【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

宮崎県日南市【地方公共団体・地方自治体】

日南市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、宮崎県日南市の紹介です。

宮崎県日南市のホームページ

日南市 概要・地域の情報やトピック

日南市

日南市(にちなんし)は、宮崎県の南部に位置する市。九州の小京都と称される飫肥(おび)や風光明媚な日南海岸国定公園などを抱える、歴史と自然あふれる観光の街である。 日本海流の影響により温暖な気候で、雨量も豊富である。また、夏から秋にかけては頻繁に台風が接近し、しばしば甚大な被害を受けることもある。 2004年度下半期に放映されたNHK朝の連続テレビ小説「わかば」の舞台のひとつとなった。 地理 鰐塚山系の山地に囲まれている。市の面積の約78パーセントを森林が覆い、その多くは特産の飫肥杉に占められている。 市内を東西を貫くかたちで酒谷川(さかたにがわ)が流れる。この川は河口付近で広渡川(ひろとがわ)と合流し、太平洋に注ぐ。 人口 戦国期は、天然の良港油津港(あぶらつ)を扼す飫肥城を巡って、戦国大名の伊東氏と島津氏の100年以上にわたる国盗りの舞台となった。江戸時代は一貫して伊東氏5万7千石の城下町として繁栄した。 市としての歴史は1950年1月1日の南那珂郡飫肥町、吾田町、油津町および東郷村の4町村の合併から始まる。

creative commons(wikipedia:日南市

日南市長

『日南市』より : 自治体名=日南市
都道府県=宮崎県
支庁=
コード=45204-1
面積=294.46
境界未定=なし
人口=45,998
人口の時点=2000年10月1日
隣接自治体=宮崎市、都城市、串間市、
南那珂郡南郷町 (宮崎県) 南郷町、北郷町、
北諸県郡三股町
木=スギ おびすぎ(飫肥杉)
花=ツワブキ つわぶき
シンボル名=市の鳥
鳥など=カワセミ かわせみ

creative commons(wikipedia:日南市長

日南市天福球場

スタジアム名称 日南市天福球場
愛称 Nichinan Tempuku Baseball Stadium
所在地 宮崎県日南市天福2-10
開場 1962年
所有者 日南市
管理・運用者
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 照明塔:4基
設計者
使用チーム、大会 広島東洋カープが春季・秋季キャンプ (プロ野球) キャンプ地として使用(1963年 - )
収容能力 2,000人
規模 グラウンド面積:-m²両翼:99 m、中堅:122 m
フェンスの高さ m
日南市天福球場(にちなんし・てんぷくきゅうじょう)は、宮崎県日南市の天福運動公園内にある野球場。同市が運営管理している。
1962年完成。翌1963年春から広島東洋カープが春季・秋季キャンプ (プロ野球) キャンプを実施している。春季キャンプではこの天福球場と日南総合運動公園野球場(東光寺球場)の2ヶ所を会場として使用しているが、天福球場は、キャンプ前半は主として二軍メンバーが、後半は沖縄市野球場での一次キャンプを終えて合流する一軍メンバーが使用している。

creative commons(wikipedia:日南市天福球場

日南市営天福球場

『天福球場』より : 日南市天福球場(にちなんし・てんぷくきゅうじょう)は、宮崎県日南市の天福運動公園内にある野球場。同市が運営管理している。 1962年完成。翌1963年春から広島東洋カープが春季・秋季キャンプを実施している。春季キャンプではこの天福球場と日南総合運動公園野球場(東光寺球場)の2ヶ所を会場として使用しているが、天福球場は2012年まで、キャンプ前半は主に二軍メンバーが、後半は沖縄市野球場での一次キャンプを終えて合流する一軍メンバーが使用していた。2013年は沖縄市野球場が施設老朽化に伴う改修工事を行ったため使用出来ず、2月1日のキャンプ初日から天福と東光寺の両球場で春季キャンプを行った。沖縄市野球場の改修工事が完了した2014年以降は開催の順番を入れ替え、天福球場で一軍一次キャンプを、沖縄市野球場で一軍二次キャンプを行っている。 2005年、老朽化のため球場全体の改修工事を行った。メインスタンドは全面改築されネット裏部分に屋根つきの2,000人収容のスタンドが完成した。また、それまで広島のキャンプ時には、外野フェンス沿いにかつての甲子園球場のラッキーゾーンを思わせるようなネットが取り付けられていた。

creative commons(wikipedia:日南市営天福球場

日南市総合運動公園野球場

日南総合運動公園野球場(にちなん・そうごううんどうこうえん・やきゅうじょう)は、宮崎県日南市の日南総合運動公園内にある野球場。東光寺球場(とうこうじきゅうじょう)とも呼ばれる。日南市が運営管理を行っている。 日南市天福球場と共に、広島東洋カープが春季・秋季キャンプを行っている。東光寺球場は主に二軍が、天福球場は主に一軍が使用する。なお前半は1軍が沖縄市野球場を使っている関係で、天福球場も2軍の主要キャンプを行っているが、2013年は沖縄市野球場が施設老朽化に伴う改修を行っているため使用できず、2月1日のキャンプ初日から当球場と天福の2つの球場で合宿を張っている。 なお、2009年3月を持って南郷町を新設合併で日南市に編入したため、南郷スタジアムでキャンプを張る埼玉西武ライオンズと併せて、2球団が日南市でキャンプを開催することとなった。 施設概要 両翼:92m、中堅:120m 内野:クレー舗装、外野:天然芝 照明設備:なし スコアボード:パネル式 収容人員:7,500人 運動公園内のその他の施設 多目的広場(サブグラウンド) 陸上競技場 おびすぎドーム(屋内練習場) 多目的体育館 テニスコート プール わんぱく広場 交通 日南線・日南駅からタクシーで約5分 関連項目 日本の野球場一覧 外部リンク 日南総合運動公園野球場(みやざき観光コンベンション協会) 日南市観光協会 広島東洋カープ日南協力会(日南商工会議所)。

creative commons(wikipedia:日南市総合運動公園野球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引