【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

宮崎県【地方公共団体・地方自治体】

宮崎県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、宮崎県の紹介です。

宮崎県のホームページ

宮崎県 概要・地域の情報やトピック

宮崎県

宮崎県(みやざきけん)は九州南東部に位置する日本の県。県庁所在地は宮崎市。 県木「フェニックス」に代表される南国情緒豊かな気候から、1960年代には日南地区を中心とした新婚旅行のメッカだった。現在も春季のプロ野球などのキャンプ地として知られる。 地理・地域 九州の東南端を占め、東経130度42分から131度53分、北緯31度21分から32度50分の間に位置する。 地形 隣接都道府県: 鹿児島県 - 熊本県 - 大分県 主な山地: 九州山地、国見山地、鰐塚山地 主な山: 霧島山(韓国岳、新燃岳、高千穂峰など)、祖母山、傾山、国見岳、市房山、尾鈴山、鰐塚山 主な平野: 宮崎平野 主な盆地: 小林盆地、都城盆地、加久藤盆地 主な川: 五ヶ瀬川、五十鈴川、耳川、小丸川、一ツ瀬川、大淀川、広渡川、福島川 海域: 太平洋、フィリピン海、日向灘 主な岬: 都井岬、日向岬 主な台地: シラス台地 主な島: 島浦島、青島、大島、幸島、築島 自然公園 国立公園: 霧島錦江湾国立公園 国定公園: 日南海岸国定公園、祖母傾国定公園、日豊海岸国定公園、九州中央山地国定公園 県立自然公園: 祖母傾県立自然公園、尾鈴県立自然公園、西都原杉安峡県立自然公園、母智丘・関之尾県立自然公園、わにつか県立自然公園、矢岳高原県立自然公園 気候 全体的に日照時間・降水量ともに全国で上位で、特にえびの高原、鰐塚山の降水量は日本有数となっている。

