【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

佐賀県【地方公共団体・地方自治体】

佐賀県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、佐賀県の紹介です。

佐賀県のホームページ

佐賀県 概要・地域の情報やトピック

佐賀県

佐賀県(さがけん)は、日本の九州地方の北西部にある県。県庁所在地は佐賀市。 唐津・伊万里・有田などは古くから陶磁器の産地として有名である。玄界灘と有明海の2つの海に接する。 令制国の肥前国東部に相当する。明治の府県制成立の際、同国は佐賀県と長崎県の2県として分立した。県名は佐賀郡(現在の佐賀市)から採られたもので、『肥前国風土記』に伝えられる、楠の木が生え盛るこの地を指して日本武尊が言った「栄の国」に由来する。 地理・地域 日本の中では西部(西日本)あるいは南部(南日本)に位置しており、九州地方の中では北部(北部九州)または西部(西九州)に位置している。人口・面積共に九州7県の中では最も少なく、また人口・面積ともに全都道府県中42番目である。しかし、人口密度は全都道府県中16番目と中位にあり、九州でも2番目に高い。 県内の地域区分は、佐賀藩と唐津藩に二分されていた歴史的経緯から、唐津市を中心とした北部(北西部)と佐賀市を中心とした南部(南東部)に分ける2区分が最もよく用いられる。

creative commons(wikipedia:佐賀県

佐賀県立佐賀西高等学校

佐賀県立佐賀西高等学校(さがけんりつさがにしこうとうがっこう, Saga Prefectural Saga Nishi High School)は全日制普通科を設置する佐賀県佐賀市城内一丁目4番25号に所在する公立の高等学校。略称「西高」。別名「栄城(えいじょう)」。 佐賀県立佐賀北高等学校・佐賀県立佐賀東高等学校と源流を同じくしている。 設置学科 普通科 校訓 質実剛健、鍛身養志 教育方針 熱(あつ)き心(若々しい情熱)、寛(ひろ)き心(思いやりの心)、毅(つよ)き心(チャレンジ精神) 教育目標 忠恕の心を忘れず、己の可能性に挑戦する 生活目標 「剛健たれ 身も心も」「誠実たれ 内にも外にも」「覇気をもて 理想に燃えて」「礼儀を守れ 上にも下にも」「勉学に徹せよ 耐えることなく」 校章 校歌 高田保馬作詞、清水脩作曲。

creative commons(wikipedia:佐賀県立佐賀西高等学校

佐賀県立西高等学校

『佐賀県立佐賀西高等学校』より : 佐賀県立佐賀西高等学校(さがけんりつさがにしこうとうがっこう, Saga Prefectural Saga Nishi High School)は全日制普通科を設置する佐賀県佐賀市城内一丁目4番25号に所在する公立の高等学校。略称「西高」。別名「栄城(えいじょう)」。 佐賀県立佐賀北高等学校・佐賀県立佐賀東高等学校と源流を同じくしている。 設置学科 普通科 校訓 質実剛健、鍛身養志 教育方針 熱(あつ)き心(若々しい情熱)、寛(ひろ)き心(思いやりの心)、毅(つよ)き心(チャレンジ精神) 教育目標 忠恕の心を忘れず、己の可能性に挑戦する 生活目標 「剛健たれ 身も心も」「誠実たれ 内にも外にも」「覇気をもて 理想に燃えて」「礼儀を守れ 上にも下にも」「勉学に徹せよ 耐えることなく」 校章 校歌 高田保馬作詞、清水脩作曲。

