・2・16番が大分県と越境している。)、21番 - 100番および151番が福岡県内完結の主要地方道、101番 - 150番が隣県越境一般県道、152番 - 200番は欠番、201番 - 806番が福岡県内完結の一般県道として扱われている。また、一般県道は200番台は北九州・京築地方(北九州市・行橋市・豊前市等)に、400番台は筑豊地方(直方市・飯塚市・田川市・嘉麻市等)に、500番台 - 600番台は福岡地方(福岡市・筑紫野市・太宰府市・古賀市・糸島市・宗像市・朝倉市等)に、700番台 - 800番台は筑後地方(久留米市・大牟田市・柳川市・八女市・うきは市等)に集中している傾向にある。

creative commons(wikipedia:福岡県道

福岡県立東筑高等学校

福岡県立東筑高等学校(ふくおかけんりつ とうちくこうとうがっこう、Fukuoka Prefectural Tochiku High School)は、福岡県北九州市八幡西区東筑一丁目にある共学の県立高等学校。全日制普通科。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)及びふくおかスーパーハイスクール (FSH)指定校。 1898年(明治31年)に福岡県第1号の県立中学校(旧制)として開校した「東筑中学校」を前身とする。旧藩校を除くと県内最古の県立高校である。学校側は「北九州市内の高等学校の中では最も歴史が長い」としている。創立以来、卒業生数は4万名を超える。 通学区は「福岡県第3学区」(北九州市八幡西区・八幡東区・若松区・中間市・遠賀郡芦屋町・水巻町・遠賀町・岡垣町)、および鞍手郡鞍手町であり、全校生徒が北九州地区では唯一1,000名を超える最大規模の県立高校である。

creative commons(wikipedia:福岡県立東筑高等学校

福岡県立東筑高校

『福岡県立東筑高等学校』より : 福岡県立東筑高等学校(ふくおかけんりつ とうちくこうとうがっこう、Fukuoka Prefectural Tochiku High School)は、福岡県北九州市八幡西区東筑一丁目にある共学の県立高等学校。全日制普通科。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)及びふくおかスーパーハイスクール (FSH)指定校。 1898年(明治31年)に福岡県第1号の県立中学校(旧制)として開校した「東筑中学校」を前身とする。旧藩校を除くと県内最古の県立高校である。学校側は「北九州市内の高等学校の中では最も歴史が長い」としている。創立以来、卒業生数は4万名を超える。 通学区は「福岡県第3学区」(北九州市八幡西区・八幡東区・若松区・中間市・遠賀郡芦屋町・水巻町・遠賀町・岡垣町)、および鞍手郡鞍手町であり、全校生徒が北九州地区では唯一1,000名を超える最大規模の県立高校である。

creative commons(wikipedia:福岡県立東筑高校

福岡県出身の人物一覧

『福岡県出身の有名人一覧』より : 福岡県出身の人物一覧(ふくおかけんしゅっしんのじんぶついちらん)では、Wikipedia日本語版に記事が存在する福岡県出身の人物、並びに他都道府県出身ながら福岡県に特に深い縁を持った人物を一覧表にしてまとめる。 ※出身市町村名は現在の呼称を優先。なお、名前の前に★が付いている人物は故人である。 公人 政治家 = 首相・議長経験者 = 首相 ★広田弘毅(第32代内閣総理大臣):福岡市 麻生太郎(第92代内閣総理大臣):飯塚市議長・副議長 ★石井光次郎(第54代衆議院議長):久留米市 ★松本治一郎(初代参議院副議長、元衆議院議員、部落解放運動指導者):福岡市 ★小野明(第19代参議院副議長、元参議院議員) = 知事 = 小川洋(福岡県知事。

creative commons(wikipedia:福岡県出身の人物一覧

福岡県出身の有名人一覧

福岡県出身の人物一覧(ふくおかけんしゅっしんのじんぶついちらん)では、Wikipedia日本語版に記事が存在する福岡県出身の人物、並びに他都道府県出身ながら福岡県に特に深い縁を持った人物を一覧表にしてまとめる。 ※出身市町村名は現在の呼称を優先。なお、名前の前に★が付いている人物は故人である。 公人 政治家 = 首相・議長経験者 = 首相 ★広田弘毅(第32代内閣総理大臣):福岡市 麻生太郎(第92代内閣総理大臣):飯塚市議長・副議長 ★石井光次郎(第54代衆議院議長):久留米市 ★松本治一郎(初代参議院副議長、元衆議院議員、部落解放運動指導者):福岡市 ★小野明(第19代参議院副議長、元参議院議員) = 知事 = 小川洋(福岡県知事。