creative commons(wikipedia:宮崎県

宮崎県出身の人物一覧

宮崎県出身の人物一覧(みやざきけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する宮崎県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 国会議員 = == 現職 江藤拓 (衆議院議員):門川町 古川禎久 (衆議院議員):串間市 武井俊輔(衆議院議員):宮崎市 上杉光弘 (衆議院議員、元自治大臣):西都市 中山成彬 (衆議院議員、元文部科学大臣):小林市 松下新平 (参議院議員):宮崎市 福島瑞穂(参議院議員、社会民主党党首):延岡市 轟木利治(参議院議員):三股町 == 元職 小斉平敏文 (前参議院議員):小林市 江藤隆美(元衆議院議員、建設大臣・運輸大臣・総務庁長官を歴任) 大原一三 (元衆議院議員、元農林水産大臣) 小山長規 (元衆議院議員、自治大臣・建設大臣・環境庁長官を歴任):小林市 坂元親男(元衆議院議員、元参議院議員、元北海道開発庁長官・沖縄開発庁長官):都城市高崎町 瀬戸山三男 (元衆議院議員、建設大臣・文部大臣・法務大臣を歴任) 長峯基 (元参議院議員) 二見甚郷 (元衆議院議員、元参議院議員、元宮崎県知事、元宮崎市長) 堀之内久男 (元衆議院議員、農林水産大臣・郵政大臣を歴任) 松浦利尚 (元衆議院議員) 持永和見 (元衆議院議員) 米沢隆 (元衆議院議員、民社党委員長、新進党幹事長、新進党副党首) 上條勝久 (元参議院議員) 小林乾一郎 (元衆議院議員) 西島英利(元参議院議員):日南市 川村秀三郎(衆議院議員、元林野庁長官):綾町 道休誠一郎(衆議院議員):宮崎市 外山斎 (参議院議員):日南市 = 宮崎県議会議員 = == 現職 坂元裕一 武井俊輔 == 元職 永友一美 堀之内砂男 川添睦身 = 知事 = 田中長茂(2代宮崎県知事 1951年5月 - 1955年3月):串間市 二見甚郷(3代宮崎県知事 1955年4月 - 1959年4月):宮崎市 黒木博 (4代 - 9代宮崎県知事 1959年4月 - 1979.6月):宮崎市 松形祐堯(10代 - 15代宮崎県知事 1979年8月 - 2003年8月):えびの市 安藤忠恕(16代宮崎県知事 2003年8月 - 2006年12月):西都市 東国原英夫(17代宮崎県知事 2007年1月 - 2011年1月):都城市 柴田等(元千葉県知事 1950年 - 1962年) = 市町村長 = == 現職 戸敷正(宮崎市長) 池田宜永(都城市長):都城市 首藤正治(延岡市長):延岡市 黒木健二(日向市長) 橋田和実(西都市長) 桑畑和男(三股町長) 前田穣(綾町長) 土屋良文(新富町長) 田口晃史(木城町長) 内野宮正英(川南町長) 安田修(門川町長) 内倉信吾(高千穂町長) 成崎孝孜(諸塚村長) 椎葉晃充(椎葉村長) == 元職 津村重光(元宮崎市長):宮崎市 長友貞藏(元宮崎市長):宮崎市(旧:住吉村) 岩橋辰也(元都城市長):都城市 櫻井哲雄(元延岡市長):川南町 堀泰一郎(元小林市長) 山本孫春(元日向市長) 宮崎道公(元えびの市長) 一ノ瀨良尚(元清武町長) 郷田實(元綾町長) 曽川泉(元門川町長) 米良成志(元門川町長) 林田敦(元美郷町長、元西郷村長) 染矢俊一(元北川町長) 黒木睦郎(元高千穂町長) 上原公子(元東京都国立市長・東京都初の女性市長):宮崎市 甲斐一政(元愛知県副知事) 中馬馨(元大阪市長):西都市 谷口義幸(元日南市長) 飯干辰己(元五ヶ瀬町長) 一ノ瀬良尚(元清武町長) 軍人 上原勇作(旧日本陸軍大将・元帥、陸軍大臣 ):都城市 青木宣純(旧日本陸軍中将、旅順要塞司令官 ):宮崎市佐土原 財部彪(旧日本海軍大将、海軍大臣 ):都城市 小沢治三郎(旧日本海軍中将、連合艦隊司令長官 ):高鍋町 萱嶋高(旧日本陸軍中将、第6師団長、宮崎市長):高鍋町 官僚 井ノ上正盛(元・三等書記官で、イラクで殉職した後、一等書記官となる): 都城市 小村壽太郎(明治時代の外務官僚 外務大臣・ポーツマス会議日本全権としてポーツマス条約を調印。