creative commons(wikipedia:佐賀県立西高等学校

佐賀県立佐賀北高等学校

佐賀県立佐賀北高等学校(さがけんりつ さがきたこうとうがっこう, Saga Prefectural Saga Kita High School)は、佐賀県佐賀市天祐二丁目に所在する県立高等学校。通称は「佐賀北」で、県内では「北高(きたこう)」とも呼ばれている。 佐賀県立佐賀西高等学校・佐賀県立佐賀東高等学校と源流を同じくしている。 1963年(昭和38年)に佐賀県立佐賀高等学校が3校に分離し、佐賀高校北校舎を母体に発足した。校地は市内西部の住宅街の中に位置している。設立当時はまだ田園が四方に広がっていた。佐賀高校から受け継ぐ伝統としては制服や、秋に開かれる北高祭の前夜祭であるファイヤーストームなどがある。芸術コースや単位制を実施している。 また、例年多くの部活動で優勝旗を獲得する屈指のスポーツ校であり、入試においては県内トップクラスの倍率を誇り、毎年夏に開かれる体験入学には1000人単位の志願者が全国から集まる人気校である。

creative commons(wikipedia:佐賀県立佐賀北高等学校

佐賀県の廃止市町村一覧

佐賀県の廃止市町村一覧(さがけんのはいししちょうそんいちらん)は佐賀県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:上峰村→上峰町)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:入野村→肥前町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:佐賀県の廃止市町村一覧

佐賀県の県道一覧

佐賀県の県道一覧(さがけんのけんどういちらん)は、佐賀県を通る県道の一覧である。 佐賀県の県道番号は1桁が長崎県越境主要地方道、11号 - 20号が福岡県越境主要地方道、21号以降の2桁が佐賀県内完結主要地方道、101 - 110号が長崎県越境一般県道、131 - 140番台が福岡県越境一般県道、201番以降が佐賀県内完結一般県道となっている。 主要地方道(長崎県越境路線) 1 佐世保嬉野線 2 (欠番:旧・大村鹿島線。1982年(昭和57年)4月に全線国道444号に昇格) 3 (欠番:旧・佐世保伊万里線。1993年(平成5年)4月に全線国道498号に昇格) 4 川棚有田線 5 伊万里松浦線 6 大村嬉野線 7 - 10 (欠番) 主要地方道(福岡県越境路線) 11 (欠番:旧・甘木鳥栖線。1993年(平成5年)4月に全線国道500号に昇格) 12 前原富士線 13 (欠番:旧・大川鹿島線。1982年(昭和57年)4月に全線国道444号に昇格) 14 鳥栖朝倉線(1975年(昭和50年)3月までは旧・福岡那珂川神埼線。

creative commons(wikipedia:佐賀県の県道一覧

佐賀県道

『佐賀県の県道一覧』より : 佐賀県の県道一覧(さがけんのけんどういちらん)は、佐賀県を通る県道の一覧である。 佐賀県の県道番号は1桁が長崎県越境主要地方道、11号 - 20号が福岡県越境主要地方道、21号以降の2桁が佐賀県内完結主要地方道、101 - 110号が長崎県越境一般県道、131 - 140番台が福岡県越境一般県道、201番以降が佐賀県内完結一般県道となっている。 主要地方道(長崎県越境路線) 1 佐世保嬉野線 2 (欠番:旧・大村鹿島線。1982年(昭和57年)4月に全線国道444号に昇格) 3 (欠番:旧・佐世保伊万里線。1993年(平成5年)4月に全線国道498号に昇格) 4 川棚有田線 5 伊万里松浦線 6 大村嬉野線 7 - 10 (欠番) 主要地方道(福岡県越境路線) 11 (欠番:旧・甘木鳥栖線。1993年(平成5年)4月に全線国道500号に昇格) 12 前原富士線 13 (欠番:旧・大川鹿島線。1982年(昭和57年)4月に全線国道444号に昇格) 14 鳥栖朝倉線(1975年(昭和50年)3月までは旧・福岡那珂川神埼線。

