【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

鹿児島県【地方公共団体・地方自治体】

鹿児島県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、鹿児島県の紹介です。

鹿児島県のホームページ

鹿児島県 概要・地域の情報やトピック

鹿児島県

鹿児島県(かごしまけん)は、九州南部に位置する日本の都道府県である。九州島の南側には離島(薩南諸島)が点在する。九州島の部分は県本土と表現され、2つの半島(薩摩半島・大隅半島)を有する。南北の距離は600km、海岸線は2,722kmに及ぶ。県庁所在地は鹿児島市。 世界遺産の屋久島や、種子島宇宙センター、霧島山などがあり、自然・文化・観光・産業などの面において、豊富な資源を有している。 鹿児島神宮(霧島市隼人町)に由来する。「鹿児島」の語源は、天津日高彦穂々出見尊(山幸彦)が海神宮(わたつみ)に行く際に乗った舟が鹿児山で作られたという説や、「神籠もる島」という説、「カゴ」は崖という意味で、四方が崖に囲まれている桜島は「カゴ島」と謂われ、鹿児島は桜島の古い名であるという説、など諸説ある。 元々は、薩摩(さつま)国・大隅(おおすみ)国・多禰国の三カ国であった。 現在鹿児島市と鹿児島神宮は離れているが、鹿児島郡設置当初は天降川までが鹿児島郡内であった。 地理・地域 主に本土と呼ばれる九州島の部分(薩摩・大隅地方)と離島と呼ばれる薩南諸島(種子島・屋久島地方と奄美地方)に分かれる。

