【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大分県別府市【地方公共団体・地方自治体】

別府市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大分県別府市の紹介です。

大分県別府市のホームページ

別府市 概要・地域の情報やトピック

別府市

別府市(べっぷし)は、大分県の東海岸の中央にある市。大分県第二の都市である。 温泉が市内各地で湧出し、別府温泉として全国的に知られる国際観光温泉文化都市。源泉数は2,300ヶ所以上で日本の総源泉数の約10分の1を占め、湧出する湯量も日量125,000キロリットルにも及び日本最大。国際会議観光都市にも認定されており、毎年800万人を超える観光客が訪れる観光都市別府は泉都とも呼ばれている。温泉は観光や、市民生活だけでなく、古くは明礬の生産から、地熱発電、医療、花き栽培、養魚業、最近では温泉泥美容までさまざまな産業に幅広く利用されている。 経済的に大分都市圏(別大都市圏)に属し、隣接する大分市とは、市街地が高崎山により分断されてはいるものの、その間約7kmは九州で最も交通量の多い区間のひとつである6車線の別大国道(国道10号線)により結ばれている。また、市内に4カ所あるJR日豊本線の各駅からも大分市中心部まで10〜30分程度の距離であり、大分市のベッドタウンとしての役割も担っている。

creative commons(wikipedia:別府市

別府市長

『別府市』より : 別府市(べっぷし)は、大分県の東海岸の中央にある市。大分県第二の都市である。 温泉が市内各地で湧出し、別府温泉として全国的に知られる国際観光温泉文化都市。源泉数は2,300ヶ所以上で日本の総源泉数の約10分の1を占め、湧出する湯量も日量125,000キロリットルにも及び日本最大。国際会議観光都市にも認定されており、毎年800万人を超える観光客が訪れる観光都市別府は泉都とも呼ばれている。温泉は観光や、市民生活だけでなく、古くは明礬の生産から、地熱発電、医療、花き栽培、養魚業、最近では温泉泥美容までさまざまな産業に幅広く利用されている。 経済的に大分都市圏(別大都市圏)に属し、隣接する大分市とは、市街地が高崎山により分断されてはいるものの、その間約7kmは九州で最も交通量の多い区間のひとつである6車線の別大国道(国道10号線)により結ばれている。また、市内に4カ所あるJR日豊本線の各駅からも大分市中心部まで10〜30分程度の距離であり、大分市のベッドタウンとしての役割も担っている。

creative commons(wikipedia:別府市長

別府市総合体育館

別府市総合体育館(べっぷしそうごうたいいくかん)は、大分県別府市にある体育館。愛称べっぷアリーナ。別府市が運営管理を行っている。
建物・敷地
:所在地 - 大分県別府市青山町8-37
:敷地面積 - 18,991m²
:建築面積 - 9,992m²
:延床面積 - 20,735m²
:駐車場 - 屋内1階300台、屋外50台(2時間まで無料)
体育館
:メインアリーナ - 2,888m² - 固定1,950席、移動1,788席
:サブアリーナ - 1,330m² - 固定744席
水曜日および年末年始は休館となる。
2005年7月にオープン。チャレンジ!おおいた国体 2008年大分国体での使用を見込んで、また市民スポーツの活性を目的に建設された。
チャレンジ!おおいた国体 2008年大分国体では、バレーボールでの開催が予定されている。
日本プロバスケットボールリーグ bjリーグの地元チーム「大分ヒートデビルズ」が使用するサブ会場として選ばれた。試合ではメインアリーナで行われ、設備の3,728席すべてが利用される。

creative commons(wikipedia:別府市総合体育館

別府市野口原総合運動場陸上競技場

別府市野口原総合運動場陸上競技場(べっぷし のぐちばるそうごううんどうじょう りくじょうきょうぎじょう)は、大分県別府市の野口原総合運動場内の陸上競技場。球技場としても使用される。 1980年竣工。日本陸上競技連盟の第3種公認を受けているが、以前トラックは全天候型舗装ではなくアンツーカーだった。また、1994年から1998年にはクラブ創設当初の大分FCトリニティ(現大分トリニータ)が公式戦ホームゲームを開催していた。これは大分県社会人サッカーリーグから九州サッカーリーグ、ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)に至るまで続けられた。スタンドが狭隘で収容人員が3,000人と少ないことから、現在トリニータは公式戦では使用していないものの、トップチームの練習場や下部組織(サテライト)の試合などに使用している。 なおJ1・名古屋グランパスは2011年より別府市で春季キャンプを行なっているが、会場は野口原陸上競技場ではなく実相寺サッカー競技場である。

