【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

沖縄県【地方公共団体・地方自治体】

沖縄県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、沖縄県の紹介です。

沖縄県のホームページ

沖縄県 概要・地域の情報やトピック

沖縄県

沖縄県(おきなわけん)は、日本の南西部、かつ最西端に位置する県。東シナ海と太平洋(フィリピン海)にある363の島からなる県で、海上輸送路(シーレーン)の要点である。県庁所在地は、沖縄本島の那覇市。#気候で詳述するが一般にはおおよそ亜熱帯とされる気候であり、一部は熱帯に属する。日本の中では年間を通して温暖な気候であり、また最高気温と最低気温の差も小さい。だが、平均的には最高気温自体はさして高いものではない。 かつては琉球王国が存在し、清に朝貢すると同時に、薩摩藩にも従っていた。明治時代より日本に編入される。第一次世界大戦ではドイツ帝国から切り取った海底ケーブルがつながれた。太平洋戦争(大東亜戦争)では米軍が空爆と艦砲射撃の後に上陸し、『「唯一の地上戦」と呼ばれる』沖縄戦が県民を巻き込んで行われ、多数の犠牲者を軍民より出した。沖縄戦後1972年までアメリカの占領統治下におかれた。1950年代半から復帰までは核兵器も配備され、2016年現在も多数の米軍基地が存在する。 以上の歴史的、地理的、政治的背景が常識的な程度で原因となって、他の府県(本土、内地と呼ばれる)に比べ特色のある文化(伝統芸能・儀礼・宗教・習俗・風習・郷土食)を持つ県となっている。

creative commons(wikipedia:沖縄県

沖縄県の歴史

沖縄県の歴史(おきなわけんのれきし)は、現在の沖縄県にあたる領域を中心とした歴史である。沖縄県となる以前の、先史時代、琉球王国時代、琉球藩時代もここで述べる。 琉球と沖縄の名称 「琉球」の表記は、『隋書』「卷八十一 列傳第四十六 東夷傳 流求國」(607年(大業3年)と翌年の記事)が初出で、その後、「流鬼」(『新唐書』)、「瑠求」(『元書』)などと様々に表記され、「琉球」に落ち着いたのは明時代以降である。明以前の「琉球」が現在の沖縄県周辺を指していたかは判然とせず、台湾を指していたという説や、あるいは単に中国大陸の東方にある(日本以外の)島々を漠然と指していたという説もある。 「おきなわ(おきなは、あこなは)」の呼称の由来は定かではないが「おもろさうし」には「おきなわ」という名の高級神女名が確認される。このことは「おきなわ」なる御嶽があったことを示唆している。日本の文献として、鑑真の伝記『唐大和上東征伝』(779年)(淡海三船著)の中に、「阿児奈波」と出てくるのが初出である。

creative commons(wikipedia:沖縄県の歴史

沖縄県知事

『沖縄県』より : 沖縄県知事一覧(おきなわけんちじいちらん)は、1879年(明治12年)3月の廃藩置県によって設置された沖縄県の歴代の県令、官選知事、米軍施政権下の政府首長を経て、現在に至る知事の一覧である。なお、米軍施政権下初期の宮古列島、八重山列島の知事については、民政府・群島政府知事等一覧を参照のこと。 特記事項 沖縄復帰特措法によれば、法的運用上、同じものが米軍統治移行前に存在していた場合にはその地位を引き継いでいると見做せるようになっており、沖縄県そのものについても米軍統治前にはあったことから、第3条によって他の都道府県同様事実上戦前から続いているものとして扱われる。従って、本項目においては官選時代の知事・県令についても扱う。 なお先島民政府知事については、先島地方も戦前は沖縄県の一部であったこと、米軍統治によって初めて登場したものであることから、別扱いとする。 県令 (出典:) 官選知事 (出典:) 米軍統治下における諸職 (出典:) 民政府・群島知事等 琉球政府行政主席等 本土復帰後における公選知事 (出典:) 脚注 注釈 出典 参考文献 沖繩大百科事典刊行事務局編 『沖繩大百科事典』 沖縄タイムス、1983年。