creative commons(wikipedia:佐賀県道

佐賀県出身の有名人一覧

佐賀県出身の人物一覧(さがけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する佐賀県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 首相・議長経験者 = 大隈重信(第8・17代内閣総理大臣) 川原茂輔(第26代衆議院議長) 保利茂(第59代衆議院議長) 松田正久(第11代衆議院議長) = 国会議員 = 愛野興一郎 今村雅弘 岩永浩美 大串博志 川崎稔 陣内孝雄(法務大臣) 杉原荒太(防衛庁長官) 原口一博 広津素子 福岡資麿 保利耕輔(文部大臣、自治大臣、国家公安委員長) 三池信(郵政大臣) 宮地正介 本野一郎(外務大臣) 山下徳夫(運輸大臣、総務庁長官、内閣官房長官、厚生大臣) = 知事 = 古川康(佐賀県知事) 井本勇(前佐賀県知事) 香月熊雄(元佐賀県知事) 池田直(元佐賀県知事) 鍋島直紹(元佐賀県知事) 貝原俊民(第5代兵庫県知事) = 市町村長 = 秀島敏行(佐賀市長) 木下敏之(前佐賀市長) 坂井俊之(唐津市長) 樋渡啓祐(前武雄市長) 横尾俊彦(多久市長) 官僚 江藤新平(1872年 - 1873年、明治政府の司法卿) 坪上貞二(元拓務次官、満州拓殖公社総裁) 古川貞二郎(元内閣官房副長官) 山口良忠(東京地方裁判所判事) 軍人・自衛官 相浦紀道(海軍中将) 石井義太郎(海軍少将) 市丸利之助(海軍中将、硫黄島にて玉砕) 伊東祐保(海軍大佐) 犬塚太郎(海軍中将) 宇都宮太郎(陸軍大将) 江頭安太郎(海軍中将) 大川内傳七(海軍中将) 鹿江三郎(海軍少将) 古賀峯一(元帥海軍大将、連合艦隊司令長官) 坂井三郎(海軍中尉日本海軍エースパイロット撃墜数64機(異説あり)、『大空のサムライ』の著者) 城島高次(海軍少将) 高柳直夫(海軍少佐、旅順港閉塞作戦) 鳥巣玉樹(海軍中将) 中野信陽(海軍大尉) 中島親孝(海軍中佐、連合艦隊情報参謀) 中牟田倉之助(海軍中将) 原清(海軍中将) 樋口敬七郎(陸軍中将) 百武源吾(海軍大将、九州帝国大学総長) 百武三郎(海軍大将、昭和天皇侍従長) 百武晴吉(陸軍中将、第17軍司令官) 広尾彰(海軍大尉、九軍神) 福地周夫(海軍大佐) 福地誠夫(海軍大佐、海将) 藤井斉(海軍少佐、昭和維新) 真崎勝次(海軍少将、衆議院議員) 真崎甚三郎(陸軍大将、台湾軍司令官、参謀次長) 松永貞市(海軍中将、第22航空戦隊司令、第12連合航空隊司令、英東洋艦隊撃滅) 三浦虎次郎(海軍三等水兵、勇敢なる水兵) 牟田口廉也(陸軍中将) 武藤信義(元帥陸軍大将、教育総監) 森山慶三郎(海軍中将) 村上格一(海軍大将、海軍大臣) 安保清種(海軍大将) 吉田善吾(海軍大将、海軍大臣、連合艦隊司令長官) 文化人 学者 黒田チカ(化学分野で初の女性理学博士) 志田林三郎(電気学会の創立者、日本初の工学博士) 高田保馬 林毅陸 慶応義塾塾長 田中浩(政治学者) 下村治(経済学者、大蔵省官僚) 古賀逸策 (工学博士、日本の水晶振動子研究の第一人者) 画家 中島潔 池田幸太郎 岡田三郎助 百武兼行 書家 中林梧竹 写真家 一ノ瀬泰造(戦争カメラマン) 陶芸家 青木龍山 井上萬二 酒井田柿右衛門 デザイナー 森正洋(陶磁器デザイナー) 建築家 曽禰達蔵 辰野金吾 村野籐吾 評論家 青地晨 西村雄一郎(映画評論家) 作家 北方謙三 笹沢佐保 下村湖人 原尞 山下定 漫画家 長谷川町子(サザエさん) 針すなお 伊万里すみ子 小森陽一 やまだないと 田中むねよし すめらぎ琥珀 アニメーター・アニメーションプロデューサー 西村純二(アニメーション監督) 映画監督 緒方明 俳人・詩人・歌人 渋川玄耳(俳人) 326(イラストレーター) コピーライター 岡康道(クリエイティブ ディレクター、CMプランナー、コピーライター。