creative commons(wikipedia:別府市野口原総合運動場陸上競技場

別府市立別府商業高等学校

別府市立別府商業高等学校(べっぷしりつ べっぷしょうぎょうこうとうがっこう)は、大分県別府市野口原に所在する大分県唯一の市立の商業高等学校。通称は「別商」(べっしょう、ローマ字表記ではBESSHO)。 設置学科 会計科 - 2クラス80名 情報処理科 - 1クラス40名(2012年度・平成24年度入学生までは2クラス80名) 沿革 1957年(昭和32年)2月1日 - 別府市議会において設立を可決。 1957年(昭和32年)4月15日 - 創立。別府市立山の手中学校の仮校舎で開校式 1958年(昭和33年)4月1日 - 現在地に移転 1959年(昭和34年)4月9日 - 普通教室(3号館)第一期工事完成 1961年(昭和36年)7月30日 - 普通教室増築(3号館)完成 1966年(昭和41年)6月25日 - 体育館完成 1966年(昭和41年)9月18日 - 第21回国民体育大会会場 1968年(昭和43年)1月19日 - 商業特別教室(2号館)完成 1969年(昭和44年)4月1日 - 西日本で最初の高校でのコンピュータ導入 1969年(昭和44年)11月1日 - 交通安全宣言 1969年(昭和44年)11月26日 - 第15回全国統計教育研究大会開催 1971年(昭和46年)3月26日 - 本館(管理棟)完成 1971年(昭和46年)4月9日 - 小学科制導入(商業・経理・情報処理) 1972年(昭和47年)3月2日 - 1号館完成 1975年(昭和50年)2月25日 - 柔剣道場完成 1975年(昭和50年)8月3日 - 全国高校タイプ競技会英文の部 全国優勝 1976年(昭和51年)3月25日 - 情報処理棟(5号館)完成 1979年(昭和54年)7月20日 - ウェイトリフティング場完成 1981年(昭和56年)4月25日 - 第二グランド(野球場)完成 1981年(昭和56年)8月3日 - 全国高校タイプ競技会和文の部 優勝 1982年(昭和57年)6月11日 - 韓国群山商業と文化交流締結 1984年(昭和59年)7月31日 - フェンシング場完成 1984年(昭和59年)8月8日 - 全国高校野球選手権出場 1985年(昭和60年)4月1日 - 小学科制変更(商業・情報処理) 1986年(昭和61年)1月1日 - 全国高校サッカー選手権出場 1987年(昭和62年)3月2日 - 弓道場完成 1988年(昭和63年)11月17日 - 九州放送教育研究大会高校の部公開 1991年(平成3年)11月7日 - 全国高校体育研究大会公開 1994年(平成6年)4月1日 - 小学科制変更(会計・情報処理) 1994年(平成6年)8月9日 - 全国高校ワープロ競技会優勝 1996年(平成8年)11月14日 - 全国高校生作品発表大会最優秀受賞 1997年(平成9年)10月26日 - なみはや国体フェンシング競技団体優勝 2001年(平成13年)7月7日 - 自転車競技アジアジュニア選手権個人優勝 2002年(平成14年)2月1日 - 校内ネットワーク構築 2006年(平成18年)9月1日 - 校内学習支援システムb-net運用開始 2006年(平成18年)11月1日 - 創立50周式典開催。

creative commons(wikipedia:別府市立別府商業高等学校

別府市立北小学校

別府市立北小学校(べっぷしりつ きたしょうがっこう)は、大分県別府市にあった公立小学校。 2009年(平成21年)4月に別府市立野口小学校を併合して「別府市立別府中央小学校」となった。 はだし教育 5月 - 10月までは校内は裸足で生活する。1年間裸足で生活する児童もいる。 ノーチャイム運動 チャイムを使用しない。児童は時計を見て自分で判断する。 関連項目 はだし教育 外部リンク 別府市立北小学校。

creative commons(wikipedia:別府市立北小学校

別府市市民ホール

『』より :

creative commons(wikipedia:別府市市民ホール

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引