creative commons(wikipedia:沖縄県知事

沖縄県営鉄道

沖縄県営鉄道(おきなわけんえいてつどう)とは、戦前に沖縄県が沖縄本島内で運営していた鉄道である。 鉄道省側の書類には沖縄県営鉄道と記載されていたが、沖縄県側では1917年まで沖縄県軽便鉄道、それ以降は沖縄県鉄道を正式な名称としていた。また、762mmの軌間を採用した軽便鉄道(けいべんてつどう)であったことから、沖縄県民からは「ケイビン」「ケービン」と通称されていた。 建設まで 沖縄本島に鉄道を敷設する動きは1894年ごろからあり、県外の資本家などが那覇を中心に首里や与那原、佐敷、北谷などを結ぶ鉄道の敷設を相次いで出願した。しかし、後に那覇市内の路面電車として実現した沖縄電気を除き、いずれも資金調達がうまくいかず実現しなかった。 このため、明治末期には県営による鉄道の敷設が考えられるようになり、1913年1月に県議会で与那原線と糸満線の鉄道敷設案が可決。さらに1914年11月には嘉手納線の建設も採択された。 開業 沖縄県はまず与那原線の工事に着手し、1914年12月に開業した。

creative commons(wikipedia:沖縄県営鉄道

沖縄県軽便鉄道

『沖縄県営鉄道』より : 沖縄県営鉄道(おきなわけんえいてつどう)とは、戦前に沖縄県が沖縄本島内で運営していた鉄道である。 鉄道省側の書類には沖縄県営鉄道と記載されていたが、沖縄県側では1917年まで沖縄県軽便鉄道、それ以降は沖縄県鉄道を正式な名称としていた。また、762mmの軌間を採用した軽便鉄道(けいべんてつどう)であったことから、沖縄県民からは「ケイビン」「ケービン」と通称されていた。 建設まで 沖縄本島に鉄道を敷設する動きは1894年ごろからあり、県外の資本家などが那覇を中心に首里や与那原、佐敷、北谷などを結ぶ鉄道の敷設を相次いで出願した。しかし、後に那覇市内の路面電車として実現した沖縄電気を除き、いずれも資金調達がうまくいかず実現しなかった。 このため、明治末期には県営による鉄道の敷設が考えられるようになり、1913年1月に県議会で与那原線と糸満線の鉄道敷設案が可決。さらに1914年11月には嘉手納線の建設も採択された。 開業 沖縄県はまず与那原線の工事に着手し、1914年12月に開業した。

creative commons(wikipedia:沖縄県軽便鉄道

沖縄県鉄道

『沖縄県営鉄道』より : 沖縄県営鉄道(おきなわけんえいてつどう)とは、戦前に沖縄県が沖縄本島内で運営していた鉄道である。 鉄道省側の書類には沖縄県営鉄道と記載されていたが、沖縄県側では1917年まで沖縄県軽便鉄道、それ以降は沖縄県鉄道を正式な名称としていた。また、762mmの軌間を採用した軽便鉄道(けいべんてつどう)であったことから、沖縄県民からは「ケイビン」「ケービン」と通称されていた。 建設まで 沖縄本島に鉄道を敷設する動きは1894年ごろからあり、県外の資本家などが那覇を中心に首里や与那原、佐敷、北谷などを結ぶ鉄道の敷設を相次いで出願した。しかし、後に那覇市内の路面電車として実現した沖縄電気を除き、いずれも資金調達がうまくいかず実現しなかった。 このため、明治末期には県営による鉄道の敷設が考えられるようになり、1913年1月に県議会で与那原線と糸満線の鉄道敷設案が可決。さらに1914年11月には嘉手納線の建設も採択された。 開業 沖縄県はまず与那原線の工事に着手し、1914年12月に開業した。

creative commons(wikipedia:沖縄県鉄道

沖縄県の鉄道

沖縄県の鉄道(おきなわけんのてつどう)では、沖縄県で現在運行されている、あるいは過去に運行されていた鉄道・軌道路線などについて記述する。 沖縄県における軌道系公共交通機関は、2003年に開業した那覇市内のモノレール(沖縄都市モノレール線)が唯一の存在であるが、戦前の沖縄本島には、軽便鉄道や路面電車・馬車鉄道が存在していた。また、サトウキビ運搬などを目的とした産業用鉄道も南大東島をはじめとして各地に存在した。 明治時代 沖縄県内で初めて鉄道のレールが敷かれたのは南大東島で、1902年(明治35年)に手押しトロッコ鉄道が完成している。また、1910年(明治43年)には沖縄本島でもサトウキビ運搬用の鉄道が導入されている。 運輸営業用の本格的な鉄道路線は、1894年(明治27年)から県外の資本家などが沖縄本島内での起業を相次いで出願しているが、そのほとんどは却下されたり、あるいは資金力が伴わずに計画倒れに終わっている。

