【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

沖縄県那覇市【地方公共団体・地方自治体】

那覇市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、沖縄県那覇市の紹介です。

沖縄県那覇市のホームページ

那覇市 概要・地域の情報やトピック

那覇市

那覇市(なはし、沖縄方言:ナーファ、ナファ)は、沖縄本島南部の中核市で、沖縄県の県庁所在地である。 沖縄県の政治・経済・文化の中心かつ人口最大の都市であり、また国際空港である那覇空港や、県外や周辺離島とを結ぶ那覇港を擁することから沖縄県の玄関口としての役割も担っている。 面積は日本の全都道府県庁所在都市の中で最も小さく、人口密度は首都圏と近畿圏を除いた地域としては全国で最も高い。また、那覇空港が市域面積の8%以上を占め、そのなかには自衛隊を含む。この他在日米軍の施設や那覇港の民間用途の施設の分も考慮に入れると、実際の都市活動に使用できる面積は限られる。さらに、那覇空港の制限表面により、市街地の多くは超高層ビルや超高層マンションを建てることが出来ない。最近では、おもろまちを中心とする那覇新都心をはじめとした航空規制の影響がない北部エリアや、再開発事業の一環として旧市街地の牧志・安里地区などに超高層ビルが建ち始めている。

creative commons(wikipedia:那覇市

那覇市立真和志中学校

那覇市立真和志中学校(なはしりつまわしちゅうがっこう)は、沖縄県那覇市字大道158にある公立中学校。戦後の沖縄県の歴史と地理的事情により、かなり独特な沿革と発展を遂げた中学校である。 那覇市立大道小学校のほぼ全員、那覇市立松川小学校、泊小学校、壺屋小学校の一部卒業生が入学する。 なお、米軍統治下にあった1960年代には生徒数3,000人超の、沖縄一のマンモス中学校であった。 (当時の日本本土の中学校と比較しても、おそらく全国一、二を争うほどだったといわれる。) しかし校地が狭いのを理由に、周辺に幾つかの中学校を分離した事もあって、現在、市内では生徒数の少なめの中学校である 沿革 1948年4月1日 真和志村唯一の中学校として、「真和志中等学校」が創立 1948年4月9日 学校敷地が定まらず、出身初等学校での分散授業開始 1948年6月10日 現在の場所に14のテント教室を設置 1948年10月3日 台風で教室全壊 1949年4月28日 茅葺き校舎完成 1949年6月20日 台風で校舎全壊 1949年7月22日 茅葺き校舎完成後、台風で全壊 1950年5月8日 校舎建築のため、三部授業が開始 1950年6月13日 瓦葺校舎完成。

creative commons(wikipedia:那覇市立真和志中学校

那覇市立松島中学校

那覇市立松島中学校(なはしりつ まつしまちゅうがっこう)は、沖縄県那覇市古島二丁目にある公立中学校。通称は「松中」。 沿革 経緯 当初、将来的には琉球大学の附属中学校にする計画で1962年に発足した。松島は通学区域の松川と古島の一字ずつを組み合わせて命名した。しかし、その計画がなくなり、1972年に那覇教育区立松島中学校となる。そしてその約1ヶ月半後、沖縄返還により那覇市立松島中学校となる。なお、琉球大学の附属中学校は、1984年に琉球大学教育学部附属中学校として西原町の琉大千原キャンパス内にて開校している。 年表 1962年 4月1日 - 琉球政府立松島中学校創立発足 5月17日 - 制服・校章制定 1963年 4月10日 - 鉄筋校舎3階建18教室竣工 5月20日 校旗完成(PTAより寄贈) 1964年4月17日 - 運動場整地完了 1972年 3月31日 - 琉球政府立松島中学校廃校 4月1日 - 那覇教育区立松島中学校設置認可 5月15日 - 祖国復帰により那覇市立松島中学校となる 1973年10月12日 - 沖縄県内中学校初の九州への修学旅行実施 1974年5月29日 - 新校舎(管理棟、家庭科室)竣工 1978年3月4日 - 校歌制定 1982年8月25日 - 新校舎竣工 1984年3月29日 - プール完成 1991年2月1日 - 新校旗完成(創立30周年記念事業) 1992年2月8日 - 創立30周年記念式典 1994年2月28日 - 体育館新・増築工事完了 1999年12月12日 - てぃだガーデン完成 2001年3月7日 - 創立40周年記念庭園完成 2002年12月1日 - 創立40周年記念式典 学校経営 学校教育目標 自ら学びつづけ 心身ともに健やかに たくましく生きる生徒 自ら学び 深く考える生徒 (率先・思考力) 思いやりの心をもち 豊かに表現できる生徒 (奉仕・表現力) 正しく判断し 最後までやりぬく生徒 (責任・判断力) 体をきたえ 健康増進に努める生徒 (健康・実践力) めざす学校像 豊かな心と体、温かさあふれる友がきびしく鍛えあう学校 「分かった、できた」という喜びが実感できる学校 生徒・教師・保護者が目標に向かって力をあわせてチャレンジする学校 経営方針 友情と連帯で結ばれた生徒のいる学校にしたい。

