【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

鹿児島県姶良町【地方公共団体・地方自治体】

姶良町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、鹿児島県姶良町の紹介です。

鹿児島県姶良町のホームページ

姶良町 概要・地域の情報やトピック

姶良町

姶良町(あいらちょう)は、鹿児島県(離島以外の地域)の中部にあった町である。姶良郡に属していた。 県内の町村で最も人口が多い町であり、九州の町村では福岡県筑紫郡那珂川町に次いで2番目に人口が多かった。2010年3月23日付けで同じ姶良郡の蒲生町・加治木町と合併して姶良市となった。 地理 南北に細長い形をしており、南側を鹿児島湾に面している。南部は別府川や思川によって形成された姶良平野が広がっているのに対し、北部は北薩火山群に囲まれた山がちな地形となっている。最高峰は霧島市との境界にある烏帽子岳(702.9m)で、おおむね東側の霧島市との境界、西側の薩摩川内市との境界に山が並んでおり、その間は別府川の支流が南へ流れている。また、旧蒲生町、鹿児島市側から標高100m程度の台地が町中央部に西から延びている。鹿児島市との境界は500m前後の牟礼ヶ丘連山となっている。牟礼ヶ丘連山の海岸側は急峻な崖となっており、崖下を国道10号、JR日豊本線が通って鹿児島市と連絡している。 鹿児島市に隣接しており、近年は鹿児島市のベッドタウンとして発展している。

creative commons(wikipedia:姶良町

姶良町立帖佐中学校

ファイル:Chosa junior high school frontview.jpg thumb right 250px 帖佐中学校
姶良町立帖佐中学校(あいらちょうりつちょうさちゅうがっこう)は鹿児島県姶良郡姶良町の町立中学校である。姶良町西餅田に所在している。
1947年(昭和22年)、学制改革によって旧帖佐青年学校の位置に帖佐町立帖佐中学校として開校した。当初の校区は当時の帖佐町内全域で、帖佐小学校、建昌小学校、三叉(さんさ)小学校の全部であったが、1950年(昭和25年)、重富村の船津小学校校区の生徒は帖佐中学校へ越境通学することになった。1955年(昭和30年)、合併により姶良町が成立すると、さらに従来の町村境界を越えて校区が変更され、帖佐小学校校区の深水、三叉小学校校区の寺師・住吉集落が姶良町立山田中学校 山田中へ、建昌小学校校区の俵原・楠元・並木・松原下が姶良町立重富中学校 重富中へと変更になった。

creative commons(wikipedia:姶良町立帖佐中学校

姶良町立重富中学校

姶良町立重富中学校(あいらちょうりつしげとみゅうがっこう)は鹿児島県姶良郡姶良町にある公立中学校である。
第1・第2学年は6クラス、第3学年は7クラスある。生徒数は、1990年代後半と比べると減少傾向にある。
鹿児島県随一の校庭の広さを誇る(部活動ではハンドボールと、野球・サッカー・ソフトボール・テニスが同時に行える。)。
1947年(昭和22年)5月2日、重富村立重富中学校として創立した。創立当初の学区は重富村内全域であり、姶良町立重富小学校 重富小学校、姶良町立三船小学校 船津小学校から進学していた。当初は独自の校舎がなく、重富小学校と重富青年学校の一部を間借りして分散授業をしていた。1948年(昭和23年)6月、重富岩崎工業(現在の岩崎産業)社長の岩崎與八郎が、東亜工業所跡地の一部63ヘクタールと建物3棟を寄付し、ここを学校用地とした。1950年(昭和25年)、船津小学校校区の生徒は、帖佐町立姶良町立帖佐中学校 帖佐中学校へ越境通学することになり、重富中学校校区から外れた。その後1955年(昭和30年)に町村合併により姶良町が成立し、姶良町立重富中学校となった。同時に従来の町村境界を越えて校区再編が行われ、帖佐中学校校区だった姶良町立建昌小学校 建昌小学校校区の俵原・楠元・並木・松原下集落が校区に編入された。

creative commons(wikipedia:姶良町立重富中学校

姶良町立山田中学校

ファイル:Aira-Yamada junior high school frontview.jpg thumb right 250px 山田中学校
姶良町立山田中学校(あいらちょうりつやまだちゅうがっこう)は鹿児島県姶良郡姶良町の町立の中学校である。姶良町下名に所在している。
姶良町北部の姶良町下名に所在し、現在は、1学年1学級で生徒数は少なく、1988年 昭和63年に廃校となった北山中学校を統合している。
1947年(昭和22年)4月1日、学制改革により山田村立山田中学校として創立した。しかし校舎はまだなく、姶良町立山田小学校 山田小学校の講堂を借りて暫定授業を行っていた。5月12日、山田村の飛地である辺川地区に鎮守分校を設置したが、飛地解消のため1952年(昭和27年)10月15日辺川地区が加治木町に編入されたため、加治木町立加治木中学校 加治木中学校の分校となっている。1947年8月に山田村青年学校跡地(1万7460平方メートル)に校舎を建築し12月に7012平方メートルの校舎が完成した。1948年(昭和23年)2月15日から新校舎に移転している。1955年(昭和30年)、町村合併により姶良町立となり、同時に従来の町村境界を越えた校区再編により従来姶良町立帖佐中学校 帖佐中学校校区だった、姶良町立三船小学校 三叉小学校校区の寺師・住吉・深水集落が校区に編入されている。1988年(昭和63年)、生徒数減少により北山中学校を統合している。

creative commons(wikipedia:姶良町立山田中学校

姶良町立建昌小学校

姶良町立建昌小学校(あいらちょうりけんしょうしょうがっこう)は鹿児島県姶良郡姶良町中央部の東餅田にある町立の小学校である。
姶良郡の小学校では、一番学級数・児童数が多く、昭和50年代に分離で姶良小学校が開校している。1990年代後半は800人を割り減少傾向だったが、現在は再び増加傾向にあり平成19年4月現在で児童数はおよそ870人。
小学校であるが制服が指定されており、男女共に、ブレザータイプの制服、下半身は、男子は半スボン、女子はスカートである。
建昌小学校は、町立の帖佐中・重富中と2つの中学校で学区が分かれている。
鹿児島県の公立小学校
姶良町 けんしよう
学校記事

creative commons(wikipedia:姶良町立建昌小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引