creative commons(wikipedia:沖縄県の鉄道

沖縄県の名字

沖縄県の名字(おきなわけんのみょうじ)、同地域に於いて多く見られる名字について記す。現在では本来の琉球語(琉球方言)読みではなく、標準語読みになっているケースが少なくない。廃藩置県以前は、琉球士族は姓と家名の2つを持ち、家名が名字に相当した。
姓 !! 諱 !! 家名 !! 称号 !! 名乗
向 象賢 羽地 按司 朝秀
colspan="2" 唐名
colspan="3" 大和名
元来、沖縄県周辺には厳密な意味で、名字に相当するものはなく、琉球王国時代、琉球の王族・士族は姓(氏)+諱、家名+称号+名乗りという構成で名を持っていた。例えば、向象賢・羽地按司朝秀の場合、「向」は姓、「象賢」は諱、「羽地」は家名、「按司」は称号もしくは位階、「朝秀」は名乗である。姓と諱の組み合わせは中国風の姓名という意味で唐名(からな)とも言い、主に公文書や中国との外交の際に使用された。

creative commons(wikipedia:沖縄県の名字

沖縄県道29号那覇北中城線

沖縄県道29号那覇北中城線(おきなわけんどう29ごう なはきたなかぐすくせん・主要地方道那覇北中城線)は沖縄県那覇市泊と中頭郡北中城村安谷屋とを結ぶ主要地方道。 区間 起点・那覇市泊(泊高橋交差点、国道58号) 終点・中頭郡北中城村字安谷屋(沖縄県道81号宜野湾北中城線) 総延長・20.9km 実延長・20.8km 通過自治体 那覇市 - 中頭郡西原町 - 中頭郡中城村 - 宜野湾市 - 中頭郡北中城村 交差する路線 国道58号(起点) 沖縄県道251号那覇宜野湾線(那覇市安里・予定) 沖縄県道39号線(国際通り、同、安里三叉路) 国道330号(同、安里インターチェンジ) 沖縄県道50号線(那覇市首里山川交差点) 沖縄県道28号線(同) 沖縄県道49号線(那覇市首里真和志町・首里当蔵町) 沖縄県道236号玉城那覇自転車道線(沖縄のみち自転車道・那覇市首里当蔵町-首里城方面、首里鳥堀町-南風原方面(予定)) 沖縄県道82号那覇糸満線(那覇市首里鳥堀町鳥堀交差点) 沖縄県道241号宜野湾南風原線(同、県道82号に重複) 沖縄県道155号線(那覇市首里石嶺町) 沖縄県道38号浦添西原線(西原町翁長坂田交差点) 沖縄県道34号宜野湾西原線(西原町上原交差点) 沖縄県道32号線(中城村南上原交差点) 沖縄県道35号線(中城村新垣交差点-国道329号方面、北中城村安谷屋-宜野湾方面) 沖縄自動車道(西原町幸地-通過のみ、中城村新垣-通過のみ、北中城村安谷屋) 中城パーキングエリア(中城村新垣) 北中城インターチェンジ(北中城村安谷屋) 沖縄県道81号宜野湾北中城線(終点) 重複する路線 沖縄県道236号玉城那覇自転車道線(沖縄のみち自転車道・那覇市首里当蔵町 - 首里鳥堀町(予定)) 沖縄県道35号線(中城村新垣 - 北中城村安谷屋) 交差・並行する鉄道 沖縄都市モノレール(ゆいレール) 首里駅(終着駅・那覇市首里汀良町) 主要施設・観光地 崇元寺(那覇市泊) 首里城公園(那覇市首里当蔵町) 沖縄県立芸術大学(同) 那覇市役所首里支所(同) オキコ株式会社(西原町幸地)沖縄県内最大手のパン・製麺メーカー 沖縄キリスト教学院大学(西原町翁長) 沖縄キリスト教短期大学 琉球大学(西原町千原・上原、中城村南上原) 琉球大学医学部附属病院 路線バス 那覇市泊 - 安里の崇元寺通りは国際通りを通る沖縄本島中北部方面の路線が必ずここを通る。