creative commons(wikipedia:佐賀県出身の有名人一覧

佐賀県小学校一覧

佐賀県小学校一覧(さがけんしょうがっこういちらん)は、佐賀県の小学校の一覧。 国立小学校 佐賀大学文化教育学部附属小学校(佐賀市) 公立小学校 佐賀市 唐津市 鳥栖市 多久市 伊万里市 武雄市 鹿島市 小城市 嬉野市 神埼市 神埼郡 三養基郡 東松浦郡 玄海町立玄海みらい学園 西松浦郡 杵島郡 藤津郡 関連項目 学校記事一覧 佐賀県高等学校一覧 佐賀県中学校一覧 佐賀県幼稚園一覧 佐賀県小学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:佐賀県小学校一覧

佐賀県高等学校一覧

佐賀県高等学校一覧(さがけんこうとうがっこういちらん)は、佐賀県の高等学校一覧である。吉野ヶ里町 ・上峰町・江北町には高等学校は設置されていない。 公立 普通科校 「東部」・「中部」・「北部」・「西部」の4学区に分かれている。 専門学科とスポーツ推薦などは県内全域から受験できるが、2012年度(平成24年度)より特色選抜試験・一般試験と変わり、スポーツ推薦は廃止される。 = 東部学区 = 該当地域 - 鳥栖市、基山町、上峰町、みやき町、神埼市、吉野ヶ里町、佐賀市のうち三瀬中学校の校区 佐賀県立鳥栖高等学校(鳥栖市) - 併設型中高一貫教育校 佐賀県立神埼高等学校(神埼市) 佐賀県立三養基高等学校(みやき町) = 中部学区 = 該当地域 - 佐賀市、多久市、小城市(ただし佐賀県立小城高等学校を除く各校は神埼市のうち千代田中学校の校区からも受験可能) 佐賀県立佐賀北高等学校(佐賀市)(2019年に佐賀西高校と統合予定) 佐賀県立佐賀西高等学校(同上) 佐賀県立佐賀東高等学校(同上) 佐賀県立致遠館高等学校(同上) - 併設型中高一貫教育校 佐賀県立小城高等学校(小城市) = 北部学区 = 該当地域 - 唐津市、玄海町(ただし唐津市のうち、向島・馬渡島・加唐島・松島・小川島の居住者は県内すべての学校を受験可能) 佐賀県立唐津西高等学校(唐津市) 佐賀県立唐津東高等学校(同上) - 併設型中高一貫教育校 佐賀県立厳木高等学校(同上) = 西部学区 = 該当地域 - 伊万里市、有田町、武雄市、鹿島市、大町町、江北町、白石町、嬉野市、太良町 佐賀県立伊万里高等学校(伊万里市) 佐賀県立武雄高等学校(武雄市) - 併設型中高一貫教育校 佐賀県立鹿島高等学校(鹿島市) 佐賀県立白石高等学校(白石町) 佐賀県立太良高等学校(太良町) 実業系・総合学科校 佐賀県全域から受験可能。