creative commons(wikipedia:福岡県出身の有名人一覧

福岡県立修猷館高等学校

福岡県立修猷館高等学校(ふくおかけんりつしゅうゆうかんこうとうがっこう、英称:Fukuoka Prefectural Shuyukan High School)は、福岡県福岡市早良区西新六丁目1番10号にある男女共学の公立高等学校である。略称「修猷館(しゅうゆうかん)」、「修猷(しゅうゆう)」。 修猷館の名は尚書(書経)「微子之命」の章句、「踐脩厥猷」(湯王(天乙)の道を踏み修む)から取られた。自由な校風であり、生徒に学校運営をほぼ委ねる自治を認めている。生徒を「館生」、校長を「館長」、校歌を「館歌」、校旗を「館旗」と称する。アイザック・ニュートンのリンゴの木の子孫が敷地内に植えられている。 福岡県立福岡高等学校とは旧制福岡中学が修猷館の寄宿舎の一部を借りて開校したことや、福岡中学での火災時の復興支援を行ったことなどを背景に両校の関係は深く、特にラグビー部では定期戦を行っている。

creative commons(wikipedia:福岡県立修猷館高等学校

福岡県立修猶館高等学校

『福岡県立修猷館高等学校』より : 福岡県立修猷館高等学校(ふくおかけんりつしゅうゆうかんこうとうがっこう、英称:Fukuoka Prefectural Shuyukan High School)は、福岡県福岡市早良区西新六丁目1番10号にある男女共学の公立高等学校である。略称「修猷館(しゅうゆうかん)」、「修猷(しゅうゆう)」。 修猷館の名は尚書(書経)「微子之命」の章句、「踐脩厥猷」(湯王(天乙)の道を踏み修む)から取られた。自由な校風であり、生徒に学校運営をほぼ委ねる自治を認めている。生徒を「館生」、校長を「館長」、校歌を「館歌」、校旗を「館旗」と称する。アイザック・ニュートンのリンゴの木の子孫が敷地内に植えられている。 福岡県立福岡高等学校とは旧制福岡中学が修猷館の寄宿舎の一部を借りて開校したことや、福岡中学での火災時の復興支援を行ったことなどを背景に両校の関係は深く、特にラグビー部では定期戦を行っている。