creative commons(wikipedia:那覇市立松島中学校

那覇市立病院

那覇市立病院(なはしりつびょういん)は、沖縄県那覇市の医療機関。地方独立行政法人那覇市立病院が運営する病院である。 那覇市が昭和52年より総工費83億円余り(最終的には医用機器などを含め86億円余り)を投じて市民の健康と福祉を増進するのを目的に作られた。 機関指定 保険医療機関 労災保険指定病院 母体保護法による医療機関 身体障害者福祉法による医療機関 精神保健福祉法による医療機関 生活保護指定病院 救急指定病院 臨床研修指定病院 がん診療連携拠点病院 地域周産期母子医療センター上記は一部である。 沿革 1975年3月 那覇市立病院建設基金条例を制定。 1975年6月 市議会にて那覇市立病院設置設置特別委員会を設置。 1975年11月 基本構想を病院規模500床前後、診療科目を18科とすると発表。 1975年12月 那覇市土地開発公社と地主との間で施設地の売買契約を締結。 1977年1月 那覇市病院事業の設置等に関する条例を制定。 1977年9月 新築工事起工式。 1980年1月 病院本館工事完了。 1980年4月 院内保育所工事完了。

creative commons(wikipedia:那覇市立病院

那覇市立大道小学校

那覇市立大道小学校(なはしりつ だいどうしょうがっこう)は、沖縄県那覇市字大道146-1に所在する公立小学校。 第二次世界大戦前に沖縄師範学校女子部の附属小学校として開校した歴史を持っており、市内でも歴史と伝統のある小学校である。 2006年4月現在は学力向上フロンティアスクールに指定されている。 沿革 1934年4月 - 沖縄女子師範代用附属小学校として、大道尋常高等小学校として開校。なお、現在の学校所在地から、付近の栄町商店街辺りまでは、沖縄師範学校女子部の校地であったという。 太平洋戦争中に大道国民学校に校名改称。また沿革資料焼失など、多大な被害を受ける。 1946年12月2日 - 豊見城村(現:豊見城市)賀数にて開校。この日を開校記念日として現在指定。 1947年11月 - 現在地(元大道国民学校所在地)に移転。 1956年10月 - 松川小学校を分離。 1963年12月 - 真嘉比小学校を分離。 1960年代中ごろには全校児童約3,000人を超える沖縄一のマンモス小学校となる。

creative commons(wikipedia:那覇市立大道小学校

那覇市立寄宮中学校

那覇市立寄宮中学校(なはしりつ よりみやちゅうがっこう)は、沖縄県那覇市長田一丁目に位置する公立中学校。なお地名の読みは本来「よせみや」だが、当校名は「よりみや」と読む(寄宮を参照)。 真和志中学校から分離し、寄宮の高台に設置されてから、2004年で50周年を迎えた。 沿革 1955年(昭和30年)4月 - 真和志中学校から分離して開校。 1960年(昭和35年)3月1日 - 当校の分校として那覇教育区立寄宮中学校分教場(現、沖縄県立那覇特別支援学校)が開校。 通学区域 那覇市立寄宮中学校に通学する区域は次の通り。 字与儀 9番地~24番地、41番地~65番地、79番地~88番地、90番地~96番地、144番地~121番地、123番地~128番地、176番地~187番地、200番地~245番地、315番地~320番地、364番地~373番地、375番地~376番地、379番地、417番地~425番地 与儀1丁目(全域) 字国場148番地~149番地、157番地~182番地、511番地~541番地、551番地~555番地、667番地~750番地、754番地、757番地~760番地、764番地~768番地、769番地、772番地~773番地、775番地~778番地、843番地~870番地、878番地、1160番地~1167番地、1188番地~1193番地 識名1丁目 1番~4番、6番~8番 長田1丁目(全域) 長田2丁目 1番~12番、33番~35番 三原2丁目 1番~6番 三原3丁目 1番~9番、16番1号~16番13号、16番35号~16番48号 字寄宮 142番地~174番地 寄宮2丁目 29番~38番 寄宮3丁目(全域) 周辺 沖縄大学 沖縄尚学高等学校・附属中学校 那覇市立真和志小学校 那覇長田郵便局 アクセス 寄宮中学校前バス停(35・235系統/40・109系統/100系統)下車、北へ400m。

creative commons(wikipedia:那覇市立寄宮中学校

那覇市立久茂地小学校

那覇市立久茂地小学校(なはしりつくもじしょうがっこう)は、沖縄県那覇市にある公立小学校。
明治44年開校。
平成4年はだし教育開始。
平成4年よりはだし教育を開始。持久力や精神力を鍛えるためである。最初は「痛い」「寒い」「かわいそう」という、いわば過保護な意見も多かったが、その後児童もなれ、活動も活発になる。欠席する児童、風邪をひく児童は減少し、半そでシャツで1年中過ごす児童も多い。沖縄という比較的温暖である地域、普段は素足にビーチサンダルや島ぞうりを愛用する地域であるからか、はだしの生活も受け入れやすいようだ。
学校内には標語として「足のうらは第二の心ぞう」という掲示が多い。
那覇市中心部の繁華街にあるため、ドーナツ化現象により人口減少。学校統合の案もあるが、反対意見が多い。

creative commons(wikipedia:那覇市立久茂地小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引