creative commons(wikipedia:鹿児島県

鹿児島県出身の人物一覧

鹿児島県出身の人物一覧(かごしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する鹿児島県出身の人物の一覧表である。なお、自治体名は合併・改名後のもの。 公人 内閣総理大臣 黒田清隆(第2代内閣総理大臣):鹿児島市 松方正義(第4代・第6代内閣総理大臣):鹿児島市 山本権兵衛(第16代・第22代内閣総理大臣):鹿児島市 官僚・閣僚 = 大警視・警視総監 = 国会議員 知事 県令・官選知事 市町村長 = 官選 = 市来乙彦(東京市長) 田尻稲次郎(東京市長) = 公選 = 森博幸(鹿児島市長) 竹原信一(阿久根市長) 笹山幸俊(元神戸市長) 田畑金光(元いわき市長) 行政 加治木俊道(大蔵省証券局長、関西電力副社長) 法曹 岸良兼養(第3代大審院長、大審院は最高裁判所の前身) 泉二新熊(第20代大審院長):龍郷町 田中耕太郎(第2代最高裁長官(鹿児島市で出生、出身地は佐賀県)) 藤崎萬里(最高裁判事等を歴任) 龍岡資晃(広島・福岡高裁長官等を歴任) 植村立郎(東京高裁総括判事等を歴任) 日銀総裁 吉原重俊(初代総裁):鹿児島市 三島弥太郎(8代総裁、貴族院議員):鹿児島市 市来乙彦(10代総裁、東京市長、大蔵大臣) 大日本帝国陸軍軍人 大日本帝国海軍軍人 幹部自衛官 文化人 長寿人 泉重千代:伊仙町 本郷かまと:伊仙町 徳田二次郎:南九州市 田島ナビ:喜界町 学者・教育者 評論家 末吉竹二郎(国際金融アナリスト):鹿児島市 財部誠一(経済エコノミスト) 北浜流一郎(株式評論家):阿久根市 大小田八尋(軍事評論家) 岡留安則(元雑誌『噂の真相』編集長):曽於市 藤川毅(音楽評論家):鹿児島市 外山恒一(政治評論家):霧島市(旧:隼人町) 中島河太郎(ミステリー文学評論家):鹿児島市 山崎行太郎(文芸評論家) 宗教家 池口恵観(高野山真言宗大僧正伝灯大阿闍梨、最福寺法主):東串良町 宍野半(富士講教派神道派扶桑教初代管長:薩摩川内市 画家 黒田清輝:鹿児島市 東郷青児:鹿児島市 藤島武二:鹿児島市 橋口五葉:鹿児島市 和田英作:垂水市 吉井淳二:曽於市 海老原喜之助:鹿児島市 床次正精:鹿児島市 八島太郎:南大隅町(長男はハリウッド俳優のマコ岩松) 山下三千夫:鹿児島市 美術家 湊ヒロム(イラスト・レーター) 外原俊: 高嶺格:鹿児島市 写真家 イチローナガタ:鹿児島市 迫川尚子:種子島 永井守:西之表市 橋口譲二:鹿児島市 窪徳健作 熊副穣:鹿児島市 陶芸家 西郷隆文:鹿児島市 彫刻家・造形作家 茶圓勝彦(世界的砂像彫刻作家):南さつま市(旧加世田市) 朝隈俊男(動物造形作家):指宿市 帖佐美行(彫金作家):さつま町 建築家 岩元禄:鹿児島市 高崎正治:指宿市 山下啓次郎:鹿児島市 有馬裕之: 早川邦彦: 山下保博:奄美大島 作家 俳人・詩人・歌人 今辻和典(詩人) 春日真木子(歌人):鹿児島市 今井白楊(詩人):薩摩川内市 平川綾真智(詩人):鹿児島市 新藤涼子(詩人) ななおさかき(詩人) 三角みづ紀(詩人):鹿児島市 杉田久女(俳人):鹿児島市 篠原鳳作(俳人):鹿児島市 作曲家 瀬戸口藤吉:垂水市 崎元仁:鹿児島市 松永政信:姶良市 馬場泰久:鹿児島市 久保禎:鹿屋市 田口和行:鹿屋市 ロクリアン正岡: 小田裕一郎(『青い珊瑚礁』をはじめ、松田聖子初期に多くの楽曲を提供) 牧野信博 YANAGIMAN(ケツメイシ、FUNKY MONKEY BABYSなど著名なアーティストをプロデュース:鹿児島市 安藤実親:鹿児島市 鶴田睦夫:指宿市 吉俣良:鹿児島市(弟はMBCタレントのよし俣とよしげ) 演奏家 尾崎晋也(世界的指揮者):鹿児島市 下野竜也(指揮者):鹿児島市 末廣誠(指揮者):鹿児島市 久保陽子(ヴァイオリン) 川畑真一(クラリネット):枕崎市 木下美穂子(ソプラノ):鹿児島市 吉嶺史晴(リコーダー):鹿児島市 中牟礼貞則(ジャズギタリスト):出水市 外囿祥一郎(ユーフォニアム) 大茂絵里子(打楽器) 中村智子(ソプラノ):肝付町 漫画家 映画監督 中原俊:鹿児島市 山下賢章:串良町 山本薩夫:鹿児島市 小澤啓一:南九州市 月野木隆:霧島市 吉田大八 尾上克郎:いちき串木野市 坂口香津美 山下耕作 古勝敦:奄美市 アニメーション制作関係者 加藤久仁生 (アニメーション監督、作家):鹿児島市 今掛勇(アニメーター、アニメ監督) 迫井政行(アニメ監督、演出家) 土器手司(アニメーター):指宿市 長浜忠夫(アニメ監督、演出家) 松元理人(アニメプロデューサー):出水市 ゲームクリエーター 上国料勇 荒川健 今村哲裕;日置市 種子島貴 川上大典(ゲームシナリオライター) 脚本家 武上純希 西園悟:鹿児島市 右田昌万:鹿児島市 演出家 芹川藍:鹿屋市 映画プロデューサー 山本又一朗 原田泉:日置市 書籍編集者 今井田勲 料理人 中村勝宏(フランス料理、日本人初となるパリ・ミシュラン星を獲得):阿久根市 坂井宏行(フランス料理、テレビ番組『料理の鉄人』でのフレンチの鉄人):出水市 吉野建(フランス料理):喜界町 実業家・企業人・公企業役員等 稲盛和夫(京セラ創業者・名誉会長、KDDI最高顧問、日本航空名誉会長):鹿児島市 上野十蔵(中外製薬創業者・初代社長):薩摩川内市 川崎正蔵(神戸新聞社・川崎造船所(現・川崎重工)創業者):鹿児島市 本田親男(第8代毎日新聞社社長、初代毎日放送会長) 松方幸次郎(川崎汽船・九州電気軌道(西日本鉄道の前身)創業者):鹿児島市 松方正雄(大阪放送局(NHK大阪放送局の前身)理事長、大阪野球倶楽部(現・阪神タイガース)初代会長) 山本実彦(改造社出版社・創業者):薩摩川内市 五代友厚(大阪商工会議所創立者・初代会頭):鹿児島市 俣木盾夫(電通元代表取締役社長・会長) 川口幹夫(元NHK会長):南九州市(旧:川辺町) 徳田虎雄(特定医療法人徳洲会グループ創立者):徳之島町 稲村公望(日本郵便副会長):天城町 加治佐俊一(マイクロソフトディベロップメント代表取締役社長) 永山武臣(松竹元会長):鹿児島市 野間口有(三菱電機取締役会長) 山口俊郎(セブン-イレブン元代表取締役社長):鹿児島市 山下隆(中国電力取締役会長代表取締役):曽於市 山元峯生(元全日本空輸代表取締役社長):曽於市 国生義夫(明治乳業元社長・会長) 佐藤健太郎(GMOペパボ代表取締役社長):鹿児島市 牧之内繁男(ロームアポロ創業者):日置市 下村朱美(ミス・パリ・グループ&男性エステダンディハウス)創業者:中種子町 久永勝一郎(元日本レダリー会長、元日本スケート連盟会長):鹿児島市 村橋久成(薩摩藩士、日本初となる麦酒醸造所創立者:鹿児島市 長澤鼎(薩摩藩士、米国カリフォルニアのワイン王 バロン・ナガサワ):鹿児島市 岩谷松平(天狗煙草創業者):薩摩川内市 堀之内九一郎(株式会社生活創庫創業者、元代表取締役):鹿屋市 芸能人 タレント 宮尾すすむ:薩摩川内市 恵俊彰:鹿児島市 国生さゆり(元おニャン子クラブ):鹿屋市 はしのえみ:鹿児島市 亀山忍:奄美市 英明:鹿屋市 堂満梨紗 上白石萌歌 玉利かおる 川村あんな 竹下玲奈:奄美大島 入来茉里 菊浦啓子:鹿児島市 朝倉みず希 金子彩:薩摩川内市 槙原あこ TAKERU (歌手):いちき串木野市 浜崎美保(ラジオパーソナリティ,モデル) モデル (その後、女優に転進した人物も含む) 加藤ローサ:鹿児島市 榮倉奈々:肝付町内之浦(育ちは神奈川県相模原市) 井手迫弘美:薩摩川内市 池田沙絵美 矢松亜由美 ながせみほ 小濱なつき 斉木のか 小泉里子:串木野市(育ちは横浜市) アイドル 上原美優:種子島 大迫麗香 大原優乃(Dream5) 折田みゆき(元MISSION・Hipp's) 柏木由紀(AKB48・NGT48):鹿児島市 桜庭ななみ:出水市 笹峰愛:加治木町 下青木香鈴(AKB48):薩摩川内市 新原聖生(さんみゅ〜):湧水町 野元空(Fairies) 宮脇咲良(HKT48・AKB48) 山出愛子(さくら学院) グループ 星グランマニエ(氣志團):鹿児島市 白鳥松竹梅(氣志團):鹿児島市 鮫島秀樹(元ツイスト・HOUND DOG、ベーシスト):鹿児島市 伊黒俊彦(元エコーズ)、ベーシスト):姶良町 スパークリング☆ポイント バンド ちゃんMARI (ゲスの極み乙女。