creative commons(wikipedia:宮崎県出身の人物一覧

宮崎県出身の有名人一覧

宮崎県出身の人物一覧(みやざきけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する宮崎県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 国会議員 = == 現職 江藤拓 (衆議院議員):門川町 古川禎久 (衆議院議員):串間市 武井俊輔(衆議院議員):宮崎市 上杉光弘 (衆議院議員、元自治大臣):西都市 中山成彬 (衆議院議員、元文部科学大臣):小林市 松下新平 (参議院議員):宮崎市 福島瑞穂(参議院議員、社会民主党党首):延岡市 轟木利治(参議院議員):三股町 == 元職 小斉平敏文 (前参議院議員):小林市 江藤隆美(元衆議院議員、建設大臣・運輸大臣・総務庁長官を歴任) 大原一三 (元衆議院議員、元農林水産大臣) 小山長規 (元衆議院議員、自治大臣・建設大臣・環境庁長官を歴任):小林市 坂元親男(元衆議院議員、元参議院議員、元北海道開発庁長官・沖縄開発庁長官):都城市高崎町 瀬戸山三男 (元衆議院議員、建設大臣・文部大臣・法務大臣を歴任) 長峯基 (元参議院議員) 二見甚郷 (元衆議院議員、元参議院議員、元宮崎県知事、元宮崎市長) 堀之内久男 (元衆議院議員、農林水産大臣・郵政大臣を歴任) 松浦利尚 (元衆議院議員) 持永和見 (元衆議院議員) 米沢隆 (元衆議院議員、民社党委員長、新進党幹事長、新進党副党首) 上條勝久 (元参議院議員) 小林乾一郎 (元衆議院議員) 西島英利(元参議院議員):日南市 川村秀三郎(衆議院議員、元林野庁長官):綾町 道休誠一郎(衆議院議員):宮崎市 外山斎 (参議院議員):日南市 = 宮崎県議会議員 = == 現職 坂元裕一 武井俊輔 == 元職 永友一美 堀之内砂男 川添睦身 = 知事 = 田中長茂(2代宮崎県知事 1951年5月 - 1955年3月):串間市 二見甚郷(3代宮崎県知事 1955年4月 - 1959年4月):宮崎市 黒木博 (4代 - 9代宮崎県知事 1959年4月 - 1979.6月):宮崎市 松形祐堯(10代 - 15代宮崎県知事 1979年8月 - 2003年8月):えびの市 安藤忠恕(16代宮崎県知事 2003年8月 - 2006年12月):西都市 東国原英夫(17代宮崎県知事 2007年1月 - 2011年1月):都城市 柴田等(元千葉県知事 1950年 - 1962年) = 市町村長 = == 現職 戸敷正(宮崎市長) 池田宜永(都城市長):都城市 首藤正治(延岡市長):延岡市 黒木健二(日向市長) 橋田和実(西都市長) 桑畑和男(三股町長) 前田穣(綾町長) 土屋良文(新富町長) 田口晃史(木城町長) 内野宮正英(川南町長) 安田修(門川町長) 内倉信吾(高千穂町長) 成崎孝孜(諸塚村長) 椎葉晃充(椎葉村長) == 元職 津村重光(元宮崎市長):宮崎市 長友貞藏(元宮崎市長):宮崎市(旧:住吉村) 岩橋辰也(元都城市長):都城市 櫻井哲雄(元延岡市長):川南町 堀泰一郎(元小林市長) 山本孫春(元日向市長) 宮崎道公(元えびの市長) 一ノ瀨良尚(元清武町長) 郷田實(元綾町長) 曽川泉(元門川町長) 米良成志(元門川町長) 林田敦(元美郷町長、元西郷村長) 染矢俊一(元北川町長) 黒木睦郎(元高千穂町長) 上原公子(元東京都国立市長・東京都初の女性市長):宮崎市 甲斐一政(元愛知県副知事) 中馬馨(元大阪市長):西都市 谷口義幸(元日南市長) 飯干辰己(元五ヶ瀬町長) 一ノ瀬良尚(元清武町長) 軍人 上原勇作(旧日本陸軍大将・元帥、陸軍大臣 ):都城市 青木宣純(旧日本陸軍中将、旅順要塞司令官 ):宮崎市佐土原 財部彪(旧日本海軍大将、海軍大臣 ):都城市 小沢治三郎(旧日本海軍中将、連合艦隊司令長官 ):高鍋町 萱嶋高(旧日本陸軍中将、第6師団長、宮崎市長):高鍋町 官僚 井ノ上正盛(元・三等書記官で、イラクで殉職した後、一等書記官となる): 都城市 小村壽太郎(明治時代の外務官僚 外務大臣・ポーツマス会議日本全権としてポーツマス条約を調印。

