【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

佐賀県佐賀市【地方公共団体・地方自治体】

佐賀市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、佐賀県佐賀市の紹介です。

佐賀県佐賀市のホームページ

佐賀市 概要・地域の情報やトピック

佐賀市

佐賀市(さがし)は、佐賀県の県庁所在地で、同県最大の人口を擁する市である。特例市。 佐賀県の経済・行政の中心地。有明海から脊振山地までを縦断する広い市域を有し、市街地は佐賀平野の中心付近に位置する。秋には嘉瀬川河川敷を中心に佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催され、バルーン(熱気球)の街として賑わう。 地理 地勢 佐賀県の南東部に位置する。市域は南北に長く、南側は有明海に面し、南東部は筑後川を挟んで福岡県大川市・柳川市に、北東部でも脊振山地を境に福岡県福岡市(早良区)・糸島市に接している。 長崎自動車道付近を境にして、市域の北半分は、北部九州を東西に貫く筑紫山地に属する脊振山地であり、山がちで起伏が大きい。市域の南半分は、有明海北岸に広がる筑紫平野の西部に属する佐賀平野であり、起伏がほとんどない低平な地域で、対照的である。市街地は佐賀平野の中心付近に位置している。 2005年(平成17年)・2007年(平成19年)の周辺町村との合併によって市域は104km2から431km2へと4倍に拡大し、県内では唐津市に次ぐ2番目に大きな面積を有する自治体となった。

creative commons(wikipedia:佐賀市

佐賀市交通局

佐賀市交通局(さがしこうつうきょく)は、佐賀県佐賀市の路線バス事業を担う地方公営企業法に基づく地方公営企業である。通称は佐賀市営バス。1936年(昭和11年)10月10日に事業開始した。交通局事務所及び車庫所在地は佐賀市愛敬町4番23号。 現在は路線バス専業となっており、佐賀駅に隣接する佐賀駅バスセンターを拠点として佐賀市内各方面に路線を持つ。また佐賀市内から佐賀空港への空港連絡バスも運行している。赤字路線が多いため経営は厳しい。累積赤字は6億円を超えており、木下敏之前市長の時代には2009年(平成21年)度までに黒字転換しない場合には民営化、との素案が出されていた。かつては貸切バス事業も行っていたが、民営化への準備の一環として2005年(平成17年)3月31日に廃止された。 秀島敏行現市長への交代後は合理化を徹底した上で市による経営を維持する方向に転換している。但し、地方財政健全化法に基づく「資金不足比率」の計算においては資金不足と判定されたため、2013年(平成25年)度までに資金不足比率を下げるとした経営健全化計画が策定されている。

creative commons(wikipedia:佐賀市交通局

佐賀市営バス

『佐賀市交通局』より : 佐賀市交通局(さがしこうつうきょく)は、佐賀県佐賀市の路線バス事業を担う地方公営企業法に基づく地方公営企業である。通称は佐賀市営バス。1936年(昭和11年)10月10日に事業開始した。交通局事務所及び車庫所在地は佐賀市愛敬町4番23号。 現在は路線バス専業となっており、佐賀駅に隣接する佐賀駅バスセンターを拠点として佐賀市内各方面に路線を持つ。また佐賀市内から佐賀空港への空港連絡バスも運行している。赤字路線が多いため経営は厳しい。累積赤字は6億円を超えており、木下敏之前市長の時代には2009年(平成21年)度までに黒字転換しない場合には民営化、との素案が出されていた。かつては貸切バス事業も行っていたが、民営化への準備の一環として2005年(平成17年)3月31日に廃止された。 秀島敏行現市長への交代後は合理化を徹底した上で市による経営を維持する方向に転換している。但し、地方財政健全化法に基づく「資金不足比率」の計算においては資金不足と判定されたため、2013年(平成25年)度までに資金不足比率を下げるとした経営健全化計画が策定されている。

creative commons(wikipedia:佐賀市営バス

佐賀市立南川副小学校

佐賀市立南川副小学校(さがしりつみなみかわそえしょうがっこう)は佐賀県佐賀市川副町鹿江にある市立小学校。市内の南川副地区を校区とする。
所在地 佐賀県佐賀市川副町大字鹿江674番地
校歌は作詞 池田正人、作曲 富永操で、歌い出しは「有明の干潟 遥かに」。
1869年(明治2年) - 寺子屋として開校。
1874年(明治7年)4月 - 振起小学校と称する。
1882年(明治15年) - 学制改正により中等公立学校となる。
1884年(明治17年)4月 - 学区改正により、中川副村、大詫間村、南川副村、西川副村が本校の学区になる。
1886年(明治19年)4月 - 学制が一変し犬井道分校場となる。本校は早津江の盈進小学校。
1887年(明治20年)3月 - 学制改正により犬井道分校となる。本校は早津江の盈進小学校。