creative commons(wikipedia:福岡県立修猶館高等学校

福岡県高等学校一覧

福岡県高等学校一覧(ふくおかけんこうとうがっこういちらん)は、福岡県の高等学校一覧。 公立高等学校及び公立中等教育学校 県立高等学校 通学区の概要は以下の通り。詳細は「福岡県立高等学校の通学区域に関する規則」を参照されたい。また、県教育委員会のウェブサイトにて各市町村/中学校校区から通学できる県立高校・学科等を確認できる。 全日制普通科(コース制・単位制課程除く)については、県内を13学区に分割した中学区制による。なお、一部の学校においては学区外の近隣地域を通学区に含む場合もある。 全日制普通科のコース制・単位制課程については、通学区は地区全域または県内全域。 理数科・英語科・文理科については、通学区は地区全域。 上記以外の専門学科、総合学科、定時制課程については、通学区は県内全域。 = 普通科高等学校 = 第一学区(築上郡、豊前市、京都郡、行橋市) 福岡県立築上西高等学校 福岡県立育徳館高等学校(福岡県立育徳館中学校を併設) 福岡県立京都高等学校第二学区(北九州市門司区、小倉北区、小倉南区、戸畑区) 福岡県立門司学園高等学校(福岡県立門司学園中学校を併設) 福岡県立門司大翔館高等学校(単位制、通学区は北九州地区) 福岡県立小倉南高等学校 福岡県立小倉高等学校 福岡県立小倉西高等学校 福岡県立北九州高等学校 福岡県立小倉東高等学校 福岡県立戸畑高等学校第三学区(北九州市若松区、八幡東区、八幡西区、遠賀郡、中間市) 福岡県立若松高等学校 福岡県立八幡高等学校 福岡県立八幡中央高等学校 福岡県立八幡南高等学校 福岡県立北筑高等学校 福岡県立東筑高等学校 福岡県立中間高等学校 福岡県立遠賀高等学校第四学区(宗像市、福津市、糟屋郡、古賀市、福岡市東区、博多区のうち千代中・吉塚中・博多中の校区) 福岡県立宗像高等学校(福岡県立宗像中学校を併設) 福岡県立光陵高等学校 福岡県立玄界高等学校 福岡県立新宮高等学校 福岡県立須恵高等学校 福岡県立香住丘高等学校 福岡県立香椎高等学校 福岡県立福岡高等学校第五学区(筑紫郡、太宰府市、春日市、大野城市、筑紫野市、福岡市博多区のうち三筑中・板付中・那珂中・東光中・住吉中・東住吉中・席田中の校区、中央区のうち春吉中・高宮中・平尾中の校区、南区(ただし、長丘中の校区に関しては、長丘2丁目1番~12番・15番~21番・平和4丁目のみ)) 福岡県立筑紫丘高等学校 福岡県立柏陵高等学校 福岡県立福岡中央高等学校 福岡県立春日高等学校 福岡県立太宰府高等学校 福岡県立筑紫中央高等学校 福岡県立武蔵台高等学校 福岡県立筑紫高等学校第六学区(糸島市、福岡市城南区、早良区、西区、中央区のうち舞鶴中・警固中・当仁中・城西中・友泉中の校区、南区の長丘中の校区のうち第五学区以外の地域) 福岡県立城南高等学校 福岡県立修猷館高等学校 福岡県立早良高等学校 福岡県立玄洋高等学校 福岡県立筑前高等学校 福岡県立糸島高等学校第七学区(うきは市、朝倉市、朝倉郡、久留米市のうち田主丸中の校区) 福岡県立浮羽究真館高等学校 福岡県立朝倉高等学校 福岡県立朝倉東高等学校 福岡県立朝倉光陽高等学校第八学区(三井郡、小郡市、久留米市(田主丸中・三潴中・城島中の校区を除く)) 福岡県立小郡高等学校 福岡県立三井高等学校 福岡県立明善高等学校 福岡県立久留米高等学校第九学区(八女郡、八女市、筑後市) 福岡県立八女高等学校 福岡県立福島高等学校第十学区(三潴郡、大川市、柳川市、みやま市、大牟田市、久留米市のうち三潴中・城島中の校区) 福岡県立三潴高等学校 福岡県立大川樟風高等学校 福岡県立伝習館高等学校 福岡県立山門高等学校 福岡県立三池高等学校 福岡県立大牟田北高等学校第十一学区(田川市、田川郡) 福岡県立田川高等学校 福岡県立東鷹高等学校 福岡県立西田川高等学校第十二学区(嘉麻市、飯塚市、嘉穂郡) 福岡県立嘉穂高等学校(福岡県立嘉穂高等学校附属中学校を併設) 福岡県立嘉穂東高等学校 福岡県立嘉穂総合高等学校第十三学区(直方市、宮若市、鞍手郡) 福岡県立鞍手高等学校 福岡県立直方高等学校 = 総合学科の高等学校 = = 職業系学科の高等学校 = 工業高等学校 商業高等学校 福岡県立小倉商業高等学校 福岡県立若松商業高等学校 福岡県立宇美商業高等学校 福岡県立筑豊高等学校農業高等学校 福岡県立福岡農業高等学校 福岡県立糸島農業高等学校 福岡県立八女農業高等学校その他の職業系高等学校 福岡県立行橋高等学校 福岡県立折尾高等学校 福岡県立水産高等学校 福岡県立久留米筑水高等学校 福岡県立田川科学技術高等学校 = 中等教育学校(後期課程) = 福岡県立輝翔館中等教育学校(八女市) = 定時制・通信制のみの高等学校 = 福岡県立ひびき高等学校(定時制課程、単位制) 福岡県立博多青松高等学校(定時制課程ならびに通信制課程、単位制) 福岡県立嘉穂総合高等学校嘉麻市立大隈城山校(市町村立分校、昼間の定時制課程) 福岡県立鞍手高等学校鞍手町立豊翔館(市町村立分校、昼間の定時制課程) 市町村立高等学校 ※通学区は、北九州市立高等学校は北九州市、福岡西陵高等学校と福岡女子高等学校(普通科)は福岡市・糸島市、福岡女子高等学校(普通科以外)とその他の高等学校は県内全域。