creative commons(wikipedia:宮崎県出身の有名人一覧

宮崎県知事一覧

宮崎県知事一覧(みやざきけんちじいちらん)では、宮崎県の歴代知事(官選:35代35人/公選:19代8人)の一覧を掲載する。 官選知事 公選知事 選挙結果 第1回 1947年(昭和22年)4月5日(投票率 : 75.79%) ※二見の公職追放により得票2位の安中が当選。 第2回 1951年(昭和26年)4月30日(投票率 : 88.37%) = 決選投票 = 1951年(昭和26年)5月18日(投票率 : 78.71%) 第3回 1955年(昭和30年)4月23日(投票率 : 84.89%) 第4回 1959年(昭和34年)4月23日(投票率 : 85.18%) 第5回 無投票 黒木博(無所属) 第6回 1967年(昭和42年)4月15日(投票率 : 79.25%) 第7回 1971年(昭和46年)4月11日(投票率 : 80.42%) 第8回 1975年(昭和50年)4月13日(投票率 : 83.57%) 第9回 1979年(昭和54年)4月8日(投票率 : 83.82%) 第10回 1979年(昭和54年)8月5日(投票率 : 46.76%) 第11回 1983年(昭和58年)7月31日(投票率 : 45.53%) 第12回 1987年(昭和62年)7月19日(投票率 : 50.23%) 第13回 1991年(平成3年)7月7日(投票率 : 46.47%) 第14回 1995年(平成7年)7月27日(投票率 : 59.34%) 第15回 1999年(平成11年)7月18日(投票率 : 56.08%) 第16回 2003年(平成15年)7月27日(投票率 : 59.34%) 第17回 2007年(平成19年)1月21日(投票率 : 64.85%) 第18回 2010年(平成22年)12月26日(投票率 : 40.82%) 第19回 2014年(平成26年)12月21日(投票率 : 44.74%) 脚注 関連項目 宮崎県 都道府県知事 外部リンク 宮崎県選挙管理委員会(過去の県知事選データが参照可)。

creative commons(wikipedia:宮崎県知事一覧

宮崎県営鉄道飫肥線

『日南線』より : 日南線(にちなんせん)は、宮崎県宮崎市の南宮崎駅から鹿児島県志布志市の志布志駅までを結ぶ九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線(地方交通線)である。 日南海岸沿いや鰐塚山地を縫って走り、宮崎県南部や鹿児島県東部の市町を結ぶ行楽・地域輸送路線である。 日南線内では南宮崎駅と田吉駅のみICカード「SUGOCA」が利用可能である。 路線データ 管轄(事業種別):九州旅客鉄道(第一種鉄道事業者) 路線距離(営業キロ):88.9km 軌間:1067mm 駅数:28(起終点駅含む) 日南線所属駅に限定した場合、起点の南宮崎駅(日豊本線所属)が除外され、27駅となる。 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:南宮崎駅 - 田吉駅間(交流20,000V・60Hz) 閉塞方式: 南宮崎 - 田吉間:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式) 田吉 - 志布志間:特殊自動閉塞式(電子符号照査式) 最高速度:85km/h全線鹿児島支社の管轄である。

creative commons(wikipedia:宮崎県営鉄道飫肥線

宮崎県都城市

『都城市』より : 自治体名=都城市
都道府県=宮崎県
支庁=
コード=45202-5
面積=653.31
境界未定=あり
人口=170,987
人口の時点=2005年12月1日
隣接自治体=宮崎市、日南市、串間市、
北諸県郡三股町、西諸県郡高原町、野尻町、
鹿児島県曽於市、霧島市、志布志市
木=ケヤキ
花=アヤメ
シンボル名=市の花木
鳥など=サザンカ

creative commons(wikipedia:宮崎県都城市

宮崎県の廃止市町村一覧

宮崎県の廃止市町村一覧(みやざきけんのはいししちょうそんいちらん)は宮崎県における市制・町村制施行(1889年5月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:えびの町→えびの市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:宮崎県の廃止市町村一覧

宮崎県小学校一覧

宮崎県小学校一覧(みやざきけんしょうがっこういちらん)は、宮崎県の小学校の一覧。 国立小学校 宮崎大学教育文化学部附属小学校 公立小学校 宮崎市 都城市 延岡市 日南市 小林市 日向市 串間市 西都市 えびの市 北諸県郡 西諸県郡 東諸県郡 児湯郡 東臼杵郡 西臼杵郡 私立小学校 尚学館小学校 関連項目 学校記事一覧 宮崎県特別支援学校一覧 宮崎県高等学校一覧 宮崎県中学校一覧 宮崎県幼稚園一覧 宮崎県小学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:宮崎県小学校一覧