creative commons(wikipedia:沖縄県道29号那覇北中城線

沖縄県出身の人物一覧

沖縄県出身の人物一覧(おきなわけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する沖縄県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 国会議員 = 現職國場幸之助:那覇市 宮崎政久:宜野湾市 西銘恒三郎:南城市 比嘉奈津美:沖縄市 儀間光男: 赤嶺政賢 糸数慶子:読谷村 照屋寛徳 玉城デニー:与那城村元職安里積千代:座間味村 安次富修 伊江朝雄:那覇市 稲嶺一郎:本部町 井之口政雄:那覇市 上原康助:本部町 大城眞順 大浜方栄:石垣市 小渡三郎 嘉数知賢:名護市 喜納昌吉:コザ市 喜屋武眞榮:北中城村 瀬長亀次郎:豊見城市 國場幸昌:国頭村 島袋宗康:那覇市 下地幹郎:平良市 白保台一:宜野湾市 瑞慶覧長敏:大里村 玉城栄一:平良市 徳田球一:名護市 仲村正治:那覇市 西銘順志郎:南城市 古堅実吉:国頭村 宮里松正:本部町 湧上聾人 山内徳信:読谷村 = 沖縄県知事 = 屋良朝苗(初代、1972年5月 - 1976年6月):読谷村 平良幸市(2代、1976年6月 - 1978年11月):西原町 西銘順治(3代、1978年12月 - 1990年12月):南城市 大田昌秀(4代、1990年12月 - 1998年12月):具志川村 稲嶺恵一(5代、1998年12月 - 2006年12月):本部町 仲井眞弘多(6代、2006年12月 - 2014年12月) 翁長雄志(7代、2014年12月 - ):真和志村 = 市町村長 = 稲嶺進(名護市):名護市 伊波洋一(宜野湾市):宜野湾市 太田朝敷(首里市) 大濵長照(石垣市):石垣市 尾辻吉兼(与那国町):与那国町 翁長雄志(那覇市):真和志村 親泊康晴(那覇市):那覇市 兼次佐一(那覇市):国頭村 儀間光男(浦添市) 佐喜眞淳(宜野湾市):宜野湾市 下地敏彦(宮古島市):平良町 下地昌明(多良間村):多良間村 平良良松(那覇市):那覇市 当間重剛(那覇市):那覇市 当間重慎(那覇市):那覇市 当間重民(那覇市):那覇市 東門美津子(沖縄市) 中山義隆(石垣市):石垣市 外間守吉(与那国町):与那国町 = その他の政治家 = 大田政作:国頭村 喜納昌春 志喜屋孝信:具志川市 瑞慶覧長方:大里村 平良辰雄:大宜味村 高良一 當間盛夫:那覇市 當山久三 仲間均 比嘉秀平:読谷村 星克 前川朝平:伊是名村 前田政明:大宜味村 松岡政保:金武町 宮良長詳 山川泰邦 与儀達敏 吉野高善:竹富町 吉元政矩:与那国町 政治運動家・平和運動家 阿波根昌鴻:本部町 謝花昇 知花昌一:読谷村 野底武彦 又吉イエス:宜野湾市 屋良朝助:那覇市 軍人・自衛官 親泊朝省(陸軍大佐) 漢那憲和(海軍少将) 当山全信(海軍中佐) 渡名喜守定(海軍大佐) 文化人 写真家 石川文洋:那覇市 砂守勝巳 津野力男:石垣市 比嘉康雄 山田實:那覇市 書家 茅原南龍:石垣市 作家 池上永一:那覇市 石野径一郎:那覇市 大島孝雄:石垣市 大城立裕:中城村 神野オキナ 崎山多美 霜多正次:今帰仁村 知念実希人 籘真千歳 長堂英吉 東峰夫 久ゆうき 平敷安常 又吉栄喜:浦添村 目取真俊:今帰仁村 漫画家 あだちとか 荒巻圭子:那覇市 大城ゆか:名護市 岡田あーみん 小田空 島袋光年:那覇市 下川凹天 新里堅進:那覇市 砂川しげひさ:那覇市 曽我部修司 てりてりお なかいま強 仲宗根みいこ:那覇市 なかま亜咲:北谷町 仲間りょう 春木さき 平本アキラ ももココロ:読谷村 八木教広:那覇市 山原義人:那覇市 イラストレーター 自由創作表現者 アニメーション制作関係者 久高司郎:那覇市 又吉浩 嘉手苅睦 糸数弘樹:久米島 グラフィックデザイナー 岸本一夫 映画監督 安里麻里 喜屋武靖 新城卓 高嶺剛 仲村颯悟 詩人 伊波南哲 小林寂鳥:伊江村 宮城松隆 山之口貘:那覇市 学者 青木雄造 安仁屋政昭 池間誠:経済学者。