creative commons(wikipedia:鹿児島県出身の人物一覧

鹿児島県出身の有名人一覧

鹿児島県出身の人物一覧(かごしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する鹿児島県出身の人物の一覧表である。なお、自治体名は合併・改名後のもの。 公人 内閣総理大臣 黒田清隆(第2代内閣総理大臣):鹿児島市 松方正義(第4代・第6代内閣総理大臣):鹿児島市 山本権兵衛(第16代・第22代内閣総理大臣):鹿児島市 官僚・閣僚 = 大警視・警視総監 = 国会議員 知事 県令・官選知事 市町村長 = 官選 = 市来乙彦(東京市長) 田尻稲次郎(東京市長) = 公選 = 森博幸(鹿児島市長) 竹原信一(阿久根市長) 笹山幸俊(元神戸市長) 田畑金光(元いわき市長) 行政 加治木俊道(大蔵省証券局長、関西電力副社長) 法曹 岸良兼養(第3代大審院長、大審院は最高裁判所の前身) 泉二新熊(第20代大審院長):龍郷町 田中耕太郎(第2代最高裁長官(鹿児島市で出生、出身地は佐賀県)) 藤崎萬里(最高裁判事等を歴任) 龍岡資晃(広島・福岡高裁長官等を歴任) 植村立郎(東京高裁総括判事等を歴任) 日銀総裁 吉原重俊(初代総裁):鹿児島市 三島弥太郎(8代総裁、貴族院議員):鹿児島市 市来乙彦(10代総裁、東京市長、大蔵大臣) 大日本帝国陸軍軍人 大日本帝国海軍軍人 幹部自衛官 文化人 長寿人 泉重千代:伊仙町 本郷かまと:伊仙町 徳田二次郎:南九州市 田島ナビ:喜界町 学者・教育者 評論家 末吉竹二郎(国際金融アナリスト):鹿児島市 財部誠一(経済エコノミスト) 北浜流一郎(株式評論家):阿久根市 大小田八尋(軍事評論家) 岡留安則(元雑誌『噂の真相』編集長):曽於市 藤川毅(音楽評論家):鹿児島市 外山恒一(政治評論家):霧島市(旧:隼人町) 中島河太郎(ミステリー文学評論家):鹿児島市 山崎行太郎(文芸評論家) 宗教家 池口恵観(高野山真言宗大僧正伝灯大阿闍梨、最福寺法主):東串良町 宍野半(富士講教派神道派扶桑教初代管長:薩摩川内市 画家 黒田清輝:鹿児島市 東郷青児:鹿児島市 藤島武二:鹿児島市 橋口五葉:鹿児島市 和田英作:垂水市 吉井淳二:曽於市 海老原喜之助:鹿児島市 床次正精:鹿児島市 八島太郎:南大隅町(長男はハリウッド俳優のマコ岩松) 山下三千夫:鹿児島市 美術家 湊ヒロム(イラスト・レーター) 外原俊: 高嶺格:鹿児島市 写真家 イチローナガタ:鹿児島市 迫川尚子:種子島 永井守:西之表市 橋口譲二:鹿児島市 窪徳健作 熊副穣:鹿児島市 陶芸家 西郷隆文:鹿児島市 彫刻家・造形作家 茶圓勝彦(世界的砂像彫刻作家):南さつま市(旧加世田市) 朝隈俊男(動物造形作家):指宿市 帖佐美行(彫金作家):さつま町 建築家 岩元禄:鹿児島市 高崎正治:指宿市 山下啓次郎:鹿児島市 有馬裕之: 早川邦彦: 山下保博:奄美大島 作家 俳人・詩人・歌人 今辻和典(詩人) 春日真木子(歌人):鹿児島市 今井白楊(詩人):薩摩川内市 平川綾真智(詩人):鹿児島市 新藤涼子(詩人) ななおさかき(詩人) 三角みづ紀(詩人):鹿児島市 杉田久女(俳人):鹿児島市 篠原鳳作(俳人):鹿児島市 作曲家 瀬戸口藤吉:垂水市 崎元仁:鹿児島市 松永政信:姶良市 馬場泰久:鹿児島市 久保禎:鹿屋市 田口和行:鹿屋市 ロクリアン正岡: 小田裕一郎(『青い珊瑚礁』をはじめ、松田聖子初期に多くの楽曲を提供) 牧野信博 YANAGIMAN(ケツメイシ、FUNKY MONKEY BABYSなど著名なアーティストをプロデュース:鹿児島市 安藤実親:鹿児島市 鶴田睦夫:指宿市 吉俣良:鹿児島市(弟はMBCタレントのよし俣とよしげ) 演奏家 尾崎晋也(世界的指揮者):鹿児島市 下野竜也(指揮者):鹿児島市 末廣誠(指揮者):鹿児島市 久保陽子(ヴァイオリン) 川畑真一(クラリネット):枕崎市 木下美穂子(ソプラノ):鹿児島市 吉嶺史晴(リコーダー):鹿児島市 中牟礼貞則(ジャズギタリスト):出水市 外囿祥一郎(ユーフォニアム) 大茂絵里子(打楽器) 中村智子(ソプラノ):肝付町 漫画家 映画監督 中原俊:鹿児島市 