宮崎県総合運動公園硬式野球場

スタジアム名称 宮崎県総合運動公園硬式野球場(サンマリンスタジアム宮崎)
愛称 Sun Marine Stadium Miyazaki
所在地 宮崎県宮崎市大字熊野1443-12(宮崎県総合運動公園内)
開場 2001年
所有者 宮崎県
管理・運用者 宮崎県スポーツ施設協会(指定管理者)
グラウンド 内野:クレー舗装及び芝 天然芝外野:天然芝
照明 照明塔 - 6基
設計者
使用チーム、大会 読売ジャイアンツが春季・秋季キャンプ地として使用
収容能力 30,000人(内野:-席、外野:-席)
規模 グラウンド面積:14,332m²
両翼:100 m中堅:122 m
フェンスの高さ m
宮崎県総合運動公園硬式野球場(みやざきけん・そうごううんどうこうえん・こうしきやきゅうじょう)は、宮崎県宮崎市の宮崎県総合運動公園内にある野球場。単に宮崎県営野球場という通称でも呼ばれる。愛称 サンマリンスタジアム宮崎。施設は宮崎県が所有し、宮崎県スポーツ施設協会が指定管理者として運営管理を行っている。

creative commons(wikipedia:宮崎県総合運動公園硬式野球場

宮崎県の県道一覧

宮崎県の県道一覧(みやざきけんのけんどういちらん)は、宮崎県を通る県道の一覧である。 宮崎県の県道番号は1972年(昭和47年)11月に設定され、主要地方道は1 - 2桁(8号までは越境路線)、越境一般県道は100番台、宮崎県内完結一般県道のうち、起点が県北(東臼杵地域・西臼杵地域)のものは200番台、県央(宮崎東諸地域・児湯地域)のものは300番台、県南(北諸地域・西諸地域・南那珂地域)のものは400番台となっている。 主要地方道 1 小林えびの高原牧園線 2 都城隼人線 3 日南志布志線 4 - 5 (欠番) 6 日之影宇目線 7 緒方高千穂線 8 竹田五ヶ瀬線 9 宮崎西環状線 10 宮崎インター佐土原線 11 宮崎島之内線 12 都城東環状線 13 高岡郡司分線 14 佐土原国富線 15 日知屋財光寺線 16 稲葉崎平原線 国道10号延岡バイパス開通後の旧道。

creative commons(wikipedia:宮崎県の県道一覧

宮崎県道

『宮崎県の県道一覧』より : 宮崎県の県道一覧(みやざきけんのけんどういちらん)は、宮崎県を通る県道の一覧である。 宮崎県の県道番号は1972年(昭和47年)11月に設定され、主要地方道は1 - 2桁(8号までは越境路線)、越境一般県道は100番台、宮崎県内完結一般県道のうち、起点が県北(東臼杵地域・西臼杵地域)のものは200番台、県央(宮崎東諸地域・児湯地域)のものは300番台、県南(北諸地域・西諸地域・南那珂地域)のものは400番台となっている。 主要地方道 1 小林えびの高原牧園線 2 都城隼人線 3 日南志布志線 4 - 5 (欠番) 6 日之影宇目線 7 緒方高千穂線 8 竹田五ヶ瀬線 9 宮崎西環状線 10 宮崎インター佐土原線 11 宮崎島之内線 12 都城東環状線 13 高岡郡司分線 14 佐土原国富線 15 日知屋財光寺線 16 稲葉崎平原線 国道10号延岡バイパス開通後の旧道。