creative commons(wikipedia:福岡県高等学校一覧

福岡県立福岡高等学校の人物一覧

福岡県立福岡高等学校の人物一覧(ふくおかけんりつふくおかこうとうがっこうのじんぶついちらん) 福岡県立福岡高等学校卒業生の人物一覧。 卒業生・学校関係者 法曹 草場良八 - 第12代最高裁判所長官、勲一等旭日桐花大綬章 八尋光秀 - 弁護士、らい予防法違憲国家賠償訴訟弁護団代表、薬害肝炎九州訴訟弁護団代表 川副正敏 - 弁護士、日弁連副会長、福岡県弁護士会会長 堤千秋 - 弁護士、元日弁連副会長、元福岡県弁護士会会長、元九州弁護士会連合会理事長 高木啓成 - 弁護士 吉野正 - 弁護士、福岡県弁護士会会長 宮原守男 - 弁護士、元最高裁司法研究所刑事弁護教官、平和学園理事、教文館代表取締役会長、明治学院理事、東京女子大学理事を歴任 医学界 中村哲 - PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長 藤堂省 - 医師、元ピッツバーグ大学教授、北海道大学特任教授 半田俊哉 - 医師、美容外科医、大塚美容形成外科副院長 学界 具島兼三郎 - 国際政治学者、元長崎大学学長 白水隆 - 元日本昆虫協会名誉会長、元日本昆虫学会会長、元日本鱗翅学会会長 広渡清吾 - 東京大学社会科学研究所教授、元東京大学副学長 秀村欣二 - 東京大学名誉教授、元青山学院大学教授、年叙勲三等旭日中綬章 山田英智 - 東京大学名誉教授、解剖学専攻 植村恒義 - 東京大学名誉教授、勲三等旭日中綬章 古賀憲司 - 東京大学名誉教授、薬学博士、従三位瑞宝中綬章 奈須紀幸 - 東京大学名誉教授、海洋地質学者 村嶋幸代 - 大分県立看護科学大学学長・理事長、東京大学名誉教授 青木不学 - 東京大学農学部准教授 松重和美 - 京都大学副学長・教授、国際イノベーション機構長 香月祐彦 - 京都大学名誉教授 江口浩一 - 京都大学教授、工学博士 伊勢田哲治 - 京都大学大学院文学研究科准教授、哲学者 岩猿敏生 - 京都大学図書館事務長・事務部長 村嶋英治 - 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授、タイ近現代史研究 長幾朗 - 早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授、基幹理工学部表現工学科教授 山崎豊彦 - 早稲田大学名誉教授 黒木三郎 - 早稲田大学名誉教授、元日本法社会学会理事長、勲三等瑞宝章受章 権丈善一 - 慶應義塾大学商学部教授 深見哲造 - 慶應義塾大学名誉教授 小林栄三郎 - 慶應義塾大学名誉教授、九州大学名誉教授 黒積俊夫 - 名古屋大学名誉教授、哲学者 春日保男 - 名古屋大学名誉教授 松尾幹之 - 名古屋大学名誉教授 毛利佳年雄 - 名古屋大学名誉教授 石丸昭 - ワシントン大学 (ワシントン州)教授 福井英一郎 - 東京教育大学(現筑波大学)名誉教授 平田光弘 - 一橋大学名誉教授、南開大学名誉教授、聖城大学名誉教授 安川寿之輔 - 社会思想史研究者、名古屋大学名誉教授、安川・平山論争の当事者 岩崎敏夫 - 東北大学名誉教授、足利工業大学名誉教授、海岸工学者、勲三等旭日中綬章 太郎丸博 - 京都大学大学院文学研究科助教授、社会学 中野康人 - 関西学院大学社会学部教授、社会学 筒井淳也 - 立命館大学産業社会学部教授、社会学 近藤寿人 - 大阪大学大学院教授 岡島昭浩 - 大阪大学大学院文学研究科教授 高橋良平 - 元九州大学総長 問田直幹 - 元九州大学総長 谷川栄彦 - 県立長崎シーボルト大学初代学長、九州大学名誉教授 秀村選三 - 九州大学名誉教授、日本学士院賞、恩賜賞 (日本学士院) 麻生欣次郎 - 九州大学名誉教授、日本鉱業会会長、日本工学アカデミー設立発起人 西川兼康 - 九州大学名誉教授、工学博士 松田伊作 - 九州大学名誉教授、言語学 春日和男 - 九州大学名誉教授、国語学 池見酉次郎 - 九州大学名誉教授 山内豊聰 - 九州大学名誉教授、土質力学者 天児和暢 - 九州大学名誉教授、細菌学者 林正徳 - 九州大学名誉教授、流体力学 西村幸雄 - 九州大学名誉教授 野中作太郎 - 九州大学名誉教授、リニアモーターの権威 今里滋 - 九州大学名誉教授 占部治邦 - 九州大学名誉教授 吉田駿 - 九州大学名誉教授 竹下健次郎 - 九州大学名誉教授、工学博士 猪城博之 - 九州大学名誉教授、哲学者 今泉勝己 - 九州大学大学院農学研究院長 細江守紀 - 九州大学経済学部教授 百瀬俊郎 - 元九州大学医学部教授 姫野勝 - 九州大学薬学部長・大学院薬学府長、長崎国際大学薬学研究院長 高田仁 - 九州大学大学院経済学研究院准教授 山崎伸彦 - 九州大学大学院教授、工学博士 石田正治 - 九州大学法学研究院教授 村上裕章 - 九州大学法学部法学研究院教授 副田満輝 - 九州大学経済学部教授 都甲潔 - 九州大学大学院教授、世界一受けたい授業講師、味覚センサー開発者 長哲二 - 九州大学医療技術短大研究員 吉田道也 - 九州大学法学部教授、法学部部長、元法制史学会理事 高岸達也 - 九州大学新疆ウイグル自治区少数民族調査団員 井上治典 - 民事訴訟法学者、立教大学法科大学院教授、元九州大学法学部教授 吉田正幸 - 九州芸術工科大学名誉教授 丸本卓哉 - 山口大学学長 纐纈教三 - 元久留米大学学長 小野山卓爾 - 元洗足学園魚津短期大学学長 吉田豊 - 元精華女子短期大学理事長 鶴襄 - 学校法人鶴学園創設者 徳重宏一郎 - 青山学院大学名誉教授 兼松満造 - 信州大学教授、農学博士 