山下賢章:串良町 山本薩夫:鹿児島市 小澤啓一:南九州市 月野木隆:霧島市 吉田大八 尾上克郎:いちき串木野市 坂口香津美 山下耕作 古勝敦:奄美市 アニメーション制作関係者 加藤久仁生 (アニメーション監督、作家):鹿児島市 今掛勇(アニメーター、アニメ監督) 迫井政行(アニメ監督、演出家) 土器手司(アニメーター):指宿市 長浜忠夫(アニメ監督、演出家) 松元理人(アニメプロデューサー):出水市 ゲームクリエーター 上国料勇 荒川健 今村哲裕;日置市 種子島貴 川上大典(ゲームシナリオライター) 脚本家 武上純希 西園悟:鹿児島市 右田昌万:鹿児島市 演出家 芹川藍:鹿屋市 映画プロデューサー 山本又一朗 原田泉:日置市 書籍編集者 今井田勲 料理人 中村勝宏(フランス料理、日本人初となるパリ・ミシュラン星を獲得):阿久根市 坂井宏行(フランス料理、テレビ番組『料理の鉄人』でのフレンチの鉄人):出水市 吉野建(フランス料理):喜界町 実業家・企業人・公企業役員等 稲盛和夫(京セラ創業者・名誉会長、KDDI最高顧問、日本航空名誉会長):鹿児島市 上野十蔵(中外製薬創業者・初代社長):薩摩川内市 川崎正蔵(神戸新聞社・川崎造船所(現・川崎重工)創業者):鹿児島市 本田親男(第8代毎日新聞社社長、初代毎日放送会長) 松方幸次郎(川崎汽船・九州電気軌道(西日本鉄道の前身)創業者):鹿児島市 松方正雄(大阪放送局(NHK大阪放送局の前身)理事長、大阪野球倶楽部(現・阪神タイガース)初代会長) 山本実彦(改造社出版社・創業者):薩摩川内市 五代友厚(大阪商工会議所創立者・初代会頭):鹿児島市 俣木盾夫(電通元代表取締役社長・会長) 川口幹夫(元NHK会長):南九州市(旧:川辺町) 徳田虎雄(特定医療法人徳洲会グループ創立者):徳之島町 稲村公望(日本郵便副会長):天城町 加治佐俊一(マイクロソフトディベロップメント代表取締役社長) 永山武臣(松竹元会長):鹿児島市 野間口有(三菱電機取締役会長) 山口俊郎(セブン-イレブン元代表取締役社長):鹿児島市 山下隆(中国電力取締役会長代表取締役):曽於市 山元峯生(元全日本空輸代表取締役社長):曽於市 国生義夫(明治乳業元社長・会長) 佐藤健太郎(GMOペパボ代表取締役社長):鹿児島市 牧之内繁男(ロームアポロ創業者):日置市 下村朱美(ミス・パリ・グループ&男性エステダンディハウス)創業者:中種子町 久永勝一郎(元日本レダリー会長、元日本スケート連盟会長):鹿児島市 村橋久成(薩摩藩士、日本初となる麦酒醸造所創立者:鹿児島市 長澤鼎(薩摩藩士、米国カリフォルニアのワイン王 バロン・ナガサワ):鹿児島市 岩谷松平(天狗煙草創業者):薩摩川内市 堀之内九一郎(株式会社生活創庫創業者、元代表取締役):鹿屋市 芸能人 タレント 宮尾すすむ:薩摩川内市 恵俊彰:鹿児島市 国生さゆり(元おニャン子クラブ):鹿屋市 はしのえみ:鹿児島市 亀山忍:奄美市 英明:鹿屋市 堂満梨紗 上白石萌歌 玉利かおる 川村あんな 竹下玲奈:奄美大島 入来茉里 菊浦啓子:鹿児島市 朝倉みず希 金子彩:薩摩川内市 槙原あこ TAKERU (歌手):いちき串木野市 浜崎美保(ラジオパーソナリティ,モデル) モデル (その後、女優に転進した人物も含む) 加藤ローサ:鹿児島市 榮倉奈々:肝付町内之浦(育ちは神奈川県相模原市) 井手迫弘美:薩摩川内市 池田沙絵美 矢松亜由美 ながせみほ 小濱なつき 斉木のか 小泉里子:串木野市(育ちは横浜市) アイドル 上原美優:種子島 大迫麗香 大原優乃(Dream5) 折田みゆき(元MISSION・Hipp's) 柏木由紀(AKB48・NGT48):鹿児島市 桜庭ななみ:出水市 笹峰愛:加治木町 下青木香鈴(AKB48):薩摩川内市 新原聖生(さんみゅ〜):湧水町 野元空(Fairies) 宮脇咲良(HKT48・AKB48) 山出愛子(さくら学院) グループ 星グランマニエ(氣志團):鹿児島市 白鳥松竹梅(氣志團):鹿児島市 鮫島秀樹(元ツイスト・HOUND DOG、ベーシスト):鹿児島市 伊黒俊彦(元エコーズ)、ベーシスト):姶良町 スパークリング☆ポイント バンド ちゃんMARI (ゲスの極み乙女。