creative commons(wikipedia:宮崎県道

宮崎県立宮崎西高等学校

宮崎県立宮崎西高等学校・附属中学校(みやざきけんりつ みやざきにしこうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう)は、宮崎県宮崎市大塚町柳ヶ迫に所在する県立中学校・高等学校。併設型中高一貫校。高校は「西高」(旧通学区域外からは「宮西」)、附属中学校は「西附」や「宮西附属」の通称で呼ばれている。 開校以前、宮崎市内には県立普通科高校は2校のみであり、増加する大学進学希望者を受け入れるため、1974年、人口増加が見込まれていた宮崎市西部に開校した。大塚台や生目台等のニュータウンの近くに所在し、閑静な環境にある。国公立大学志向が強く、東京大学に毎年10名程度、国公立大学には現役で毎年250名程度進学している。 2007年に附属中学校を開校した。宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校と違い、「学力向上」や「世界を舞台に活躍できる人材の育成」などを目的としている。中学校は全県から出願可能だが五ヶ瀬中等教育学校との併願は不可。中学校卒業者は原則理数科に進学する。これまでどおり他の中学校から高校の理数科に進学できるようにするため、理数科のクラスが1クラス増設された。

creative commons(wikipedia:宮崎県立宮崎西高等学校

宮崎県営鉄道妻線

『妻線』より : 妻線(つません)は、かつて宮崎県宮崎郡佐土原町(現・宮崎市)の佐土原駅と同県西都市の杉安駅とを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線(地方交通線)である。1980年の国鉄再建法施行にともない第1次特定地方交通線に指定され、1984年に全線が廃止された。 妻線は、宮崎駅に最初に乗り入れた鉄道である。宮崎駅へは現在の吉都線を経由して都城方面から官設鉄道(宮崎線)が延伸されるはずであったが、工事が遅れ、1913年に先に妻方面への宮崎県営鉄道が開業を果たしたものである。宮崎駅へは1916年10月に宮崎線が到達、県営鉄道も1917年9月に買収・国有化され、妻軽便線(つまけいべんせん。1922年に軽便鉄道法廃止により妻線に改称)となった。1920年9月には、宮崎本線の高鍋延長にともない、広瀬駅を移転して分岐駅とし、宮崎 - 広瀬間を妻軽便線から分離して宮崎本線に編入した。1922年8月には妻 - 杉安間が開業し、全通した。 1944年には、末端部の妻 - 杉安間が不要不急線として休止となったが、1947年に復活している。

creative commons(wikipedia:宮崎県営鉄道妻線

宮崎県総合運動公園第二硬式野球場

スタジアム名称 宮崎県総合運動公園第二硬式野球場(ひむかスタジアム)
愛称 Himuka Stadium
所在地 宮崎県宮崎市大字熊野藤兵衛中洲無番地(宮崎県総合運動公園内)
開場 1974年4月
所有者 宮崎県
管理・運用者 宮崎県スポーツ施設協会(指定管理者)
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 なし
設計者
使用チーム、大会 読売ジャイアンツが春季・秋季キャンプ地として使用
収容能力 15,000人
規模 グラウンド面積:13,000m²両翼:92 m中堅:122 m
フェンスの高さ
宮崎県総合運動公園第二硬式野球場(みやざきけんそうごううんどうこうえん・だいにこうしきやきゅうじょう)は、宮崎県宮崎市の宮崎県総合運動公園内にある野球場。愛称 ひむかスタジアム。施設は宮崎県が所有し、宮崎県スポーツ施設協会が指定管理者として運営管理を行っている。

creative commons(wikipedia:宮崎県総合運動公園第二硬式野球場

宮崎県中学校一覧

宮崎県中学校一覧(みやざきけんちゅうがっこういちらん)は、宮崎県の中学校および中等教育学校(前期課程)の一覧。 国立中学校 宮崎大学教育文化学部附属中学校(宮崎市) 公立中学校・中等教育学校 宮崎市 = 県立 = 宮崎県立宮崎西高等学校附属中学校 = 市立 = 都城市 = 県立 = 宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校附属中学校 = 市立 = 延岡市 日南市 小林市 日向市 串間市 西都市 えびの市 北諸県郡 三股町立三股中学校 西諸県郡 東諸県郡 児湯郡 東臼杵郡 西臼杵郡 = 県立 = 宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校 = 町立 = 私立中学校 関連項目 学校記事一覧 宮崎県特別支援学校一覧 宮崎県高等学校一覧 宮崎県小学校一覧 宮崎県幼稚園一覧 宮崎県中学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:宮崎県中学校一覧

