【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

沖縄県今帰仁村【地方公共団体・地方自治体】

今帰仁村 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、沖縄県今帰仁村の紹介です。

沖縄県今帰仁村のホームページ

今帰仁村 概要・地域の情報やトピック

今帰仁村

今帰仁村(なきじんそん)は、沖縄県国頭郡の村。 地理 沖縄本島の本部半島のほぼ北半分に位置する。北東部には1.5km離れた古宇利島があり、2005年に名護市の屋我地島と橋で結ばれた。2010年には屋我地島と村内側の本島とを結ぶワルミ大橋が開通した。古宇利大橋の開通後、ワルミ大橋の開通までは、古宇利島から村役場のある仲宗根に向かうには一旦名護市を経由して羽地内海を迂回しなければならなかった)。 村の中央部を大井川が北流し、東シナ海へ注ぐ。 字一覧 天底 (今帰仁村)(あめそこ) 今泊(いまどまり) - 1972年に今帰仁(なきじん)と親泊(おやどまり)の二集落が合併して誕生 運天(うんてん) 兼次(かねし) 上運天(かみうんてん) 古宇利(こうり) 越地(こえち) 呉我山(ごがやま) 崎山(さきやま) 謝名(じゃな) 諸志(しょし) - 1903年に諸喜田(しょきた)と志慶間(しじま)の2集落が合併して誕生 勢理客(せりきゃく) 玉城(たましろ) 渡喜仁(ときじん) 仲尾次(なかおじ) 仲宗根(なかそね) 平敷(へしき) 与那嶺(よなみね) 湧川(わくがわ) 隣接している自治体 名護市(戦前は名護町・羽地村、戦後~1970年7月は屋部村・羽地村・屋我地村) 国頭郡本部町(1947年~1971年は一部が上本部村だった) 人口 琉球王朝時代は北山(沖縄本島北部)の中心地が今帰仁城に置かれた 1666年 本部半島全域だった今帰仁間切が南半分分割され本部間切となる。

creative commons(wikipedia:今帰仁村

今帰仁村立今帰仁中学校

今帰仁村立今帰仁中学校(なきじんそんりつ なきじんちゅうがっこう)は、沖縄県国頭郡今帰仁村にある公立中学校。 2003年、村内に4校あった中学校を統合し、新生今帰仁中学校として今帰仁村仲宗根に開校した。 新生今帰仁中学校は主に、今帰仁小学校・兼次小学校・湧川小学校・古宇利小学校・天底小学校出身の生徒が通っている。 兼次方面と湧川・古宇利方面には通学用バスが出ている。 通学区域 崎山 平敷 謝名 越地 玉城 仲宗根 著名な出身者 旧・今帰仁中学校出身者も含む。 嘉陽宗嗣(プロボクサー) 目取真俊(芥川賞作家) 関連項目 沖縄県中学校一覧 外部リンク [今帰仁村立今帰仁中学校]。

creative commons(wikipedia:今帰仁村立今帰仁中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引