creative commons(wikipedia:鹿児島県出身の有名人一覧

鹿児島県小学校一覧

鹿児島県小学校一覧(かごしまけんしょうがっこういちらん)は、鹿児島県の小学校の一覧。 国立小学校 鹿児島大学教育学部附属小学校 公立小学校 鹿児島市 鹿屋市 枕崎市 阿久根市 出水市 指宿市 西之表市 垂水市 薩摩川内市 日置市 曽於市 霧島市 いちき串木野市 南さつま市 志布志市 奄美市 南九州市 伊佐市 姶良市 鹿児島郡 = 三島村 = = 十島村 = 薩摩郡 = さつま町 = 出水郡 = 長島町 = 姶良郡 = 湧水町 = 曽於郡 = 大崎町 = 肝属郡 = 東串良町 = = 肝付町 = = 錦江町 = = 南大隅町 = 熊毛郡 = 中種子町 = = 南種子町 = = 屋久島町 = 大島郡 = 大和村 = = 宇検村 = = 瀬戸内町 = = 龍郷町 = = 喜界町 = = 徳之島町 = = 天城町 = = 伊仙町 = = 和泊町 = = 知名町 = = 与論町 = 私立小学校 池田学園池田小学校 神村学園初等部・中等部・高等部 鹿児島三育小学校 関連項目 学校記事一覧 鹿児島県特別支援学校一覧 鹿児島県高等学校一覧 鹿児島県中学校一覧 鹿児島県幼稚園一覧 鹿児島県小学校の廃校一覧 外部リンク 鹿児島県教育委員会。

creative commons(wikipedia:鹿児島県小学校一覧

鹿児島県の廃止市町村一覧

鹿児島県の廃止市町村一覧(かごしまけんのはいししちょうそんいちらん)は鹿児島県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:串木野町→串木野市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:西市来村→市来町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:鹿児島県の廃止市町村一覧

鹿児島県立大学

『鹿児島大学』より : 鹿児島県立大学(かごしまけんりつだいがく、公用語表記: 鹿児島県立大学)は、鹿児島県鹿児島市に本部を置いていた日本の公立大学である。1949年に設置された。 1955年7月に国立鹿児島大学に併合された。 第二次世界大戦後の学制改革において、鹿児島県内の旧制高等教育機関は、官立学校は (国立) 鹿児島大学に、県立学校は県立鹿児島大学にと、それぞれ別個の新制総合大学に統合された。県立鹿児島大学に統合されたのは、旧制県立鹿児島医科大学 (および前身の旧制鹿児島医学専門学校)・旧制鹿児島県立工業専門学校であり、医学部および工学部となった。1950年、旧制鹿児島県立女子専門学校が併合され、短期大学部となった。 県立鹿児島大学は設立後まもなく鹿児島県立大学と改称された。旧制の県立医科大学から新制医学部への移行は、他の医科大学と同様、1952年2月のことである。1955年7月には鹿児島大学に併合されてその医学部・工学部となり、短期大学部は独立して鹿児島県立短期大学となった。

creative commons(wikipedia:鹿児島県立大学

鹿児島県女子師範学校

『鹿児島大学』より : 鹿児島師範学校 (かごしましはんがっこう) は、1943年(昭和18年)に鹿児島県に設置された官立の師範学校である。 本項は鹿児島県師範学校・鹿児島県女子師範学校などの前身諸校を含めて記述する。 1875年(明治8年)に創設された「小学校授業講習所」を起源とする。 1943年(昭和18年)鹿児島県師範学校と鹿児島県女子師範学校が統合の上、官立(国立)への移管により設置され、男子部・女子部が置かれた。 戦後の1949年(昭和24年)学制改革で新制鹿児島大学教育学部の母体の一つとなった。 沿革 県立期 小学校授業講習所 1875年(明治8年)5月 - 山下町の鹿児島県庁構内(現・鹿児島市中央公民館付近)に「小学校授業講習所」が設置される。旧・鹿児島師範学校1876年(明治9年)9月 - 「鹿児島師範学校」と改称。 1877年(明治10年) 6月 - 西南戦争により閉鎖される。 11月 - 樋之口町の松原小学校構内に仮校舎を設置し、再開。 1878年(明治11年) 3月 - 附属小学校を開設。

creative commons(wikipedia:鹿児島県女子師範学校

鹿児島県の県道一覧

鹿児島県の県道一覧(かごしまけんのけんどういちらん)は、鹿児島県を通る県道の一覧である。 鹿児島県においては、路線番号は1972年(昭和47年)8月に設定され、1桁および2桁の番号は主要地方道、100番台は越境一般県道(ただし、2006年現在では101号は県内完結)、201番以降は鹿児島県内完結一般県道となった。また、主要地方道及び一般県道とは別に自転車道の路線番号も設定されている。 総延長の最長・最短 総延長が最も長い県道 - 県道79号名瀬瀬戸内線(100.742キロメートル)、旧道を含めた場合は県道68号鹿屋吾平佐多線の105.778キロメートルだが、重用区間・未供用区間を除いた実延長は80.662キロメートル。 総延長が最も短い県道 - 県道362号阿久根停車場線(23メートル) 主要地方道 1 小林えびの高原牧園線 2 都城隼人線 3 日南志布志線(1982年12月17日認定) 4 - 13 (欠番) 14 (欠番):(阿久根牛深線 - 1976年9月1日限り廃止) 15 人吉水俣線 16 鹿児島吉田線(1994年3月11日認定) 17 指宿鹿児島インター線(指宿スカイライン、1981年7月24日に指宿鹿児島西インター線から改称) 18 鹿児島北インター線(1994年3月11日認定) 19 鹿児島川辺線(1994年3月11日認定) - 南薩縦貫道川辺道路の区間を含む 20 鹿児島加世田線 - 総延長40.233キロメートル、実延長36.723キロメートル。