creative commons(wikipedia:佐賀市立南川副小学校

佐賀市立川副中学校

佐賀市立川副中学校(さがしりつかわそえちゅうがっこう)は佐賀県佐賀市川副町鹿江にある市立中学校。
最近まで校則で男子生徒の髪型は丸刈りとされていた。かつては周囲の中学校に丸刈り規制があるなか、珍しく長髪が認められていたが、1979年に生徒指導上の理由などから丸刈り校則が導入されたものと思われる。2008年に丸刈り校則が廃止された。
所在地 佐賀県佐賀市川副町大字鹿江710番地
校歌は作詞 内山良男、作曲 富永定美で、歌い出しは「潮の香運ぶ 川風に搖れる」。
生徒会歌は作詞 川崎重洋、作曲 納富誠治。
1958年(昭和33年)9月30日 - 南川副中学校、西川副中学校、中川副中学校を統合のため廃校。
1958年(昭和33年)10月1日 - 川副町立川副中学校が発足。

creative commons(wikipedia:佐賀市立川副中学校

佐賀市文化会館

名称=佐賀市文化会館
通称=
正式名称=
旧名称=
完成年=1989
完成月=
完成日=
開館年=1989
開館月=10
開館日=1
開館公演=
閉館年=
閉館月=
閉館日=
最終公演=
収容人数=1,811
客席=固定席1,806席車椅子席5席
延床面積=

creative commons(wikipedia:佐賀市文化会館

佐賀市立勧興小学校

佐賀市立勧興小学校(さがしりつかんこうしょうがっこう)は、佐賀県佐賀市にある小学校。佐賀藩校の弘道館の流れを汲む。勧興魂「勉強はベストをつくし、運動はくたくたになるまで」を合言葉に児童は学校生活を送っている。 沿革 1781年(天明元年) - 8代藩主 鍋島治茂が松原小路に弘道館設立 1840年(天保11年) - 10代藩主 鍋島直正が北堀端に移転拡充し、蒙養舎を設立。15歳以下の藩士の子弟を教育。 1872年(明治5年) - 明治新政府の学制改革により一旦廃校 1874年(明治7年)7月 - 勧興小学校として再興 1890年(明治23年) - 勧興尋常小学校と改称 1908年(明治41年) - 赤松小学校新設のため学区変更 1913年(大正2年)12月 - 現在地に新校舎落成。翌年1月移転。 1941年(昭和16年) - 勧興国民学校となる 1947年(昭和22年)6月 - 火災により校舎大半消失 1972年(昭和47年) - 言語障害学級新設 1974年(昭和49年) - 創立100周年。

creative commons(wikipedia:佐賀市立勧興小学校

佐賀市歴史民俗館

佐賀市歴史民俗館(さがしれきしみんぞくかん)は佐賀県佐賀市柳町にある、旧古賀銀行、旧古賀家、旧牛島家、旧三省銀行、旧福田家の5つの旧家、洋館などの総称。旧長崎街道沿い残る歴史的景観を保持するための施設として活用している。 施設概要 旧古賀銀行 - 明治39年建築。古賀銀行の設立は明治18年。民俗館の中心的な役割を果たしており、音楽会や各種展示会などが開催されているほか、館内ではカフェが営業している。  旧古賀家  - 明治17年建築。古賀銀行の創設者古賀善平の住宅。 旧牛島家  - 建築時期は不明。下今宿町(現朝日町)にあった町家建築を保存のため移設した。佐賀城下に残る建築物では最古のものと考えられる。 旧三省銀行 - 明治15年建築。三省銀行の前身三省社の設立は明治15年で銀行となったのは明治18年。 旧福田家  - 大正7年建築。明治末期から大正・昭和期の佐賀を代表する事業家、福田慶四郎の居宅。 イベント 2月中旬から3月末にかけて佐賀市歴史民俗館を中心に佐賀城下ひな祭りが開催されている。

creative commons(wikipedia:佐賀市歴史民俗館

佐賀市立野球場

佐賀市立野球場(さがしりつやきゅうじょう)は、佐賀県佐賀市にある野球場。愛称 佐賀ブルースタジアム。施設は佐賀市が所有し、佐賀市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。 佐賀市中心部には1959年(昭和34年)に開場した佐賀球場があったが、老朽化が著しく、また施設そのものが狭隘であることなどから、市街地西部に新たな市営の野球場が建設された。1999年(平成11年)に改修された際、愛称「ブルースタジアム」が付与された。開場以来、主に高校野球などアマチュア野球公式戦を中心に使用されている。但し収容人員が2,400人と少ないため、県内のプロ野球公式戦は佐賀県立森林公園野球場(みどりの森県営球場)で開催されている。 施設概要 グラウンド面積:12,613m² 両翼:93m、中堅:120m 内野:クレー、外野:天然芝(ティフトン芝) 照明設備:なし スコアボード:磁気反転(得点盤。

creative commons(wikipedia:佐賀市立野球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引