【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

沖縄県糸満市【地方公共団体・地方自治体】

糸満市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、沖縄県糸満市の紹介です。

沖縄県糸満市のホームページ

糸満市 概要・地域の情報やトピック

糸満市

糸満市(いとまんし)は、沖縄本島の最南端に位置する市である。 沿岸部の糸満地区の住民は、「サバニ」と呼ばれるくり舟に乗り南洋各地へ出漁した糸満漁民で知られ、男は追込漁、女は漁行商に従事していた。漁業以外にも、内陸部では畑作を中心とした農業、畜産も盛んである。また那覇市に近く、近年は人口が増加し、都市化が著しい。戦後出漁海域が沖縄周辺に限られたが、1982年には大型船用の糸満漁港が完成、水産加工工場を立地するなど商工業の一中心として発達している。 伝統工芸に、琉球ガラス村に代表されるガラス工芸(琉球ガラス)や漆器がある。旧暦5月4日の糸満ハーレー(市内では糸満の他に喜屋武、名城地区でも行われる。他市町村はハーリーという)船競漕の海神祭、旧暦8月15日の大綱引きは五穀豊穣・無病息災を願う行事である。 市の南部の旧三和村一帯は沖縄戦最大の激戦地で、ひめゆりの塔、健児の塔などが建立し、その周辺は沖縄戦跡国定公園に指定されている。 「糸満」の地名の由来について人類学者の金関丈夫はフィリピンからインドネシアにかけて見られる地名の命名規則(接頭語に「イ」「ディ」あるいは「ヅィ」をつけ語尾に「アン」をつける)からオーストロネシア語族の言語に由来するのではないかという説を唱えている。

creative commons(wikipedia:糸満市

糸満市米須霊域

『沖縄戦跡国定公園』より : 沖縄戦跡国定公園(おきなわせんせきこくていこうえん)は、沖縄県の沖縄本島南端部、糸満市と島尻郡八重瀬町にまたがる、第二次世界大戦(沖縄戦)の戦跡と自然景観を有する国定公園である。 沖縄戦跡国定公園の広さは81.3km²(陸域31.27km²、海域50.03km²)。戦跡としては唯一の国定公園である。 1965年(昭和40年)、琉球政府立公園に指定され、1972年(昭和47年)の本土復帰に伴い、国定公園に指定された。 公園内の戦跡は沖縄戦最大の激戦地であり、終焉地である。1945年(昭和20年)5月、アメリカ軍の攻撃により、首里(那覇市)にあった日本軍司令部は、この沖縄本島南端部(島尻)に撤退した。狭い島尻には、南下侵攻するアメリカ軍、避難してきた一般住民と撤退・抗戦する日本軍の軍人が混在し、パニック状態に陥った。結果、狭隘な地形に敵味方が入り乱れる大混戦となり、6月18日にはアメリカ軍沖縄方面最高司令官サイモン・B・バックナー中将も戦線視察中の真栄里で日本軍の砲撃を受けて致命傷を負い、戦死している。

creative commons(wikipedia:糸満市米須霊域

糸満市立潮平中学校

糸満市立潮平中学校(いとまんしりつしおひらちゅうがっこう)は、沖縄県糸満市阿波根にある公立中学校である。通称は「潮中」。糸満市内の公立中学校の中では、糸満市立西崎中学校に次いでブレザーの制服が制定された。校舎のいたるところに木材が使用されており、バリアフリーの設計がなされている。校内にはバスケットボールのリングや日本庭園などがあり、それぞれ「ドリーム広場」「ドリーム庭園」と名付けられている。 沿革 経緯 糸満市立西崎中学校のマンモス校状態を解消するため、2001年4月に、糸満市内6番目の中学校として開校した。校区は、糸満市立潮平小学校と糸満市立光洋小学校の一部からなる。ただし、光洋小学校卒業生のほとんどは西崎中学校に進学するため、実質的には潮平小学校出身者のみである。 年表 1997年 西崎中学校の過密解消のための分離校建設を議決1998年 新設分離校建設委員会の発足1999年 教育委員会会議において学校名を「潮平中学校」に決定1999年 9月30日校舎新築工事着手2000年 8月28日校舎新築工事完了2000年第1回 校内開校準備委員会 委嘱状交付2001年 2月22日新入生オリンーション 3月23日開校式典に向けて第7回校内開校準備委員会  4月5日潮平中学校開校式典を挙行 4月7日1学期始業式 4月9日入学式 部活動 部活動は、バドミントンや合唱が盛んである。

creative commons(wikipedia:糸満市立潮平中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引