今林守 - 茨城大学名誉教授 永杉喜輔 - 群馬大学名誉教授 松岡恒憲 - 北九州市立大学名誉教授 細川巖 - 福岡教育大学名誉教授 佐藤晃一 - 独文学者 崎村耕二 - 日本医科大学医学部教授、京都工芸繊維大学名誉教授 岡部浩洋 - 寄生虫学者、久留米大学医学部教授 宇野正寛 - 音楽家、福岡女子短期大学名誉教授 梁井光二 - 長崎大学名誉教授 井口次夫 - 長崎大学名誉教授 一瀬白帝 - 山形大学医学部教授 三瀬淳一 - 山口大学医学部名誉教授 麻生維美 - 学校法人麻生学園学園長・理事長 吉田幸滋 - 学校法人精華学園理事長 光安常喜 - 九州国立博物館副館長 仙波伊知郎 - 鹿児島大学大学院教授、歯学博士 下澤亮介 - 元精華女子短期大学学長、福岡大学名誉教授 水月哲雄 - 元筑紫女学園中学校・高等学校学校長 新田忠治 - 元筑陽学園理事長 吉永俊一 - 九州産業大学名誉教授 伊丹正博 - 香川大学名誉教授 高木克公 - 熊本大学医学部教授 刀根辰夫 - 熊本大学名誉教授 鷹巣信孝 - 佐賀大学経済学部教授 三橋國英 - 福岡大学名誉教授・副学長 小野庸 - 福岡大学名誉教授 坂本喜久雄 - 中村学園大学教授 古賀俊策 - 神戸芸術工科大学教授 権藤洋一 - 元東海大学教授 野見山敏雄 - 東京農工大学農学部教授、農学博士 石丸圀雄 - 東京農業大学名誉教授、東京農業大学短期大学学長 三笠正人 - 大阪市立大学名誉教授、地質学者 古閑敏夫 - 山形大学教授、エミー賞受賞 石村善助 - 東京都立大学名誉教授、専修大学大学院法学研究科長、法社会学者 石村善治 - 長崎県立大学学長、福岡大学副学長 曽我部正照 - 日本ガーデンデザイン専門学校校長 溝口虎彦 - 西日本短期大学学園長・理事長、福岡東洋陶磁美術館館長、福岡大学の創立者溝口梅太郎は実父 村山隆雄 - 国立国会図書館国際子ども図書館館長 大谷賢二 - NGOカンボジア地雷撤去キャンペーン代表 茅嶋洋一 - 河合塾講師、元伝習館高等学校教諭(伝習館闘争の中心人物) 森本哲也 - JAXA主任研究員 大隅良典 - 自然科学者、朝日賞受賞(2008) 稲石正明 - 東京海洋大学教授 樋口征治 - 在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会協力研究員 小笠原弘親 - 元大阪市立大学教授、政治学者 杉山龍丸 - インドの緑の父(Green Father)と呼ばれる人物 前田哲男 - 政治学者 安部司 - 食品添加物評論家 福田千鶴 - 九州大学教授 秀島乾 - 都市計画家、日本の都市計画のパイオニア 遠藤達雄 - 九州工業大学名誉教授 井上浩義 - 慶應義塾大学医学部教授 小金井真 - 山口大学教授 軍事 東條敏夫(東條俊夫) - 軍人、第40代内閣総理大臣東條英機の三男 吉田俊雄 - 海軍軍人、永野修身元帥の副官 若松満則 - 軍人、陸軍中佐 加藤保 - 海上自衛隊統合幕僚副長、海上幕僚副長、佐世保地方総監 沢井研次 - 第10師団監察官、第4代第18普通科連隊長 山口美嗣 - 海上保安庁主席監察官 児嶋幹司 - 愛媛地方協力本部、第3代第1特科隊長 瀬崎清 - 軍人、満洲国公安局参事官、勲六等 政界 麻生太賀吉 - 衆議院議員・実業家、元九州電力会長、元麻生セメント社長、日本石炭協会会長、藍綬褒章受章、正四位勲二等瑞宝章、第92代内閣総理大臣麻生太郎は長男、寛仁親王妃信子は三女 麻生典太 - 実業家、専務として実兄である麻生太賀吉と共に麻生炭鉱の発展に力を注ぐ 山下徳夫 - 元厚生大臣、元運輸大臣、元衆議院議員、元内閣官房長官 八木昇 - 元衆議院議員、佐賀県総評初代議長 松本龍 - 衆議院議員 渡辺具能 - 元衆議院議員 河野正 - 元衆議院議員 芦名裕子 - 元教育党事務局長 進藤一馬 - 元福岡市長、元玄洋社社長 川上義幸 - 元佐賀県副知事 井上義人 - 元久留米市長 高鍋徹男 - 元飯塚市長 田中茂穂 - 元行政管理庁長官 浦部武夫 - 元東京都議会議長 新宮松比古 - 福岡県県議会議員 向大野新治 - 元在イギリス日本大使館書記官、衆議院議長秘書、衆議院事務総長 楢原純一郎 - 翻訳家、元アメリカ領事館総務部長 原口幸隆 - 元日本労働組合総評議会(総評)議長 官界 大塚雅也 - 元外交官 中井毅 - 経済産業省(元通商産業省)研修次長、日本貿易振興機構欧州センター・パリセンター所長、富士重工業役員 財界 松尾修吾 - 元日本レコード協会会長、元ソニー・ミュージックエンタテインメント社長・会長 池田弘一 - 元アサヒビール代表取締役会長兼CEO 金森政雄 - 元三菱重工業社長 田中久兵衛 - 元三井銀行社長 熊谷勝昭 - 元全日本空輸取締役 坂梨正雄 - 社団法人九州経済連合会常務理事 根塚眞(真)太郎 - 日本CA (企業)代表取締役社長 安崎暁 - コマツ代表取締役社長・会長 加藤正 - 元石油連盟副会長、出光興産副社長 福園一成 - 立花証券会長 井原伍郎 - 元西部ガス社長 太田清之助 - 元博多大丸会長 藤見敬譲 - 元明治乳業取締役社長・会長、日本でのヨーグルトブームの火付け役 有吉孝一 - 元安田火災海上保険(現損保ジャパン)社長 渕上亀之助 - 元ダイエー副会長、ユニード副社長 岡部正彦 -学校法人日通学園理事長,日本通運相談役 山田晴信 - 香港上海銀行在日代表兼副CEO 今来淳二 - 博報堂パーセプト社(インド)取締役社長 具島勘三郎 - 元西日本新聞社社長 山本哲夫 - 元昭和鉄工代表取締役社長 黒野圀(国)夫 - 元RKB毎日放送社長 徳永麟之助 - 元RKB毎日放送取締役、元福岡女学院理事長 