【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大分県大分市【地方公共団体・地方自治体】

大分市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大分県大分市の紹介です。

大分県大分市のホームページ

大分市 概要・地域の情報やトピック

大分市

大分市(おおいたし)は、日本の九州地方の東部、大分県の中部に位置する市。同県の県庁所在地であり、中核市に指定されている。人口は、東九州(大分県及び宮崎県)最大で、九州内では福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5位の都市である。 大分市は、大分県沿海部のほぼ中央に位置する、東九州の主要都市のひとつである。約48万人の人口を擁し、中核市の指定を受けている。大分県内の人口の約40%が集中する首位都市であり、人口約70万人の大分都市圏の中心でもある。現在の市域は、かつて大分郡及び北海部郡(明治初期までは海部郡)に属していた。 古くは豊後国の国府が置かれ、府内(ふない)と呼ばれた。中世には大友氏の城下町として発展し、戦国時代にはキリシタン大名大友宗麟の庇護のもと、日本におけるキリスト教布教の中心地となり、南蛮文化が花開いた。 高度経済成長期に鉄鋼業、化学工業などの重化学工業の進出に伴い工業都市として急成長し、近年では電子工業の立地が進んでいる。 地理 大分川及び大野川が形成した三角州及び沖積平野からなる大分平野と、その周りの丘陵とを抱え、瀬戸内海の別府湾に面する。

creative commons(wikipedia:大分市

大分市長

『大分市』より : 大分市(おおいたし)は、日本の九州地方の東部、大分県の中部に位置する市。同県の県庁所在地であり、中核市に指定されている。人口は、東九州(大分県及び宮崎県)最大で、九州内では福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5位の都市である。 大分市は、大分県沿海部のほぼ中央に位置する、東九州の主要都市のひとつである。約48万人の人口を擁し、中核市の指定を受けている。大分県内の人口の約40%が集中する首位都市であり、人口約70万人の大分都市圏の中心でもある。現在の市域は、かつて大分郡及び北海部郡(明治初期までは海部郡)に属していた。 古くは豊後国の国府が置かれ、府内(ふない)と呼ばれた。中世には大友氏の城下町として発展し、戦国時代にはキリシタン大名大友宗麟の庇護のもと、日本におけるキリスト教布教の中心地となり、南蛮文化が花開いた。 高度経済成長期に鉄鋼業、化学工業などの重化学工業の進出に伴い工業都市として急成長し、近年では電子工業の立地が進んでいる。 地理 大分川及び大野川が形成した三角州及び沖積平野からなる大分平野と、その周りの丘陵とを抱え、瀬戸内海の別府湾に面する。

creative commons(wikipedia:大分市長

大分市駅

『大分駅』より : 大分駅(おおいたえき)は、大分県大分市要町1番1号にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。かつては地上駅であったが、2012年3月17日に高架化が完了した。 大分県の県庁所在地である大分市の代表駅である。当駅を経由する全列車が停車する。日豊本線、久大本線、豊肥本線の計3路線が乗り入れており、このうち日豊本線を所属線としている。 日豊本線は、起点の小倉駅から当駅までは、日出駅 - 杵築駅間、中山香駅 - 立石駅間を除き複線化されているが、当駅以南は終点の鹿児島駅まで全線単線となる。当駅は、当駅以北で運行される特急「ソニック」と、当駅以南で運行される特急「にちりん」(一部当駅を跨いで運行する列車もある)の接続駅となっており、普通列車も当駅で折り返すものが多い。 久大本線は当駅を終点としている。豊肥本線は当駅を起点としているが、列車運行上では当駅に到着する列車が下り、当駅を発車する列車が上りとして扱われている。 当駅は、最終列車の発車時刻が全3路線、4方向ともに同時刻の23時40分とされている。

creative commons(wikipedia:大分市駅

大分市立判田小学校

校名=大分市立判田小学校
過去校名=判田尋常小学校判田尋常高等小学校
国公私立=公立学校
設置者=大分市
併合学校=
設立年月日=1874年9月
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
分校=
学期=3学期制
郵便番号=870-1113
所在地=大分県大分市大字中判田1818番地
電話番号=097-597-0078
FAX番号=097-597-0598
大分市立判田小学校(おおいたしりつはんだしょうがっこう)は、大分県大分市にある公立学校 公立小学校。
大分市の南部郊外に位置する。近年、近隣に造成された新興住宅地への転入等により、児童数が増加しており、2006年4月現在の児童数は1,045名と大分県内でも有数の大規模校である。

creative commons(wikipedia:大分市立判田小学校

大分市立判田中学校

校名=大分市立判田中学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=大分市
併合学校=
設立年月日=
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=3学期制
郵便番号=870-1113
所在地=大分県大分市大字中判田2254番地
電話番号=097-597-0022
FAX番号=
大分市立判田中学校(おおいたしりつはんだちゅうがっこう)は、大分県大分市にある公立学校 市立中学校。

creative commons(wikipedia:大分市立判田中学校

大分市立明治北小学校

大分市立明治北小学校(おおいたしりつ めいじきたしょうがっこう)は、大分県大分市大字小池原にある公立小学校。 明治小学校の児童数増加に伴い、1979年(昭和54年)小池原のおさきが丘に新設校を建設することになり、桃園小学校の校区を一部取り込んで、1983年(昭和58年)に開校した。 工事に先立つ調査において、建設予定地に遺跡が発見され(おさきが丘遺跡)、発掘調査が長引いたために開校が遅れた経緯がある。 沿革 1983年(昭和58年) - 大分市立明治小学校から分離し、大分市立明治北小学校として開校。 1984年(昭和59年) - 体育館落成。校歌制定。 1985年(昭和60年) - PTA広報紙「県知事賞」受賞。 1986年(昭和61年) - PTA広報紙「県知事賞」2年連続受賞(同一校の複数回受賞は史上初)。 1992年(平成4年) - 開校10周年。 1993年(平成5年) - なかよし学級設置。 1998年(平成10年) - 北校舎増築。 2002年(平成14年) - 開校20周年。明治北校区クイズウォークラリーが行われる。