宮崎県立宮崎大宮高等学校

宮崎県立宮崎大宮高等学校(みやざきけんりつみやざきおおみやこうとうがっこう)は、宮崎県宮崎市に所在する県立高等学校。 歴史 1888年(明治21年)宮崎県内初の県立中学校(旧制)として創立した「宮崎県立宮崎中学校」と、1896年(明治29年)に県内初の高等女学校として創立した「宮崎県立宮崎高等女学校」の2校を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により、以上の2校と商業学校2校が統合され、普通科と商業科を有する総合制の新制高等学校となる。現在は普通科と文科情報科の2学科を有している。旧制中学校の創立した(設置が議決された)1888年(明治21年)を創立年としており、2013年(平成25年)に創立125周年を迎え、宮崎県内の高等学校では最古の歴史を有する。進学 生徒の大半が国公立大学をはじめとする上級学校へ進学を目指している。1950年(昭和25年)-2010年(平成22年)の東大合格者数累計205名。1985年11名、1995年8名、2008年6名、2009年5名、2010年1名、2012年7名等。

creative commons(wikipedia:宮崎県立宮崎大宮高等学校

宮崎県高等学校一覧

宮崎県高等学校一覧(みやざきけん こうとうがっこういちらん)は、宮崎県の高等学校一覧。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。 公立高等学校 宮崎市 宮崎県立佐土原高等学校 宮崎県立宮崎大宮高等学校 宮崎県立宮崎海洋高等学校 宮崎県立宮崎北高等学校 宮崎県立宮崎工業高等学校 宮崎県立宮崎商業高等学校 宮崎県立宮崎西高等学校 宮崎県立宮崎農業高等学校 宮崎県立宮崎東高等学校{定時制} 宮崎県立宮崎南高等学校 都城市 宮崎県立高城高等学校 宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校 宮崎県立都城西高等学校 宮崎県立都城工業高等学校 宮崎県立都城商業高等学校 宮崎県立都城農業高等学校 延岡市 宮崎県立延岡高等学校 宮崎県立延岡工業高等学校 宮崎県立延岡商業高等学校 宮崎県立延岡星雲高等学校 宮崎県立延岡青朋高等学校{定時制} 日南市 宮崎県立日南高等学校 宮崎県立日南振徳高等学校 小林市 宮崎県立小林高等学校 宮崎県立小林秀峰高等学校 日向市 宮崎県立富島高等学校 宮崎県立日向高等学校 宮崎県立日向工業高等学校 串間市 宮崎県立福島高等学校 西都市 宮崎県立西都商業高等学校 宮崎県立妻高等学校 えびの市 宮崎県立飯野高等学校 東諸県郡 = 国富町 = 宮崎県立本庄高等学校 児湯郡 = 高鍋町 = 宮崎県立高鍋高等学校 宮崎県立高鍋農業高等学校 = 都農町 = 宮崎県立都農高等学校 東臼杵郡 = 門川町 = 宮崎県立門川高等学校 西臼杵郡 = 高千穂町 = 宮崎県立高千穂高等学校 = 五ヶ瀬町 = 宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校 私立高等学校 宮崎市 日南学園高等学校宮崎穎学館 日章学園高等学校 日向学院高等学校 鵬翔高等学校 宮崎日本大学高等学校 宮崎第一高等学校 宮崎学園高等学校 明倫館学院(広域通信制) その他 日章学園九州国際高等学校(えびの市) 小林西高等学校(小林市) 日南学園高等学校(日南市) 延岡学園高等学校(延岡市) 聖心ウルスラ学園高等学校(延岡市) 都城聖ドミニコ学園高等学校(都城市) 都城高等学校(都城市) 都城東高等学校(三股町) 関連項目 学校記事一覧 宮崎県特別支援学校一覧 宮崎県中学校一覧 宮崎県小学校一覧 宮崎県幼稚園一覧 宮崎県高等学校の廃校一覧 旧制中等教育学校の一覧 (宮崎県) 外部リンク 宮崎県教育委員会。