山室寛之 - 元読売ジャイアンツ球団代表 西亦次郎 - 元西鉄ライオンズ球団代表、日本でのドラフト制度導入の提唱者 段上守 - 元九州電力副社長 三野定 - 住友建設取締役会長、日本道路公団理事、在比日本大使館一等書記官 佐伯尚孝 - 三和銀行(現UFJ銀行)頭取・名誉顧問、HOYA社外取締役 坂本英男 - 元電通副社長 相浦一成 - GMOペイメントゲートウェイ社長 馬渡雅夫 - キリンビール常務取締役・顧問 浅見章晴 - 新東日本製糖代表取締役社長 藤波明 - 永谷商事代表取締役 松尾達也 - 元日本電子テクニクス会長 水越潤 - 伊勢丹常務取締役総括本部長 田中丸善六 - 元ホンコン玉屋社長 田中丸善三郎 - 元佐世保玉屋社長 藤賢一 - キャナルシティ博多・福岡地所代表取締役副社長 森恍次郎 - 如水庵社長 川原正孝 - ふくや社長 高柳義隆 - 協和コンサルタンツ元代表取締役社長、相談役 児玉一弥 - 東京穀物市況調査会理事長 新井悦郎 - 東セロ代表取締役社長 中川重貴 - JCNマイテレビ代表取締役社長 島田隆士 - 福岡運輸社長 佐々木菊丸 - 元東洋ラジエーター(現ティラド)社長 柴田紳 - ネットプロテクションズ代表取締役社長 山本正秀 - やまやコミュニケーションズ社長 滝雅之 - 元サガテレビ社長 岡村福男 - 元飯野海運社長 芸能・文化 小松政夫 - コメディアン(定時制卒) 今林久弥 - 舞台俳優 長谷川法世 - 漫画家、『博多っ子純情』の作者 倉田真由美 - 漫画家、『だめんず・うぉ〜か〜』の作者 谷口ひとみ - 漫画家、『エリノア』の作者(在学時(3年生)に死去) はしもとてつじ - 漫画家(2000年に死去) 花田清輝 - 文芸評論家 藤原智美 - 芥川賞作家 岡松和夫 - 芥川賞作家 原りょう - 直木賞作家 白石一文 - 直木賞作家、白石文郎は双子の弟 白石文郎 - 小説家 大西巨人 - 小説家 島村菜津 - ノンフィクション作家、日本のスローフード運動の先駆け 一丸章 - 小説家、H氏賞 奥田智子 - KBCアナウンサー 龍山康朗 - RKBアナウンサー 林田スマ - RKBアナウンサー 木村智美 - テレビ山口アナウンサー 古賀成治 - NHKアナウンサー 外尾悦郎 - サグラダ・ファミリア教会主任彫刻家、生誕の門が世界遺産に登録 池見哲司 - 元朝日新聞論説委員 梅本龍平 - 元西日本新聞論説委員 今里頼子 - 元ジャーナリスト 三沢郷 - 作曲家、『エースをねらえ!』、『デビルマン』の作曲 荒牧伸志 - アニメーション監督、代表作「APPLESEED」 中原龍太郎 - DJ、ゲームミュージック作曲家 兼本新吾 - 声優 那珂太郎 - 詩人、芸術選奨文部大臣賞受賞 杉山参緑 - 詩人 織坂幸治 - 詩人 小谷心太郎 - 詩人、第4回日本歌人クラブ賞受賞 谷口雅 - 写真家  小野日佐子 - 肖像画家 石井聰亙 - 映画監督 川島透 - 映画監督、『野蛮人のように』、『TAN TAN たぬき』 梅津明治郎 - 映画監督 藤林甲 - 照明技師(旧制中学校・中退) 今泉憲治 - 洋画家、九州産業大学芸術学部教授 森部静武 - バイオリニスト、勲五等瑞宝章 三浦陽子 - ピアニスト 藤間章作 - 日本舞踏家 法喜聖二 - 舞踏家、関西洋舞界の草分け 伴一彦 - 脚本家 松崎与志人 - 脚本家 廣瀬不可止 - 彫刻家、元福岡文化連盟理事長 吉川英史 - 音楽学者、文化功労者(1994)、元東京芸術大学教授、宮城道雄記念館館長 松尾篤興 - 美声学者、洗足学園音楽大学名誉教授 馬場宣彦 - 太宰府天満宮禰宜 阿曇磯興 - 志賀海神社宮司 葦津嘉之 - 元宗像大社宮司 梅田信隆 - 元曹洞宗管長・元大本山總持寺貫首 スポーツ 池田英俊 - 元プロ野球選手 伊藤修 - 日本野球機構実行委員会選手会担当顧問 山田専太 - 柔道家・合気道家、ケンブリッジ大学柔道名誉会長、ロンドン警視庁において柔道・合気道を指南 久保博人 - 剣道範士八段、福岡県警名誉師範 大神謙吉 - 大東流合気柔術免許皆伝・伝承者 岡留恒健 - 元テニスデビスカップ日本代表 宮嵜隆太郎 - 競艇選手 永田敏 - 水球選手、日本代表、スペインのCN L'HOSPITALET所属 米倉健司 - 元プロボクサー、元全日本ボクシング協会会長、東洋バンタム級王者、現・ヨネクラボクシングジム会長 鈴木惇 - プロサッカー選手、アビスパ福岡MF、U-20サッカー日本代表 = ラグビー = 森重隆 - 元日本代表主将、元明治大学主将、日本ラグビーフットボール選手権大会4連覇 村上令 - 元日本代表、元明治大学ラグビー部主将 豊山京一 - 元日本代表、元早稲田大学ラグビー部監督・主将 土屋英明 - 元日本代表、元明治大学ラグビー部主将 土屋俊明 - 元日本代表主将、元明治大学ラグビー部主将、元日本ラグビーフットボール協会副会長 南川洋一郎 - 元日本代表 神田識二朗 - 元日本代表、現九州電力キューデン ヴォルテクス監督 白井善三郎 - 元早稲田大学ラグビー部監督 藤浩太郎 - 元早稲田大学ラグビー部主将 新島清 - 元日本代表主将、元明治大学ラグビー部主将、元日本ラグビーフットボール協会理事、元当校ラグビー部監督 藤晃和 - 元日本代表 阿刀裕嗣 - 元日本代表、元明治大学ラグビー部、テレビ司会者 西妻多喜男 - 元明治大学ラグビー部(在学中に日本ラグビーフットボール選手権大会優勝)、三菱重工業執行役員 福岡堅樹 - 日本代表、筑波大学ラグビー部 その他 宅島徳光 - 渡哲也のヒット曲「くちなしの花」(作曲遠藤実)は宅島の遺稿集を基にしたものである 行正り香 - 料理研究家。