creative commons(wikipedia:大分市立明治北小学校

大分市営陸上競技場

大分市営陸上競技場(おおいたしえいりくじょうきょうぎじょう)は、大分県大分市の津留運動公園にある陸上競技場。施設は大分市が所有し、株式会社スポーツジョイ、大分市陸上競技協会および株式会社グリーンフジタの3団体で構成される「大分リバースタジアム」が指定管理者として運営管理を行っている。 日本陸上競技連盟第1種公認陸上競技場。1965年の全国高校総合体育大会と1966年の国民体育大会の開催に向けて建設された。 毎年2月に開催される「別府大分毎日マラソン」と10月末頃開催の「大分国際車いすマラソン大会」のフィニッシュ地点として知られる。また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する大分トリニータ(旧大分トリニティ)のホームスタジアムでもあった。 トリニティ・トリニータは1996年1月、当地で行われた全国地域サッカーリーグ決勝大会に進出し、当時決勝リーグ2位までに与えられるジャパンフットボールリーグ(旧JFL)の昇格権を獲得した他、1999年J2最終節でモンテディオ山形との、いわゆる「秋天の陽炎」といわれた死闘(3位に終り、当時2位までに与えられるJ1昇格権を失った)が行われたスタジアムでもある。

creative commons(wikipedia:大分市営陸上競技場

大分市消防局

大分市消防局(おおいたししょうぼうきょく)は、大分県大分市の消防部局(消防本部)。 消防局本部:大分市舞鶴町1丁目1番1号 管内面積:501.28km² 職員 定数:490人 実数:470人 消防署3か所、分署2か所、出張所9か所 組織 本部:総務課、警防課、予防課、通信指令課 消防署 主力機械 消防ポンプ自動車:36 小型動力ポンプ付水槽車:3 はしご車:4(46m級:1、38m級:2、30m級:1) 化学消防車:2(III型) 大型化学高所放水車:1 泡原液搬送車:1 電源車:1 救助工作車:3 資機材搬送車:3 救急自動車:16 特殊災害車:1 水難救助車:1 支援車:1 人員搬送車:1 指揮車:4 団指揮車:1 広報車:3 防災連絡車:6 地震体験車:1 軽自動車:21 消防活動用自動二輪車:3 原動機付自転車:7 消防署 沿革 1953年4月1日 - 大分市消防本部及び大分市消防署を開設。

creative commons(wikipedia:大分市消防局

大分市立横瀬西小学校

大分市立横瀬西小学校(おおいたしりつ よこせにししょうがっこう)は、大分県大分市大字横瀬にある公立小学校。 大分市立横瀬小学校の児童数が1700人以上に達し、校舎に児童が入りきらないため、校庭にプレハブ校舎を建てることで対応してきたが、1988年(昭和63年)、現在の緑が丘住宅団地の一角に校舎を建設し分離し独立した。主に緑ヶ丘団地、鬼崎・上横瀬(かみよこせ)からの児童が通学している。 学校名の候補として「西横瀬小」、「横瀬西小」、「西稙田小」などがあがったが、アンケートを取り横瀬西小に決まった。 沿革 1988年(昭和63年) - 大分市立横瀬小学校から分離・独立して大分市立横瀬西小学校として開校。 1997年(平成9年) - 開校10周年。 通学区域 鬼崎、横瀬の一部、緑が丘一丁目~五丁目 全通学区域が大分市立稙田西中学校の通学区域に含まれる。 最寄駅 最寄駅は無し。大分バスで緑ヶ丘入口下車。 関連項目 大分県小学校一覧 外部リンク 大分市立横瀬西小学校ホームページ座標: 北緯33度11分25.454秒 東経131度31分53.818秒。

creative commons(wikipedia:大分市立横瀬西小学校

大分市立大東中学校

大分市立大東中学校(おおいたしりつ だいとうちゅうがっこう)は、大分県大分市大字横尾にある公立中学校。大分県有数のマンモス校である。 沿革 1950年(昭和25年) - 明治中学校、高田中学校、松岡中学校の3校を統合し、大分郡東部組合立大東中学校として開校。 1954年(昭和29年) - 鶴崎市新設により、鶴崎市立大東中学校と改称。 1963年(昭和38年) - 新・大分市新設により、大分市立大東中学校と改称。 1981年(昭和56年) - 大分市森から現在地に移転。旧校舎跡地には現在、大分東郵便局が立地しており、校庭跡地は金ノ手運動公園となっている。 1988年(昭和63年) - 生徒数の増加に伴い、本校から東陽中学校が分離新設される。 著名な卒業生 内川聖一 - プロ野球選手。福岡ソフトバンクホークス所属。 清武弘嗣 - プロサッカー選手。ハノーファー96所属。 通学区域 大分市立明治小学校通学区 横尾の一部、猪野の一部、葛木の一部、森の一部 大分市立明治北小学校通学区 葛木の一部、猪野の一部、小池原の一部、法勝台二丁目・三丁目 大分市立松岡小学校通学区 大津留、毛井、松岡、下判田の一部、公園通り一丁目~五丁目、公園通り西一丁目・二丁目、京が丘南一丁目・二丁目 脚注 関連項目 大分県中学校一覧 外部リンク 大分市立大東中学校。

creative commons(wikipedia:大分市立大東中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引