creative commons(wikipedia:佐賀県高等学校一覧

佐賀県中学校一覧

佐賀県中学校一覧(さがけんちゅうがっこういちらん)は、佐賀県の中学校の一覧。 国立中学校 佐賀大学文化教育学部附属中学校(佐賀市) 公立中学校 佐賀市 = 県立 = 佐賀県立致遠館中学校 = 市立 = 唐津市 = 県立 = 佐賀県立唐津東中学校 = 市立 = 鳥栖市 = 県立 = 佐賀県立香楠中学校 = 市立 = 多久市 多久市立中央中学校 多久市立東部中学校 多久市立西渓中学校 伊万里市 武雄市 = 県立 = 佐賀県立武雄青陵中学校 = 市立 = 鹿島市 鹿島市立東部中学校 鹿島市立西部中学校 小城市 嬉野市 神埼市 神埼市立神埼中学校 神埼市立千代田中学校 神埼市立脊振中学校 神埼郡 吉野ヶ里町立三田川中学校 吉野ヶ里町立東脊振中学校 三養基郡 東松浦郡 玄海町立玄海みらい学園 西松浦郡 有田町立有田中学校 有田町立西有田中学校 杵島郡 藤津郡 太良町立多良中学校 太良町立大浦中学校 私立中学校 佐賀県内の私立中学校はいずれも中高一貫校である。

creative commons(wikipedia:佐賀県中学校一覧

佐賀県出身の人物一覧

佐賀県出身の人物一覧(さがけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する佐賀県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 首相・議長経験者 = 大隈重信(第8・17代内閣総理大臣) 川原茂輔(第26代衆議院議長) 保利茂(第59代衆議院議長) 松田正久(第11代衆議院議長) = 国会議員 = 愛野興一郎 今村雅弘 岩永浩美 大串博志 川崎稔 陣内孝雄(法務大臣) 杉原荒太(防衛庁長官) 原口一博 広津素子 福岡資麿 保利耕輔(文部大臣、自治大臣、国家公安委員長) 三池信(郵政大臣) 宮地正介 本野一郎(外務大臣) 山下徳夫(運輸大臣、総務庁長官、内閣官房長官、厚生大臣) = 知事 = 古川康(佐賀県知事) 井本勇(前佐賀県知事) 香月熊雄(元佐賀県知事) 池田直(元佐賀県知事) 鍋島直紹(元佐賀県知事) 貝原俊民(第5代兵庫県知事) = 市町村長 = 秀島敏行(佐賀市長) 木下敏之(前佐賀市長) 坂井俊之(唐津市長) 樋渡啓祐(前武雄市長) 横尾俊彦(多久市長) 官僚 江藤新平(1872年 - 1873年、明治政府の司法卿) 坪上貞二(元拓務次官、満州拓殖公社総裁) 古川貞二郎(元内閣官房副長官) 山口良忠(東京地方裁判所判事) 軍人・自衛官 相浦紀道(海軍中将) 石井義太郎(海軍少将) 市丸利之助(海軍中将、硫黄島にて玉砕) 伊東祐保(海軍大佐) 犬塚太郎(海軍中将) 宇都宮太郎(陸軍大将) 江頭安太郎(海軍中将) 大川内傳七(海軍中将) 鹿江三郎(海軍少将) 古賀峯一(元帥海軍大将、連合艦隊司令長官) 坂井三郎(海軍中尉日本海軍エースパイロット撃墜数64機(異説あり)、『大空のサムライ』の著者) 城島高次(海軍少将) 高柳直夫(海軍少佐、旅順港閉塞作戦) 鳥巣玉樹(海軍中将) 中野信陽(海軍大尉) 中島親孝(海軍中佐、連合艦隊情報参謀) 中牟田倉之助(海軍中将) 原清(海軍中将) 樋口敬七郎(陸軍中将) 百武源吾(海軍大将、九州帝国大学総長) 百武三郎(海軍大将、昭和天皇侍従長) 百武晴吉(陸軍中将、第17軍司令官) 広尾彰(海軍大尉、九軍神) 福地周夫(海軍大佐) 福地誠夫(海軍大佐、海将) 藤井斉(海軍少佐、昭和維新) 真崎勝次(海軍少将、衆議院議員) 真崎甚三郎(陸軍大将、台湾軍司令官、参謀次長) 松永貞市(海軍中将、第22航空戦隊司令、第12連合航空隊司令、英東洋艦隊撃滅) 三浦虎次郎(海軍三等水兵、勇敢なる水兵) 牟田口廉也(陸軍中将) 武藤信義(元帥陸軍大将、教育総監) 森山慶三郎(海軍中将) 村上格一(海軍大将、海軍大臣) 安保清種(海軍大将) 吉田善吾(海軍大将、海軍大臣、連合艦隊司令長官) 文化人 学者 黒田チカ(化学分野で初の女性理学博士) 志田林三郎(電気学会の創立者、日本初の工学博士) 高田保馬 林毅陸 慶応義塾塾長 田中浩(政治学者) 下村治(経済学者、大蔵省官僚) 古賀逸策 (工学博士、日本の水晶振動子研究の第一人者) 画家 中島潔 池田幸太郎 岡田三郎助 百武兼行 書家 中林梧竹 写真家 一ノ瀬泰造(戦争カメラマン) 陶芸家 青木龍山 井上萬二 酒井田柿右衛門 デザイナー 森正洋(陶磁器デザイナー) 建築家 曽禰達蔵 辰野金吾 村野籐吾 評論家 青地晨 西村雄一郎(映画評論家) 作家 北方謙三 笹沢佐保 下村湖人 原尞 山下定 漫画家 長谷川町子(サザエさん) 針すなお 伊万里すみ子 小森陽一 やまだないと 田中むねよし すめらぎ琥珀 アニメーター・アニメーションプロデューサー 西村純二(アニメーション監督) 映画監督 緒方明 俳人・詩人・歌人 渋川玄耳(俳人) 326(イラストレーター) コピーライター 岡康道(クリエイティブ ディレクター、CMプランナー、コピーライター。