creative commons(wikipedia:鹿児島県の県道一覧

鹿児島県道

『鹿児島県の県道一覧』より : 鹿児島県の県道一覧(かごしまけんのけんどういちらん)は、鹿児島県を通る県道の一覧である。 鹿児島県においては、路線番号は1972年(昭和47年)8月に設定され、1桁および2桁の番号は主要地方道、100番台は越境一般県道(ただし、2006年現在では101号は県内完結)、201番以降は鹿児島県内完結一般県道となった。また、主要地方道及び一般県道とは別に自転車道の路線番号も設定されている。 総延長の最長・最短 総延長が最も長い県道 - 県道79号名瀬瀬戸内線(100.742キロメートル)、旧道を含めた場合は県道68号鹿屋吾平佐多線の105.778キロメートルだが、重用区間・未供用区間を除いた実延長は80.662キロメートル。 総延長が最も短い県道 - 県道362号阿久根停車場線(23メートル) 主要地方道 1 小林えびの高原牧園線 2 都城隼人線 3 日南志布志線(1982年12月17日認定) 4 - 13 (欠番) 14 (欠番):(阿久根牛深線 - 1976年9月1日限り廃止) 15 人吉水俣線 16 鹿児島吉田線(1994年3月11日認定) 17 指宿鹿児島インター線(指宿スカイライン、1981年7月24日に指宿鹿児島西インター線から改称) 18 鹿児島北インター線(1994年3月11日認定) 19 鹿児島川辺線(1994年3月11日認定) - 南薩縦貫道川辺道路の区間を含む 20 鹿児島加世田線 - 総延長40.233キロメートル、実延長36.723キロメートル。

creative commons(wikipedia:鹿児島県道

鹿児島県高等学校一覧

鹿児島県高等学校一覧(かごしまけん こうとうがっこういちらん)は、鹿児島県の高等学校の一覧。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。()内は所在地。 ※公立高等学校の学区は、2011(平成23)年度公立高等学校入学者選抜時現在のもの。 公立高等学校 県立高等学校 = 全日制普通科 = ☆: 全日制普通科以外の学科も併設している学校 == 学区制限なし 鹿児島県立開陽高等学校(鹿児島市) ☆ - 単位制のため学区制限なし 鹿児島県立楠隼高等学校(肝付町)- 全寮制で全国から生徒を募集するため学区制限なし 鹿児島県立鹿児島東高等学校(鹿児島市) H27は学区枠を設けない方針※三島村、十島村、薩摩川内市のうち里・上甑・海陽・海星・鹿島中学校の校区、長島町のうち獅子島中学校の校区、屋久島町のうち金岳中学校の校区、瀬戸内町のうち与路・池地中学校の校区の居住者には学区制が適用されず、県内すべての学校を受験できる。

creative commons(wikipedia:鹿児島県高等学校一覧

鹿児島県中学校一覧

鹿児島県中学校一覧(かごしまけんちゅうがっこういちらん)は、鹿児島県の中学校の一覧。 国立中学校 鹿児島大学教育学部附属中学校 公立中学校 鹿児島市 鹿屋市 枕崎市 阿久根市 出水市 指宿市 西之表市 西之表市立種子島中学校 垂水市 垂水市立垂水中央中学校 薩摩川内市 日置市 曽於市 霧島市 いちき串木野市 南さつま市 志布志市 奄美市 南九州市 伊佐市 姶良市 鹿児島郡 = 三島村 = = 十島村 = 薩摩郡 = さつま町 = 出水郡 = 長島町 = 姶良郡 = 湧水町 = 曽於郡 = 大崎町 = 大崎町立大崎中学校 肝属郡 = 東串良町 = 東串良町立東串良中学校 = 肝付町 = = 錦江町 = = 南大隅町 = 熊毛郡 = 中種子町 = = 南種子町 = 南種子町立南種子中学校 = 屋久島町 = 大島郡 = 大和村 = 大和村立大和中学校 = 宇検村 = = 瀬戸内町 = = 龍郷町 = = 喜界町 = 喜界町立喜界中学校 = 徳之島町 = = 天城町 = = 伊仙町 = = 和泊町 = = 知名町 = = 与論町 = 与論町立与論中学校 私立中学校 鹿児島市 池田学園池田中学校 鹿児島修学館中学校 鹿児島純心女子中学校 志學館中等部 ラ・サール中学校 薩摩川内市 れいめい中学校 日置市 鹿児島育英館中学校 霧島市 鹿児島第一中学校 いちき串木野市 神村学園中等部 伊佐市 大口明光学園中学校 関連項目 学校記事一覧 鹿児島県特別支援学校一覧 鹿児島県高等学校一覧 鹿児島県小学校一覧 鹿児島県幼稚園一覧 鹿児島県中学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:鹿児島県中学校一覧

鹿児島県立鹿屋高等学校

鹿児島県立鹿屋高等学校(かごしまけんりつ かのやこうとうがっこう 英語: Kanoya High School)は、鹿児島県鹿屋市白崎町にある全日制普通科の高等学校。通称『鹿屋高校』、または『普通校』(鹿屋市内では普通科単独の高校が同校のみであるため)。2011年度より、曽於学区と合併し大隅学区となる。 前身 鹿児島県立鹿屋中学校(1923年) 鹿児島県立鹿屋高等女学校(1925年) = 設立の経緯 = 元々同校は、明治時代に旧制第五中学校として設立される計画であった。 1900年(明治33年)当時の鹿児島県には、鹿児島県中学造士館、鹿児島県第一中学校、鹿児島県第二中学校、鹿児島県第三中学校、鹿児島県第四中学校があった。明治時代の県議会史記録によれば、鹿児島県第五中学校(鹿屋)、鹿児島県第六中学校(志布志)が、いわゆるナンバースクールとして予定されていた。 1899年(明治32年)の通常県議会において時の知事・加納久宜が、建築費が可決されていた第五尋常中学校を畜産学校に改めるという知事諮問案を提出。

