【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

沖縄県宜野座村【地方公共団体・地方自治体】

宜野座村 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、沖縄県宜野座村の紹介です。

沖縄県宜野座村のホームページ

宜野座村 概要・地域の情報やトピック

宜野座村

宜野座村(ぎのざそん)は、沖縄本島の辺戸岬と喜屋武岬のほぼ中間に位置する村である。阪神タイガース一軍のキャンプ地となっている。 松田(まつだ)区、宜野座区(ぎのざ)、惣慶(そけい)区、福山(ふくやま)区、漢那(かんな)区及び城原(しろはら)区の6つの行政区から成る。 地理 隣接する自治体 名護市(1970年7月まで名護町・久志村) 金武町(1980年3月まで金武村) 恩納村 人口 太平洋戦争後の1946年、金武村(現在の金武町)から分離。 地域 漢那(かんな) 宜野座(ぎのざ) 惣慶(そけい) 松田(まつだ) 教育 小中学校 宜野座村立松田小学校 宜野座村立宜野座小学校 宜野座村立漢那小学校 宜野座村立宜野座中学校 高等学校 沖縄県立宜野座高等学校 交通 路線バス 22番・名護〜うるま線 沖縄バス 中部病院-安慶名-石川-金武-宜野座-辺野古-名護バスターミナル 77番・名護東(辺野古)線 沖縄バス 那覇バスターミナル-牧志/久茂地-大山-普天間-コザ-安慶名-石川-金武-宜野座-辺野古-名護バスターミナル 111番・高速バス 琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バスの共同運行、村内には宜野座ICに停留所あり(2000年に設置) 那覇空港-那覇バスターミナル-国場-沖縄自動車道-名護バスターミナルかつては久志線や名護東線(許田経由)も国道329号を通っていたが、久志線は1995年、名護東線は2008年にそれぞれ廃止され、現在は名護東線(辺野古経由)のみとなった。

creative commons(wikipedia:宜野座村

宜野座村営野球場

スタジアム名称 宜野座村営野球場
愛称 Ginoza Municipal Baseball Stadium
所在地 沖縄県国頭郡宜野座村宜野座188(宜野座村総合運動公園内)
開場 -年
所有者 宜野座村
管理・運用者
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 照明塔:4基
設計者
使用チーム、大会 北海道日本ハムファイターズ 日本ハムファイターズが春季キャンプ地として使用(二軍、1998年~2002年)阪神タイガースが春季第1次キャンプ地として使用(2003年~)
収容能力 -人
規模 グラウンド面積:-m²両翼:98 m中堅:122 m
フェンスの高さ
宜野座村営野球場(ぎのざそんえいやきゅうじょう)は、沖縄県国頭郡宜野座村の宜野座村総合運動公園内にある野球場。宜野座村が運営管理を行っている。

creative commons(wikipedia:宜野座村営野球場

宜野座村野球場

宜野座村営野球場(ぎのざそんえいやきゅうじょう)は、沖縄県国頭郡宜野座村の宜野座村総合運動公園内にある野球場。宜野座村が運営管理を行っている。 プロ野球・阪神タイガースが春季キャンプで使用している。 宜野座村では1998年から2002年までの間、日本ハムファイターズが二軍の春季キャンプを実施していた。しかし二軍ではメディアの露出が少ないことなどから、村は一軍がキャンプを実施できる球団を探していた。一方、これまで専ら高知県安芸市でキャンプを行ってきた阪神タイガースは、より温暖な気候の下で春季キャンプを実施したいという意向をかねてから持っており、沖縄県内でのキャンプ実施を模索していた。この阪神の事情を知った村は日本ハムの二軍キャンプを断り(これに伴い日本ハムは東風平町⇒現八重瀬町に二軍キャンプ地を移転)、地元行政や村民による積極的な誘致活動を行った結果、阪神は2003年から宜野座でキャンプを実施することになった。

creative commons(wikipedia:宜野座村野球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引