creative commons(wikipedia:佐賀県出身の人物一覧

佐賀県立森林公園野球場

スタジアム名称 佐賀県立森林公園野球場(みどりの森県営球場)
愛称 Saga Midori no Mori Baseball Stadium
所在地 佐賀県佐賀市久保田町徳万526-1(県立森林公園内)
開場 1999年
所有者 佐賀県
管理・運用者 佐賀県
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 照明塔:6基最大照度:投捕間2000Lx     外 野1200Lx
設計者
使用チーム、大会
収容能力 16,532人
規模 グラウンド面積:13,732m²両翼:99.1 m 中堅:122 m
フェンスの高さ
佐賀県立森林公園野球場(さがけんりつ・しんりんこうえん・やきゅうじょう)は、佐賀県佐賀市久保田町徳万526番地1の佐賀県立森林公園内にある野球場。愛称 みどりの森県営球場(みどりのもり・けんえいきゅうじょう)。佐賀県が運営管理している。

creative commons(wikipedia:佐賀県立森林公園野球場

佐賀県立杵島商業高等学校

佐賀県立杵島商業高等学校(さがけんりつ きしましょうぎょうこうとうがっこう)は、佐賀県杵島郡大町町にある商業学校である。
通称は「杵島商業(きしましょうぎょう)」、「杵商(きしょう)」、「杵島(きしま)」
1953年(昭和28年):県立武雄高等学校大町分校・県立白石高等学校江北分校設置
1959年(昭和34年):県立佐賀商業高等学校に移管、同校杵島分校大町校舎ならびに江北校舎に改称
1961年(昭和36年):県立杵島商業高等学校に独立
1963年(昭和38年):全国高等学校定時制通信制軟式野球大会で西九州代表として出場
1965年(昭和40年):本校最高在籍者数963名
1979年(昭和54年):同窓会館「聖陵(せいりょう)会館」落成
1980年(昭和55年):県内高校で初めて男子制服をブレザーに改定