creative commons(wikipedia:沖縄県出身の人物一覧

沖縄県出身の有名人一覧

『沖縄県出身の人物一覧』より : 沖縄県出身の人物一覧(おきなわけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する沖縄県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 国会議員 = 現職國場幸之助:那覇市 宮崎政久:宜野湾市 西銘恒三郎:南城市 比嘉奈津美:沖縄市 儀間光男: 赤嶺政賢 糸数慶子:読谷村 照屋寛徳 玉城デニー:与那城村元職安里積千代:座間味村 安次富修 伊江朝雄:那覇市 稲嶺一郎:本部町 井之口政雄:那覇市 上原康助:本部町 大城眞順 大浜方栄:石垣市 小渡三郎 嘉数知賢:名護市 喜納昌吉:コザ市 喜屋武眞榮:北中城村 瀬長亀次郎:豊見城市 國場幸昌:国頭村 島袋宗康:那覇市 下地幹郎:平良市 白保台一:宜野湾市 瑞慶覧長敏:大里村 玉城栄一:平良市 徳田球一:名護市 仲村正治:那覇市 西銘順志郎:南城市 古堅実吉:国頭村 宮里松正:本部町 湧上聾人 山内徳信:読谷村 = 沖縄県知事 = 屋良朝苗(初代、1972年5月 - 1976年6月):読谷村 平良幸市(2代、1976年6月 - 1978年11月):西原町 西銘順治(3代、1978年12月 - 1990年12月):南城市 大田昌秀(4代、1990年12月 - 1998年12月):具志川村 稲嶺恵一(5代、1998年12月 - 2006年12月):本部町 仲井眞弘多(6代、2006年12月 - 2014年12月) 翁長雄志(7代、2014年12月 - ):真和志村 = 市町村長 = 稲嶺進(名護市):名護市 伊波洋一(宜野湾市):宜野湾市 太田朝敷(首里市) 大濵長照(石垣市):石垣市 尾辻吉兼(与那国町):与那国町 翁長雄志(那覇市):真和志村 親泊康晴(那覇市):那覇市 兼次佐一(那覇市):国頭村 儀間光男(浦添市) 佐喜眞淳(宜野湾市):宜野湾市 下地敏彦(宮古島市):平良町 下地昌明(多良間村):多良間村 平良良松(那覇市):那覇市 当間重剛(那覇市):那覇市 当間重慎(那覇市):那覇市 当間重民(那覇市):那覇市 東門美津子(沖縄市) 中山義隆(石垣市):石垣市 外間守吉(与那国町):与那国町 = その他の政治家 = 大田政作:国頭村 喜納昌春 志喜屋孝信:具志川市 瑞慶覧長方:大里村 平良辰雄:大宜味村 高良一 當間盛夫:那覇市 當山久三 仲間均 比嘉秀平:読谷村 星克 前川朝平:伊是名村 前田政明:大宜味村 松岡政保:金武町 宮良長詳 山川泰邦 与儀達敏 吉野高善:竹富町 吉元政矩:与那国町 政治運動家・平和運動家 阿波根昌鴻:本部町 謝花昇 知花昌一:読谷村 野底武彦 又吉イエス:宜野湾市 屋良朝助:那覇市 軍人・自衛官 親泊朝省(陸軍大佐) 漢那憲和(海軍少将) 当山全信(海軍中佐) 渡名喜守定(海軍大佐) 文化人 写真家 石川文洋:那覇市 砂守勝巳 津野力男:石垣市 比嘉康雄 山田實:那覇市 書家 茅原南龍:石垣市 作家 池上永一:那覇市 石野径一郎:那覇市 大島孝雄:石垣市 大城立裕:中城村 神野オキナ 崎山多美 霜多正次:今帰仁村 知念実希人 籘真千歳 長堂英吉 東峰夫 久ゆうき 平敷安常 又吉栄喜:浦添村 目取真俊:今帰仁村 漫画家 あだちとか 荒巻圭子:那覇市 大城ゆか:名護市 岡田あーみん 小田空 島袋光年:那覇市 下川凹天 新里堅進:那覇市 砂川しげひさ:那覇市 曽我部修司 てりてりお なかいま強 仲宗根みいこ:那覇市 なかま亜咲:北谷町 仲間りょう 春木さき 平本アキラ ももココロ:読谷村 八木教広:那覇市 山原義人:那覇市 イラストレーター 自由創作表現者 アニメーション制作関係者 久高司郎:那覇市 又吉浩 嘉手苅睦 糸数弘樹:久米島 グラフィックデザイナー 岸本一夫 映画監督 安里麻里 喜屋武靖 新城卓 高嶺剛 仲村颯悟 詩人 伊波南哲 小林寂鳥:伊江村 宮城松隆 山之口貘:那覇市 学者 青木雄造 安仁屋政昭 池間誠:経済学者。