creative commons(wikipedia:宮崎県高等学校一覧

宮崎県幼稚園一覧

宮崎県幼稚園一覧(みやざきけんようちえんいちらん)は、宮崎県の幼稚園の一覧。 国立幼稚園 宮崎大学教育文化学部附属幼稚園 公立幼稚園 宮崎市 宮崎市立大塚台幼稚園 宮崎市立倉岡幼稚園 宮崎市立清武幼稚園 都城市 都城市立高城幼稚園 都城市立有水幼稚園 都城市立石山幼稚園 延岡市 延岡市立西階幼稚園 延岡市立南幼稚園 延岡市立北方幼稚園 延岡市立北浦幼稚園 日向市 日向市立寺迫幼稚園 日向市立東郷幼稚園 私立幼稚園 宮崎市 都城市 延岡市 日南市 小林市 日向市 串間市 こばと幼稚園 西都市 えびの市 北諸県郡 第一幼稚園 みまた幼稚園 西諸県郡 遍照幼稚園 東諸県郡 綾幼稚園 くにとみ幼稚園 児湯郡 東臼杵郡 門川幼稚園 栄ケ丘幼稚園 西臼杵郡 木の花幼稚園 第一高千穂幼稚園 関連項目 学校記事一覧 宮崎県特別支援学校一覧 宮崎県高等学校一覧 宮崎県中学校一覧 宮崎県小学校一覧。

creative commons(wikipedia:宮崎県幼稚園一覧

宮崎県立小林高等学校

宮崎県立小林高等学校(みやざきけんりつ こばやしこうとうがっこう)は、宮崎県小林市真方にある県立高等学校。通称は「コバ高」。 歴史 1919年(大正8年)創立の高等女学校と1921年(大正10年)創立の旧制中学校を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により以上2校が統合され新制高等学校として発足。旧制中学校の開校年を創立年としており、2016年(平成28年)に創立95周年を迎える。設置課程・学科 全日制課程 普通科 普通コース 体育コース(1学級) 探究科学コース(1学級)校訓 「立志鍛練」校章 木を3本、「小」の文字になるように並べ、中央に「高」の文字を置いている。校歌 作詞は黒木和雄、作曲は園山民平による。歌詞は3番まであり、歌詞中に校名は登場しない。歌詞は作詞者の黒木和雄が在学中に作詞したもの。学習 大量のプリントによる課題学習を特色としている。 沿革・歴史 旧制中学校(男子校)時代 1921年(大正10年) 4月1日 - 「宮崎県立小林中学校」が開校。

creative commons(wikipedia:宮崎県立小林高等学校

宮崎県営野球場

『サンマリンスタジアム宮崎』より : 宮崎県営野球場(みやざきけんえいやきゅうじょう)は、かつて宮崎県宮崎市の県営総合運動場内にあった野球場。2001年に閉鎖された。宮崎県が運営管理を行っていた。 JR宮崎駅に程近いところに位置していた県営総合運動場内に1936年11月開場。高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が行われていた。またプロ野球では読売ジャイアンツ(巨人)が春季・秋季キャンプ地として1974年まで使用していた。しかし施設の老朽化が著しく、市南部で整備が進められていた宮崎県総合運動公園内に宮崎市営野球場(現宮崎県総合運動公園第二硬式野球場)が1974年に完成したのに伴って、巨人のキャンプ地は市営球場に移転。また県内アマチュア公式戦の主開催球場も市営球場に移った。 両翼100m、中堅110m。 総合運動場内には野球場の他、陸上競技場やテニスコートなどがあったが、後年はいずれも老朽化が著しくなっていた。前述の県総合運動公園の整備事業が進捗し、2001年に宮崎県総合運動公園硬式野球場(サンマリンスタジアム宮崎)が完成したのに伴い、県営球場は2001年3月を以って閉鎖、用途廃止された。

creative commons(wikipedia:宮崎県営野球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引