creative commons(wikipedia:佐賀県立杵島商業高等学校

佐賀県幼稚園一覧

佐賀県幼稚園一覧(さがけんようちえんいちらん)は、佐賀県の幼稚園の一覧。 国立幼稚園 佐賀大学文化教育学部附属幼稚園 公立幼稚園 佐賀市 佐賀市立本庄幼稚園 唐津市 唐津市立唐津幼稚園 唐津市立厳木幼稚園 伊万里市 伊万里市立波多津東幼稚園 伊万里市立黒川幼稚園 武雄市 武雄市立北方幼稚園 小城市 小城市立晴田幼稚園 小城市立三日月幼稚園 小城市立芦刈幼稚園 神埼郡 吉野ヶ里町立東脊振幼稚園 杵島郡 江北町立江北幼稚園 白石町立福富幼稚園 私立幼稚園 佐賀市 唐津市 鳥栖市 多久市 佐賀女子短期大学付属ひしのみ幼稚園・保育園 多久カトリック幼稚園 伊万里市 伊万里幼稚園 伊万里カトリック幼稚園 武雄市 鹿島市 明朗幼稚園 鹿島カトリック幼稚園 小城市 小城幼稚園 牛津幼稚園 嬉野市 和光幼稚園 嬉野幼稚園 塩田幼稚園 神埼市 神埼幼稚園 ちとせ幼稚園 大立寺幼稚園 神埼郡 三田川幼稚園 吉野ヶ里幼稚園 三養基郡 西松浦郡 ルンビニー幼稚園 あかさかルンビニー幼稚園 杵島郡 藤津郡 大浦幼稚園 関連項目 学校記事一覧 佐賀県特別支援学校一覧 佐賀県高等学校一覧 佐賀県中学校一覧 佐賀県小学校一覧 佐賀県保育所一覧。

creative commons(wikipedia:佐賀県幼稚園一覧

佐賀県第2区

佐賀県第2区(さがけんだい2く)は、日本の衆議院における選挙区。1994年の公職選挙法改正で設置。2002年に一部区割りの見直しが行われ、2013年には3区の廃止に伴い、区割が見直しされた。 区域 唐津市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、東松浦郡、西松浦郡、杵島郡、藤津郡 = 2013年区割り変更前の区域 = 佐賀市(三瀬村、久保田町、東与賀町、川副町)、鹿島市、小城市、神埼市(千代田町を除く)、武雄市(北方町)、嬉野市、神埼郡吉野ヶ里町、杵島郡大町町・江北町・白石町、藤津郡太良町 = 2002年の公職選挙法改正以前の区域 = 多久市、鹿島市、佐賀郡、小城郡、杵島郡(北方町、大町町、江北町、白石町、福富町、有明町)、藤津郡 保守地盤であり、第44回衆議院議員総選挙では今村雅弘が郵政民営化に反対して無所属で出馬し、自民党公認の「刺客」を送り込まれたが、今村が議席を死守した(今村は後に自民党に復党)。

creative commons(wikipedia:佐賀県第2区

佐賀県立佐賀商業高等学校

佐賀県立佐賀商業高等学校(さがけんりつさがしょうぎょうこうとうがっこう)は、佐賀県佐賀市に所在する公立の商業高等学校。佐商の通称で呼ばれている。 設置学科 全日制課程 商業科 情報処理科定時制課程 総合文化科 1907年(明治40年)に佐賀市立佐賀商業学校として開校。部活動が盛んであり、野球、水泳、卓球、柔道、剣道、バレー、サッカーなどの運動部や吹奏楽部、簿記、情報処理、OAインストラクターなどの文化部が県大会・九州大会で上位入賞、全国大会に出場している。野球部は1994年(平成6年)に全国高等学校野球選手権大会優勝を成し遂げている。 沿革 1907年(明治40年) - 佐賀市立佐賀商業学校として授業開始 1922年(大正10年) - 佐賀県立佐賀商業学校となる 1940年(昭和15年) - 定時制を設置 1944年(昭和19年) - 太平洋戦争のため、工業学校栄城工業学校となる 1946年(昭和21年) - 戦争終結により、商業学校'佐賀商業学校となる 1948年(昭和23年) - 学制改革により、佐賀県立佐賀商業高等学校となる 1972年(昭和47年) - 情報処理科を設置 1989年(平成元年) - 国際経済科を設置 1994年(平成6年) - 第76回全国高等学校野球選手権大会で優勝 2007年(平成19年) - 創立100周年 2011年(平成23年)4月 - 国際経済科の生徒募集を停止。