creative commons(wikipedia:沖縄県出身の有名人一覧

沖縄県の県道一覧

沖縄県の県道一覧(おきなわけんのけんどういちらん)は、沖縄県を通る県道の一覧である。 沖縄県の県道はアメリカ統治時代の軍道(米軍が管理)および政府道(琉球政府が管理)が元になっており、路線番号は軍道や政府道のときの路線番号がほぼそのまま使われている(離島は路線名のみだったため、路線番号は復帰後につけられた)。本土の都道府県道とは異なり、主要地方道と一般県道の路線番号での区別がなされておらず、沖縄本島では路線番号がそのまま路線名となっている県道もある(復帰時に引き継いだ一般県道のみ)。そのため路線名の有無に関わらず2号線などの番号で呼ばれることが多い。 21世紀に入ってから、国管理の直轄国道(指定区間)に続いて、沖縄県管理の補助国道(指定区間外)とあわせて、起点や終点、国道や県道など幹線道路と交わる交差点などで案内標識とは別に距離や地点などを記した道路元標が設置されている。

creative commons(wikipedia:沖縄県の県道一覧

沖縄県道

『沖縄県の県道一覧』より : 沖縄県の県道一覧(おきなわけんのけんどういちらん)は、沖縄県を通る県道の一覧である。 沖縄県の県道はアメリカ統治時代の軍道(米軍が管理)および政府道(琉球政府が管理)が元になっており、路線番号は軍道や政府道のときの路線番号がほぼそのまま使われている(離島は路線名のみだったため、路線番号は復帰後につけられた)。本土の都道府県道とは異なり、主要地方道と一般県道の路線番号での区別がなされておらず、沖縄本島では路線番号がそのまま路線名となっている県道もある(復帰時に引き継いだ一般県道のみ)。そのため路線名の有無に関わらず2号線などの番号で呼ばれることが多い。 21世紀に入ってから、国管理の直轄国道(指定区間)に続いて、沖縄県管理の補助国道(指定区間外)とあわせて、起点や終点、国道や県道など幹線道路と交わる交差点などで案内標識とは別に距離や地点などを記した道路元標が設置されている。

creative commons(wikipedia:沖縄県道

沖縄県第3区

沖縄県第3区(おきなわけんだい3く)は、日本の衆議院議員総選挙における選挙区。1994年(平成6年)の公職選挙法改正で設置。 現在、生活の党と山本太郎となかまたちの玉城デニーが選出されている。 区域 名護市 沖縄市 うるま市(2005年3月まで具志川市、石川市、中頭郡与那城町・勝連町) 国頭郡全域 国頭村 大宜味村 東村 今帰仁村 本部町 恩納村 宜野座村 金武町 伊江村 島尻郡(事実上の国頭郡扱いの北部周辺離島) 伊平屋村 伊是名村 区域の変遷 1994年に衆議院の選挙制度が小選挙区比例代表並立制になった際に区割りが制定。