creative commons(wikipedia:福岡県立福岡高等学校の人物一覧

福岡県公立高校全日制欠員補充募集

福岡県公立高校全日制欠員補充募集(ふくおかけんこうりつこうこうぜんにちせいけついんほじゅうぼしゅう)とは1988(昭和63)年より福岡県内で実施されている高校受験 高校入試の選抜制度。一般的には「二次募集」と呼ばれている。主催者は福岡県教育委員会。
開始当初から10年程はほぼ毎年の様に定員割れを起こしていた所謂「救済校」ランクの高校がこの制度の常連となっており、中には福岡県立大牟田南高等学校や福岡県立山田高等学校の様に長年に渡って補充募集定員が三桁を記録したケースも見受けられたが、少子化に伴う本来の募集定員枠の減少に加え2003(平成15)年より開始された県立高校統廃合により補充募集実施校も減少。現在ではこの制度の常連であった救済校ランクの高校は統廃合により殆どが閉校してしまったが、その統廃合によって誕生した高校においても一部の学校では定員割れを起こしている。また最近では平成初期に次々と設置された「英語コース」や「理数コース」において定員割れが発生するケースが増加した為、それらのコースの補充募集が目立つようになり、年によっては旧制中学以来の歴史を誇り現在でもその地域にとっては誉れ高い存在である学区トップ校や公立高校の競争倍率においては全国屈指である福岡都市圏の公立高校においても定員割れが発生し、この制度が開始された団塊ジュニア世代時代からは想像が出来ない程少子化が進んでいるのが現状である。