creative commons(wikipedia:佐賀県立佐賀商業高等学校

佐賀県第3区

佐賀県第3区(さがけんだい3く)は、日本の衆議院における選挙区。1994年の公職選挙法改正で設置。2002年に一部区割りの見直しがされ、2013年に廃止された。 区域 2013年の選挙区廃止後、全域が佐賀県第2区に編入された。 唐津市 多久市 伊万里市 武雄市(北方町を除く) 東松浦郡 玄海町 西松浦郡 有田町2002年の公職選挙法改正以前の区域は以下の通りであった。 唐津市 伊万里市 武雄市 東松浦郡 西松浦郡 杵島郡 山内町 戦後の名政治家の一人として知られ、自由民主党幹事長や衆議院議長などの要職を歴任してきた保利茂の息子で、父親から強固な地盤を受け継いだ保利耕輔が圧倒的な影響力を誇り、小選挙区制導入後全選挙で圧勝している。

creative commons(wikipedia:佐賀県第3区

佐賀県警察

佐賀県警察(さがけんけいさつ)は、佐賀県が設置した警察組織であり、佐賀県内を管轄区域とし、佐賀県警と略称する。警察法上、佐賀県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は佐賀県知事である。また、警察庁九州管区警察局の監督下にある。 本部所在地は佐賀市松原1丁目1-16。10の警察署と、1610人の警察官からなる。 沿革 本部組織 警務部 総務課 公安委員会補佐官室 広報県民課 警務課 犯罪被害者支援室 監察課 会計課 会計監査室 厚生課 情報管理課生活安全部 生活安全企画課 安全・安心まちづくり推進室 子ども・女性安全対策係 少年課 少年サポートセンター 生活環境課 地域課 地域指導室 鉄道警察隊 警察航空隊 通信指令課刑事部 刑事企画課 捜査第一課 機動捜査隊 捜査第二課 組織犯罪対策課 鑑識課 科学捜査研究所交通部 交通企画課 交通指導課 暴走族対策室 交通反則通告センター 交通規制課 運転免許課 運転者教育室 交通機動隊 高速道路交通警察隊警備部 警備第一課 警備第二課 機動隊 警察学校 警察署 警察署数は10。

creative commons(wikipedia:佐賀県警察

佐賀県警

『佐賀県警察』より : 佐賀県警察(さがけんけいさつ)は、佐賀県が設置した警察組織であり、佐賀県内を管轄区域とし、佐賀県警と略称する。警察法上、佐賀県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は佐賀県知事である。また、警察庁九州管区警察局の監督下にある。 本部所在地は佐賀市松原1丁目1-16。10の警察署と、1610人の警察官からなる。 沿革 本部組織 警務部 総務課 公安委員会補佐官室 広報県民課 警務課 犯罪被害者支援室 監察課 会計課 会計監査室 厚生課 情報管理課生活安全部 生活安全企画課 安全・安心まちづくり推進室 子ども・女性安全対策係 少年課 少年サポートセンター 生活環境課 地域課 地域指導室 鉄道警察隊 警察航空隊 通信指令課刑事部 刑事企画課 捜査第一課 機動捜査隊 捜査第二課 組織犯罪対策課 鑑識課 科学捜査研究所交通部 交通企画課 交通指導課 暴走族対策室 交通反則通告センター 交通規制課 運転免許課 運転者教育室 交通機動隊 高速道路交通警察隊警備部 警備第一課 警備第二課 機動隊 警察学校 警察署 警察署数は10。

creative commons(wikipedia:佐賀県警

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引