creative commons(wikipedia:鹿児島県立鹿屋高等学校

鹿児島県立鹿児島工業高等学校

鹿児島県立鹿児島工業高等学校(かごしまけんりつかごしまこうぎょうこうとうがっこう 英語: Kagoshima Technical High School)は、鹿児島県鹿児島市草牟田二丁目に所在する県立工業高等学校。鹿工(ろっこう)の通称で呼ばれている。 1908年(明治41年)に鹿児島郡立工業徒弟学校として開校。全国の多くの工業高校と同様に男女共学であるが生徒の9割は男子であり、2万人を超える卒業生を送り出している。本校のシンボルとして1920年(大正9年)に造られた大煙突があり、校歌にも歌われている。2004年(平成16年)6月9日に文化庁の登録有形文化財に登録された。 学校及び全国的な通称は『鹿工』(ろっこう)。但し、鹿児島市内近郊の住民は通称が言い辛いせいか、『工業』(こうぎょう)と呼んで同じような通称を持つ鹿児島高等学校(通称:鹿高(かこう))と区別している。 教育課程 1年次は類別に、2年次及び3年次は類ごとに設置された「系」によって学級編成され、所属する「系」は1年次の2学期末に選択する。

creative commons(wikipedia:鹿児島県立鹿児島工業高等学校

鹿児島県立鴨池野球場

スタジアム名称 鹿児島県立鴨池野球場
愛称 Kagoshima PrefecturalKamoike Baseball Stadium
所在地 鹿児島県鹿児島市与次郎2-2-2(鴨池公園内)
開場 1970年
所有者 鹿児島県
管理・運用者 セイカスポーツグループ(指定管理者)
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 照明塔:6基最大照度:投捕間2000Lx     内 野1500Lx     外 野1000Lx
設計者
収容能力 30,000人
規模 グラウンド面積:12964.6m²両翼:98 m中堅:122 m
フェンスの高さ -m
鹿児島市には、市が運営管理する鴨池市民球場がある。1928年に野球用グラウンドとして整備され、その後スタンドの建設や増築を行いながら使用されてきた。アマチュア公式戦をはじめ、プロ野球の公式戦やキャンプなどが行われていたが、敷地が狭隘で増築が難しい上、1972年には鹿児島県が国民体育大会の開催を控えており本格的なスポーツ施設が必要となったことから、与次郎ヶ浜に総合運動公園を整備することとなり、その施設のひとつとして1970年12月に県立鴨池野球場が完成した。以後、高校野球などアマチュアをはじめ、プロ野球公式戦などが開催されている。なお、市民球場ではプロ公式戦の開催は無くなったが、現在もアマチュア公式戦などで使用されている。

creative commons(wikipedia:鹿児島県立鴨池野球場

鹿児島県立鶴丸高等学校

鹿児島県立鶴丸高等学校(かごしまけんりつつるまるこうとうがっこう 英語: Tsurumaru High School)は、鹿児島県鹿児島市薬師二丁目にある同県立の高等学校。 前身 鹿兒嶋縣尋常中學校(1894年)→鹿兒嶋縣立第一鹿兒嶋中學校(一中) 「鹿児島県で最も古い歴史を持つ。」 鹿兒嶋縣立高等女學校→鹿兒嶋縣立第一高等女學校(一高女、1902年設立)建学の理念好学愛知 自律敬愛 質実剛健校風を表す言葉For Others(For Othersの精神)1965年、鶴丸高校第5代校長・栗川久雄が提唱。文武両道 鶴丸は勉強するところである1950年当時の生徒会長による発言。 生活規範12箇条建学の理念に基づいて1966年に制定され、「ミニマム・エッセンシャルズ」とも称される。本校生徒としての自覚に基づいた、日常生活および学習活動の基盤として継承されており、天野貞祐の言葉をリード文とする。上述の校風を表す言葉「For Others」もこの中に記されている。 校名の由来「鶴丸」の名は、薩摩藩主島津氏の居城であった鹿児島城の別名鶴丸城に由来する。

creative commons(wikipedia:鹿児島県立鶴丸高等学校

鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会

ファイル:Kagoshima 54thEkiden day4 goal.jpg thumb 第54回鹿児島県下一周駅伝・第4日ゴール(曽於チーム、2007年)
鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会(かごしまけんかいっしゅう・しぐんたいこう・えきでんきょうそうたいかい)は、毎年2月に日本国鹿児島県本土(薩摩国 薩摩・大隅国 大隅地方)を舞台に5日間に渡って開催される、鹿児島県の各地区対抗の駅伝競走 駅伝大会。
鹿児島県・鹿児島市・南日本新聞などの主催。通称、鹿児島県下一周駅伝、鹿県下一周駅伝(南日本新聞が幟などに使用)。鹿児島県内では単に県下一周駅伝と呼ばれる。
1954年に奄美諸島 奄美群島の日本復帰とラジオ南日本(現南日本放送)の開局記念、それに九州一周駅伝の選手強化を兼ねて県本土の10地区でスタート。1955年には熊毛郡 (鹿児島県) 熊毛(種子島・屋久島)が、1962年には大島郡 (鹿児島県) 大島(奄美群島)が初出場し現在に至る。2005年の第52回大会は、宮之城町(現さつま町)山崎の国道267号沿いで応援帰りの中学生の列に車が突っ込み死傷者を出したことから中止された。

creative commons(wikipedia:鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会