creative commons(wikipedia:沖縄県第3区

沖縄県小学校一覧

沖縄県小学校一覧(おきなわけんしょうがっこういちらん)は、沖縄県の小学校の一覧。 国立小学校 琉球大学教育学部附属小学校 公立小学校 那覇市 宜野湾市 宜野湾市立はごろも小学校 石垣市 浦添市 名護市 糸満市 沖縄市 豊見城市 豊見城市立豊崎小学校 豊見城市立ゆたか小学校 うるま市 宮古島市 南城市 国頭郡 = 国頭村 = = 大宜味村 = = 東村 = 東村立高江小学校 東村立東小学校 東村立有銘小学校 = 今帰仁村 = 今帰仁村立今帰仁小学校 今帰仁村立兼次小学校 = 本部町 = = 恩納村 = = 宜野座村 = 宜野座村立松田小学校 宜野座村立宜野座小学校 宜野座村立漢那小学校 = 金武町 = 金武町立中川小学校 金武町立金武小学校 金武町立嘉芸小学校 = 伊江村 = 伊江村立伊江小学校 伊江村立西小学校 中頭郡 島尻郡 宮古郡 多良間村立多良間小学校 八重山郡 私立小学校 沖縄三育小学校 沖縄カトリック小学校 海星小学校 沖縄アミークスインターナショナル小学校 関連項目 学校記事一覧 沖縄県特別支援学校一覧 沖縄県高等学校一覧 沖縄県中学校一覧 沖縄県幼稚園一覧 沖縄県英語学校一覧 沖縄県小学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:沖縄県小学校一覧

沖縄県道82号那覇糸満線

沖縄県道82号那覇糸満線(おきなわけんどう82ごう なはいとまんせん・主要地方道那覇糸満線)は沖縄県那覇市安謝と糸満市潮平とを結ぶ主要地方道。このうち起点の那覇市安謝(安謝交差点) - 上間(一日橋)の同市内の区間(一部南風原町新川も含む)は通称環状2号線と呼ばれている。 路線データ 起点:那覇市安謝(国道58号、安謝交差点) 終点:糸満市字潮平(国道331号、阿波根交差点) 総延長:24.5km 実延長:23.3km 1953年(昭和28年) 玉城村(現南城市玉城)親慶原 - 宜野湾村(現宜野湾市)普天間が琉球政府道5号線、南風原村(現南風原町)山川 - 照屋が琉球政府道127号線としてそれぞれ指定。

creative commons(wikipedia:沖縄県道82号那覇糸満線

沖縄県幼稚園一覧

沖縄県幼稚園一覧(おきなわけんようちえんいちらん)は、沖縄県の幼稚園の一覧。 公立幼稚園 那覇市 宜野湾市 石垣市 浦添市 名護市 糸満市 沖縄市 豊見城市 うるま市 宮古島市 南城市 国頭郡 中頭郡 島尻郡 宮古郡 多良間村立多良間幼稚園 八重山郡 私立幼稚園 那覇市 宜野湾市 シオン幼稚園 慈愛幼稚園 真栄原カトリック幼稚園 石垣市 海星幼稚園 浦添市 みのり幼稚園 友愛幼稚園 名護市 うみのほし幼稚園 糸満市 ゴスペル幼稚園 津山幼稚園 牧港ひまわり幼稚園 沖縄市 豊見城市 聖マタイ幼稚園 うるま市 ヨゼフ幼稚園 具志川花園幼稚園 沖縄アミークスインターナショナル幼稚園 宮古島市 花園幼稚園 みつば幼稚園 国頭郡 有銘幼稚園 中頭郡 島尻郡 クララ幼稚園 開邦幼稚園 関連項目 学校記事一覧 沖縄県特別支援学校一覧 沖縄県高等学校一覧 沖縄県中学校一覧 沖縄県小学校一覧 沖縄県保育所一覧。