creative commons(wikipedia:福岡県公立高校全日制欠員補充募集

福岡県中学校一覧

福岡県中学校一覧(ふくおかけんちゅうがっこういちらん)は、福岡県の中学校及び中等教育学校(前期課程)の一覧。 国立中学校 福岡教育大学附属福岡中学校(福岡市中央区) 福岡教育大学附属小倉中学校(北九州市小倉北区) 福岡教育大学附属久留米中学校(久留米市) 公立中学校及び公立中等教育学校 北九州市 = 門司区 = == 県立 福岡県立門司学園中学校 == 市立 = 若松区 = = 戸畑区 = = 小倉北区 = = 小倉南区 = = 八幡東区 = = 八幡西区 = 福岡市 = 東区 = = 西区 = = 南区 = = 中央区 = = 博多区 = = 城南区 = = 早良区 = 大牟田市 久留米市 直方市 飯塚市 = 県立 = 福岡県立嘉穂高等学校附属中学校※2015年4月1日開校 = 市立 = 田川市 柳川市 八女市 = 県立 = 福岡県立輝翔館中等教育学校 = 市立 = 筑後市 筑後市立羽犬塚中学校 筑後市立筑後北中学校 筑後市立筑後中学校 大川市 行橋市 豊前市 中間市 小郡市 筑紫野市 春日市 大野城市 宗像市 = 県立 = 福岡県立宗像中学校※2015年4月1日開校 = 市立 = 太宰府市 糸島市 古賀市 古賀市立古賀中学校 古賀市立古賀北中学校 古賀市立古賀東中学校 福津市 福津市立福間中学校 福津市立福間東中学校 福津市立津屋崎中学校 うきは市 うきは市立吉井中学校 うきは市立浮羽中学校 宮若市 宮若市立宮若東中学校 宮若市立宮若西中学校 嘉麻市 朝倉市 みやま市 筑紫郡 糟屋郡 遠賀郡 鞍手郡 鞍手町立鞍手北中学校 鞍手町立鞍手南中学校 小竹町立小竹中学校 嘉穂郡 桂川町立桂川中学校 朝倉郡 東峰村立東峰中学校 筑前町立夜須中学校 筑前町立三輪中学校 三井郡 大刀洗町立大刀洗中学校 三潴郡 大木町立大木中学校 八女郡 広川町立広川中学校 田川郡 京都郡 = 県立 = 福岡県立育徳館中学校 = 町立 = 築上郡 私立中学校及び私立中等教育学校 北九州市 = 小倉北区 = 西南女学院中学校 照曜館中学校 小倉日新館中学校 = 小倉南区 = 北九州子どもの村小学校 = 戸畑区 = 明治学園中学校 = 門司区 = 敬愛中学校 = 八幡東区 = 九州国際大学付属中学校 = 八幡西区 = 折尾愛真中学校 福岡市 = 東区 = 博多女子中学校 = 早良区 = 西南学院中学校 = 中央区 = = 博多区 = 沖学園中学校 東福岡自彊館中学校 = 南区 = 福岡女学院中学校 = 城南区 = 中村学園女子中学校 = 西区 = 中村学園三陽中学校 福岡舞鶴誠和中学校 久留米市 久留米信愛女学院中学校 久留米大学附設中学校 大牟田市 大牟田中学校 明光学園中学校 飯塚市 飯塚日新館中学校 八女市 八女学院中学校 筑紫野市 リンデンホールスクール中高学部 太宰府市 筑陽学園中学校 関連項目 学校記事一覧 福岡県高等学校一覧 福岡県小学校一覧 福岡県幼稚園一覧 福岡県中学校の廃校一覧 外部リンク 福岡県 教育統計・学校一覧。

creative commons(wikipedia:福岡県中学校一覧

福岡県立山田高等学校

福岡県立山田高等学校(ふくおかけんりつ やまだ こうとうがっこう)は、国道322号沿いの福岡県嘉麻市上山田1244番地5にあった男女完全共学の県立高等学校。地元では「山高(やまこう)」と呼ばれて親しまれていたが、福岡県立高校統廃合の実施に伴い2007年(平成19年)3月31日限りで廃校となった。 沿革 旧制中学時代 1943年(昭和18年) 福岡県立嘉穂中学校(現・福岡県立嘉穂高等学校)の入試競争倍率緩和を目的として嘉穂郡山田町に普通科を設置した福岡県立山田中学校が開校 1944年(昭和19年) 県立山田中学校の校舎内に夜間採鉱科を設置した福岡県立山田工業学校が開校(山田高校定時制の前身)。又、嘉穂郡大隈町に採鉱科を設置した財団法人嘉穂工業学校が開校(福岡県立嘉穂工業高等学校の前身) 1945年(昭和20年) 嘉穂工業学校に機械科を設置 1947年(昭和22年) 山田工業学校に夜間機械科を設置新制高校時代 1948年(昭和23年) 学制改革により以下の様な改称を実施 県立山田中学校→福岡県立山田高等学校(全日制課程) 山田工業学校→福岡県立山田工業高等学校(定時制課程)※改称と同時に定時制普通科を設置 嘉穂工業学校→財団法人嘉穂工業高等学校(全日制課程) 1949年(昭和24年) 高校三原則に基づく「小学区制・総合制・男女共学」を導入。

creative commons(wikipedia:福岡県立山田高等学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引