鹿児島県立甲南高等学校

鹿児島県立甲南高等学校(かごしまけんりつこうなんこうとうがっこう 英語: Kōnan High School)は、鹿児島県鹿児島市上之園町にある同県立の高等学校。 校訓 「剛・明・直」 「気高く・優しく・健やかに」 それぞれ、二中と二高女の校訓を受け継いでいる。 校章 甲南高校の校章は、二中の「鹿の角」と二高女の「撫子」を組み合わせて図案化したもので、当時校章制定委員会の長を務めていた美術部員が考案した。 校名の由来 本校所在地である甲突川の南に、大久保甲東(大久保利通)の生誕地と西郷南洲(西郷隆盛)の居住地跡があり、両先人の名に通ずる。 「甲」の文字には、“きのえ”といわれるように、十干の最初の文字で「第一位」という意味がある。 校名候補として他に「荒田」「麑城(げいじょう)」があった。 校内のシンボル クスノキ(楠、樟) 創立100周年を記念し校木(シンボルツリー)に制定された。校庭の本館東校舎そばにある。 蔦 本館北校舎中2階(文学部室)の外壁に生い茂っている。同窓会誌名『蔦のある窓』や過去複数回発行された当校文学部の会誌別冊『つた』の名称は、これに由来する。

creative commons(wikipedia:鹿児島県立甲南高等学校

鹿児島県幼稚園一覧

鹿児島県幼稚園一覧(かごしまけんようちえんいちらん)は、鹿児島県の幼稚園の一覧。 国立幼稚園 鹿児島大学教育学部附属幼稚園 公立幼稚園 鹿児島市 出水市 薩摩川内市 日置市 霧島市 いちき串木野市 いちき串木野市立市来幼稚園 いちき串木野市立旭幼稚園 南さつま市 南さつま市立坊津幼稚園 南さつま市立大浦幼稚園 南さつま市立加世田幼稚園 奄美市 南九州市 南九州市立頴娃幼稚園 南九州市立知覧幼稚園 南九州市立中福良幼稚園 伊佐市 伊佐市立本城幼稚園 姶良市 姶良市立帖佐幼稚園 姶良市立建昌幼稚園 姶良市立蒲生幼稚園 薩摩郡 さつま町立鶴田幼稚園 さつま町立求名幼稚園 出水郡 長島町立鷹巣幼稚園 姶良郡 湧水町立吉松幼稚園 肝属郡 肝付町立内之浦幼稚園 大島郡 私立幼稚園 鹿児島市 鹿屋市 枕崎市 枕崎幼稚園 長野幼稚園 加世田聖母幼稚園枕崎分園 阿久根市 阿久根幼稚園 阿久根めぐみ幼稚園 出水市 出水聖母幼稚園 慈光幼稚園 指宿市 西之表市 垂水市 垂水カトリック幼稚園 慈恩幼稚園 薩摩川内市 日置市 吹上中央幼稚園 朝日ヶ丘幼稚園 伊集院幼稚園 曽於市 末吉中央幼稚園 大隈中央幼稚園 しゃら幼稚園 霧島市 いちき串木野市 南さつま市 加世田聖母幼稚園 加世田しらうめ幼稚園 加世田附属幼児園 志布志市 志布志幼稚園 カトリック志布志幼稚園 南九州市 勝目幼稚園 川辺幼稚園 伊佐市 大口幼稚園 姶良市 薩摩郡 宮之城聖母幼稚園 出水郡 あおい幼稚園 曽於郡 大崎幼稚園 肝属郡 熊毛郡 大島郡 亀津カトリック幼稚園 天城カトリック幼稚園 関連項目 学校記事一覧 鹿児島県特別支援学校一覧 鹿児島県高等学校一覧 鹿児島県中学校一覧 鹿児島県小学校一覧 鹿児島県保育所一覧。

creative commons(wikipedia:鹿児島県幼稚園一覧

鹿児島県立工業専門学校 (旧制)

所在地
初代校長
後身校
同窓会
鹿児島県立工業専門学校 (かごしまけんりつこうぎょうせんもんがっこう) は、1945年 (昭和20年) に設立された旧制専門学校。
第二次世界大戦下における工業技術者確保のために、国策に合わせて増設された工業専門学校 (旧称 高等工業学校) の一つ。
本科 (修業年限3年) に機械科、電気科、建築科、化学工業科を設置した。
学制改革に伴い、県立鹿児島大学工学部となった (後の鹿児島県立大学工学部、現 鹿児島大学工学部)。
同窓会は 「鹿児島大学工学部同窓会」 と称し、旧制工専・新制工学部合同の会である。
1943年11月: 鹿児島県議会にて、工業専門学校設置動議。
1944年1月: 岩崎産業社長 (当時) 岩崎與八郎より 100万円寄附の申し出。

creative commons(wikipedia:鹿児島県立工業専門学校 (旧制)

鹿児島県立岩川高等学校

鹿児島県立岩川高等学校 (かごしまけんりつ いわがわこうとうがっこう, Kagoshima Prefectural Iwagawa High School)は、鹿児島県曽於市大隅町岩川に所在した公立の高等学校。 鹿児島県立末吉高等学校・鹿児島県立財部高等学校との3校統合で鹿児島県立曽於高等学校が新設されるのに伴い、2014年(平成26年)度より生徒募集を停止し、2016年(平成28年)3月31日に閉校した。 設置課程・学科 全日制課程 2学科(1学年あたり2学級) 普通科 (1学級) 電子機械科 (1学年)校章 柏の葉を背景にして、中央に「高」の文字(旧字体)を置いている。校歌 作詞は泊重文、作曲は田中義人による。歌詞は3番まであり、校名は歌詞中に登場しない。 沿革 岩崎産業の創業者である岩崎與八郎が、出身地である岩川村に中学校が当時まだなく、自身の最終学歴が岩川尋常高等小学校(現・曽於市立岩川小学校)高等科卒であったことから、費用を全額負担し充実した工業教育を行うために設立した学校である。

creative commons(wikipedia:鹿児島県立岩川高等学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引