creative commons(wikipedia:沖縄県幼稚園一覧

沖縄県立那覇国際高等学校

沖縄県立那覇国際高等学校(おきなわけんりつ なはこくさいこうとうがっこう)は、沖縄県那覇市天久一丁目にある県立高等学校。略称は「那覇国」(なはこく)。 那覇新都心の中央に位置し、同地区で最も早くに建設された施設でもある。沖縄県立高校でもっとも新しく、校舎内はバリアフリー設計や、廊下各箇所に連絡用モニターを設置するなど、最新設備を多彩に取り入れている。県内の全日制普通科を置く高校としては初めて2学期制を導入するなど、カリキュラムの面でも独自性を打ち出している。 沖縄県有数の公立進学校の一つで、地元では県立開邦高等学校(Kaiho)、県立球陽高等学校(Kyuyo)、県立向陽高等学校(Koyo)の公立進学校をまとめて3Kと呼んでいるが、近年それに当校(NahaKokusai)が加えて4Kと呼ばれることもある。午前7:30から開始の早朝講座(0時限)、夏季講座など学力向上に力をいれている。教育方針は「師弟同行・右文尚武・一点集中・雲外蒼天」。 k 普通科(文系)、国際科ともに2年次に第二外国語を選択履修することができ、フランス語、スペイン語、中国語、のうちから一つを選択する。

creative commons(wikipedia:沖縄県立那覇国際高等学校

沖縄県道7号奥武山米須線

沖縄県道7号奥武山米須線(おきなわけんどう7ごう おうのやまこめすせん・主要地方道奥武山米須線)は沖縄県那覇市奥武山町と糸満市米須とを結ぶ主要地方道。 区間 起点:那覇市奥武山町(山下交差点、国道331号) 終点:糸満市字米須(米須交差点、国道331号) 総延長:18.3km(実延長も同じ) 通過自治体 那覇市 - 豊見城市 - 糸満市 交差する路線・鉄道 国道331号(起点・終点) 国道332号(起点 - 国道331号に重複) 沖縄県道221号那覇内環状線(那覇市山下町) 沖縄都市モノレール(ゆいレール)(同・通過のみだが、すぐ近くに奥武山公園駅がある) 沖縄県道62号線(那覇市小禄) 沖縄県道11号線(豊見城市上田) 沖縄県道68号線(同) 沖縄県道249号東風平豊見城線(同・県道11号と68号に重複) 那覇空港自動車道(国道506号)豊見城東道路(豊見城市平良) 豊見城インターチェンジ 沖縄県道82号那覇糸満線(糸満市賀数 - バイパス&旧道・同市座波-旧道) 沖縄県道134号線(糸満市賀数) 沖縄県道77号糸満与那原線(糸満市照屋照屋交差点) 沖縄県道250号糸満具志頭線(糸満市新垣) 沖縄県道54号線(糸満市真壁) 国道507号(終点 - 国道331号に重複) 重複される路線 沖縄県道82号那覇糸満線(糸満市賀数 - 座波 - 両路線とも旧道) 主要施設 奥武山公園(那覇市奥武山町) 路線バス 那覇市 - 豊見城市の区間には那覇バスが主に通っているが、2006年(平成18年)2月20日より浦添市・宜野湾市方面ゆきの琉球バス(現・琉球バス交通)の一部路線が那覇バスターミナルから豊見城市我那覇に延伸され、この区間に乗り入れられた。

creative commons(wikipedia:沖縄県道7号奥武山米須線

沖縄県第2区

沖縄県第2区(おきなわけんだい2く)は、日本の衆議院議員総選挙における選挙区。1994年(平成6年)の公職選挙法改正で設置。2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた。 現在、社民党の照屋寛徳が選出されている。 区域 (☆印は2002年の区割り見直しで3区から移動した自治体) 浦添市 宜野湾市 中頭郡 西原町 中城村☆ 北中城村☆ 北谷町☆ 嘉手納町☆ 読谷村☆ 区域の変遷 1994年に衆議院の選挙制度が小選挙区比例代表並立制になった際に区割りが制定。従来の中選挙区制では沖縄県は参議院同様県全域を一選挙区とする「沖縄全県区」だったため、国政選挙で初めて複数の選挙区となり3つに分かれた(沖縄県における戦後の国政選挙参加は本土復帰前の1970年の国政参加選挙から)。当時の区域は浦添市・宜野湾市・西原町と沖縄本島南部(周辺離島を含む、那覇市は除く)で、導入初の選挙だった1996年10月の第41回衆議院議員総選挙と次の2000年6月の第42回衆議院議員総選挙はこの区域で行われた。

creative commons(wikipedia:沖縄県第2区

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引